ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 810216 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

珍しい雨氷が見られた! 山頂はまるで花の山 富士山目の前の竜ヶ岳

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー slowlife2(CL)
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
本栖湖キャンプ場に登山者用駐車場があります。降雪直後は雪が多くて止められない場合も。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
1時間12分
合計
5時間41分
S本栖湖キャンプ場09:5411:21石仏、見晴らし台11:3112:35竜ヶ岳13:3715:25本栖湖キャンプ場15:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報キャンプ場内のトイレは使えますが、水は出ません。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

中央道は八王子から雪景色。
2016年02月07日 08:10撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央道は八王子から雪景色。
2
登山道は見晴らしよし
2016年02月07日 11:12撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は見晴らしよし
4
ミニ氷柱
2016年02月07日 11:25撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニ氷柱
1
雨氷輝く
2016年02月07日 11:50撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨氷輝く
2
笹に着いた氷
2016年02月07日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹に着いた氷
2
雨氷です
2016年02月07日 12:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨氷です
9
雨氷と降雪が混じって、花が咲いているよう
2016年02月07日 12:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨氷と降雪が混じって、花が咲いているよう
9
つららもできています
2016年02月07日 12:27撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つららもできています
2
桜のようです。
2016年02月07日 12:30撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜のようです。
5
楽しい昼食
2016年02月07日 12:46撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい昼食
3
本栖湖
2016年02月07日 13:57撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本栖湖
2
本栖湖にさす光
2016年02月07日 15:38撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本栖湖にさす光
5
夜飲んだワイン。高いそうです。
2016年02月07日 19:46撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜飲んだワイン。高いそうです。
3
撮影機材:

感想/記録

12月に引き続き、今回は積雪期の竜ヶ岳へ。
昨日山間部では雪が降り、八王子より郊外の地域は山全体が雪化粧するという日でした。空は晴れ渡り、中央道は早くも雪景色を楽しみながら走ることができました。こんなに都心で雪化粧した山々が見られるとは興奮しました。

木々に雪は積もっていても、道路に雪はそれほどなく、快適に運転できました。

今回は単に登るというよりは、冬山に備える心構えなどを身につけるため、いろいろ試しながら登ってもらいました。

まずはアイゼンなしでの軽い登り。ゆっくり慎重に登らないと足が滑ります。すぐに平坦な場所が出てきたのでそこでアイゼンを装着。グリップ力が全然違います。
慣れないと、スパッツに刃をひっかけてしまうので慣れが必要です。

それから、これはとても大事なのですが「汗をかかないようにすること」。こういう場所ではまず大丈夫ですが、本格的な冬山の稜線で、天候の急変などにより寒さ対策をするひまもないようなとき、汗をかいている状態は致命的です。たいてい出発時は寒くないようにと着込んでしまうのですが、すぐに暑くなります。
まめに止まって脱ぎ着するようにしました。

また、体温調節のポイントは首と頭です。ここを温める/冷やすことで大きく変わることを実感。

やがて最初のベンチスポット。富士山や南アルプスがよく見えます。目指す山頂方向も見えてテンションあがります(下がる人もたまに・・・)。

途中、木の枝に氷がついているのを発見。最初は1本だけでしたがだんだんと増え、これが、頂上付近では壮大な景色を作っていました。結構珍しいとされる「雨氷」です。木の枝1本1本が氷に覆われています。太陽の光を受けるときらきら輝いてきれいです。

山頂付近の雨氷には雪も少しかぶっていて白さを増し、さながら「木に花が咲いている」よう。
丹沢の桜霧氷以来の壮大な景色でした。

山頂からは、南アルプスの端まで見える大展望。でも富士山は早くも雲隠れしてしまいました。空の様子を見ると、同じ時間にあちらでは雪が降っているようでした。

昼食をすませ、帰りは北側斜面を下山。雪がもう少し多ければスノーシューで突っ切ることもできるのですが、登山道沿いにテクテクおりました。結構な急斜面が続きます。今回雪はしまっていましたが、降雪直後は雪崩にも注意が必要と思われました。

下山時には雪も降りはじめ、ぎりぎりセーフ。
予想しなかった雨氷を見ることができ、みな満足の登山でした。
訪問者数:288人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ