ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809646 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

蔵王不忘山−南屏風岳−水引入道

日程 2016年02月08日(月) [日帰り]
メンバー takajan
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
5分
合計
6時間5分
Sレストハウス09:3311:41不忘山11:4312:38南屏風岳12:4013:17水引入道コース分岐13:1813:48水引入道15:38駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ゲレンデトップ(第3リフト)からスタート、しばらく灌木の登りが続き、尾根に出ると灌木の隙間から屏風が望めます。しばらく登ると灌木もなくなり、右手に屏風を眺めながらの心地よい尾根の登りになります。なかなか不忘山の山頂は見えませんが、その分、知らないうちに近づいている感じがします。不忘山を越えて南屏風岳までは、意外に上り下りがあります。南屏風岳からはほぼ標高差のない屏風の上の道になります。屏風の先端から覗き込みたくなる気持ちは押さえて、ちょっと内側を歩きましょう。分岐で屏風岳へは向かわず、水引入道へ降りましたが、ここの下りはとても急なので、スノーシューであっても転ぶと止まらなくなる恐れありです。水引入道を越えて、スキー場のレストハウスの方角へ進みましたが、気をつけなければならないのは、どこで沢を渡るかです。沢は所々口を開けているので、雪で覆っている箇所も万全とは言えません。沢を渡って灌木を登って行くと、しばらくしてゲレンデと合流します。充実感を噛みしめながら、レストハウスまで向かいます。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

これ以上ない登山日和だったので、急遽登りました。これだけの天気なのに、今日会ったのは一人のみです。これだけ大きな山塊でずっと一人でいると、どこか怖く感じる事もあります。終わってみると、それが山の醍醐味であり、思い出になるんですけどね。
訪問者数:337人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スノーシュー リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ