ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 778840 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走朝日・出羽三山

大朝日岳 FINAL

日程 2015年12月12日(土) 〜 2015年12月13日(日)
メンバー Luske
天候12日:晴れ
13日:午前は晴れ、午後から曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
根子川林道の入口付近に駐車しました。
根子川林道は除雪されていないので、登山口の日暮沢小屋までは徒歩でアクセス。
約6kmの林道歩きを経て、日暮沢小屋へ到着しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間25分
休憩
12分
合計
8時間37分
S根子集落07:1209:06日暮沢小屋09:0711:10ゴロビツ沢源頭水場11:1413:29清太岩山13:3014:21ユーフン山14:2515:36竜門山15:3815:49竜門山避難小屋
2日目
山行
8時間51分
休憩
2時間31分
合計
11時間22分
竜門山避難小屋04:5105:11竜門山06:02西朝日岳06:1206:48中岳06:5407:00金玉水07:11大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)07:4007:53大朝日岳08:0208:08大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)08:2108:27金玉水08:42中岳09:23西朝日岳09:2710:05竜門山10:15竜門山避難小屋11:2412:07ユーフン山12:1412:42清太岩山12:4613:41ゴロビツ沢源頭水場14:36日暮沢小屋16:13根子集落G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●根子集落〜日暮沢小屋
根子川林道は除雪されていないので、登山口の日暮沢小屋まで約6Kmの歩き。
林道の積雪量は10冂度で、ラッセルの負荷はあまり無かった。

●日暮沢小屋
小屋の周りに雪は少なく、まだ1階から出入出来る。
小屋内のトイレは使用可能。

●日暮沢小屋〜ゴロビツ沢源頭
今回の山行で最も辛い区間。
もう夏道は視認できない状態なので、ルートファインディング要。
ルート上に目印は殆ど無く、薮で視界が開けないので進路が判りにくい。
まだ雪量が少ないので灌木は埋まりきっておらず。
P809以降は急登のラッセルに加え、薮漕ぎも強いられるのでかなり辛い。
ゴロビツ沢源頭を過ぎれば薮は疎らになり、幾らか楽になるが・・・
そこに到達する前に心が折れそう。

●ゴロビツ沢源頭〜ユーフン山
ゴロビツ以降は薮は疎らになり歩きやすくなった。
清太岩山以降は雪がクラストし、更に歩きやすくなった。

●ユーフン山〜竜門山
ユーフン山から先はナイフリッジ帯が続く。
まだ雪は少なく角度は鈍いが、両側が切れ落ちているので滑落危険有り。
雪は比較的安定した状態で特に困難は無かったが、降雪直後や強風時は危険。

●竜門小屋
今回の宿。
強風のせいか小屋の周りに雪は少なく、1階から入れる。
小屋内トイレは冬期用が使用可能。
水場はもう利用出来ないので、飲食用水は雪を溶かして調達。
利用料金は1500円、冬期は無人小屋なので小屋内の料金箱に納める。

●竜門山〜大朝日岳
稜線上は全域クラストしており、ラッセル無し。
天気が良く視界明瞭、且つ風も穏やかだったので、特に困難となる箇所は無かった。
中岳の夏道はピークを通らず、北側を巻くように続いているが、
夏道には豊富に雪が堆積しており雪壁状になっている。
滑落危険がある為、夏道は辿らず、中岳ピークを通って通過した。

●大朝日小屋
小屋前に雪が堆積しているが、まだドアノブまでは達しておらず、
除雪せずとも1階から入れた。
小屋内のトイレは使用可能。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

根子川林道からスタート。
崩壊していた林道は復旧されており、問題なく通過出来た。
2015年12月12日 07:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根子川林道からスタート。
崩壊していた林道は復旧されており、問題なく通過出来た。
5
アメリカ橋の先にある駐車場。
林道復旧が進み、ここまで車で入れるようになったけど・・・
この雪ではもう無理か。
2015年12月12日 07:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アメリカ橋の先にある駐車場。
林道復旧が進み、ここまで車で入れるようになったけど・・・
この雪ではもう無理か。
1
日暮沢小屋前の渡渉箇所。
スノーブリッジはまだ出来ておらず、靴を濡らさず渡るのは難しい。
2015年12月12日 08:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日暮沢小屋前の渡渉箇所。
スノーブリッジはまだ出来ておらず、靴を濡らさず渡るのは難しい。
1
日暮沢小屋に到着。
まだ雪で埋もれておらず、1階から入れる。
2015年12月12日 08:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日暮沢小屋に到着。
まだ雪で埋もれておらず、1階から入れる。
4
日暮沢小屋を後にし、登山道を進む。
2015年12月12日 09:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日暮沢小屋を後にし、登山道を進む。
3
夏道が通る尾根。
ここから取り付く。
最初から急登が続く。
2015年12月12日 09:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道が通る尾根。
ここから取り付く。
最初から急登が続く。
1
次第に雪が深くなってくる。
2015年12月12日 09:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に雪が深くなってくる。
夏道はもう雪で隠れており、判別出来ず。
薮漕ぎを伴うラッセルになる。
ゴロビツまでは厳しい行程が続いた。
2015年12月12日 11:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道はもう雪で隠れており、判別出来ず。
薮漕ぎを伴うラッセルになる。
ゴロビツまでは厳しい行程が続いた。
清太岩山へ続く尾根。
これからあの尾根上へ登る。
2015年12月12日 12:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清太岩山へ続く尾根。
これからあの尾根上へ登る。
4
傾斜は急だが、薮が少なくなり楽になってきた。
2015年12月12日 12:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜は急だが、薮が少なくなり楽になってきた。
5
登りきった。
ようやく薮漕ぎラッセルから解放された。
2015年12月12日 12:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきった。
ようやく薮漕ぎラッセルから解放された。
14
ここで視界が開ける。
小朝日岳、そして目指す大朝日岳が見える。
2015年12月12日 12:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで視界が開ける。
小朝日岳、そして目指す大朝日岳が見える。
13
ユーフン山と、清太岩山。
まずは清太岩山へ向かう。
2015年12月12日 12:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーフン山と、清太岩山。
まずは清太岩山へ向かう。
13
朝日連峰、主稜。
2015年12月12日 12:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日連峰、主稜。
17
障子ヶ岳方面。
2015年12月12日 13:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
障子ヶ岳方面。
11
障子ヶ岳、拡大。
2015年12月12日 13:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
障子ヶ岳、拡大。
14
清太岩山への登り。
2015年12月12日 13:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清太岩山への登り。
3
登りきると、清太岩山の山頂が見えてくる。
奥の主稜線上には、今日の宿である竜門小屋も見える。
2015年12月12日 13:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきると、清太岩山の山頂が見えてくる。
奥の主稜線上には、今日の宿である竜門小屋も見える。
14
清太岩山
2015年12月12日 13:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清太岩山
8
清太岩山から眺めるユーフン山と大朝日岳。
2015年12月12日 13:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清太岩山から眺めるユーフン山と大朝日岳。
7
以東岳方面
2015年12月12日 13:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳方面
12
以東岳、拡大
2015年12月12日 13:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳、拡大
23
寒江山方面
2015年12月12日 13:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒江山方面
8
お次はユーフン山へ向かう。
急登だが、雪はクラストしており登り易かった。
2015年12月12日 13:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お次はユーフン山へ向かう。
急登だが、雪はクラストしており登り易かった。
7
振り返り、清太岩山を眺める。
2015年12月12日 14:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り、清太岩山を眺める。
3
急登を越えると雪原状になる。
奥に見えるユーフン山の山頂へ向かう。
2015年12月12日 14:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を越えると雪原状になる。
奥に見えるユーフン山の山頂へ向かう。
2
小さなアニマルトレースが続いている。
雪庇側には近づかず、夏道を正確に辿っている。
意外と賢いのかも?
2015年12月12日 14:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなアニマルトレースが続いている。
雪庇側には近づかず、夏道を正確に辿っている。
意外と賢いのかも?
8
ユーフン山に到着。
2015年12月12日 14:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーフン山に到着。
7
ユーフン山から眺める主稜線。
2015年12月12日 14:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーフン山から眺める主稜線。
9
竜門小屋。
日没前に到着出来そうだが・・・
2015年12月12日 14:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門小屋。
日没前に到着出来そうだが・・・
10
最後に、難所が一つ。
前方に見えてきたぞ。
あれが、
2015年12月12日 14:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に、難所が一つ。
前方に見えてきたぞ。
あれが、
2
ユーフン山名物(?)のナイフリッジ。
雪が少なめだが、なかなか良い出来。
2015年12月12日 14:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーフン山名物(?)のナイフリッジ。
雪が少なめだが、なかなか良い出来。
28
両側が切れ落ちているので慎重に・・・
まだ雪は少ないとは言え、緊張する。
2015年12月12日 14:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両側が切れ落ちているので慎重に・・・
まだ雪は少ないとは言え、緊張する。
22
ナイフリッジの中間点。
一休みしてから行く。
2015年12月12日 14:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジの中間点。
一休みしてから行く。
9
ナイフリッジ後半戦。
最後の傾斜が急なので、滑落注意。
2015年12月12日 14:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ後半戦。
最後の傾斜が急なので、滑落注意。
16
下は見ない方が良いかもね・・・
2015年12月12日 14:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下は見ない方が良いかもね・・・
11
ナイフリッジを越えた。
目前には本日最後のピークである竜門山が聳え立つ。
2015年12月12日 14:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジを越えた。
目前には本日最後のピークである竜門山が聳え立つ。
11
竜門山への登り。
これを越えれば・・・
2015年12月12日 15:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門山への登り。
これを越えれば・・・
3
ようやく主稜線に到達。
2015年12月12日 15:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく主稜線に到達。
12
主稜到達を記念し、1枚撮ってみた。
2015年12月12日 15:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜到達を記念し、1枚撮ってみた。
22
主稜線、以東岳方面。
2015年12月12日 15:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線、以東岳方面。
12
月山と鳥海山
2015年12月12日 15:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山と鳥海山
23
鳥海山
2015年12月12日 15:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海山
17
竜門山の道標。
まだ雪で埋もれていない。
2015年12月12日 15:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門山の道標。
まだ雪で埋もれていない。
2
竜門小屋へ向かう。
2015年12月12日 15:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門小屋へ向かう。
7
今日の宿、竜門小屋が見えてきた。
2015年12月12日 15:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の宿、竜門小屋が見えてきた。
10
竜門小屋に到着。
相変わらず、小屋の周りは雪が少ない。
出入が楽で助かる。
2015年12月12日 15:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門小屋に到着。
相変わらず、小屋の周りは雪が少ない。
出入が楽で助かる。
11
竜門小屋の2階。
訪れる者は無く、貸し切り状態。
2015年12月12日 15:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門小屋の2階。
訪れる者は無く、貸し切り状態。
11
荷降ろし後、外に出ると夕日の光景が広がっていた。
2015年12月12日 16:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷降ろし後、外に出ると夕日の光景が広がっていた。
40
夕日に染まる主稜。
2015年12月12日 16:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日に染まる主稜。
13
夕日に浮かぶ飯豊連峰。
2015年12月12日 16:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日に浮かぶ飯豊連峰。
22
月山がほんのり染まっている。
2015年12月12日 16:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山がほんのり染まっている。
17
日が沈んだ。
2015年12月12日 16:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が沈んだ。
9
翌日の朝。
日の出前に出発し、大朝日岳を目指す。
夜間に降雪は無く、昨日のトレースが残っていた。
2015年12月13日 04:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日の朝。
日の出前に出発し、大朝日岳を目指す。
夜間に降雪は無く、昨日のトレースが残っていた。
5
影絵のような大朝日岳。
2015年12月13日 05:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影絵のような大朝日岳。
23
西朝日岳から大朝日岳を眺める。
2015年12月13日 06:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西朝日岳から大朝日岳を眺める。
22
大朝日岳。
2015年12月13日 06:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳。
33
以東岳方面はまだ暗い。
2015年12月13日 06:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳方面はまだ暗い。
3
朝日に向かって進む。
2015年12月13日 06:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に向かって進む。
15
西朝日岳の下降。
ガリガリにクラストしているので、慎重に降りる。
2015年12月13日 06:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西朝日岳の下降。
ガリガリにクラストしているので、慎重に降りる。
7
中岳。
夏道はピーク北側を巻くが、雪で覆われ雪壁状になっている。
滑落危険があるので、夏道は通らずピーク通しで通過。
2015年12月13日 06:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳。
夏道はピーク北側を巻くが、雪で覆われ雪壁状になっている。
滑落危険があるので、夏道は通らずピーク通しで通過。
11
お、飯豊が染まってきた。
2015年12月13日 06:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、飯豊が染まってきた。
18
袖朝日岳の稜線。
2015年12月13日 06:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖朝日岳の稜線。
19
以東岳のモルゲンロート。
2015年12月13日 06:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳のモルゲンロート。
29
大朝日岳と朝日。
素晴らしきコラボ。
2015年12月13日 06:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳と朝日。
素晴らしきコラボ。
66
飯豊と祝瓶山のモルゲンロート。
2015年12月13日 06:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊と祝瓶山のモルゲンロート。
23
12月にしては雪が少ない。
大朝日岳は真っ白かと思っていたが、まだ黒い部分が目立っている。
2015年12月13日 06:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12月にしては雪が少ない。
大朝日岳は真っ白かと思っていたが、まだ黒い部分が目立っている。
18
まだ生きている虫が居る。
彼は、あとどれくらい生きられるだろうか・・・
2015年12月13日 06:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ生きている虫が居る。
彼は、あとどれくらい生きられるだろうか・・・
9
月山と鳥海山
2015年12月13日 07:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山と鳥海山
19
大朝日小屋に到着。
2015年12月13日 07:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日小屋に到着。
9
入口は少し雪で埋まっていたが扉は開いた。
まだ1階から入れる状態だった。
2015年12月13日 07:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口は少し雪で埋まっていたが扉は開いた。
まだ1階から入れる状態だった。
4
大朝日小屋の2階。
特に異常なし。
小屋内のトイレも利用可。
2015年12月13日 07:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日小屋の2階。
特に異常なし。
小屋内のトイレも利用可。
9
小屋で休憩後、大朝日岳へ向かう。
2015年12月13日 07:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で休憩後、大朝日岳へ向かう。
2
大朝日岳、山頂。
この山頂を踏むのも、これが今年最後だろう。
2015年12月13日 07:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳、山頂。
この山頂を踏むのも、これが今年最後だろう。
19
山頂から眺める小朝日岳。
2015年12月13日 07:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から眺める小朝日岳。
13
蔵王連峰
2015年12月13日 08:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王連峰
7
以東岳方面
2015年12月13日 08:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳方面
8
祝瓶山方面
2015年12月13日 08:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祝瓶山方面
23
祝瓶山、拡大。
背景には飯豊連峰が見える。
2015年12月13日 08:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祝瓶山、拡大。
背景には飯豊連峰が見える。
34
ガンガラ沢
2015年12月13日 08:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンガラ沢
12
袖朝日の稜線。
2015年12月13日 08:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖朝日の稜線。
3
大朝日岳を後にし、竜門小屋へ帰る。
2015年12月13日 08:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳を後にし、竜門小屋へ帰る。
6
西朝日岳への登り。
下りは楽だったけど、登りは大変。
2015年12月13日 08:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西朝日岳への登り。
下りは楽だったけど、登りは大変。
12
大福が二つ。
2015年12月13日 09:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大福が二つ。
8
西朝日岳から眺める大朝日岳。
2015年12月13日 09:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西朝日岳から眺める大朝日岳。
18
竜門山方面。
こちら方面は雪が少ない。
2015年12月13日 09:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門山方面。
こちら方面は雪が少ない。
2
朝方は快晴だったけど、次第に雲が増えてきた。
2015年12月13日 09:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝方は快晴だったけど、次第に雲が増えてきた。
4
この日の稜線は、午後から雪の予報。
予報は当たりそうな雰囲気である。
下山を急いだ方が良さそうだ。
2015年12月13日 09:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の稜線は、午後から雪の予報。
予報は当たりそうな雰囲気である。
下山を急いだ方が良さそうだ。
6
竜門小屋の荷物を回収し、下山する。
2015年12月13日 11:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門小屋の荷物を回収し、下山する。
4
竜門山は通らず、雪渓をトラバース。
最短距離で日暮沢小屋へ下る。
2015年12月13日 11:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門山は通らず、雪渓をトラバース。
最短距離で日暮沢小屋へ下る。
3
雪渓から眺める竜門山。
まだ雪壁は育っていない。
現時点では、落雪のリスクは低いだろう。
2015年12月13日 11:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓から眺める竜門山。
まだ雪壁は育っていない。
現時点では、落雪のリスクは低いだろう。
4
稜線上は雲で覆われ、朝の絶景はもう見れず。
2015年12月13日 11:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上は雲で覆われ、朝の絶景はもう見れず。
3
ユーフン山へ続くナイフリッジ。
昨日のトレースが残っているので、通過は容易い。
2015年12月13日 11:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーフン山へ続くナイフリッジ。
昨日のトレースが残っているので、通過は容易い。
4
トレース辿ってゴロビツへ下る。
2015年12月13日 13:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレース辿ってゴロビツへ下る。
2
日暮沢小屋まで無事下山。
あとは林道を歩いて根小集落へ帰る。
土日は暖かかったせいか、昨日よりも林道の雪は少なくなっていた。
2015年12月13日 14:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日暮沢小屋まで無事下山。
あとは林道を歩いて根小集落へ帰る。
土日は暖かかったせいか、昨日よりも林道の雪は少なくなっていた。
1
第2ダム付近。
ここは残雪期に雪崩の危険個所になるが、今は問題なし。
2015年12月13日 15:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2ダム付近。
ここは残雪期に雪崩の危険個所になるが、今は問題なし。
2
ようやく集落が見えてきた。
ここまでの林道歩きが長い事・・・
まぁ、積雪期は仕方ないね。
2015年12月13日 16:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく集落が見えてきた。
ここまでの林道歩きが長い事・・・
まぁ、積雪期は仕方ないね。
7

感想/記録
by Luske

12月にしては珍しいくらいに穏やかな天候に包まれた週末。
今季、最後となる朝日連峰、大朝日岳への登頂を試みた。

大朝日岳は、積雪期ともなると深い雪に閉ざされ、東北において冬期登頂が
最も困難な山の一つとなる。
だが、先週の陽気によるものか、例年に比べると随分雪が少ない。
根子川林道からすでに雪道ではあったが、積雪量は少なくラッセルの負荷は無し。
登山口である日暮沢小屋には呆気なく到着した。
驚くほどに順調な歩き出し。
この調子では大朝日岳登頂は容易いであろう、
そう思いそうになるが、雪が少ない事は必ずしも良い事では無い。
初冬の朝日連峰で、最も辛いのが序盤の樹林帯。
まだ十分な積雪量が無い為、登山道に群生する灌木は埋まりきっておらず、
薮漕ぎを伴うラッセルとなる。
今回選んだ日暮沢コースでは、ゴロビツ沢源頭を抜けるまでの薮が特に酷く、
灌木系の強固な薮には辟易させられ、時には薮に足を取られ転倒して雪まみれ。
なかなかペースは捗らず、夏道であれば1時間もあれば抜けられるルートに、
今回は3時間も費やした。

だが、如何なる苦労にも終わりは訪れる。
ゴロビツを過ぎれば薮は疎らとなり、背の高い木は少なくなる。
そして、開かれた視界の先に見えるのは・・・
真っ白な朝日連峰主稜線。
これまでの苦労が報われる、感動的な瞬間だ。
ここまで到達出来れば、あとは問題ない。
薮は疎らとなり、雪が締まって歩きやすくなる。
もはや歩みを妨げるものは無く、風穏やかで快晴の空の下、気分良く稜線へと進む。
最後に難所が一つ。
ユーフン山のナイフリッジが存在するが、雪の状態の良さと積雪量の少なさに
助けられ、難なく通過。
日没前には、この日の宿泊予定地である竜門小屋に到着出来た。

さて、2日目が正念場。
この日の朝日稜線はヤ●テン情報によれば、午前中は快晴だが、午後から雪。
安全に、そして絶景の主稜線を眺めるには、早い時間の行動が必須となった。
日の出前に竜門小屋を出発し、ヘッドランプの明かりを頼りに稜線を進む。
予報は当たり、早朝から天気は快晴。
稜線上は全域雪で覆われているが、早朝の寒さもあってか雪は硬くクラストし、
ペースは良い。
稜線を進むにつれて、次第に明るくなる空。
地平線が真っ赤に染まる。
やがて、朝日が顔を出し、朝日連峰と周辺の山々のモルゲンロートが始まった。
進路の先へ視界を飛ばせば、そこに見えるは、大朝日岳。
朝日と並んで聳え立つその姿に、目を奪われた。

今年で4度目、となる大朝日岳。
それだけ登れば、その姿は見慣れてしまうようなものだが、
この日の大朝日岳は、一際美しく。
朝日と並んで聳え立つその姿は、言葉に出来ない美しさがある。
朝日と並んでも、決して引けを取らない美しさ。
何故、この山を大朝日岳と呼ぶのか判ったような気がする。
稜線を進む歩みが止まる。
そして、今年最後に目にするであろうその姿を、しばらく眺めるのであった。

今年も良い一年だった。山、に関しては・・・
その光景を見て、ふと、そんな事を思った。
訪問者数:1427人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/22
投稿数: 781
2015/12/15 21:12
 お疲れさまでした
私が憧れる世界を見せていただき、ありがとうございます!
暖冬の影響か、気象条件は穏やかだったようで何よりです。
朝日連峰の核心部の雪原にいた虫は、何を思っていたのでしょうね。
白い世界の中だからこそ、小さな命も本当に尊く思えます。
登録日: 2012/2/2
投稿数: 733
2015/12/15 22:12
 74moonさん、こんばんは
12月ともなると、朝日連峰は厳しい世界となりますが、
今回は例外でしょうか。
穏やかな気象条件に恵まれ、無事、今年最後の大朝日岳に登頂出来ました
雪は少ないものの、見応えは十分、
真っ白な主稜線は、何度見ても美しいです。

夏山で虫を見つけても、邪険に振り払うだけですが、
今の時期、生きた虫を見ると思うところがありますね。
寒さ厳しく、食料も無く・・・もう永くは生きられないと思いますが、
そういう状況だからこそ、尊いものに思えてきます。
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2000
2015/12/15 23:04
 素晴らしき大朝日
朝日を浴びながら朝日賛歌の贅沢な時間
Luskeさんの肩に「ネズミに姿を変えられた坊」(千と千尋の神隠し)となっていっしょに山の世界を見てみたいと願いましたが
未だ叶わず…おそらくこれからも叶わず
素晴らしい朝日の姿ありがとうございます。
今年も山の奥深さをレコで紹介していただきありがとうございます。
Luskeさんの季節はまだ始まったばかりですね〜
登録日: 2012/2/2
投稿数: 733
2015/12/15 23:52
 meikenさん、こんばんは
これから年末にかけて忙しくなりますので、今年の山行は今回が最後になるかと思います。
2015年のFINALに相応しい素晴らしい大朝日岳が見れて、実に良い山行でした。
いよいよ、これから冬本番。
次回の山行は、年末年始のロング山行でしょうか。
今年も南アルプスを考えてますが、無理せず安全第一でガンバろうかと思ってます

冬の朝日連峰、となると登山口に行くまで一苦労なので、同行頂くのは心苦しいですが、
蔵王や泉ヶ岳なんて良さそうですね。
ぜひ一度、雪山教室、という訳ではありませんが、meikenさんと御一緒してみたいものです。
新年会も、もし来年企画があれば参加したいものです
登録日: 2012/5/20
投稿数: 481
2015/12/16 6:58
 綺麗な朝日
綺麗な画像ありがとうございます
日曜日は泉ヶ岳からみていましたがLuskeさんを発見できず(笑)
今年も色々なレコありがとうございました。
来年は、山以外でもでなく良い年になりますように
登録日: 2013/12/9
投稿数: 194
2015/12/16 19:25
 素晴しい朝日と夕日
今年最後の大朝日お疲れ様でした。
平地では今だ雪が見られませんが、高い山ではしっかり雪が積もってますねぇ。それでも例年よりはずっと少ないのでしょうけど。
毎度の事ながら見事な朝日と夕日の写真に感動のお裾分けを頂いております。
いつかは自分も見てみたい風景ですねぇ〜
雪山シーズンも始まったばかり、今シーズンも楽しみましょう〜
雪山教室とかやるのでしたら是非参加したいなぁ
登録日: 2012/2/2
投稿数: 733
2015/12/16 22:53
 juanさん、こんばんは
日曜日、午前中は良い天気でしたね。
泉ヶ岳からも、染まる朝日連峰が見えましたか。
冬の早起きは辛いですが、こういう日があると報われた気がしますね^^b

今年は、思い出深い1年でした。
今年のベスト3を選ぶとすれば、
岩手山厳冬、飯豊二王子縦走、そして今回の大朝日岳。
この3つが思い浮かびます。
近年稀に見る豊作の1年だったと思います。
でも、思い出に残るのは山ばかりで・・・
それ以外の事は、あまり良い事が無かったかなぁ、と言うのが正直な印象です^^;
来年は、山以外の面でも良い年にしたいですね。
今年も御覧頂き、誠にありがとうございます。
また来年も宜しくお願いします
登録日: 2012/2/2
投稿数: 733
2015/12/16 22:55
 manimaniさん、こんばんは
今年は雪が少ないですね。
例年であれば、今の時期は蔵王の山へ行くところですが、
この雪量であれば朝日連峰も行ける、と思いまして今回挑戦してみました。
予想通り、雪が少なく大朝日岳登頂は成し遂げられましたが・・・
それでも、やっぱり朝日はキツイです^^;
序盤の薮漕ぎラッセルでは、何度か帰りたくなりました

今季の朝日連峰は、今回の週末が最後のチャンスだったと思います。
今後は深い雪と悪天候に包まれ、登頂叶わぬ厳しい山となるでしょう。
しばし間を置き、残雪期にでも・・・大朝日岳を再訪したく思います。
今後は、例年通りに蔵王メインになるでしょうか。
笹谷峠もちょくちょく御邪魔すると思いますので、またmanimaniさんに
お会いする機会もあるでしょう。
その際は宜しくお願いします!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ