ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 803739 全員に公開 雪山ハイキング御在所・鎌ヶ岳

釈迦ヶ岳〜猫岳〜羽鳥峰・・県境稜線は雪タップリ!♪

日程 2016年01月28日(木) [日帰り]
メンバー sht
天候晴れ
釈迦ヶ岳山頂は、5℃&微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明渓谷の駐車場を利用(本日無料)

駐車場までは除雪してあり、凍結も僅かで、本日はノーマルタイヤでもOKな感じでした(この時期通常はスタッドレス以上を推奨)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間44分
休憩
1時間2分
合計
6時間46分
S朝明渓谷駐車場07:0607:17中尾根登山口08:26鳴滝コバ08:2909:35松尾尾根出合09:53釈迦ヶ岳最高地点09:5810:05釈迦ヶ岳三角点ピーク10:3011:08猫岳11:1312:30羽鳥峰12:5413:52朝明渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝明バス停隣の、庵座谷・中尾根登山口にポストあり

先日来の寒波のおかげで登山道は全て雪道でした

登りに使った中尾根は、トレースがハッキリついていて比較的歩きやすい状態でした・・鳴滝コバを過ぎて松尾尾根出合の手前でアイゼンを装着

釈迦ヶ岳〜羽鳥峰の県境稜線は、積雪量が多くてスノーシューを使用・・ツボ足だと膝位(まさに“ツボ”状態)だったので、スノーシューを持参していなかったら中尾根ピストンに変更していたかも

天候に恵まれたせいもあり、危険を感じる所はありませんでした
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

朝明渓谷駐車場・・到着時、数台分は除雪してありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明渓谷駐車場・・到着時、数台分は除雪してありました
4
朝明バス停隣のポストに届を提出してスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明バス停隣のポストに届を提出してスタート
2
庵座谷との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庵座谷との分岐
1
堰堤越しに明るさが増してきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤越しに明るさが増してきました
3
中尾根登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根登山口
2
樹林の間からご来光
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の間からご来光
5
釈迦ヶ岳の最高地点が右端に見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳の最高地点が右端に見えます
3
雪は思っていたより多いですが、前日のトレースがあって歩きやすい道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は思っていたより多いですが、前日のトレースがあって歩きやすい道
2
少し傾斜がキツくなり〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し傾斜がキツくなり〜
3
鳴滝コバ到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴滝コバ到着
2
振り返ると御在所岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると御在所岳
4
こちらは猫岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは猫岳方面
4
そして松尾尾根出合
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして松尾尾根出合
1
ヤセ尾根を越えて最高地点へ・・微風なので危険は全く無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根を越えて最高地点へ・・微風なので危険は全く無し
8
ここは、やや歩きにくかった岩雪ミックス地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、やや歩きにくかった岩雪ミックス地点
2
釈迦ヶ岳最高地点到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳最高地点到着
4
この時間帯は、御在所〜雨乞には雲がかかっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間帯は、御在所〜雨乞には雲がかかっていました
3
この後進む猫岳と右奥に銚子ヶ口・・猫岳への県境稜線は雪が多そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後進む猫岳と右奥に銚子ヶ口・・猫岳への県境稜線は雪が多そう
4
釈迦ヶ岳三角点ピーク到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳三角点ピーク到着
3
写真だと霞みますが多度山〜桑名方面がいい眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真だと霞みますが多度山〜桑名方面がいい眺め
3
竜ヶ岳〜奥には藤原岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳〜奥には藤原岳
6
伊勢湾までは見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢湾までは見えず
3
県境稜線縦走に向けて今冬初スノーシュー♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境稜線縦走に向けて今冬初スノーシュー♪
2
雪庇もありますがカワイイ程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇もありますがカワイイ程度
4
県境稜線は雪が深くて結構潜ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境稜線は雪が深くて結構潜ります
3
釈迦ヶ岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳を振り返る
6
重い湿雪なのでスノーシューでもかなりキツかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重い湿雪なのでスノーシューでもかなりキツかったです
4
奥に御池岳〜藤原・竜ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に御池岳〜藤原・竜ヶ岳
3
猫岳山頂到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岳山頂到着
3
やはり近い釈迦が迫力
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり近い釈迦が迫力
4
雨乞岳方向へと下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳方向へと下山
4
御在所をズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所をズーム
1
東雨乞〜雨乞岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞〜雨乞岳
3
素晴らしいスノトレフィールドでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしいスノトレフィールドでした
3
自分の付けたトレースを振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分の付けたトレースを振り返ります
3
雲母峰〜手前にハライド
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲母峰〜手前にハライド
3
雨乞の右手にイブネ・クラシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞の右手にイブネ・クラシ
3
羽鳥峰‐白滝谷分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽鳥峰‐白滝谷分岐
3
スノーシューなので自由に歩け、山高地図にはありませんがテープを少し追ってみました・・これも愛知川に向うのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシューなので自由に歩け、山高地図にはありませんがテープを少し追ってみました・・これも愛知川に向うのかな?
3
分岐に戻って羽鳥峰へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に戻って羽鳥峰へ
3
御在所岳が近いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳が近いです
5
本日の「鯛塩そば」はかなりイケてました・・テルモスの湯余り利用(軽量化)のため、日帰り雪山は大抵カップ麺ランチします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の「鯛塩そば」はかなりイケてました・・テルモスの湯余り利用(軽量化)のため、日帰り雪山は大抵カップ麺ランチします
1
下山時の林道から羽鳥峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時の林道から羽鳥峰
3
ひたすら林道歩きで朝明渓谷帰着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら林道歩きで朝明渓谷帰着
2

感想/記録
by sht

今回は、寒波襲来のため先の日曜日に予定変更した鈴鹿の釈迦ヶ岳へ。鈴鹿のメインピーク10山(7山+霊仙・御池・仙ヶ岳)の中で唯一冬期未登頂の山です。

寒波の後の移動性高気圧通過ということで、雪山山行にはベストなタイミング。「御在所岳スキー場の積雪量が60僉廚箸両霾鵑あったので、一応スノーシューも装備に加えておきました。

実際は、釈迦ヶ岳中尾根を登る際は上部でアイゼンを使用したもののせいぜい脛程度の積雪量。ところが松尾尾根の頭から三角点ピークに向うとズボズボはまる状態になり、期待以上の積雪量となりました。

釈迦ヶ岳最高地点付近から見た猫岳稜線も雪イッパイだったので、釈迦ヶ岳三角点ピークでの大休止後にスノーシュー装着です。スノーシューを持参していなかったら、たぶん中尾根ピストンに変更していたところでした。

県境稜線上は、低山だけに湿った重い雪で、アウターなど着ようものなら汗が噴き出てきます。雪のおかげで運動量も十分満足できました。

霞み気味でしたが、雪を纏った鈴鹿の山々の眺めは素晴らしく、「鈴鹿の(自分的な)ベストシーズン到来!」を感じた山行でした。
訪問者数:617人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ