ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791658 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳、山スキー(肩ノ小屋撤退)

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー taka32
天候晴れのち強風、ガス。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
休暇村乗鞍高原駐車場。
AM5:30時点でガラガラ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
例年に比べて雪がかなり少ない。
この日スキー場の積雪情報は30センチ。
その他周辺情報下山後は乗鞍高原湯けむり館へ。(大人720円)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

ヘッドランプスタート。まだ真っ暗。
2016年01月02日 05:38撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘッドランプスタート。まだ真っ暗。
リフト終点、夜が明ける。
2016年01月02日 06:39撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト終点、夜が明ける。
ツアーコース最初の壁。
雪が少ない。
2016年01月02日 06:56撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース最初の壁。
雪が少ない。
ツアーコース
2016年01月02日 07:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース
剣ヶ峰が見えた。
2016年01月02日 07:43撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰が見えた。
位ヶ原は暴風
2016年01月02日 08:22撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原は暴風
4
大雪原。
2016年01月02日 08:22撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪原。
3
この時はまだ青空が。
2016年01月02日 08:43撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時はまだ青空が。
4
シール剥がして滑走準備。
退却開始。
2016年01月02日 09:27撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シール剥がして滑走準備。
退却開始。
1
暴風&ホワイトアウト
GPSで確認しながらの滑走。
2016年01月02日 09:27撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暴風&ホワイトアウト
GPSで確認しながらの滑走。
1
ゲレンデまで降りてきました。
やれやれ。
2016年01月02日 10:05撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデまで降りてきました。
やれやれ。

感想/記録
by taka32

この年末年始は異常に雪が少ない。
森林限界を越える場所でないと激藪スキーになってしまいそうな予感。
こんな時は滑りは二の次、ロケーション重視で乗鞍岳に向かってみました。
午後から天気が崩れそうとの予報なのでなるべく早い時間に行動を終えるべく暗闇の中AM5:30休暇村駐車場を出発。
ここからゲレンデを登り、約1時間でリフト最終地点に到達。
ここでようやく夜が明けて、ツアーコースに取り付きます。
どうやら僕がこの日の一番乗りのようです。
ツアーコースは雪が非常に少なく、藪を避けたり、踏んづけたりとあまり快適ではありません。
位ヶ原に出るとお約束の強風がこの日も吹き荒れています。ただ青空もひろがっているので気持ちよく進んでいきます。この時は稜線の向こう側に嵐が忍び寄っていることは知る由も無く・・・。
肩の小屋まであとわずかのところでガスに覆われたかと思うと一気に天候が急変。
猛烈な風とホワイトアウトに包まれてバランスを保つのがやっとの状態。
本当はここから板を担いで登る予定でしたがとても板なんか担げたもんじゃありません。
しばらく待機して回復を待ってみますが風に耐え続けるのももう限界。
装備を飛ばされない様に気をつけながらシールを外して退散開始。
位ヶ原の途中で徐々に視界が回復してきますが、振り返ると稜線は完全にガスの中。
お正月とあって続々と登ってくる入山者とすれ違いましたがなんだか自分だけが退却するようで複雑な心境です。
本当はもう少し待てば登れたんじゃないか、板をデポしたらピークには立てたんじゃないか、などと考えながらも心は完全に温泉に向かっていました。
まあこのくらいでやめておくのが身の丈ってことでしょうか。
訪問者数:362人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ