ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816188 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

三峰山

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みつえ青少年旅行村の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間20分
休憩
34分
合計
2時間54分
Sみつえ青少年旅行村11:3111:36三峰山登山口11:59三畝山林展望台12:40三畝峠12:4112:50三峰山12:5713:05八丁平13:3113:36三畝峠14:21三峰山登山口14:25みつえ青少年旅行村G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

みつえ青少年旅行村を出発します。
2016年02月21日 11:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みつえ青少年旅行村を出発します。
2
不動川を渡って登尾ルートに進みます。杉の植林の中を登る道は、雨上がりということもあって泥濘の道が続きます。
2016年02月21日 11:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動川を渡って登尾ルートに進みます。杉の植林の中を登る道は、雨上がりということもあって泥濘の道が続きます。
休憩舎の前に出て視界が開けると、見渡す山肌は黒々としていますが、果たして霧氷にお目にかかることはできるのでしょうか。
2016年02月21日 11:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩舎の前に出て視界が開けると、見渡す山肌は黒々としていますが、果たして霧氷にお目にかかることはできるのでしょうか。
倶留尊山や大洞山を横目にしながら、三畝山林展望台を通過します。
2016年02月21日 12:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倶留尊山や大洞山を横目にしながら、三畝山林展望台を通過します。
1
再び杉の植林の中へ。進むにつれて足下は乾いてきましたが、雪はまったくありません。
2016年02月21日 12:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び杉の植林の中へ。進むにつれて足下は乾いてきましたが、雪はまったくありません。
尾根の上に出ても相変わらず。
2016年02月21日 12:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上に出ても相変わらず。
お地蔵様も帽子を被って雪に備えていますが、雪はいっこうに現れません。
2016年02月21日 12:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様も帽子を被って雪に備えていますが、雪はいっこうに現れません。
やがて、不動滝ルートとの分岐に建つ避難小屋に達します。この先からようやく足下に雪の痕跡を見かけるようになり、
2016年02月21日 12:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて、不動滝ルートとの分岐に建つ避難小屋に達します。この先からようやく足下に雪の痕跡を見かけるようになり、
1
三畝峠で稜線の上に出ます。
2016年02月21日 12:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三畝峠で稜線の上に出ます。
すぐ先で八丁峠へ向かう道を見送り、稜線上の道を進むと、梢が白く染まり始めます。お目当ての霧氷です。
2016年02月21日 12:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ先で八丁峠へ向かう道を見送り、稜線上の道を進むと、梢が白く染まり始めます。お目当ての霧氷です。
2
陽を浴びてきらきらと輝く霧氷。
2016年02月21日 12:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽を浴びてきらきらと輝く霧氷。
2
繊細で控えめな装いですが、今日のところはお目にかかるのを諦めかけていただけに感慨はひとしおです。
2016年02月21日 12:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
繊細で控えめな装いですが、今日のところはお目にかかるのを諦めかけていただけに感慨はひとしおです。
「木曽御嶽山ビューポイント」に差し掛かりますが、遠望は利きません。
2016年02月21日 12:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「木曽御嶽山ビューポイント」に差し掛かりますが、遠望は利きません。
三峰山の頂上に到着します。
2016年02月21日 12:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山の頂上に到着します。
7
古光山、俱留尊山、大洞山など曽爾・室生の山々を見渡すと、
2016年02月21日 12:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古光山、俱留尊山、大洞山など曽爾・室生の山々を見渡すと、
2
続いて八丁平に向かいます。
2016年02月21日 13:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて八丁平に向かいます。
1
雪もなければ霧氷もなく、むき出しになった地肌ばかりが目立ちます。
2016年02月21日 13:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪もなければ霧氷もなく、むき出しになった地肌ばかりが目立ちます。
1
それでも、ゆりわれルートの方へ少し足を伸ばしてみると、霧氷をまとった木々が出迎えてくれます。
2016年02月21日 13:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも、ゆりわれルートの方へ少し足を伸ばしてみると、霧氷をまとった木々が出迎えてくれます。
1
遠目には褐色の方が目立つ木々。もう少し白ければ青空に映えるのですが、
2016年02月21日 13:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠目には褐色の方が目立つ木々。もう少し白ければ青空に映えるのですが、
2
贅沢は言えません。
2016年02月21日 13:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
贅沢は言えません。
1
八丁平を後にして、「高見山ビューポイント」から三角錐の高見山を見通し、
2016年02月21日 13:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁平を後にして、「高見山ビューポイント」から三角錐の高見山を見通し、
3
避難小屋まで戻ると、帰路は不動滝ルートへ。植林帯の中をジグザグを切りながら、
2016年02月21日 13:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋まで戻ると、帰路は不動滝ルートへ。植林帯の中をジグザグを切りながら、
2
どんどん下っていくと、やがて滝の音が聞こえてきます。
2016年02月21日 13:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下っていくと、やがて滝の音が聞こえてきます。
不動滝は、降雨後ということもあってか、水量多く迫力がありました。
2016年02月21日 14:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝は、降雨後ということもあってか、水量多く迫力がありました。
5
撮影機材:
訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ