ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 783081 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

北面白山・天童高原を起点にカモシカ〜西尾根

日程 2015年12月23日(水) [日帰り]
メンバー TONO
天候晴れ/曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天童高原スキー場の駐車場を利用

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
28分
合計
4時間58分
S天童高原スキー場07:5008:02天童高原キャンプ場08:0308:36かもしかコース入口10:00長左衛門平分岐10:0511:18面白山11:3211:57三沢山12:0512:19長命水12:40天童高原12:48天童高原スキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■かもしかコースは所々急斜面が出現するので要注意
■標高600mくらいから雪道
■雪が少なくワカンやスノーシューは必要なし
■長左衛門分岐でチェーンスパイクを装着したが、滑り止めは無くとも問題ない状態だった。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

雪がない天童高原スキー場。
2015年12月23日 07:43撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がない天童高原スキー場。
車はここまで。
2015年12月23日 07:50撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車はここまで。
正面左の面白山の山腹は霧氷で真っ白。その名の通り面白山。
2015年12月23日 07:52撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面左の面白山の山腹は霧氷で真っ白。その名の通り面白山。
2
振り返ると月山と葉山。残雪期にまた登りたい。
2015年12月23日 07:55撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると月山と葉山。残雪期にまた登りたい。
3
天童高原キャンプ場。
2015年12月23日 08:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天童高原キャンプ場。
キャンプ場から一旦面白山高原駅へ下る。
2015年12月23日 08:03撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場から一旦面白山高原駅へ下る。
所々滑り易い急斜面ありのっけから気が抜けない。
2015年12月23日 08:14撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々滑り易い急斜面ありのっけから気が抜けない。
1
林道に出た。
2015年12月23日 08:30撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出た。
林道をちょっと下るとかもしかコースの入口。
2015年12月23日 08:36撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道をちょっと下るとかもしかコースの入口。
1
谷地形を5分ほど登り、右の尾根へ上がる。
2015年12月23日 08:39撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷地形を5分ほど登り、右の尾根へ上がる。
しばしトラバース。
2015年12月23日 08:42撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばしトラバース。
ここから尾根に乗る。
2015年12月23日 08:47撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根に乗る。
1
初っ端は結構な急斜面で、雪はないけどピッケルが欲しいくらい。急斜面が終わるとなだらかに尾根を辿ります。
2015年12月23日 09:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初っ端は結構な急斜面で、雪はないけどピッケルが欲しいくらい。急斜面が終わるとなだらかに尾根を辿ります。
1
何度かアップダウンを繰り返しながら標高を上げる。標高600mくらいから雪が出てきた。
2015年12月23日 09:23撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度かアップダウンを繰り返しながら標高を上げる。標高600mくらいから雪が出てきた。
先行者はいないと思っていたが、どうやら1名のトレース発見。
あとはアニマルトレース。
2015年12月23日 09:34撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者はいないと思っていたが、どうやら1名のトレース発見。
あとはアニマルトレース。
2
下山に使う西尾根。
2015年12月23日 09:42撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山に使う西尾根。
長左衛門平分岐に着いた。
2015年12月23日 10:01撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長左衛門平分岐に着いた。
1
長左衛門平方面には登山者のトレースはなし。
2015年12月23日 10:01撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長左衛門平方面には登山者のトレースはなし。
この先の急登に備えて、長左衛門分岐でチェーンスパイクを着けた。
2015年12月23日 10:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の急登に備えて、長左衛門分岐でチェーンスパイクを着けた。
2
急登が始まる。
2015年12月23日 10:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が始まる。
急登が終わり雪の尾根を辿る。
2015年12月23日 10:16撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が終わり雪の尾根を辿る。
1
展望が開け正面に面白山が見えた。
2015年12月23日 10:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が開け正面に面白山が見えた。
傾斜は緩んだのに脚が重い・・・
2015年12月23日 10:27撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜は緩んだのに脚が重い・・・
枝が氷でコーティングされています。
2015年12月23日 10:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝が氷でコーティングされています。
2
大分雪が多くなってきたが、この辺りで積雪20cmくらいか。
2015年12月23日 10:51撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分雪が多くなってきたが、この辺りで積雪20cmくらいか。
青空が見えてきてテンションも上がる。
2015年12月23日 10:54撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が見えてきてテンションも上がる。
青空と霧氷のコントラスト。
2015年12月23日 10:56撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と霧氷のコントラスト。
9
良い感じになってきた。
2015年12月23日 11:00撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い感じになってきた。
2
イイねイイね〜
2015年12月23日 11:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イイねイイね〜
4
稜線に出た! 中面白山方面はトレース無し。
2015年12月23日 11:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出た! 中面白山方面はトレース無し。
2
面白山山頂はすぐそこ。
2015年12月23日 11:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白山山頂はすぐそこ。
4
霧氷を纏う山腹。
2015年12月23日 11:13撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷を纏う山腹。
3
霧氷のプロムナード。
2015年12月23日 11:13撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷のプロムナード。
霧氷に寄ってみる・・・ホワイトポッキーですな。
2015年12月23日 11:16撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷に寄ってみる・・・ホワイトポッキーですな。
3
あと少し・・・何故か、今年5月に南面白山から北面白山を周回した時のことを思い出していた。
2015年12月23日 11:17撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し・・・何故か、今年5月に南面白山から北面白山を周回した時のことを思い出していた。
2
着いた〜!面白山山頂。誰もいない一人の山頂。
2015年12月23日 11:18撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた〜!面白山山頂。誰もいない一人の山頂。
5
月山と葉山が浮かんでいる。
2015年12月23日 11:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山と葉山が浮かんでいる。
10
南面白山。今シーズンは積雪期に行ってみたい。
2015年12月23日 11:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南面白山。今シーズンは積雪期に行ってみたい。
1
中面白山〜南面白山へと続く縦走路。この日大東岳の頂はずっと雲に隠れていた。
2015年12月23日 11:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中面白山〜南面白山へと続く縦走路。この日大東岳の頂はずっと雲に隠れていた。
1
山頂でオニギリを食べながら景色を楽しむ。甑岳とその背後に鳥海山。
2015年12月23日 11:28撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂でオニギリを食べながら景色を楽しむ。甑岳とその背後に鳥海山。
6
さて下山します。遠くに月山、葉山、鳥海山が見えます。
2015年12月23日 11:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて下山します。遠くに月山、葉山、鳥海山が見えます。
5
稜線から西尾根に入ります
2015年12月23日 11:37撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から西尾根に入ります
3
霧氷ロードを下る。下に見える白い小ピークの三沢山を目指す。
2015年12月23日 11:37撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷ロードを下る。下に見える白い小ピークの三沢山を目指す。
2
頭上注意。これから積雪がある程度増えないと藪がうるさそう。
2015年12月23日 11:39撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上注意。これから積雪がある程度増えないと藪がうるさそう。
1
三沢山に着いた。ここまで下りると風は穏やか。しばし休憩。
2015年12月23日 11:57撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三沢山に着いた。ここまで下りると風は穏やか。しばし休憩。
2
面白山を振り返る。
2015年12月23日 12:00撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白山を振り返る。
3
南面白山。
2015年12月23日 12:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南面白山。
3
明るい西尾根を辿る。
2015年12月23日 12:11撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい西尾根を辿る。
ここから尾根を離れ、長命水へと下る。
2015年12月23日 12:17撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根を離れ、長命水へと下る。
長命水はジャンジャン出ていた。この暖かさで雪が融けたのか。
2015年12月23日 12:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長命水はジャンジャン出ていた。この暖かさで雪が融けたのか。
しばしの林道歩き。
2015年12月23日 12:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばしの林道歩き。
雪はスッカリなくなった。
2015年12月23日 12:34撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はスッカリなくなった。
天童高原キャンプ場。
2015年12月23日 12:39撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天童高原キャンプ場。
天童高原スキー場に戻ってきた。今シーズンはここから奥に見える雨呼山へ尾根伝いに歩いてみようかな・・・
2015年12月23日 12:42撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天童高原スキー場に戻ってきた。今シーズンはここから奥に見える雨呼山へ尾根伝いに歩いてみようかな・・・
2

感想/記録
by TONO

 晴れ予報のこの日。面白山に行こうと計画したが、天童高原からピストンにするか、まだ歩いたことのないかもしかコースで登って周回にするか悩んでいた。雪が多ければかもしかコースは厳しそうだし・・・あとは積雪量によって決めようと、アイゼン・チェーンスパイク・ワカン・ピッケルを車に積んで家を出た。そして到着した天童高原スキー場は気の毒なくらい雪が無い。面白山の山腹には霧氷が付いて真っ白だけど、ここでこれだけ雪が無いなら、かもしかコースも大丈夫でしょ。ということでチェーンスパイクだけザックにつめて両手にストックを持ち歩き始めた。 
 天童高原キャンプ場から一旦下って面白山高原駅を目指す。30分ほどで林道に出て、少し行くとかもしかコースの入口。沢地形から急斜面を登って尾根に取り付く。
この尾根がいきなりの急登。ちょっと凍り気味の急斜面にピッケルを持ってこなかったことを悔やんだ。何度かアップダウンを繰り返しながら高度を上げていく。左には木々の間から西尾根が見える。よく考えれば長左衛門道までは天童高原キャンプ場から落とした高度を取り戻すだけなんだよなぁ・・・で、ようやく長左衛門道に到着。
 さてここからは急登が続く。念のためチェーンスパイクを着けて登りはじめたが、無くとも問題ない感じだった。一気に高度が上がると霧氷を纏った木々が出迎えてくれた。美しい景色・・・白と青のコントラストが最高。これぞ冬山の醍醐味だ。
 景色は最高だが足が大分重くなってきた。軽いチェーンスパイクとはいえやはり足元が重いとそれなりに疲れる。休まず、でも休みながら重い足を一歩一歩前に進めると、とうとう稜線に出た。右手の中面白山方面は雪と藪で閉ざされトレースはない。この先降る雪が藪を覆い隠さなければ通行は困難だろう。左手には面白山のピークがすぐそこに見えている。霧氷のプロムナードをくぐり山頂を目指す。このとき何故か5月に南面白山から北面白山を周回したことを思い出していた。あと時のフィナーレはこの稜線から面白山に山頂に飛び出した時だった。
 そして再びフィナーレ。あの時見た山頂の景色が今度は色を変えて迎えてくれた。あの時と同じ誰もいないたった一人の山頂。風はあるが刺すような冷たさはない。しばし景色を楽しみながら達成感に浸る。遠くに月山・・・真っ白い裾野を伸ばしている。今年は雪が少ないと言われているけどこの山にそんな言葉は無縁のように真っ白だ。葉山も頂上付近は大分白くなった。残雪期にまた行きたいな。舟形山塊の左端に甑岳。今年はチャンスがあれば厳冬期に。その背後に薄っすらと見える白い頂は鳥海山だ。登る途中では木々の間から朝日連峰も見えていたが、この時間は雲がかかってきて見えなくなった。こうして見ると登った山も増えてきたけどまだまだ・・・
 さて西尾根で下りましょう。下りは脚が軽い。あっと言う間に三沢山まで来ました。ここまで下りると風は穏やか。ちょっと休んで、あとは一気に天童高原スキー場へ戻りました。
 今週末は寒気が入って山ではまとまった雪になりそう。年末年始はどこに行こうかなぁ・・・(TONO)
 
訪問者数:553人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ