ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 782489 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山

日程 2015年12月21日(月) [日帰り]
メンバー fofo
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あだたら高原スキー場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
2時間32分
合計
8時間19分
S奥岳登山口06:2807:55勢至平分岐08:1209:20峰の辻09:3910:16安達太良山10:3310:44沼尻分岐10:4810:48峰ノ辻分岐11:03峰の辻11:1111:59くろがね小屋13:1813:23塩沢分岐13:37勢至平分岐13:4414:43奥岳登山口14:4414:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪道、岩のミックスです。危険な個所は特にありません。
その他周辺情報あだたら高原スキー場に日帰り温泉が12月17日にオープンしました。大人一般600円です。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 サングラス ストック

写真

レストハウス入り口は照明がついていますが、鍵がかかっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストハウス入り口は照明がついていますが、鍵がかかっていました。
1
照明がついていましたので、外をお借りして朝食準備。風もよけることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
照明がついていましたので、外をお借りして朝食準備。風もよけることができました。
2
奥岳の湯、12月17日オープンしたてです。(下山後入りました)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥岳の湯、12月17日オープンしたてです。(下山後入りました)
遊歩道終点との合流点、積雪が少ないので、まだベンチが雪で隠れていません。
ここで着込み過ぎたジャケットを一枚脱ぎ温度調節。(ベース、ベース系の2枚のみ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道終点との合流点、積雪が少ないので、まだベンチが雪で隠れていません。
ここで着込み過ぎたジャケットを一枚脱ぎ温度調節。(ベース、ベース系の2枚のみ)
1
旧道と馬車道の分岐、旧道へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道と馬車道の分岐、旧道へ進みます。
空が赤くなってきました。ちょっと雲が多いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が赤くなってきました。ちょっと雲が多いですね。
1
ゴンドラ山頂駅も見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラ山頂駅も見えました。
旧道ど馬車道の最上部の合流ポイント。旧道は雪と土のミックスでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道ど馬車道の最上部の合流ポイント。旧道は雪と土のミックスでした。
合流点から上は雪道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点から上は雪道です。
勢至平につきました。山頂は見えるかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢至平につきました。山頂は見えるかな?
少し入って山頂確認。
上空に雲はありますが乳首がはっきり見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し入って山頂確認。
上空に雲はありますが乳首がはっきり見えます。
登山道に戻り、勢至平コース分岐まで進みます。ここでベースとソフトシェルに変更、アイゼンを装着、勢至平コースに入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に戻り、勢至平コース分岐まで進みます。ここでベースとソフトシェルに変更、アイゼンを装着、勢至平コースに入ります。
先週までの気温のせいでしょうか、踏み抜き連発の痕跡。本日は気温も低く踏み抜きなしでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週までの気温のせいでしょうか、踏み抜き連発の痕跡。本日は気温も低く踏み抜きなしでした。
1
福島市内、陽があたってないです。中央に見えるのは信夫山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福島市内、陽があたってないです。中央に見えるのは信夫山です。
ナナカマド?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド?
もうすぐ峰の辻。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ峰の辻。
1
山頂方面、晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面、晴れてきた。
篭山方面、青空と雪の斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
篭山方面、青空と雪の斜面。
1
峰の辻に到着。久しぶりの山行でこの時点で太ももがプルプル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻に到着。久しぶりの山行でこの時点で太ももがプルプル。
2
安達太良山への直登で向かいます。あるいては休み、休んではあるき、を繰り返します。なかなか着かない。山頂に出る前にアウターを着込みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山への直登で向かいます。あるいては休み、休んではあるき、を繰り返します。なかなか着かない。山頂に出る前にアウターを着込みました。
ゴロゴロ岩にはプチエビのシッポがびっしり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロ岩にはプチエビのシッポがびっしり。
1
ようやく山頂に到着。誰もいません。風が強いです。荷物を岩陰に置いて乳首み向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂に到着。誰もいません。風が強いです。荷物を岩陰に置いて乳首み向かいます。
5
慎重に登ってパチリ。あれっ?後ろの鉄山方面が大変なことになってる。(汗)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に登ってパチリ。あれっ?後ろの鉄山方面が大変なことになってる。(汗)
4
磐梯山、山頂付近は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山、山頂付近は雲の中。
鉄山方面はホワイトアウト?稜線下は問題なさそうなので牛の背、沼の平方面に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山方面はホワイトアウト?稜線下は問題なさそうなので牛の背、沼の平方面に向かいます。
1
自然の造形美。それより向こうの吹雪が気になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の造形美。それより向こうの吹雪が気になります。
2
沼の平、もう少しすると真っ白になるのかな。機会を見てまた来よう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼の平、もう少しすると真っ白になるのかな。機会を見てまた来よう。
4
ところどころ氷になってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ氷になってます。
1
牛の背を峰の辻方面に下り、振り返っての一枚。岩もまだ露出してます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛の背を峰の辻方面に下り、振り返っての一枚。岩もまだ露出してます。
峰の辻に到着。くろがね小屋を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻に到着。くろがね小屋を目指します。
ここでスノーシューに履き替えてみましたが、道幅が狭く少々あるきにくかったです。少し下って登山靴のみに変更。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでスノーシューに履き替えてみましたが、道幅が狭く少々あるきにくかったです。少し下って登山靴のみに変更。
くろがね小屋が見えました。安心しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋が見えました。安心しました。
ストーブが新しくなってます。燃料も石炭からコークスに変更。小屋番さん曰く、着火しにくいけど熱量は大きいようです。
ここでようやく昼食をとりました。小屋番さん、お客さんにおもてなしいただき楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストーブが新しくなってます。燃料も石炭からコークスに変更。小屋番さん曰く、着火しにくいけど熱量は大きいようです。
ここでようやく昼食をとりました。小屋番さん、お客さんにおもてなしいただき楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございました。
5
くろがね小屋のすぐ下は雪がないところがあります。温泉の熱?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋のすぐ下は雪がないところがあります。温泉の熱?
くろがね小屋からの下山は、日幅も広く安心して下れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋からの下山は、日幅も広く安心して下れます。
1
勢至平分岐まで戻りました。ここでアウターを脱ぎました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢至平分岐まで戻りました。ここでアウターを脱ぎました。
1
しばらくあるくと虹が。小雪がとばされて小雨になってるのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくあるくと虹が。小雪がとばされて小雨になってるのかな?
左ひざ裏を痛めたので、馬車道を下ることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左ひざ裏を痛めたので、馬車道を下ることにしました。
お、本日初の動物の足跡。(足跡ではない痕跡はいくつかありましたが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、本日初の動物の足跡。(足跡ではない痕跡はいくつかありましたが)
1
遊歩道終点まで戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道終点まで戻りました。
1
紅葉の時はきれいな道。銀世界もきれいでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の時はきれいな道。銀世界もきれいでしょうね。
1
スキー場が見えてきました。もう一息です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場が見えてきました。もう一息です。
1
無事下山しました。下山後も虹が出てました。この後は奥岳の湯。
2015年12月21日 14:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。下山後も虹が出てました。この後は奥岳の湯。
2
撮影機材:

感想/記録
by fofo

朝早めに出発した甲斐あって、太ももがプルプルしながらも山頂まで行くことができました。

時間と天候がとても大切であることを学んだ次第です。

また、ウエア装備については、レイヤリングを意識した装備とこまめな調節でとても快適に山行することができることが分かりました。

今回の全体の荷物の総重量はバックパック(スノーシュー、アイゼン、バーナー類、衣食水類、ツエルトもどき(テントのフライシート))+前バック(電話、GPSなど)で約15kg位だと思います。
見極め、新調を含めて軽量化の余地大ですね。

これからも自分の力量を認識し、適切な装備て冬山を楽しみたいと思います。
訪問者数:567人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ