ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799236 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

笹子駅・本社ヶ丸(河口湖を目指すも熊に遭い撤退)

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー oyaikasakasa
天候晴れ後曇り(夜には雪の予報)
大月市の気温 マイナス5度
アクセス
利用交通機関
電車
笹子駅6:35着(大月発甲府行き)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
24分
合計
6時間4分
S笹子駅06:3807:36庭洞丸08:55角研山08:5609:39新道分岐10:0110:24角研山10:2512:23追分バス停12:42笹子駅12:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:38 笹子駅
7:35 庭洞丸
8:55 角研山
9:39 新道分岐
10:24 角研山
12:23 追分バス停
12:42 笹子駅
コース状況/
危険箇所等
凍結箇所はありませんでした。(この夜から大雪です)
笹子駅から本社ヶ丸までの急登は、思わず手をつきたくなる場所もあって急登感満載です。とにかくゆっくり登りました。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

笹子駅到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子駅到着。
日陰には雪がうっすらと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰には雪がうっすらと。
本社ヶ丸への入り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸への入り口。
初めから、噂に違わぬ急登でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めから、噂に違わぬ急登でした。
すぐに中央線が下に見えるようになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに中央線が下に見えるようになります。
土自体は、足に負担が少ないフカフカの登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土自体は、足に負担が少ないフカフカの登山道です。
林道を左に進むとすぐに次の登り口があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を左に進むとすぐに次の登り口があります。
雪だなあ、と思いながら漫然と歩いてしまい、登り口を見過ごしました。雪に足跡がなくなったことに気づき、バック。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪だなあ、と思いながら漫然と歩いてしまい、登り口を見過ごしました。雪に足跡がなくなったことに気づき、バック。
これが林道からの登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが林道からの登り口。
フカフカと歩きやすい登山道でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フカフカと歩きやすい登山道でした。
中央線を挟んで反対側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央線を挟んで反対側。
急登ながら手で掴めるものが少なく、意外と苦労します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登ながら手で掴めるものが少なく、意外と苦労します。
角研山が近づくと、岩が現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角研山が近づくと、岩が現れます。
鉄塔がある所は視界が少し開けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔がある所は視界が少し開けます。
とても静かな、いい時間です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても静かな、いい時間です。
冬枯れの林をゆったり散歩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの林をゆったり散歩。
本当に人が少なく、いいなあ、と浸りながら歩けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に人が少なく、いいなあ、と浸りながら歩けます。
「宝の山ふれあいの里」との分岐がある、2本目の鉄塔に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「宝の山ふれあいの里」との分岐がある、2本目の鉄塔に出ます。
本社ヶ丸の文字はほぼ消えており、一瞬焦ります。
ここからしばらく歩いて、本社ヶ丸へ続く尾根を目指します。そこからは富士山が見えることもあって、テンションが上がりつつ登って行くと、20メートル程先で、ガサガサッと動物が素早く動く音が。小動物とは明らかに異なる重い音でした。目をやると、猛スピードで離れてゆく熊でした。こんなに足が速いなんて…。熊鈴に気づいて逃げてくれたようで、安全な(と熊さんが思ったらしい)距離まで離れたところでにらめっこに。向こうから逃げてくれたのが明らかだったので冷静でいられましたが、やはり怖いです。熊鈴ありがとう。1分ほど様子を見た後に、登山道進行方向へノシノシと歩き初めてくれて、ほっと一息。しかし、進行方向へ行ってしまっただけにこれ以上進む訳にもゆかず、撤退を決定。富士山だけでも見たかったなぁ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸の文字はほぼ消えており、一瞬焦ります。
ここからしばらく歩いて、本社ヶ丸へ続く尾根を目指します。そこからは富士山が見えることもあって、テンションが上がりつつ登って行くと、20メートル程先で、ガサガサッと動物が素早く動く音が。小動物とは明らかに異なる重い音でした。目をやると、猛スピードで離れてゆく熊でした。こんなに足が速いなんて…。熊鈴に気づいて逃げてくれたようで、安全な(と熊さんが思ったらしい)距離まで離れたところでにらめっこに。向こうから逃げてくれたのが明らかだったので冷静でいられましたが、やはり怖いです。熊鈴ありがとう。1分ほど様子を見た後に、登山道進行方向へノシノシと歩き初めてくれて、ほっと一息。しかし、進行方向へ行ってしまっただけにこれ以上進む訳にもゆかず、撤退を決定。富士山だけでも見たかったなぁ…。
1
帰り際に角研山に到着。登りの際は、気付かずに通りすぎてしまっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り際に角研山に到着。登りの際は、気付かずに通りすぎてしまっていました。
再び鉄塔に。安堵と残念が入り混じったランチタイムでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び鉄塔に。安堵と残念が入り混じったランチタイムでした。
同じ道を通るのもなあ、と考えていたら、林道を迂回して笹子駅に出ることができることが分かったので、決定。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ道を通るのもなあ、と考えていたら、林道を迂回して笹子駅に出ることができることが分かったので、決定。
あれが本社ヶ丸。そのこから左に伸びる尾根に、熊さんはおられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが本社ヶ丸。そのこから左に伸びる尾根に、熊さんはおられました。
時々雪が現れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々雪が現れました。
この林道からも清八峠〜河口湖を目指せます。(本社ヶ丸は寄り道になります)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この林道からも清八峠〜河口湖を目指せます。(本社ヶ丸は寄り道になります)
追分トンネルをくぐると、中央線沿いに出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分トンネルをくぐると、中央線沿いに出ます。
ここを右に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右に。
笹子駅到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子駅到着。

感想/記録

歩く人がとても少ない登山道で、静かに楽しめました。ただそれだけに、熊には注意です…。熊鈴の効果・大切さを身をもって知りました。
訪問者数:86人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 熊鈴 林道 テン 霜柱 撤退
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ