ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790277 全員に公開 ハイキング丹沢

西丹沢自然教室〜畦ヶ丸〜白石峠〜西丹沢自然教室

日程 2016年01月03日(日) [日帰り]
メンバー LE21
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:新松田8:25 10名程度
帰り:西丹沢自然教室15:40 5名程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:50 移動の開始
11:10 善六ノタワ
11:53 畦ヶ丸
12:14 モロクボ沢ノ頭
13:36 白石峠
14:47 用木沢出合
15:06 西丹沢自然教室BS
コース状況/
危険箇所等
水晶沢ノ頭手前10m程度の地点で道を塞ぐような倒木あり
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 昼ご飯 飲料 地図(地形図) 保険証 携帯 時計 タオル

写真

畦ヶ丸にて。
天気は良好。しかし眺望はいまいち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸にて。
天気は良好。しかし眺望はいまいち。
1
山頂から少し降ったところにある避難小屋。
かなり年季が入っています。
扉を開けて右側がトイレになっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し降ったところにある避難小屋。
かなり年季が入っています。
扉を開けて右側がトイレになっていました。
避難小屋正面にあった温度計。これもかなり年季が入っています。
指していた温度は15度。まだそれなりに機能していそうな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋正面にあった温度計。これもかなり年季が入っています。
指していた温度は15度。まだそれなりに機能していそうな感じ。
予想最高気温15度にも関わらず昼間でも霜柱は健在。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想最高気温15度にも関わらず昼間でも霜柱は健在。
バン木ノ頭の道標。
「旧」野外活動センター
「沢すじ道不明瞭注意」
どなたかが道標に注意書きを書いてくださっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バン木ノ頭の道標。
「旧」野外活動センター
「沢すじ道不明瞭注意」
どなたかが道標に注意書きを書いてくださっていました。
1
今回のコースは全体的に道は良いものの、数か所(確か2か所)、朽ちた木橋がありました。
ちなみにここは普通に左側を巻けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のコースは全体的に道は良いものの、数か所(確か2か所)、朽ちた木橋がありました。
ちなみにここは普通に左側を巻けます
水晶沢ノ頭直前の倒木。
土の状態からして、最近倒れた模様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶沢ノ頭直前の倒木。
土の状態からして、最近倒れた模様。
1
見事に道を塞いでいますが、くぐることは可能。
でも危険なので左側を巻いてください。
(写真には写ってないけど、左側も平坦なので苦も無く巻けます)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事に道を塞いでいますが、くぐることは可能。
でも危険なので左側を巻いてください。
(写真には写ってないけど、左側も平坦なので苦も無く巻けます)
2

感想/記録
by LE21

前回の反省およびリトライをすべく寄から鍋割峠を目指そうと7:55のバス目指して新松田へ。
しかし年末年始特別ダイヤとのことで寄行きは10:20が始発。
8:25に西丹沢自然公園行きがあったので、予定を変更することに。
少し前に時間切れで行きそびれた畦ヶ丸に行き、そこから白石峠を目指し、時間があれば加入道山に行くことに。→今回は加入道山は断念。
現地に到着すると西丹沢自然教室も1/1〜1/3は休館。帰りのバスは14:40、15:40、17:00。寒くて暗い中でバス待ちは避けたいので、遅くても15:30には西丹沢自然教室に戻るようにとの思いで出発。

西丹沢自然教室からの沢沿いの道は若干わかりづらいものの、道標やマーキングの間隔が短いため迷うようなことはなし。西丹沢自然教室前のテーブルが霜で覆われていたので道にも霜が残っているかと覚悟していたものの、全くそんなことはありませんでした。

沢から離れるとあとは畦ヶ丸まではわかりやすい道が続きます。眺望はそれなりですが、日差しがあり、この時期でも寒さを感じるどころか、最後は半袖Tシャツで汗かきながら歩いていました。

畦ヶ丸〜白石峠も道はわかりやすくまた分岐もほとんど無いため、迷うことは無いと思います。なお、このコースは気温が西丹沢自然教室〜畦ヶ丸よりも若干低く感じたのと、こちらは直接陽が当たらないようなところで霜柱を見かけました。
あと、写真にあるように水晶沢ノ頭直前に道を塞ぐ形で倒木があります。
根元に残っている土に水分が含まれていたことから比較的最近に倒れたのではないかと思います。従いまして、今のところ倒木の下がくぐれはするものの、更に倒れてくる可能性は大いにありますので、通過の際は倒木の左側を巻くことを勧めます。
なお、白石峠にはベンチやテーブル等が無く休憩にはあまり適してはいません。白石峠あたりでの休憩を考えるのであれば、直前の1307ピークにあるベンチを使用するのが良いと思います。

白石峠〜用木沢出合までは、道はわかりやすいものの、特に沢沿いの道にでるまでのガレ場がとても歩きづらいです。下りはまだしも登りでの使用は避けたいと感じました。

コース全体を通して積雪はありませんでした。また鎖馬は3か所ありましたが、いずれも鎖のお世話になることなく通過できました。
訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

避難小屋 倒木 霜柱 出合 ガレ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ