ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 788776 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

千畳敷・中岳(高速バス使用、ロープウェイ千畳敷駅)

日程 2015年12月30日(水) 〜 2015年12月31日(木)
メンバー masamin, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
行き 新大阪駅(新幹線)-名古屋駅13:30(伊那高速バス)-15:58駒ヶ根インターバス停-早太郎温泉郷にて前泊-12/30(水)8:14切石公園前バス停(駒ヶ岳ロープウェイ線)-しらび平駅(駒ヶ岳ロープウェイ)-千畳敷駅
帰り 千畳敷駅8:55-しらび平駅-すずらん通りバス停(下車後徒歩で駒ケ根バスターミナル)-名古屋駅-新大阪駅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間10分
休憩
1時間9分
合計
3時間19分
S千畳敷駅10:0410:57乗越浄土11:0111:06宝剣山荘11:0811:19中岳11:4111:46天狗荘11:4711:51乗越浄土12:01伊那前岳九合目ピーク12:2512:35乗越浄土12:4413:14千畳敷駅13:2113:23ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト 千畳敷
コース状況 全体に雪あり、軽アイゼンは不可
その他周辺情報トイレ・飲食 千畳敷
下山後の温泉 駒ケ根高原に日帰り温泉多数
宿泊情報 早太郎温泉郷にて前泊、ホテル千畳敷宿泊冬プランはバスとロープウェイ往復チケット付きで12,500円でした
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

始発のロープウェイで千畳敷に上がり、ゆっくりと準備を整えてから出発です。写真に人が写らないようにするのが困難なくらい登山客が多いです。
2015年12月30日 10:15撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発のロープウェイで千畳敷に上がり、ゆっくりと準備を整えてから出発です。写真に人が写らないようにするのが困難なくらい登山客が多いです。
3
中岳山頂2925m
2015年12月30日 11:26撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂2925m
1
木曽駒ヶ岳は今回見送ります。
2015年12月30日 11:29撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳は今回見送ります。
2
槍ヶ岳は目立ちますね。
2015年12月30日 11:29撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳は目立ちますね。
4
中岳からの下り。
2015年12月30日 11:43撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳からの下り。
1
下りてきて乗越付近からの宝剣岳。手前は中央アルプス山岳警備隊の方々です。
2015年12月30日 11:50撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきて乗越付近からの宝剣岳。手前は中央アルプス山岳警備隊の方々です。
乗越浄土の看板。
2015年12月30日 11:54撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越浄土の看板。
比較的軽そうな伊那前岳方面を歩きました。
2015年12月30日 11:54撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的軽そうな伊那前岳方面を歩きました。
1
宝剣岳をズームアップ。人がいます。
2015年12月30日 12:00撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳をズームアップ。人がいます。
4
中央アルプスの尾根とホテル千畳敷です。
2015年12月30日 12:14撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスの尾根とホテル千畳敷です。
途中の展望が開けた場所からの乗鞍岳。
2015年12月30日 12:22撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の展望が開けた場所からの乗鞍岳。
1
富士山もズームアップ。
2015年12月30日 12:27撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もズームアップ。
1
下山ルートとは異なった斜面に綺麗な足跡がありました。
2015年12月30日 12:41撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山ルートとは異なった斜面に綺麗な足跡がありました。
1
山岳警備隊の方々のものでした。
2015年12月30日 12:41撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山岳警備隊の方々のものでした。
3
斜面を一気に下っていかれます。
2015年12月30日 12:43撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を一気に下っていかれます。
下りは新雪を歩くと楽だったのかもしれません。
2015年12月30日 13:08撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは新雪を歩くと楽だったのかもしれません。
千畳敷に登り返すところが一番疲れましたが、素晴らしい天候に恵まれ、気持ち良い登山ができました。
2015年12月30日 13:19撮影 by PENTAX K10D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷に登り返すところが一番疲れましたが、素晴らしい天候に恵まれ、気持ち良い登山ができました。
2

感想/記録

2015年末に再び千畳敷に行きました。
11月の千畳敷とは全くの別世界でした。

12/29はしらび平行き最終バスに間に合わせることができなかったので駒ケ根高原早太郎温泉郷に宿泊しました。
翌朝の始発バスは混雑するので、菅の台よりも手前から乗るようにと宿泊先の方より教えていただき、切石公園前より乗車。
菅の台バスターミナルは長蛇の列で、1便では全員乗ることができないほどでした。
定刻通りにロープウェイはしらび平を出発し、千畳敷に降りるとそこは白銀の世界でした。
吸い込まれそうな真っ青な空と光り輝く雪の斜面に色とりどりのヘルメットが光ります。
自分たちもアイゼン・ピッケル・ヘルメットと装備を万全に整えいざ出発です。
ゆっくりと八丁坂を登っていき、乗越浄土から中岳を目指します。
危険な箇所もなく、無事中岳に到着し、少し撮影をしました。
千畳敷に戻る前に、比較的なだらかな伊那前岳方面を歩くことにしました。
伊那前岳の稜線は風が強かったですが、人も少なく気持ち良く歩けました。
山頂までは距離があったため、手前のピークまでとし、引き返します。
下りの八丁平は柔らかくなった雪と足跡で歩きにくかったです。
千畳敷の底まで下り、最後にホテルまで登り上げる場所が一番疲れました。
ホテルに戻り昼食をとってからチェックインしました。
夜は素晴らしい星空でした。
翌朝の日の出は南アルプスの雲の上から登る太陽でした。
始発のロープウェイで千畳敷を後にし、バス電車を乗り継いで大阪に戻りました。

残雪のシーズンにまた行きたいと思います。
訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ