ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812545 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

猛反省 体調不良で途中リタイアの蓼科山

日程 2016年02月12日(金) [日帰り]
メンバー Gatti
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
16分
合計
4時間34分
Sすずらん峠園地駐車場07:1908:39標高2110m標識08:4310:32標高2110m標識10:4211:45女ノ神茶屋・蓼科山登山口11:4711:52すずらん峠園地駐車場11:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
相変わらず雪は少なく、急登箇所では岩の露出や凍っているところがあり歩きづらく注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

駐車場着
星空が好きでこの写真が撮りたいがために早起きするということもあるのですが、今回はこれが災いしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場着
星空が好きでこの写真が撮りたいがために早起きするということもあるのですが、今回はこれが災いしました。
7時20分。アイゼン装着して出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時20分。アイゼン装着して出発します。
気温はマイナス2℃。
晴れている割にはあまり低い気温ではないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温はマイナス2℃。
晴れている割にはあまり低い気温ではないです。
登り始めはいい天気でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めはいい天気でした。
2
最初は平坦な道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は平坦な道が続きます。
出発して1時間もしないうちに、空は一気に灰色に変わりました。
昨日ほどではないにしろ高気圧はまだ日本付近にあるし、低気圧は中国東部にあって前線もできていないので、お昼までは天気は持つと思っていたのですが。。。
下山してみると八ヶ岳以外は天気がよかったみたいですね。山の天気は難しいです。
現在高層天気図の勉強中です。頭が固くなっているので覚えるのが大変。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発して1時間もしないうちに、空は一気に灰色に変わりました。
昨日ほどではないにしろ高気圧はまだ日本付近にあるし、低気圧は中国東部にあって前線もできていないので、お昼までは天気は持つと思っていたのですが。。。
下山してみると八ヶ岳以外は天気がよかったみたいですね。山の天気は難しいです。
現在高層天気図の勉強中です。頭が固くなっているので覚えるのが大変。。。
中腹辺りまでの急登の岩場はこんな感じの、岩、雪、氷のミックスでとても歩き辛いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中腹辺りまでの急登の岩場はこんな感じの、岩、雪、氷のミックスでとても歩き辛いです。
1
途中で一瞬青空が見えることもあったのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で一瞬青空が見えることもあったのですが。
もうすっかり厚い雲におおわれてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすっかり厚い雲におおわれてしまいました。
幸徳平の標識
これを過ぎたあたりから何か気分が優れなくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸徳平の標識
これを過ぎたあたりから何か気分が優れなくなる。
標高2338m
ここでリタイアしました。
天気が良ければ無理して頂上に向かってしまい、もっと悲惨な状態になってしまったかもしれないし、天候が悪化しなかったら、体調はここまで悪化しなかったかもしれない。
とにかく今は無事に家にいて、これを書いていることがすべてです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2338m
ここでリタイアしました。
天気が良ければ無理して頂上に向かってしまい、もっと悲惨な状態になってしまったかもしれないし、天候が悪化しなかったら、体調はここまで悪化しなかったかもしれない。
とにかく今は無事に家にいて、これを書いていることがすべてです。
3

感想/記録
by Gatti

2009年から山登りを始めて、初めて体調不良で途中リタイヤして下山しました。原因は主には睡眠不足によるものだと思います。

山行前は時々寝付けないことがあり、今回もウトウトした状態で熟睡できないでいたので、なかば諦めぎみに早めに家を出ました。
駐車場には6時頃到着。
日の出前の写真を撮ったあと、明るくなるのを待って出発。
この時はまだ天気もよくて、体調もいつも通り快調でした。

歩き始めて1時間半くらい幸徳平の標識を過ぎたあたりからなんとなく調子が悪くなり、2300m手前あたりで、急に足が上がらなくなりました。
「ありゃ?カロリー切れか?」と思いながら、持ってきたパンと温かい紅茶を飲んで歩き出しますが、さっぱり体が動きません。
あとは悪循環です。
体が動かない→停滞→体が冷える→食べるだけでは体が温まらない→動いて体温をあげようとするもバテて数歩歩くと動けない。
こりゃダメだと思ってすぐに降りる判断をしました。
下山中も途中で、行動食や温かい紅茶や塩飴などでカロリーを摂取しながらとにかくゆっくりと下山しました。
幸いだったことは、
・さっさと諦めて降りる判断をした事。
・食欲が減退するまでの無理はしなかったので、エネルギー補給しながら下山できた事。
・強烈な寒さではなかった事(−3℃〜−4℃程度だったと思う。行動食が凍らなかったことも幸いでした。)

このような典型的な体調管理不足のミスをレコに投稿するのは恥ずかしい限りですが、自分への戒めを込めて投稿しました。
今回は本当によい経験をしました。
大切な教訓として今後の山行に活かしていきたいと思います。

鉄則
・パッキングは前々日に済ませて前日はとにかく早めに就寝する。
・撤退の判断は素早く。欲をかいて無理をしない。
・何事にもあせりは禁物。
・登る山にあわせたカロリーの摂取

登山に必要なカロリーについてはさっそく調べてみたらこんなサイトがありました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~photography/calorie.html
今回の蓼科山を想定して計算してみたら2000kcal必要とでました。
朝、800kcal程度摂取してスタートしても下山までに1200kcal必要です。
コンビニのおにぎりなら約7個分です。
自分がいつも準備していく食料では全く不足していました。

山に行く回数の増加にともなって、山を楽しむためには最低限の知識、技術、ルールが必要なことを感じていますが、今回の体調悪化でさらに強く感じるようになりました。
機会をみて講習会に参加したりや自分でできる勉強はしていきたいと思っています。

最後に、下山途中で体調を気遣って下さった方、アミノバイタルを下さった方に厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
                           Gatti
訪問者数:275人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/3
投稿数: 4
2016/2/14 21:57
 無事帰られて何よりです
2110mのところで一緒に休んだり、下山途中に何度かお話しさせて頂いた者です。本当に具合が悪そうだったので、その後のことも少し心配していたのですが、無事に帰られたというレコがあがって、良かったと思いました。
又どこかでお会いすることがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。
登録日: 2014/8/10
投稿数: 28
2016/2/14 22:28
 Re: 無事帰られて何よりです
mamababa様
mamababa様のレコを読んで、同じ時間に出発されていたので、もしかしたらと思っておりました。
ご心配をおかけしました。お気遣い頂き大変ありがとうございました。
下山して車のなかで、残った暖かい紅茶を飲んだらすっかりよくなり無事に帰宅しました。
山をナメてはいけないと痛感しました。同じ長野県てすのでどこかでお会いする事もあると思います。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ