ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 806261 全員に公開 山滑走積丹・ニセコ・羊蹄山

【動画】イワオヌプリとアンヌプリのシール登高スキー

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー chusakai
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間15分
休憩
2時間51分
合計
5時間6分
Sニセコ町五色温泉インフォメーションセンター09:0611:21ニセコ町五色温泉インフォメーションセンター14:1214:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS シール スキーアイゼン バラクラバ ヘルメット

写真

途中ピッかっとしたので晴天かと思いきや
2016年01月31日 08:45撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中ピッかっとしたので晴天かと思いきや
2
さてシールを貼って準備終了
2016年01月31日 08:56撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてシールを貼って準備終了
1
先行する外人部隊
2016年01月31日 08:56撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行する外人部隊
イワオヌプリの途中
2016年01月31日 10:06撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオヌプリの途中
1
で前を向いてパチリ
2016年01月31日 10:06撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で前を向いてパチリ
1
イワオヌプリの山頂手前の岩
2016年01月31日 10:06撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオヌプリの山頂手前の岩
1
ニセコアンヌプリ国際スキー場のゲレンデを滑る友達が拾った「ヤマレコマップ」データ
10:43場所は正確だが時々ログが停止してしまうのでまだ使えないがないよりはずっとまし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセコアンヌプリ国際スキー場のゲレンデを滑る友達が拾った「ヤマレコマップ」データ
10:43場所は正確だが時々ログが停止してしまうのでまだ使えないがないよりはずっとまし
1
青い線がスマホアプリ「ヤマレコマップ」の軌跡、操作してないがGPS記録が落ちるため、都度GPS記録開始操作をして「3つ(紫)」に分かれている、ガーミンeTrex30の軌跡は赤色。
滑る直前で確認しなければ使えない。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い線がスマホアプリ「ヤマレコマップ」の軌跡、操作してないがGPS記録が落ちるため、都度GPS記録開始操作をして「3つ(紫)」に分かれている、ガーミンeTrex30の軌跡は赤色。
滑る直前で確認しなければ使えない。。。
1
カメラの角度チェック用、若干下向き過ぎた
2016年01月31日 10:50撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラの角度チェック用、若干下向き過ぎた
あ、もう車内に戻ってる、休憩してパンを何とか食べて次への準備
2016年01月31日 11:26撮影 by ALE-L02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、もう車内に戻ってる、休憩してパンを何とか食べて次への準備
ブレ軽減効果を狙って耐震ゴムをヘルメットに挟む。
しかし雪がついて滑るので青いやつの付けるポイントを「本体とベルトの間」に取り付けた、効果はあった。
2016年01月31日 11:31撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブレ軽減効果を狙って耐震ゴムをヘルメットに挟む。
しかし雪がついて滑るので青いやつの付けるポイントを「本体とベルトの間」に取り付けた、効果はあった。
疲れてる
2016年01月31日 11:38撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れてる
1
第二ラウンド前の駐車場付近
2016年01月31日 11:57撮影 by ALE-L02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二ラウンド前の駐車場付近
昼前に戻って、地面に置いた板は30分でこんな感じ
2016年01月31日 11:57撮影 by ALE-L02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼前に戻って、地面に置いた板は30分でこんな感じ
1
???なんだっけ?
スマホ「ヤマレコマップ」のGPSチェックだった。
2016年01月31日 12:31撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
???なんだっけ?
スマホ「ヤマレコマップ」のGPSチェックだった。
「手袋飛ぶなよ」、風はなかった、ここは風裏のニセコアンヌプリ西斜面。
2016年01月31日 12:31撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「手袋飛ぶなよ」、風はなかった、ここは風裏のニセコアンヌプリ西斜面。
西尾根の先に進む二人。
2016年01月31日 12:31撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根の先に進む二人。
ガイド1、女性1、男性1の外人部隊、会うのはイワオヌプリ下山時にすれ違ったので二回目。
2016年01月31日 12:31撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガイド1、女性1、男性1の外人部隊、会うのはイワオヌプリ下山時にすれ違ったので二回目。
準備していよいよ
2016年01月31日 13:41撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
準備していよいよ
滑り降りますので
2016年01月31日 13:41撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り降りますので
バラクラバ準備、写真はこれで最後。
2016年01月31日 13:42撮影 by EX-Z77 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バラクラバ準備、写真はこれで最後。
2

感想/記録

恒例のニセコスキーです。

いつも前置きが長いので倒置法です。
初日はニセコ反対側の五色温泉からアプローチしてシール登行して午前中イワオヌプリ南側斜面、午後ニセコアンヌプリ北側、どちらも中途半端で諦めて山頂は踏まずに降りました。
では
★【イワオヌプリ山頂から南西のすり鉢手前】★



 五色温泉奥の駐車場は広く除雪してあり、15台は停めれそうです。7台目くらいに到着。
奥には外人さんの団体4、5名、隣にはガイドさんが女性1名を連れてスノーシューで。
イワオヌプリは7:3でスキーで外人さんはすべてファットスキーでした。
駐車場から600mほど進むと左に斜面が出てくるのでそこから上がります、このルートは2010年の故K師匠について行ったルート(データ有)
  【動画】ニセコスキーパート3(イワオヌプリバックカントリー) [山行記録] - ヤマレコ
  http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-244838.htm

 単独なので自分のスキルで滑らないと帰れないのでルートを選びます。
途中、山頂から見て南、南南東斜面へ進む先行外人部隊見ながら着いて行くものの、前述故K師匠とのルートへと戻ります。
目的のすり鉢ですが下から見た左サイド、巨大な雪庇が見えます、、、危険危険。




 だんだん傾斜がきつくなって来たのでジグザグで。
すり鉢横の巨石付近で作戦を練っていると、スノーボーダー3名が後ろに来ました。
「私はこの辺ですが、まだまだ上に行けますよ」・・・上に行ってもらった。
尾根に近づきシールを剥がして準備します、足がかなり埋まります。なるべく片足ずつしないと埋まってだめ。
準備が出来たのでカメラを回しつつアプローチポイントへ近づくと吹雪いていないものの、光量がないのでほぼ真っ白に見えていたそこは!!
「うげぇ、この最初の落差はムリムリ、下で刺さると身動きできない」
https://youtu.be/FuK2Tq7lwhA?t=8m15s
8分15秒〜辺り、このまま滑ったら刺さって帰れないことに。
すり鉢は諦めて元の斜面を滑ることにしましたが、ここは尾根筋なので深雪とカリッとが混在。
仕方ないね、「山登り」楽しかったと思いつつ滑るも、自分が下手なのか、センター88僂無謀なのか、ふらふらして折角のパウダーも(笑)
2、3度転んでしまう、ちゅうかほとんど滑れてないなぁ。

 途中男性ガイド1、女性1、男性1(アンヌプリ裏斜面では休憩中に抜かれたのか先行してました)
小さい尾根の切れ目の谷を抜けて元の駐車場へのルートに戻ります。
途中そのままアンヌプリへ向かうか、休憩するか迷ってたら、単独ベルギー人に会い、話をしながら、「俺、ここで休憩してますんで、さきにどうぞ」
どうやら駐車場へ戻って行ったようです、板の脱いで座ろうと思うもうまく行かないので一旦車へ11:21戻り休憩しながらパンを食べます。

★【ニセコアンヌプリ西尾根】★
 車で30、40分くらい一休みして車外へ出ると板が見えないくらい雪が積もっていた。
準備を始めるが午前のシール剥がしの際にシールに雪がついたので粘着が落ちている、片足はトップとテールのみ張り付いてのような感じになってる。
すると隣りの車に戻って来た親子と話す、もう上がりらしい
「お父さんは130mmだって!息子(高校?)さんは親父さんの板使ってた、楽しいってよ。」

 午前と同じく駐車場奥から一段上がり、すぐに右へ曲がり斜度がまだないところをシール登高。
前にはイワオヌプリですれ違ったの男性ガイド1女性1年配男性?1の外人部隊、途中から右へ進路を変えて西尾根の下の方へ。
私はそのまま真っ直ぐでさらに西尾根の先へ進みます。

 途中女性三名の外人部隊がさっそうと降りてきました、
宙「板の幅教えてよ!」
女性「??」
宙「センター!センター!、俺のは88mm!!」
女性「あ〜ワンオーファイブ(105)」
やっぱり太いなー、さらに登る。

 傾斜が厳しくなってくる、シールが滑るのでジグザグ開始、、、しかし登攀力が落ちている。
どうやらシールのバックスキン面に雪団子が出来てるようす。
幸いここまでラッセルは先行者がいるので助かっているが、思うようにグリップしないので進む角度の斜め具合をさらに浅くして進む。
が、斜度自体が急になって来たので、切り返しも難しくなった。
難儀していると女性3名に抜かれた。最後尾の女性に話しかけたがやっぱり疲れてるってよ。。。
ついていくことにしたが追い付かない、ちょっと目指す方向が変わって来たので諦めた。

 1030m平坦なところを見つけて準備開始、ヤマレコマップを確認しておく、何かあったらを考慮して同行者、地元メンバーが見れるように準備済み。
目下を数名が滑り降りていく。
カメラを回して〜〜よーーーし。




 思うようにコントロールできずバタリと転ぶ、懲りずに進むと、、、
幅2、3メートル程、落差1m程の谷間にふわっと落ちて、怪我は無かったものの、単独でもう回りに人もおらず、何かあったら、車にはたどり着け無かったかも。
https://youtu.be/n_ch-jk-ln8?t=7m
7分7秒辺りです。
単独リスクで悩みますね。
ビデオで7分ごろ。
筋肉ピリピリしながらも2、3分もがいて何とか復活して戻ります、駐車場近くに来て、行き過ぎじゃない?
建物が見えてるけど、、、この辺からだろうと思って若干手前から右に折れるがそれは間違いだった。
ちょっと横向きで登ったりしたのだが(高さ1mもないが大変)戻る、シールがないと進みも遅いなぁ。
GPSをちゃんと見なければ、ロスタイム5〜7分。
車に戻ると回りには誰もいなかった。

 戻り道の車でも景色が白飛びしてて路肩というか左壁もよくわかんない状態、何とかニセコアンヌプリ国際スキー場に戻れた。

~~~~~~~

★【熊本】★
 自宅に奥さんが迎えに来てもらい駅から新幹線。
駅に着くとくまモンの前で写真を撮る家族、聞くと台湾、台北の方、みんな一緒に撮影して差し上げた。
ネットで事前に日にち時刻を決めた新幹線チケットなので一番安い。
変更が効かないリスクがあるが。

★【福岡空港】★
 登場に必要だったのはANAクレジットカードでした。スマホのアプリにはQRコードが出なかったが「いっしょにマイル割」を使ってるからかな?前の剣岳ではスマホにQRコード出たんだけど。
セキュリティーを越えてからうどんを頂くが会社のうどんと違い空港価格。
ここでM君のJALと分かれてS君とANA側へ。
往路の飛行機はそこそこのお客さん、ANA月刊誌「翼の国」に地元の町が紹介されてたのでホテル用に新しい1冊を頂いた。

★【千歳空港】★
 現地に着くとレンタカー屋へ無料巡回バスで行く、このときは元気だったのでスキーバッグにタイヤの必要性は感じなかったが、帰りではやっぱり必要かなと思った、直前に小さなタイヤ付きキャリアをくくりつけるテストをしたけどいらないかな〜と思ったが、今度は持って行こう。

最新型のHONDAフィットに乗る、助手席後ろの後部座席を倒して、スキー板2枚とブーツ2、の大人三人分の荷物は意外と載った。
搭載を考えると板追加なしなら4名乗れそうな気がする。

ナビの示す方向へ進むとあれ、見たことない景色、どうやら苫小牧経由を指示していた、まぁあの川が見れないのはさびしいが苫小牧の道もよかろうと進む、途中賃貸アパートの空き部屋情報を見てここに借りてもいいなと一同、(笑)

程なくしていつもの道に反対側から合流、、、ふむふむここか。
なんかこの辺雪少なくない?と心配すると現地も少なかった。
峠に差し掛かると若干の積雪道路、わくわくするね。
しかしいつも通る道も、3月では?と思う状況でした。

★【倶知安マックスバリュー】★
いつものように買い物、また万が一を考えてパンなどの非常食を買い過ぎてしまった。
キリンのチューハイ3本とカツゲンみかん1L、豆乳1L
2500円ほど

★【ホテル】★
今回M君はブーツとスキー板を始めて購入、毎年来るし、地元でも数回行けば元が取れる算段。
直前に私とワックスして現地入り。


【午前中】
・日本人男性ガイド1、女性1
・外人ガイド1、女性1、男性1
・ベルギー人(駐車場に近い平坦、単独イワオヌプリ)
【午後】
・駐車場日本人親子
・女子3人組の一人がセンター105弌淵▲鵐魅廛衫側の斜面でザァーっと滑ってたのを捕まえて質問)
・別の女子3人組、アンヌプリの中腹で俺はシールが滑って難儀して停滞中だった、疲れてないの?最後尾の女性は疲れてるよ〜的な。

【同行者と合流のニセコアンヌプリ国際スキー場】
・スウェーデン3人組(男性2女性1)、初めてニセコに来た、母国の雪質はまぁまぁなので来たよ。SKILINE.comを教えてあげた、男性1が別の建屋に行くために少し登り坂を「バカのぼり」で笑って声掛けた(ゲレンデアンヌプリで友達の帰り待ちで待機中)

初日
【携帯電波】楽天スマホOK
【飲料】:0.2L消費(1.0L準備、なかなか取り出して飲まないなぁ)、【食料】:パン系3、カルパスみたいな大燻製肉2(ほとんど未摂取)
【ウェア】
 上下インナー:モンベル「ジオラインM.W. Vネックシャツ/M.W.タイツ」必須
 上半身:ユニクロ「マイクロフリース」、モンベル「ドロワットパーカ」、「ライトダウン」(未使用)
 下半身:モンベル「アルパインビブパンツ」
 手袋:TheNorthFace「Ama Dablam GTX Glove」
 靴下:finetrack「フラッドラッシュスキンメッシュ ソックス」、スキー用「?」
 ブーツ:アルペンスキーブーツ:ROSSIGNOL「ALLTRACKPRO100」
 ヘルメット:ブラックダイヤモンド「ハーフドーム」

【歩数】6500歩
【体重】−1kg
【装備】5kg?
【筋肉痛】
当日:ひざ下がぶるぶる
翌日:朝一は全身ばきばき
人体図 筋肉名称 - goo ヘルスケア
http://health.goo.ne.jp/medical/mame/karada/jin008.html
訪問者数:236人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ