ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 800408 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雪の高尾山ハイク

日程 2016年01月20日(水) [日帰り]
メンバー mariji3(CL), その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR高尾駅、京王高尾山口駅が便利
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
1時間14分
合計
4時間4分
S高尾山口駅11:4212:10金比羅台12:23リフト山上駅12:23高尾山駅13:1213:32高尾山薬王院13:3613:58高尾山14:1914:33高尾山薬王院14:48高尾山駅15:16高尾山・清滝駅15:19高尾山口駅15:28高尾山ちか道入口15:46高尾駅15:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ウォーキングだった、大勢の参加者が居たがコースに積雪が有って万が一転倒者が怪我でも起こればと不安から正規のコースを短縮したのです。

八王子みなみ野駅から片倉駅に歩くも13kmと長い設定でした、ウォーキングのコースは人が余り歩かない為に踏み跡が少なく氷づいた道では
歩くのに大変だと言う事で短いコースで終わりました。

240人もの参加者は片倉駅で家路に向かうようです、しかしこの中途半端な歩きに満足しない我らは何処かに行こうと成って高尾山に雪でも見に
登りますかと話が付JR片倉駅から少し離れた京王片倉駅に歩く。

電車は二十分待たされた、風が強く有ったので休憩所で電車を待つ、
会話がはずめば何の事無く電車に乗る時間が来た、がら透きの車内
今から高尾山とおぼしき人は見当たらない。

高尾山でお昼を取ろうと決まり一号路から上がる、アナウンスでは
一号路以外は危険で登らせないと言う。軽アイゼンでも装着していれば
その限りではなさそう、倒木も在るようでこんな話でした。

一号路は簡単に歩かせてはくれなかった、折り返しの箇所には圧雪の
凍結で足は滑るすべるで笑いながら足を運んだ。
四人で来たが一人だけ簡単な滑り止めを持って居た、関心かんしん、
すかさず靴に噛ませて歩き出した、矢張り道具だ簡単に上がって行くではないか。

置き去りにされながらも頑張って登ってました、途中で追いつき自分だけ
金毘羅神社まで歩いた、展望台からの眺めは良かった、スカイツリーが
はっきり肉眼でとらえられる。

眺めを終えて一号路に戻った合流し四人で上へと歩く、道は再びスリップ
する場所に来た、エコリフト乗り場手前の坂が危なかった、掴まる所は
無い、ゆっくり足を運んで如何にか通過した。

数メートルの所で汗をかく始末、やれやれでした。道は除雪の所で
歩き安くなり十一丁目からケーブル山頂駅に着いた、この場所で
お昼タイムです、白いテーブルの場所を借りて寛ぐ事に成った。

おにぎりにポタージュスープでご飯をとる、後はステックコースーの
出番になる、御菓子もあって和みの時間でした。
13時回った腰を上げて山頂の雰囲気を楽しむことで薬王院に歩きます。

階段は積雪がある、片側だけ除雪してある。上がるのには問題ない、
男坂を通過し山門に着いた、山門は封鎖されてた。凍結の為である、
迂回して寺務所に入り御朱印を頂いた。

仲間を待たせてしまう、朱のりの鳥居をくぐり上へと成る、途中で
ミツマタの花に立ち止まる、ヤマレコファンなら掲載する場所だ。
その先の石段は雪で傾斜ぎみ危ないので掻き落としていた。

木段から先は圧雪の道でした、滑る箇所も在るが大した事には成らず
歩けた、トイレに立ち寄り最後の坂を上がった、太陽がまぶしい坂道。
白い雪が反射して輝く、積雪は20cmは残ってた。

山頂三角点にさわり展望台へ向かった、富士山は雲に遮られ全体は
見えません。でも前に広がる丹沢の峰が手に取るように分かる。
素晴らしい景色だと見なが言う。

見ているとあの山にも隣の山にも登ってねと話は弾む会話は弾んでも
風の冷たさは収まらない、仕方なく下山することにした。
先ほど歩いた危険個所は少しでも溶けて居ればと願うがそう甘い話は
無かった、転倒こそ無かったがゆっくりの歩きは仕方なかった。

おっかなびっくりだったか一号路から離れた、高尾山口駅の温泉立ち寄りも良いが今日もパスする。JR高尾駅まで歩く、南浅川の岸に梅が見事に
咲かせている場所が有るのでつい撮影する。

梅一輪・・・ほどの温かさ。と言われるが今年は嵌らないかもね。

駅近くになり今日は店やってっかな〜って言うので見たらやってた。
あさかわ食堂である、たみこさんはおかみさんだ、一年一度だと立ち寄りね、と言われてしまった。自分は毎度寄っても良いのだが店が閉まってる
時に通過なので合わないのだ。

久しぶりの挨拶で生ちょうだいってなり、お疲れさまの乾杯でした。
コース状況/
危険箇所等
一号路一分凍結有ります、注意!!
薬王院から先は圧雪です、転倒防止策を行う事、山頂から先は雪山装備が必要です、軽アイゼンストックなど持参。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

9:42 八王子みなみ野駅に集まった240人のウォーカーストレッチはしたもののコースが短く成るとのアナウンス。本来なら11km
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:42 八王子みなみ野駅に集まった240人のウォーカーストレッチはしたもののコースが短く成るとのアナウンス。本来なら11km
1
10:49 JR片倉駅で本日のウォーキングが終わってしまう、先日の雪で辿るコースに向かえず、転倒する参加者を見据え中止、なので歩きは別の場所へと移動する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:49 JR片倉駅で本日のウォーキングが終わってしまう、先日の雪で辿るコースに向かえず、転倒する参加者を見据え中止、なので歩きは別の場所へと移動する。
1
11:10 JR駅から京王線へ歩く、此処からなら直通で登山口まで行けますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:10 JR駅から京王線へ歩く、此処からなら直通で登山口まで行けますね。
111:42 京王、高尾山口駅到着した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
111:42 京王、高尾山口駅到着した。
11:46 清滝駅前雪の影響で閑散としてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:46 清滝駅前雪の影響で閑散としてました。
1
11:46薬王院へと歩きます、コースは一号路で、他の道はアイゼンが必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:46薬王院へと歩きます、コースは一号路で、他の道はアイゼンが必要です。
除雪はしてあるが安心は出来ませんよ、凍結してるから
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
除雪はしてあるが安心は出来ませんよ、凍結してるから
1
12:10 金毘羅神社前、金毘羅展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:10 金毘羅神社前、金毘羅展望台
今日も空気が澄んでる都心です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も空気が澄んでる都心です
4
矢張り八王子は白い雪景色が残ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢張り八王子は白い雪景色が残ってます
1
草イチゴの花が一輪見つける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草イチゴの花が一輪見つける
2
12:23 エコリフト乗り場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:23 エコリフト乗り場
13:13 山頂ケーブル駅前、都心がくっきり房総も見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:13 山頂ケーブル駅前、都心がくっきり房総も見える
1
此のばかちょんでも捉えられる景色が凄い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此のばかちょんでも捉えられる景色が凄い
3
13:29 男坂から上に歩く杉苗奉納板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:29 男坂から上に歩く杉苗奉納板
天狗の腰掛杉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の腰掛杉
13:31山門に着く、凍結の為階段は使えません、もみじやさんの前です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:31山門に着く、凍結の為階段は使えません、もみじやさんの前です。
13:41早咲きでしょうか黄色を覗かせ始めたミツマタ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:41早咲きでしょうか黄色を覗かせ始めたミツマタ
愛染明王から先の石段は雪が乗る状態
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛染明王から先の石段は雪が乗る状態
13:52 山頂トイレ前の道は雪が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:52 山頂トイレ前の道は雪が多い
13:55 山頂トイレ前から撮影、とんがりは大岳山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:55 山頂トイレ前から撮影、とんがりは大岳山。
4
13:58 高尾山頂三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:58 高尾山頂三角点
山頂には20cmの積雪有りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には20cmの積雪有りました
富士山の右に並ぶ畦が丸から大室山などがはっきり捉える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の右に並ぶ畦が丸から大室山などがはっきり捉える
富士は雲で隠れるが左の大室山は威張ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士は雲で隠れるが左の大室山は威張ってます。
荒れている富士山の姿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れている富士山の姿
2
高尾山頂大見晴台から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山頂大見晴台から
14:18 売店の先にビジターセンター有ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:18 売店の先にビジターセンター有ります
1
当分雪遊び出来ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当分雪遊び出来ます
1
14:19 横浜方向を見る、雪はこんなに残ってますよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:19 横浜方向を見る、雪はこんなに残ってますよ
圧雪状態の所はこんなです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
圧雪状態の所はこんなです
14:33 薬王院の屋根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:33 薬王院の屋根
14:33 薬王院で参拝済ませる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:33 薬王院で参拝済ませる
1
階段は片側だけ除雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段は片側だけ除雪
1
14:50 エコリフト前を通過する、この下りは危険でした。
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:50 エコリフト前を通過する、この下りは危険でした。
 
15:16 清滝駅前寒く感じる景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:16 清滝駅前寒く感じる景色
1000円でゆったりどうぞですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000円でゆったりどうぞですね。
15:20モダンに変身した駅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:20モダンに変身した駅
15:28高尾山近道の信号、ろくさん亭に行ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:28高尾山近道の信号、ろくさん亭に行ける
15:31 いつも通る場所ですが急いで撮影なのかボケてしまう、今回は上等。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:31 いつも通る場所ですが急いで撮影なのかボケてしまう、今回は上等。
4
15:43 メジロなのだが逆光線で眼のふちが分かる程度、
その後駅に歩き、浅川食堂で軽く一杯と成った、おかみさんは元気でしたが、家前の道路が気に成りました、いずれ立ち退きが有るようですとたみ子さん曰く。駅近くに再度店出してね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:43 メジロなのだが逆光線で眼のふちが分かる程度、
その後駅に歩き、浅川食堂で軽く一杯と成った、おかみさんは元気でしたが、家前の道路が気に成りました、いずれ立ち退きが有るようですとたみ子さん曰く。駅近くに再度店出してね。
訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ