ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 796371 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳〜鍋割山 大倉尾根→後沢乗越経由で下山

日程 2016年01月09日(土) [日帰り]
メンバー teto_yama
天候晴れ 弱風 日差し強い
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き&帰り 大倉バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標高差1237m
コース状況/
危険箇所等
なし
金冷やしのところ相変わらず怖い・・
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 1/25 000地形図 筆記具 保険証 飲料 ティッシュ タオル 携帯電話 計画書 雨具 防寒着 ストック 水筒 時計 非常食 日焼け止め 肌保護クリーム メガネ 髪ゴム・化粧品 ファーストエイドキット 医薬品 スパッツ

写真

晴れていて、よく肌が焼けました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていて、よく肌が焼けました
1
花立を少し登った好展望地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立を少し登った好展望地
2
同じく
パノラマにしてみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく
パノラマにしてみた
塔ノ岳山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂です
8
1年前は登れた嬉しさが高揚感となってましたけど
今回はレベルが落ちていなかった自分にホッとする感じでした
今日はこの後鍋割山へ行くので多少不安があったのです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年前は登れた嬉しさが高揚感となってましたけど
今回はレベルが落ちていなかった自分にホッとする感じでした
今日はこの後鍋割山へ行くので多少不安があったのです
5
大丸を過ぎた辺りからみた花立山荘
ついさっきあっち側にいた事が不思議な感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丸を過ぎた辺りからみた花立山荘
ついさっきあっち側にいた事が不思議な感じ
3
主・峰!(初めてみました)
ヤマレコの凄い方々が良く通過地点として歩いているエリアだ・・尊仏ノ土平は手前辺りでしょうか
いやはや・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主・峰!(初めてみました)
ヤマレコの凄い方々が良く通過地点として歩いているエリアだ・・尊仏ノ土平は手前辺りでしょうか
いやはや・・
5
はじめてみる主峰とユーシンの東側?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめてみる主峰とユーシンの東側?
4
檜洞丸の西側・・?
行きたい行きたい・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸の西側・・?
行きたい行きたい・・
4
と、むくむくと歩きたい気持が持ち上がっている間に
・・鍋割山につきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、むくむくと歩きたい気持が持ち上がっている間に
・・鍋割山につきました
6
これが噂のうどんが生産される小屋・・
13時を過ぎているのでなんとな〜く静かです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが噂のうどんが生産される小屋・・
13時を過ぎているのでなんとな〜く静かです
4
霞んでいるけれど富士山が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞んでいるけれど富士山が見えます
3
パウンドケーキと美味しいコーヒーを頂きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パウンドケーキと美味しいコーヒーを頂きます
3
林道へ降りてきて、表丹沢県民の森案内図
ここ・・機能しているんだろうか
(東丹沢県民の森的な感じなんだろうか)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道へ降りてきて、表丹沢県民の森案内図
ここ・・機能しているんだろうか
(東丹沢県民の森的な感じなんだろうか)

感想/記録

【人の量】
連休の初日晴れ模様にしてはひとが少ないように感じた。
【塔ノ岳】
てくてく登って、座っての休憩はせず何とか登り切れました。堀山の家前で立ちっぱなしで10分位の休憩をしたらむしろ疲れてしまったので、休憩ってむずかしい。
やはり花立ての前の階段地獄がいちばんキツイのだなぁ。

大倉尾根では挨拶はあまり必要ないのかな?
登っている時こちらが挨拶しても殆ど無視されてしまうので、途中から挨拶は省略するようになりました。
大倉尾根以外のところでは皆ふつうに挨拶するし返して頂ける。
登りのキツさゆえでしょうか。今度登る時もよくよく観察してみよう。

一年前に買えなかった悔しさで山頂についたらまず山荘へ行きバッジと手ぬぐいを買いました。小屋はほぼ満杯で楽しげでした。今度来れたら塔ノ岳にしてのんびりコーヒーを頂きたいなぁ。(というか泊りたい)

【鍋割山】
塔ノ岳でご飯をかっ込んだらすぐ下山開始。
大丸の小さな登りでさえ【ふえ〜】と思いましたが、その後は大した高低差無くのんびり尾根歩きを楽しみました。
鍋割山について、少し休憩して、またすぐ下山開始。
うどんは今度の楽しみに♪
右側(西側)が凄いガケになっていて東風が強く吹いてる時は何となく怖そうな感じ。地獄崩れと言うそうです。
山頂直下は階段ですが、だんだんただの急な下りになっていきます。
階段の両脇にある棘のある木はサンショウバラかな?
小さなはしごが2本。この道凍結していたら怖いかも。

後沢乗越の先の栗ノ木洞にもいつか行ってみたいけど、今回は二俣まですぐ降りていきます。乗越先に見えるほそ〜い尾根道に何となくときめきました。

乗越を過ぎると針葉樹の森をずんずん降りて行って、ミズヒ沢に合流。
沢伝いに小さな徒渉を繰り返すとすぐ林道にぶつかります。
林道を歩き、小丸尾根の路と合流したあとも延々林道歩き。
堀山下の付近で重機を使い小さな工事をしている個所がありました。
通行には問題ありません。


【感想】
陽が少しずつ長くなってきたので、嬉しいです。
あと、新しい軽い靴が欲しいです。
そして、思った以上に暑く、汗をかいてしまい今回水が足りなかったので何度か足をつりそうになりました。捻挫しそうっていいますか・・
水大事です。肝に銘じます。
訪問者数:227人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/21
投稿数: 58
2016/1/16 19:31
 どんどん
逞しく強くなってますね。
きっと蛭も余裕っすよ( ´ ▽ ` )ノ
蛭レコお待ちしています!
登録日: 2014/4/29
投稿数: 16
2016/1/25 14:12
 Re: どんどん
こんちは(^v^)
亀の歩みですけどね(笑)コメント嬉しいです、ありがとう。
蛭、まだまだ先だけどいつか行きますよ!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

乗越 林道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ