ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799386 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

【初雪山テン泊】は厳冬期?の北アルプスデビュー!「西穂独標」

日程 2016年01月16日(土) 〜 2016年01月17日(日)
メンバー iamclimber(記録), その他メンバー2人
天候1/16(土)天候:小雪のち曇り 気温: 登山口-10℃ 西穂山荘-12℃ 
1/17(日)天候:快晴のち曇り 気温:西穂山荘-10℃ 山頂-12℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
▼駐車場
鍋平駐車場は冬季閉鎖のため、新穂高温泉駅の利用となります。
登山者の場合、第二駐車場の駐車となります。
≪カーナビで設定するなら以下参照≫
【名称】新穂高ロープウェイ
【住所】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高
【電話】0578-89-2252
【料金】無料
【始発】 9:00(運転間隔30分毎。混雑時は臨時便あり)
【終発】16:15(西穂高口駅)
【料金】往復で2900円。6Kg以上の荷物で往復で400円かかります。
【割引】事前にコンビニで予約券を購入すると500円引き。
    JAF会員だと100円引きになります。
【URL】http://shinhotaka-ropeway.jp/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間31分
休憩
2分
合計
1時間33分
S西穂高口(千石平)13:0013:28旧ボッカ道分岐13:3014:33西穂山荘
2日目
山行
1時間45分
休憩
2時間6分
合計
3時間51分
西穂山荘09:2909:45西穂丸山09:4610:18西穂独標10:5111:10西穂丸山11:1111:17西穂山荘12:4813:04旧ボッカ道分岐13:20西穂高口(千石平)13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▼道路状況
凍結してる所もあり、駐車場は雪のためスタッドレスやチェーンが必要です。

▼登山ポスト
西穂高口駅の構内にあります。

▼電波
接続率ドコモ 100.0%
その他周辺情報▼西穂山荘
オフィシャルページでその日の気象情報が掲載されています。
【URL】http://www.nishiho.com/
【料金】テン泊の場合、1泊につき1人1,000円
【備考】テン場は立地的に強風になり辛く、設営と撤去作業がやりやすいようです。
【注意】雪ブロックで風よけを作るのはOKだが、整地して帰るようにとのこと。
【食事】テン泊でも、宿泊者用食堂での夕食・朝食の受付も承っているようです。
【幕営】山荘東の指定地となります。トイレは山荘南側に外トイレになります。
【水場】冬季は有料販売となるので、事前に購入していくことをオススメします。

▼温泉
口コミで人気の「ひらゆの森」を利用。
【店名】ひらゆの森
【住所】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
【電話】0578-89-3338
【料金】500円
【時間】10:00〜21:00
【URL】http://www.hirayunomori.co.jp/
【備考】駐車場から約40分
【感想】泉質も良く、露天風呂も広く、お値段も安くとてもオススメです。

写真

登山者の場合、第二駐車場の駐車となります。
2016年01月16日 11:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者の場合、第二駐車場の駐車となります。
1
ザックの重さは25圈E濟灰謄麈颪浪拱が多いなぁ…。
2016年01月16日 11:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックの重さは25圈E濟灰謄麈颪浪拱が多いなぁ…。
8
駐車場に隣接した登山指導センターで山の情報をチェック!
2016年01月16日 11:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に隣接した登山指導センターで山の情報をチェック!
ロープウェイを2つほど
乗り継いでいきます。
2016年01月16日 12:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイを2つほど
乗り継いでいきます。
思った以上に登山客がるなぁ。
2016年01月16日 12:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思った以上に登山客がるなぁ。
2
日本唯一の2階建てゴンドラ!
2016年01月16日 12:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本唯一の2階建てゴンドラ!
1
標高2,156mの西穂高口駅の大パノラマは「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として掲載されたようです。
2016年01月17日 13:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2,156mの西穂高口駅の大パノラマは「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として掲載されたようです。
1
西穂高口駅を出ると「雪の回廊」が出現。
時期によっては4m以上になる
こともあるんだとか。
2016年01月16日 13:04撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高口駅を出ると「雪の回廊」が出現。
時期によっては4m以上になる
こともあるんだとか。
4
といっても、このリトルスノーモンスターも美しい!
2016年01月16日 13:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
といっても、このリトルスノーモンスターも美しい!
3
雪道のせいかだいぶ体力を消耗し、山荘までの1.5時間が非常に長く感じました…orz
2016年01月16日 14:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪道のせいかだいぶ体力を消耗し、山荘までの1.5時間が非常に長く感じました…orz
1
西穂高口展望台で「にしほくん」を見忘れたことを思い出す。
2016年01月16日 14:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高口展望台で「にしほくん」を見忘れたことを思い出す。
おじさん3人で同じ場所を行ったり来たり踏み固める。なかなかシュールな絵である。
2016年01月16日 15:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おじさん3人で同じ場所を行ったり来たり踏み固める。なかなかシュールな絵である。
2
初めてということもあり、
これがなかなか大変でした!
2016年01月16日 15:25撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてということもあり、
これがなかなか大変でした!
4
この日のために仲間の一人が立派なテントを購入してくれました。カッケー!
2016年01月16日 15:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日のために仲間の一人が立派なテントを購入してくれました。カッケー!
7
高級かき氷のシロップを持参し、かき氷を作る。
仲間から絶賛!
2016年01月16日 19:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高級かき氷のシロップを持参し、かき氷を作る。
仲間から絶賛!
3
天井は霜でびっしり。
2016年01月16日 19:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天井は霜でびっしり。
翌朝目が覚めるとテント内にある全てのものが凍っています。
2016年01月17日 06:45撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝目が覚めるとテント内にある全てのものが凍っています。
3
てんくらだと翌日は曇りとのことでしたが、
2016年01月17日 07:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てんくらだと翌日は曇りとのことでしたが、
良い具合にハズれて快晴!
2016年01月17日 07:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い具合にハズれて快晴!
6
気づくとテン場の登山客の出発は僕たちが最後…。
2016年01月17日 09:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気づくとテン場の登山客の出発は僕たちが最後…。
3
360度の絶景が広がっています
2016年01月17日 09:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度の絶景が広がっています
6
これだから雪山はやめられん
2016年01月17日 09:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだから雪山はやめられん
9
西穂山荘から少しの区間は急ですが、丸山までは極めてなだらかな登りです。
2016年01月17日 09:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘から少しの区間は急ですが、丸山までは極めてなだらかな登りです。
2
西穂丸山に到着!
2016年01月17日 09:45撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂丸山に到着!
6
丸山から若干傾斜がつくものの、緩やかな登りが西穂・独標の岩陵直下まで続きます。
2016年01月17日 09:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山から若干傾斜がつくものの、緩やかな登りが西穂・独標の岩陵直下まで続きます。
5
独標手前につくと、仲間が山岳会で学んだピッケルの使い方を教えてくれました。焦らず慎重に登ります。
2016年01月17日 10:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標手前につくと、仲間が山岳会で学んだピッケルの使い方を教えてくれました。焦らず慎重に登ります。
2
独標から望むピラミッドピークと西穂高岳
2016年01月17日 10:25撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標から望むピラミッドピークと西穂高岳
9
技術をもっと学んでから西穂高まで目指そうと仲間と約束。
2016年01月17日 10:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
技術をもっと学んでから西穂高まで目指そうと仲間と約束。
3
ロープを出し安全確保をしながら降りてく人も。
2016年01月17日 10:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープを出し安全確保をしながら降りてく人も。
3
尻セードを楽しみながら
40分かからず下山
2016年01月17日 12:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尻セードを楽しみながら
40分かからず下山
1
口コミで人気の「ひらゆの森」を利用。オススメです!
2016年01月17日 15:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
口コミで人気の「ひらゆの森」を利用。オススメです!
4

感想/記録

今回は初めてとなる雪山テン泊!
荷物も重いし、雪山ということで不安もあるので、
リフトで上がれて、テン場まで1.5時間と距離が短く、山小屋も通年営業をしている
西穂独標に行くことにした。

今までは各自で装備を準備し、テン泊してきたのだが、
今回は雪山ということで、この日のために仲間の一人が立派なテントを購入してくれた。
夕飯は鍋にしようということもあって、デカイ鍋も共同で購入。
いつもの仲間と共同装備を揃えていくもの悪くないものだ。
前夜に仲間の家に集まり、食材を購入し、それぞれの装備をチェック。
重さが均等になるように調整した結果、25kgぐらいになった。

翌朝の天気は良好!
ただ西穂高方面に近づくと、想定していた通り山には雲がかかっている。
そして高速を降りて山に入っていくと、雪道&凍結路。
普段は僕の車を出動するのだが、二駆となるため雪道に不安がある。
そんな時は、これまたもう一人の仲間が雪山に行くために買ってくれたジムニーが出動し、
安心してロープウェイ乗り場に到着することができた。

西穂高口駅を出ると「雪の回廊」が出現する。
時期によっては4m以上になることもあるようだが、今年は暖冬のため背丈弱ほどの高さであった。
回廊を抜けると、登山道があり、山荘まではひたすら登っていく。
以前に何度か同じ重さのザックを担いだこともあったが、
雪道のせいかだいぶ体力を消耗し、山荘までの1.5時間が非常に長く感じた。
山行時間の長い冬山テン泊に向けてはまだまだ修行が必要そうだ…。

いつもならテン場に着くなり、プシュリと持ってきたビールを開けるとこだが、
今回はテントの設営もあり、いつもよりも時間もかかるため我慢。
とりあえず小腹がすいたので、山小屋でラーメンを1つ注文し、仲間3人で分けて食べた。
山で食べる温かいご飯は本当にありがたいし、美味いもんである。

すでにテン場は8張りほどあり、整地してある場所はあいてなかったので、
腰まで新雪が乗っている場所を一から整地となった。
テントも大きく整地面積も広くなり、初めてということもあり、これがなかなか大変。
おじさん3人で同じ場所を行ったり来たり踏み固める。なかなかシュールな絵である。
山域によっては防風ブロックを積み上げたりしなくてはならないと思うと、
悪天候の中では絶対にやりたくない作業である。

テント設営後は、キムチ鍋を作り、以前からやってみたかった米を炊き、
また食べてみたかった高級かき氷のシロップでかき氷を作り、と充実したご飯となった。

寝ていても、何度も物凄い強風にテントが煽られ、目が覚めた。
ふと天井を見上げると霜でびっしり。
体験談で、テント内に雪が降ると聞いていたが本当のようだ。
なんか凄いとこで寝てるなと、改めて実感した。

翌朝目が覚めるとテント内にある全てのものが凍っていた。
まぁ-10℃の冷凍庫で寝ているようなものだから、そりゃ当り前のことだろう。
前夜の鍋を火にかけ雑炊を作りながら、別でお湯を沸かした。
これまた想像以上に時間がかかる。
気づくとテン場の登山客の出発は僕たちが最後だった。
色々と改善する必要がありそうだ。

てんきとくらすだと翌日は曇りとのことだったが、良い具合にハズれてくれて快晴!
360度の絶景がが広がっていた。これだから雪山はやめられない。
独標手前につくと、仲間が山岳会で学んだピッケルの使い方を教えてくれた。
焦らず確実に、ゆっくり、慎重に登り、登頂!
目前には西穂高の美しい山脈が広がる。
仲間とお互いをねぎらい感動を共有。
次回は技術をもっと学んでから西穂高まで目指そうと約束した。

先ほどまで青空だった空に雲がかかりだしたので、下山を開始。
ロープを出し安全確保をしながら降りてくる人もいたが、僕らはノーロープ。
そのため雪面を向き、アイゼンを蹴り込み、足場を慎重に確認しクライムダウンしていく。
こういう時、普段からボルダリングをやっていて良かったと強く感じる。
そして帰路は尻セードを楽しみながら40分かからずのと下山となった。

今回の初めての雪山テン泊山行で、
共同装備の準備、テン場の整地などさまざまなことを経験することができた。
今後も少しづつ経験を重ね、行ける山域を増やしていきたい。
訪問者数:854人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

てんくら 登山ポスト 設営
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ