ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777221 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

初冬の光岳(池口登山口からのピストン)

日程 2015年12月08日(火) 〜 2015年12月09日(水)
メンバー masacs
天候8日&9日:晴れ・無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
<車所要時間:5時間>
自宅(相模原市)〜松川IC(中央)〜153号線〜251号線〜474号線〜152号線〜池口登山口

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間47分
休憩
31分
合計
10時間18分
S池口岳登山口05:5708:28クロナギ08:3909:27利検沢の頭09:3709:58ザラナギ10:0112:18ジャンクション12:58鹿ノ平12:5914:35加加森山14:3815:47諸河内ノ頭15:5016:15宿泊地
2日目
山行
11時間41分
休憩
1時間10分
合計
12時間51分
宿泊地04:0906:15光岳06:4708:52諸河内ノ頭09:0310:21加加森山10:2811:31鹿ノ平12:14ジャンクション12:2512:42池口岳12:4312:53ジャンクション12:5614:20ザラナギ14:2114:37利検沢の頭15:22クロナギ15:2616:57池口岳登山口17:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・池口登山口〜ジャンクション
 池口岳までのこのコースは、所々に倒木や藪の障害物はあるが、テープリボンも多くあり、トレースもあり、ルートに迷うことは無かった。ジャンクションまでの最後の登りの部分の急登はきつい。

・ジャンクション〜光岳手前
 ジャンクションから先は、テープリボンも極端に少なくなり、倒木、藪漕ぎ等で、ルートは判りにくい箇所が多くなる。基本は常に尾根筋を見極めながら、尾根筋を歩くという事を心がけながら、何となく木々の間が開けているので、倒木、藪漕の障害物は遮っていても、ここがルートかなという感触でルートを探しながら見極めながら。所々に狭い稜線があり、狭い稜線に木の根っこが蔓延っているので、スリップに慎重に。

・光岳手前〜光岳
 テープリボンは少ないのでここも基本は常に尾根筋を見極めながら、常に尾根筋にルートを取る事を心がける。急登ではあるが、危険な箇所という程の所は無い。アイゼン着用。

・池口岳展望
 頂上での展望は望めない。但し、頂上のチョット下に開けて展望がきくところあり。
・光岳展望
 頂上での展望は、360°開けていない。聖岳方面、富士山の展望は開けている。

その他周辺情報<池口登山口情報>
登山口に4,5台くらい駐車できるスペースあり。
トイレあり。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

池口岳までの登山コースが案内されています。
2015年12月09日 17:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池口岳までの登山コースが案内されています。
登山口には4台くらいの駐車スペースあり。
2015年12月09日 17:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口には4台くらいの駐車スペースあり。
トイレもあります。
2015年12月09日 17:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレもあります。
登山口入口の標識
2015年12月09日 16:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口入口の標識
黒薙までの途中にある「喜平次造ー面切平ーザラナギ平」このあたりから、積雪数cm。
2015年12月08日 07:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒薙までの途中にある「喜平次造ー面切平ーザラナギ平」このあたりから、積雪数cm。
1550m付近の雪はこんな感じです。
2015年12月08日 07:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1550m付近の雪はこんな感じです。
1
中央アルプスの展望です。
2015年12月08日 07:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスの展望です。
1
ここが、黒薙です。(薙というのは、山の崩れ落ちた所という意味だそうです)
2015年12月08日 08:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが、黒薙です。(薙というのは、山の崩れ落ちた所という意味だそうです)
3
黒薙過ぎたあたりから、積雪5〜10cmくらい。
2015年12月08日 08:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒薙過ぎたあたりから、積雪5〜10cmくらい。
利検沢の頭です。1880mくらい。
2015年12月08日 09:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
利検沢の頭です。1880mくらい。
聖岳方面の山々が展望出来る
2015年12月08日 09:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳方面の山々が展望出来る
御嶽山の煙が見えます。
2015年12月08日 11:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山の煙が見えます。
聖岳方面の山々も近くに見えるようになる。
2015年12月08日 11:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳方面の山々も近くに見えるようになる。
3
ザラナギ(黒薙と同じく、山が崩れて薙となっています)。池口岳(右)と加加森山(左)が良く見えます。
2015年12月09日 14:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザラナギ(黒薙と同じく、山が崩れて薙となっています)。池口岳(右)と加加森山(左)が良く見えます。
2
ジャンクション到着。登山口から池口岳まではトレースがあったが、ここから光岳方面は積雪20cm程度でトレースなし。
2015年12月08日 12:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクション到着。登山口から池口岳まではトレースがあったが、ここから光岳方面は積雪20cm程度でトレースなし。
加加森山を目指します。
2015年12月08日 12:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加加森山を目指します。
1
加加森山へ行く途中の立ち枯れの樹木。倒木が道を塞いでいるので跨ぎながら歩きます。
2015年12月08日 13:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加加森山へ行く途中の立ち枯れの樹木。倒木が道を塞いでいるので跨ぎながら歩きます。
1
光岳と光石も見えるようになる。
2015年12月08日 15:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳と光石も見えるようになる。
聖岳方面の山々もさらに間近に見えるようになる。
2015年12月08日 15:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳方面の山々もさらに間近に見えるようになる。
1
日も沈む時間になり、光石も夕日に染まり初め、今日の行動はここまで。
2015年12月08日 16:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日も沈む時間になり、光石も夕日に染まり初め、今日の行動はここまで。
諸河内ノ頭を下って光岳手前の一番低いところにテント泊。積雪は20〜30cmくらい。
2015年12月09日 08:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諸河内ノ頭を下って光岳手前の一番低いところにテント泊。積雪は20〜30cmくらい。
3
暗い4時にヘッドランプ装着し、ルートに迷いながらも予定通り、日の出前までに光岳到着。
2015年12月09日 06:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗い4時にヘッドランプ装着し、ルートに迷いながらも予定通り、日の出前までに光岳到着。
3
朝焼けを背景に日の出前の富士山が美しい。
2015年12月09日 06:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けを背景に日の出前の富士山が美しい。
11
ヘッドランプ消し忘れたまま、記念撮影。
2015年12月09日 06:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘッドランプ消し忘れたまま、記念撮影。
3
取り直し。
2015年12月09日 06:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り直し。
3
頂上付近の吹きだまりは、積雪1mくらい。
2015年12月09日 06:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近の吹きだまりは、積雪1mくらい。
2
富士山と日の出。6:40くらいに日の出となる。
日の出シーンはいつも感動する。
2015年12月09日 06:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と日の出。6:40くらいに日の出となる。
日の出シーンはいつも感動する。
1
光岳の頂上は樹木が生い茂り展望はあまり良く無いが、樹木を避ける場所を探して撮る。
2015年12月09日 06:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳の頂上は樹木が生い茂り展望はあまり良く無いが、樹木を避ける場所を探して撮る。
5
光と光(ダジャレ)
光岳と、樹木の隙間から射し込む太陽の光。
2015年12月09日 06:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光と光(ダジャレ)
光岳と、樹木の隙間から射し込む太陽の光。
3
朝日に染まりだした茶臼岳、上河内岳、聖岳。
2015年12月09日 06:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まりだした茶臼岳、上河内岳、聖岳。
4
再度、富士山と日の出。
2015年12月09日 06:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度、富士山と日の出。
1
再度、富士山。
2015年12月09日 06:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度、富士山。
5
朝日に染まる池口岳。
2015年12月09日 06:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる池口岳。
2
朝日に染まりだした中央アルプスと御嶽山。
2015年12月09日 06:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まりだした中央アルプスと御嶽山。
1
頂上満喫し、ピストンで戻ります。ジャンクションから光岳までトレースは無く、積雪30〜60cmあったがラッセルという苦労は避けられた。
2015年12月09日 06:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上満喫し、ピストンで戻ります。ジャンクションから光岳までトレースは無く、積雪30〜60cmあったがラッセルという苦労は避けられた。
1
光石、加加森山への標識。
2015年12月09日 06:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光石、加加森山への標識。
こんな感じでトレースして来ました。
2015年12月09日 10:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じでトレースして来ました。
2
加加森山の頂上の目印となるような看板は無く、この青赤の看板あたりが加加森山です。
2015年12月09日 10:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加加森山の頂上の目印となるような看板は無く、この青赤の看板あたりが加加森山です。
倒木の上に積もった雪で、自然が造る氷の結晶。
2015年12月09日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木の上に積もった雪で、自然が造る氷の結晶。
拡大して見ると針のような結晶がびっしりと。
2015年12月09日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拡大して見ると針のような結晶がびっしりと。
2
立ち枯れの樹木の間を通って、池口岳方面へ戻る。
2015年12月09日 11:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れの樹木の間を通って、池口岳方面へ戻る。
御嶽山。昨日より煙が殆ど無い。
2015年12月09日 11:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山。昨日より煙が殆ど無い。
中央アルプスの千畳敷、駒ヶ岳、空木岳。
2015年12月09日 11:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスの千畳敷、駒ヶ岳、空木岳。
1
遠くには北アルプス等も。
2015年12月09日 11:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くには北アルプス等も。
光岳と光石を振り返りながら。
2015年12月09日 11:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳と光石を振り返りながら。
1
池口岳に立ち寄って。頂上の廻りは木々に覆われ、展望は望めません。
2015年12月09日 12:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池口岳に立ち寄って。頂上の廻りは木々に覆われ、展望は望めません。
あそこまで登ったんだと感慨深げに最後の光岳を撮る。
2015年12月09日 12:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこまで登ったんだと感慨深げに最後の光岳を撮る。
登山ルートの池口登山口から黒薙、ザレナギの稜線。
2015年12月09日 12:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ルートの池口登山口から黒薙、ザレナギの稜線。
1

感想/記録
by masacs

樹林帯の多い山奥深い光岳に行くなら、夏の季節はつまらないので、雪のある季節に楽しみたいと思っていたが、ハードなラッセルが無いくらいと思っていたが、そこそこトレースの無い雪上を軽いラッセルをしながらの誰にも会わず、雪山登山を楽しむ事が出来、予定通りだった。(2年前の12月中旬、近くにある恵那山に登った時、ハードな一人ラッセルで苦労した覚えがあり、これは避けたかったので、登るには今週までかなと計画)。18kgの冬山装備で登ったが、このコースは体力は相当必要なコースな上、重装備で池口岳手前の急登を含め、アップダウンのルートは、本当に苦しかった。光岳の小屋まで行く予定だったが、予定より大幅に時間を要し、光岳手前の最下部でテント泊し、荷物をデポして翌日に光岳に登るのが楽と判断し、テント泊(朝の気温−5°C)決定。日の出を見たかったので早朝4時に出発。光岳への取り付き初めのルートは判りにくく、真っ暗な中でヘッドランプを灯してもテープリボンは探せず、スマホのGPSを頼りに、基本尾根筋を歩く事を心がけながら、登る。冬山でのスマホのGPSは本当に頼りになる。光岳は、聖岳、赤石、塩見岳等と同じイメージでいたので、これらとは違う山容で、チョットがっかりはしたが、ハードな登山を(2日間で21時間半の行動)冬山装備で達成し、もうすぐ63歳になるが、まだまだ根性、体力はあるなと満足感、達成感を味わえた。
訪問者数:1265人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2015/12/10 9:38
 光岳
masacsさん、はじめまして。

私も、masacsさんの2日前に
光岳を目指したのですが、
ラッセルがきつく、
池口岳の日帰りに変更しました。
(記事あり)

光小屋で泊ることしか考えていなかったので、
その日中に小屋に行けないと分かった時点で
光岳をあきらめてしまいました。

masacsさんのように
光岳の手前でテント泊して
軽い荷物で光岳に登ることに変更した点は、
とても参考になりました。
テント泊セットを持って
行ったにもかかわらず
ここまで頭が回りませんでした。

近いうちに光岳での山スキーに
再チャレンジしようと思います。
とてもよい記事、ありがとうございました。
登録日: 2007/9/21
投稿数: 346
2015/12/10 13:33
 キツい印象が…
光岳に行かれたんですね
違うルートで、残雪時期ですが、冬季開放小屋泊まりでしたが、80リットルのザック一杯の荷物で、バテバテの印象しか無いです…
ハイドレーションが欲しいと切に願った山行きでした

天気も良くて、眺望も良かったみたいですね
登録日: 2010/10/31
投稿数: 19
2015/12/13 19:16
 Re: 光岳
shibayan88さん、はじめまして!
私も、1日目の計画は小屋までの予定でしたが、池口岳手前のジャンクションまで結構ヘトヘトになり、ジャンクションから先はトレースも無く、ラッセルも辛そうだし、明るいうちに小屋到着は絶体無理だろうと判断できたので、引き返そうかと思ったのですが、冬山では、テントがあればいつでもどこでも寝れるというつもりでいるので、この案が浮かび、強行しましたが、本当にきつい山行でした。何とか日の出前に光岳に到着したいと思い、ルートが分かりずらいこのコースで、早朝の暗いうちからの出発は少々不安がありましたが、無事に登頂・下山できて達成感ありました。是非再チャレンジ、頑張って下さい。
登録日: 2010/10/31
投稿数: 19
2015/12/13 19:30
 Re: キツい印象が…
kuriboさん、光岳は奥が深くきついというイメージがあったので、ついつい足が遠くなっていましたが、夏はつまらなそうなので、積雪が膝上までのハードなラッセルにならないくらいの冬の雪山を楽しめればと思って、この時期を狙っていましたが、予想通り、ハードなラッセルには成らず助かりました。それでも、この山はハードな山でした。-5°Cでしたが天気も良く風も無く気象条件としては良く、ハードなコースを良く頑張ったと自分を褒めつつ下山し、いい達成感を味わう事が出来ました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ