ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 817896 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

金峰山 (瑞牆山荘からピストン)

日程 2016年02月25日(木) [日帰り]
メンバー cjirou, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
3:30藤沢-6:00瑞牆山荘駐車場
15:30瑞牆山荘-15:50増富の湯16:50-19:30藤沢
朝は駐車場周辺も数センチ積雪していましたが、帰る頃には綺麗に無くなっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
1時間31分
合計
9時間11分
Sみずがき山荘06:0006:00県営無料駐車場06:2507:40富士見平小屋07:5010:21砂払の頭11:16五丈石11:18金峰山11:3311:34五丈石12:1512:47砂払の頭15:11みずがき山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
寒波の影響で富士見平までの道もかなり凍っている状態でした。雪の量は大したことありませんでしたが、大日小屋の辺りからどっと増えてきます。稜線に出てからは写真でもわかるようにそこまで雪の量は多くありません。
樹林帯の道で、小石が多いところなどは雪の量が少ないとつまずきやすいため注意が必要です。
その他周辺情報増富の湯¥820
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 マフラー ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 サングラス カメラ

写真

しょっぱなから道を間違え、
林道を歩き遠回り。
2016年02月25日 07:04撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しょっぱなから道を間違え、
林道を歩き遠回り。
1
富士見平小屋に到着、
ここまでの間に道がかなり凍っていたため
途中でアイゼンを装着しました。
2016年02月25日 07:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋に到着、
ここまでの間に道がかなり凍っていたため
途中でアイゼンを装着しました。
樹木の間から甲斐駒と仙丈が見えます!
2016年02月25日 08:15撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木の間から甲斐駒と仙丈が見えます!
2
真冬の太陽
2016年02月25日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真冬の太陽
1
大日小屋
2016年02月25日 08:38撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋
ジャバザハットのような大日岩
2016年02月25日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャバザハットのような大日岩
1
Oさんと南アルプス
2016年02月25日 09:02撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Oさんと南アルプス
1
山頂はまだ遠し
2016年02月25日 09:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はまだ遠し
厳しい登りを経て砂払へ
2016年02月25日 10:20撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳しい登りを経て砂払へ
富士山とご対面
2016年02月25日 10:21撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山とご対面
4
瑞牆山はさほど白くありません
2016年02月25日 10:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山はさほど白くありません
雪は降ったあとでしたが
トレースがあり助かりました。
2016年02月25日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は降ったあとでしたが
トレースがあり助かりました。
3
木曽駒と御嶽は真っ白です
2016年02月25日 10:57撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒と御嶽は真っ白です
絢爛豪華な南アルプス
2016年02月25日 10:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絢爛豪華な南アルプス
1
長めの歯ブラシ
2016年02月25日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長めの歯ブラシ
2
サンゴのようなえびのしっぽ
2016年02月25日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンゴのようなえびのしっぽ
2
山頂まであと少し
2016年02月25日 11:11撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し
1
いつ見ても圧巻の五丈岩
2016年02月25日 11:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ見ても圧巻の五丈岩
7
昨年の10月に縦走した八ヶ岳
2016年02月25日 11:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年の10月に縦走した八ヶ岳
2
山頂に到着🙌
2016年02月25日 11:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着🙌
4
本宮の御傍でランチタイム
2016年02月25日 12:13撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本宮の御傍でランチタイム
下山開始です
2016年02月25日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始です
2
砂払まで40分
2016年02月25日 12:47撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払まで40分
2
あれ⁉雪がなくなってみえます。
2016年02月25日 13:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ⁉雪がなくなってみえます。
1
大日岩まで戻ってきました。
2016年02月25日 13:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩まで戻ってきました。
2
撮影機材:

感想/記録
by cjirou

去年の1月は雪深く、みずがき自然公園の急坂を車で登ることができず敢え無く断念した冬の金峰山へようやく行くことができました。
寒が戻ったことでしばれる寒さでしたがお天気にも恵まれ、富士山に南アルプス、八ヶ岳と豪華な展望を終始味わいながら充実した山行となりました。
風も無く快晴でしたので、「今日なら赤岳も行けそうだね。」と行きの車のなかでOさんと話していましたが、それはまた今後雪山の経験を増やしていく上で、一つの目標となりそうです。
先行の方がお一人、後続からは山頂で抜かれた方がお一人でしたので私たちを含めると合計4人でした。
標高差と距離ともに前回の雲取山と変わらなかったように思いますが、道が入り組んでいたり、また標高が上がるにつれて酸素も薄く感じられましたのでその分時間も体力も余計にかかった気がします。
最後は行きに間違えた瑞牆山荘へ道、林道と交わってすぐにある階段を下るだけなのですが、「ここなんかわかりづらいね。」とOさんと話しながら歩いていると、広い樹林帯が迷路のように感じられ、狐につままれたように右往左往しながら駐車場へと戻っていきました。思わず昔に兄と自然公園からカナトコルートへ迷い込んだことを思い出します。
なにはともあれ立ち寄った増富の湯はとてもいい温泉でした。
沈みゆく夕日をバックに高く聳えたつ鳳凰三山を眺めながら中央道へと向かい、帰路について行きました。
Oさん、お疲れ様です、ありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。
3月にもう一度、雪の山を歩けたらいいですね!
訪問者数:699人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 林道 コル 山行 ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ