ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805442 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

熊伏山【日本三百名山】〜青崩峠登山口〜

日程 2016年01月04日(月) [日帰り]
メンバー Sutoku
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
静岡県側の秋葉街道終点手前の路肩に10台程。国道152号分岐から10分弱。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間53分
休憩
20分
合計
3時間13分
S遊歩道入り口09:4809:56建次屋敷跡10:00青崩峠10:40三角点10:46青崩ノ頭10:4711:10前熊伏山11:1211:28熊伏山11:4111:55前熊伏山11:5612:18青崩ノ頭12:22三角点12:2412:51青崩峠12:54林道終点12:5513:01遊歩道入り口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
青崩峠までは石畳の道。峠からは急登が続き、前熊伏山からピークを2つ越えると山頂。崩壊地脇の通過は注意が必要。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル カメラ ヘルメット

写真

「塩の道」の大きい碑が目印の登山口。登山届ポストあり。
2016年01月04日 09:43撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「塩の道」の大きい碑が目印の登山口。登山届ポストあり。
1
植林帯を進むと、武田信玄が腰かけた岩があります。
2016年01月04日 09:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を進むと、武田信玄が腰かけた岩があります。
青崩峠までは石畳の道が続きます。
2016年01月04日 09:52撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩峠までは石畳の道が続きます。
青崩峠は長野県側は崩壊していますが、静岡県側はなだらかな斜面です。
2016年01月04日 09:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩峠は長野県側は崩壊していますが、静岡県側はなだらかな斜面です。
青崩峠から少しの間は柵や階段が整備されています。しばらくすると崩壊地脇を通過する急登になります。崩壊が続いており、迂回路ができていました。
2016年01月04日 10:32撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩峠から少しの間は柵や階段が整備されています。しばらくすると崩壊地脇を通過する急登になります。崩壊が続いており、迂回路ができていました。
崩壊地の迂回路を登った先に反射板があります。四等三角点がありました。
2016年01月04日 10:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地の迂回路を登った先に反射板があります。四等三角点がありました。
反射板からは安全な尾根道となります。稜線が近づいてきます。
2016年01月04日 11:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板からは安全な尾根道となります。稜線が近づいてきます。
南からの尾根との分岐点が前熊伏山です。展望はありません。
2016年01月04日 11:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南からの尾根との分岐点が前熊伏山です。展望はありません。
前熊伏山からはなだらかな尾根が続きます。ピークを2つ越えた一番北のピークが山頂です。
2016年01月04日 11:21撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前熊伏山からはなだらかな尾根が続きます。ピークを2つ越えた一番北のピークが山頂です。
山頂からの展望はこれだけです。
2016年01月04日 11:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの展望はこれだけです。
1
山頂の様子。雪は全くありません。北が風が冷たく寒いので少し休憩して下山します。
2016年01月04日 11:43撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の様子。雪は全くありません。北が風が冷たく寒いので少し休憩して下山します。
前熊伏山から少し下った崩壊地脇から黒法師岳などの展望がありました。
2016年01月04日 12:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前熊伏山から少し下った崩壊地脇から黒法師岳などの展望がありました。
2
さらに下って反射板のあるところまで戻ってきました。ここからがコース唯一の聖岳の展望地です。崩壊地のすぐ上なので撮影は注意しましょう。
2016年01月04日 12:27撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに下って反射板のあるところまで戻ってきました。ここからがコース唯一の聖岳の展望地です。崩壊地のすぐ上なので撮影は注意しましょう。
2
崩壊地脇の登山道。
2016年01月04日 12:43撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地脇の登山道。
青崩峠の少し手前から長野側の谷が見える場所があります。
2016年01月04日 12:48撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩峠の少し手前から長野側の谷が見える場所があります。
峠まで戻ってきました。あとは石畳の道を下るだけです。
2016年01月04日 12:51撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠まで戻ってきました。あとは石畳の道を下るだけです。
登山口に無事に戻ってきました。
2016年01月04日 13:02撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に無事に戻ってきました。
1
撮影機材:

感想/記録
by Sutoku

2016年最初の登山は登山を始めた頃から気になっていた三百名山の熊伏山に行きました。山頂からの展望がもう少し良ければ印象が違ったかもしれません。青崩峠の崩壊地を見に行く山だと思います。
訪問者数:292人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 三角点
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ