ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815957 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲 高座谷 奥高座の滝を訪ねる

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー Ham0501
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
13分
合計
4時間52分
S芦屋川駅08:5109:00芦屋川、高座の滝方面分岐09:0109:06城山・荒地山方面分岐点09:17高座の滝09:2309:53キャッスルウォール(基部)09:5409:56奥高座の滝10:0010:28荒地山への分岐10:2910:53雨ヶ峠13:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
風吹岩からのルート合流した後は田辺谷東尾根(本庄尾根)より最高峰で昼食、有馬へと下りました。田辺谷東尾根については別途報告しています。
コース状況/
危険箇所等
常に踏み跡があります。迷いやすい場所は3箇所。写真で説明します。
危険箇所としては奥高座の滝越え。岩登りの心得が必要。でも高巻き道もあります。
その他周辺情報風吹岩からの一般道に合流します。今回は「田辺谷東尾根」ルートにつなぎました。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

スタートは芦屋川駅。9時直前だったこともあり大勢のハイカーで賑わっていました。
2016年02月21日 08:50撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートは芦屋川駅。9時直前だったこともあり大勢のハイカーで賑わっていました。
2
奥高座滝から上に上がるコースになります
2016年02月21日 09:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥高座滝から上に上がるコースになります
1
おなじみの高座滝
2016年02月21日 09:24撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみの高座滝
1
ここで中央稜ルートと別れて右の谷に入ります。
2016年02月21日 09:29撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで中央稜ルートと別れて右の谷に入ります。
1
最初の堰堤上広場
2016年02月21日 09:29撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の堰堤上広場
右岸に立派な道が付いています。
2016年02月21日 09:31撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸に立派な道が付いています。
中の滝と呼ぶそうです。不動明王像に睨み付けられます。
2016年02月21日 09:32撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の滝と呼ぶそうです。不動明王像に睨み付けられます。
2
二つ目の堰堤
2016年02月21日 09:33撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の堰堤
堰堤の上部を石伝いに左岸へ渡ります。
2016年02月21日 09:35撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の上部を石伝いに左岸へ渡ります。
1
ここを渡ります。奥に踏み跡が見えます。
2016年02月21日 09:35撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡ります。奥に踏み跡が見えます。
1
道が二股に・・・高座谷道は左の沢沿いを行きます。
2016年02月21日 09:36撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が二股に・・・高座谷道は左の沢沿いを行きます。
1
三つ目の堰堤が見えます。
手前で右岸に徒渉します。
2016年02月21日 09:38撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目の堰堤が見えます。
手前で右岸に徒渉します。
1
右岸の道。良い道が付いています。
2016年02月21日 09:39撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の道。良い道が付いています。
三つ目の堰堤の上。また左岸に渡ります。この後、右岸を遡行すると先の堰堤で道がなくなります。注意地点
2016年02月21日 09:40撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目の堰堤の上。また左岸に渡ります。この後、右岸を遡行すると先の堰堤で道がなくなります。注意地点
2
左岸には立派な道が付いています。
2016年02月21日 09:40撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸には立派な道が付いています。
1
荒地山堰堤。右岸の踏み跡はこの堰堤でなくなります。
2016年02月21日 09:44撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山堰堤。右岸の踏み跡はこの堰堤でなくなります。
二段構成の荒地山第二堰堤。手前が広場になっています。
2016年02月21日 09:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二段構成の荒地山第二堰堤。手前が広場になっています。
谷に入って初めて登山者に会いました。ヘルメットを持っていたことからキャッスルウォールに登に来たクライマーと思われます。
2016年02月21日 09:47撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷に入って初めて登山者に会いました。ヘルメットを持っていたことからキャッスルウォールに登に来たクライマーと思われます。
1
先ほどの広場から左右に坂道がありますが、左から登る方が楽です。
2016年02月21日 09:47撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの広場から左右に坂道がありますが、左から登る方が楽です。
1
荒地山第二堰堤横を通ります。
2016年02月21日 09:51撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山第二堰堤横を通ります。
左は風吹岩への良い道(地図では実線)、奥高座滝は右に下ります(地図では破線)
2016年02月21日 09:51撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は風吹岩への良い道(地図では実線)、奥高座滝は右に下ります(地図では破線)
1
ちょっと変わった堰堤の水際を歩きます。
2016年02月21日 09:52撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと変わった堰堤の水際を歩きます。
ガレた沢を歩いていると道標が・・・ここでキャッスルウォール道とお別れです。
2016年02月21日 09:54撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレた沢を歩いていると道標が・・・ここでキャッスルウォール道とお別れです。
1
こんなガレた沢を歩きます。
2016年02月21日 09:55撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなガレた沢を歩きます。
1
途中、こんな道標も見ながら沢沿いに少し歩くと、
2016年02月21日 09:56撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、こんな道標も見ながら沢沿いに少し歩くと、
左手には勢いの急流が特長の階段滝。
2016年02月21日 09:58撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には勢いの急流が特長の階段滝。
右手に水流もわずかな滑滝。どちらが奥高座の滝なのでしょうか?ご存じの方ありましたら教えて下さい。
2016年02月21日 09:58撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に水流もわずかな滑滝。どちらが奥高座の滝なのでしょうか?ご存じの方ありましたら教えて下さい。
1
両滝の間に階段状の岩場がありここを登ります。三点確保の原則を守れば落ちることはありませんが、高度感があるので、岩の心得がないと無理かも知れません。
2016年02月21日 09:59撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両滝の間に階段状の岩場がありここを登ります。三点確保の原則を守れば落ちることはありませんが、高度感があるので、岩の心得がないと無理かも知れません。
2
岩場の途中から下を覗きます。写真では高度感が出ませんが落ちたらタダでは済みません。慎重に!
2016年02月21日 10:03撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の途中から下を覗きます。写真では高度感が出ませんが落ちたらタダでは済みません。慎重に!
岩場の上部。下部はもっと迫力ありましたが、登るのに気を取られ写真を撮るのを忘れました。
2016年02月21日 10:04撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の上部。下部はもっと迫力ありましたが、登るのに気を取られ写真を撮るのを忘れました。
1
滝を越えるとC-4の看板があります。本流へはこの看板の手前から左の道を登っていきます。そのまま沢を歩くと支流に入ってしまいます。注意箇所
2016年02月21日 10:06撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を越えるとC-4の看板があります。本流へはこの看板の手前から左の道を登っていきます。そのまま沢を歩くと支流に入ってしまいます。注意箇所
こんな感じの道があります。
2016年02月21日 10:08撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの道があります。
岩で出来た溝状の道を下っていくと、
2016年02月21日 10:09撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩で出来た溝状の道を下っていくと、
1
先ほどの左の滝の上流に出ます。
2016年02月21日 10:14撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの左の滝の上流に出ます。
1
滝から10分ほどで道標に出くわします。ここが風吹岩からの一般道に合流する道への分岐。
2016年02月21日 10:16撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝から10分ほどで道標に出くわします。ここが風吹岩からの一般道に合流する道への分岐。
1
なぜか「通行禁止」と書かれていますが、気にせずにそちら方向に向かいます。右に行くと荒地山の稜線に出るようです。注意箇所
2016年02月21日 10:16撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜか「通行禁止」と書かれていますが、気にせずにそちら方向に向かいます。右に行くと荒地山の稜線に出るようです。注意箇所
気持ちの良い笹の小道が続きます。
2016年02月21日 10:19撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い笹の小道が続きます。
1
やがて良い道に合流します。
2016年02月21日 10:20撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて良い道に合流します。
振り返った所。右の笹道から来ました。
2016年02月21日 10:21撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返った所。右の笹道から来ました。
ここからは良い道となります。
2016年02月21日 10:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは良い道となります。
1
やがて下に人影が見えると、風吹岩からの道に合流します。
2016年02月21日 10:24撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて下に人影が見えると、風吹岩からの道に合流します。
1
合流地点から振り返えると崖の上に来た道が見えます。ここからは一般道を歩いて最高峰を目差します。
2016年02月21日 10:24撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流地点から振り返えると崖の上に来た道が見えます。ここからは一般道を歩いて最高峰を目差します。
2

感想/記録

賑やかなロックガーデン中央稜から一つ外れただけで静かな谷歩きが出来るルートです。ロックガーデンには地獄谷というすてきな谷ルートもありますが、さらにもう一つの谷ルートとして風吹岩を経由せずに最高峰へのバリエーションルートとしていかがでしょうか。
なお奥高座滝は左岸から高巻ルートがあるようです。

 道の状況 ☆☆ (明瞭な踏み跡あるがルートファインディング必要)
 個性   ☆☆ (静かな渓流歩きが楽しめる)
 安全度  ☆☆ (奥高座滝越えは岩登りの心得が必要。その他は問題なし)
訪問者数:405人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ