ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 801031 全員に公開 雪山ハイキング箱根・湯河原

ハコネダケが行く手を遮り悪戦苦闘〜金時山・明神ヶ岳(乙女峠→宮城野)

日程 2016年01月22日(金) [日帰り]
メンバー Gonpapa
天候曇り、粉雪がちらほら
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間1分
休憩
54分
合計
9時間55分
S乙女峠バス停07:1707:58乙女峠08:0208:05乙女峠08:0708:09乙女峠08:1008:33長尾山08:3409:30金時山09:3109:34金時山頂トイレ09:3609:42金時山09:4309:47金時山頂トイレ10:1210:12金時山10:1511:03矢倉沢峠11:0812:07苅川峠(狩川峠)12:1014:50明神ヶ岳14:5616:07鞍部17:10宮城野支所前17:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
(自動生成された上記のコースタイム、少々、変です。)

07:17乙女峠バス停
07:24乙女峠登山口
08:05-10乙女峠
08:32長尾山山頂
09:30-10:15金時山
10:35公時神社分岐点
11:00矢倉沢峠
    途中で休憩10分
13:25火打石岳の巻道終了
    途中で休憩10分
15:01-30明神ヶ岳
16:05鞍部(宮城野分岐点)
16:49登山口
17:11宮城野支所前
コース状況/
危険箇所等
・乙女峠バス停〜乙女峠:緩やかな登り。
・乙女峠〜金時山: 緩やかに2回アップダウンした後、金時山に至る。

・金時山〜明神ヶ岳
 矢倉沢峠まで短い急降を挟んで緩やかに下った後、ゆるやかなアップダウンを繰り返しながら明神ヶ岳に登る。
●矢倉沢峠〜火打石山間は積雪でハコネダケが登山道に倒れこんで道を塞いでいる箇所が多数あり、通過するのに非常に時間がかかります。
 下記sonorhanaさんのヤマレコも参照ください。
 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-800521.html

・明神ヶ岳〜宮城野
 短いやや急な下りを挟みながら、緩やかに下る。
 今回は、一般道に出る少し手前まで雪がありました。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

乙女峠バス停(ふじみ茶屋前)からスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女峠バス停(ふじみ茶屋前)からスタート。
07:18トンネル入口手前を左に入り林道を進み、登山口へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:18トンネル入口手前を左に入り林道を進み、登山口へ。
(振り返って)07:24乙女峠登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)07:24乙女峠登山口
1
乙女峠の茶屋小屋が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女峠の茶屋小屋が見えた。
箱根山/大涌谷、仙石原方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根山/大涌谷、仙石原方面
金時山が姿を現す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山が姿を現す。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
雪に覆われているが岩場か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪に覆われているが岩場か。
所々で木々の間から富士を望める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々で木々の間から富士を望める。
金時山が正面に現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山が正面に現れる。
間もなく頂上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく頂上。
箱根山、仙石原、芦ノ湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根山、仙石原、芦ノ湖
2
09:30-10:15金時山。富士の頭が何とか見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:30-10:15金時山。富士の頭が何とか見えた。
3
富士の裾野の奥に、鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士の裾野の奥に、鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳
(拡大)富士の裾野の奥に、鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)富士の裾野の奥に、鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳
檜洞丸、蛭ヶ岳、丹沢、塔ノ岳、大山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸、蛭ヶ岳、丹沢、塔ノ岳、大山
1
暫く様子見るも富士の雲は取れそうになく、縦走開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く様子見るも富士の雲は取れそうになく、縦走開始。
10:35公時神社分岐点。明神ヶ岳に向かって直進。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:35公時神社分岐点。明神ヶ岳に向かって直進。
左端ピークの明神ヶ岳に向かって縦走する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左端ピークの明神ヶ岳に向かって縦走する。
金時山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山を振り返る。
明神ヶ岳に向かう縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳に向かう縦走路
矢倉沢峠から金時山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢倉沢峠から金時山を振り返る。
ここから、背丈以上のハコネダケの中を進む。暫く進むと標識に従って右折する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、背丈以上のハコネダケの中を進む。暫く進むと標識に従って右折する。
(振り返って) 右折
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って) 右折
ハコネダケが両側から垂れ、ゆく手を遮る。これくらいならと、高をくくってハコネダケを起こして進んでいたが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハコネダケが両側から垂れ、ゆく手を遮る。これくらいならと、高をくくってハコネダケを起こして進んでいたが、
こうなると、もう手に負えない。ホフク前進しても背中の荷物が引っかかるし、手袋はビチャビチャになるし、散々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうなると、もう手に負えない。ホフク前進しても背中の荷物が引っかかるし、手袋はビチャビチャになるし、散々。
3
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
1
両側から迫るハコネダケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両側から迫るハコネダケ
2
解放されても、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
解放されても、
また、ハコネダケと格闘です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、ハコネダケと格闘です。
4
しかも、連続です。後悔しましたが、足跡があるのと時間があるので、頑張ってみることに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかも、連続です。後悔しましたが、足跡があるのと時間があるので、頑張ってみることに。
3
ピークに到達し、休憩。左ピーク:金時山、右ピーク:明神ヶ岳。その間に、道志山塊、丹沢山塊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに到達し、休憩。左ピーク:金時山、右ピーク:明神ヶ岳。その間に、道志山塊、丹沢山塊。
1
ここまで、単独行で心細かったが、後から追いついて来た方がいて、ホッとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで、単独行で心細かったが、後から追いついて来た方がいて、ホッとする。
1
苅川峠は何処だったのだろう?もう通り過ぎたか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苅川峠は何処だったのだろう?もう通り過ぎたか。
火打石岳の北側を巻いて進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打石岳の北側を巻いて進む。
13:25巻道終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:25巻道終了。
金時山を振り返る。富士山が姿を現し始めている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山を振り返る。富士山が姿を現し始めている。
明神ヶ岳が近づいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳が近づいた。
(振り返って)富士が半分姿を現す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)富士が半分姿を現す。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
2
平坦に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦に進む。
先端がピークかと思いながら登ってきたが、裏を通り過ぎた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先端がピークかと思いながら登ってきたが、裏を通り過ぎた。
1
15:01-30明神ヶ岳。見晴らし良し。ここに標識があるが、最高点は他にあるように思えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:01-30明神ヶ岳。見晴らし良し。ここに標識があるが、最高点は他にあるように思えた。
1
金時山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山方面。
1
大涌谷、強羅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大涌谷、強羅
2
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
1
小田原、相模湾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小田原、相模湾
(振り返って)最乗寺分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)最乗寺分岐点
15:41摂政宮登山記念碑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:41摂政宮登山記念碑
(拡大)大島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)大島
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
16:05鞍部(宮城野分岐点)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:05鞍部(宮城野分岐点)
当初は明星ヶ岳まで行くつもりでしたが、ここまで時間がかかりすぎたので、ここから宮城野の向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初は明星ヶ岳まで行くつもりでしたが、ここまで時間がかかりすぎたので、ここから宮城野の向かう。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
別荘地に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別荘地に出る。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
16:49登山口 。ここまで軽アイゼン付けたままでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:49登山口 。ここまで軽アイゼン付けたままでした。
(振り返って)この後一般道で、標識に従って、宮城野のバス停に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)この後一般道で、標識に従って、宮城野のバス停に向かう。
左角にスルガ銀行があるT字路で138号にぶつかり、右折するとすぐに、宮城野支所前バス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左角にスルガ銀行があるT字路で138号にぶつかり、右折するとすぐに、宮城野支所前バス停。
宮城野支所前バス停。トイレあり。反対側にはセブンイレブンがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮城野支所前バス停。トイレあり。反対側にはセブンイレブンがありました。
お疲れさま!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れさま!!
1

感想/記録

・昨年10月末以降、諸々の事情で山から離れていたので、リハビリのつもりで、温泉とセットで箱根にきたところ、予期せぬハコネダケとの格闘でリハビリの域を超えてしまいました。

・想定外のハコネダケとの格闘では倍の時間がかかってしまいました。初めのうちは、倒れたハコネダケを起こして進んでいましたが、そんなことをしていてはとても進むことはできなくなり、すり抜けながら何とか切り抜けました。25日も雪の予報ですので、状況が更に悪化するかもしれません。縦走は見合わせるか、覚悟をもってチャレンジ下さい。
訪問者数:448人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/12
投稿数: 29
2016/1/24 10:23
 お疲れ様でした
初めまして。同じルートを翌日に歩かれたのですね。私もあのハコネダケとの格闘でヘトヘトになりました。あれほど長く藪漕ぎが続くとは思いませんでした。私の時は矢倉沢峠を通過して少しのところで明神ヶ岳から来た2人連れの方に「この先は止めた方が良いですよ!」と強く勧められましたが興味半分で進んだのが後の祭りでした。明神ヶ岳から明星ヶ岳の区間も同じような箇所があるようなので宮城野に降りて正解でした。まあ何とか日没前に下山できて良かったな、と。
とにかくお疲れ様でした。
登録日: 2011/11/2
投稿数: 73
2016/1/24 13:28
 Re: お疲れ様でした
初めまして。コメント下さりありがとうございます。ヤマレコ作成していて前日に同じルートを歩かれている方をみつけ、拝読させていただきました。事前にみていたら中止していたかと思いますが、後の祭りでした。一応、足跡があったので、何とかなるんだろうとは思い進みましたが、予想以上に手こずりました。後から追いついてきた若者に出会ったときは、ホッとしました。お互い無事に下山でき良かったですね。次は笠取山にと思っていたら、年初に登られておられ、参考になりました。恐らく、積雪があろうと思いますので慎重にチャレンジするつもりです。これからも、お互い安全登山でいきましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 鞍部 林道 軽アイゼン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ