ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818168 全員に公開 雪山ハイキング中国山地東部

三室山(三室高原入口から周回)

日程 2016年02月26日(金) [日帰り]
メンバー ymgoro
天候くもり(出発時−3℃、尾根に出ると風がやや強かった)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・アクセス…国道429号線から県道72号線を約5km北上すると、ちくさ高原と三室高原との分岐に出る。この分岐を直進して約3kmで三室高原入口に到着する。三室高原入口の道路が広くなっているところに駐車する。
・道路状況…早朝は三室高原手前1kmからうっすらと道路が雪で覆われていた。帰りではすべての道の雪は融けていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
48分
合計
5時間34分
Sスタート地点08:0010:43三室山11:2612:43大通峠12:4813:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:43〜11:26 三室山頂上で昼食を取る
コース状況/
危険箇所等
[三室高原入口〜三室山登山口]→林道
数cmの積雪なのでつぼ足で歩けた。

[三室山登山口〜三室山頂上]→夏道の登山道(すべてつぼ足で歩いた)
積雪が少ないので標識やマーキングテープがよく見え、夏道がわかりやすかった。ただし、頂上が近くなると10〜20cm程度の積雪になり夏道がわかりにくくなるので注意して歩く。頂上が近くなると少しつぼ足だと滑るところもあるが、なんとかつぼ足で歩けた。鎖場は通過するのに苦労した。鎖場を迂回した方がよかった。

[三室山頂上〜大通峠]→ほとんど緩やかな下りの登山道
スノーシューを装着してmk・kokoさんの後を追って歩いた。P1132を少し過ぎた辺りの転換点に注意する。笹の出ているところでときどき踏み抜くことがあった。
その他周辺情報R29には「道の駅みなみ波賀」とその少し北に「ローソン」がある。近くの千種町室付近に「エ−ガイヤ温泉」400円(65歳以上は200円)と「ローソン」がある。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ コンロ(使用せず)

写真

概念図です。図をクリックして[元サイズ]をクリックすると拡大します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
概念図です。図をクリックして[元サイズ]をクリックすると拡大します。
三室高原入口に駐車しました。出発時、道路はうっすら雪で覆われていましたが、帰りには三室高原入口付近の雪は融けて無くなっていました。
ここから林道を矢印のように進みます。
2016年02月26日 07:56撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三室高原入口に駐車しました。出発時、道路はうっすら雪で覆われていましたが、帰りには三室高原入口付近の雪は融けて無くなっていました。
ここから林道を矢印のように進みます。
1
しばらく歩いて振り返って撮る。今日は頂上までつぼ足で歩きました。
2016年02月26日 08:05撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩いて振り返って撮る。今日は頂上までつぼ足で歩きました。
1
標柱のある三室山登山口に到着。ここから矢印のように進み、谷コースを歩きました。
2016年02月26日 08:48撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱のある三室山登山口に到着。ここから矢印のように進み、谷コースを歩きました。
1
ここから標識にしたがって左折して沢を離れます。
2016年02月26日 09:03撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから標識にしたがって左折して沢を離れます。
ここから山道の登山道に入ります。手前へ下りるコースは山コースになる。
2016年02月26日 09:04撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山道の登山道に入ります。手前へ下りるコースは山コースになる。
1
前日以前のトレースがわずかに残っている。
2016年02月26日 09:07撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日以前のトレースがわずかに残っている。
1
このあたりから積雪が少し多くなった。約10cm程度でしょうか。
2016年02月26日 09:52撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから積雪が少し多くなった。約10cm程度でしょうか。
1
大岩庭園(標識有り)。
2016年02月26日 10:02撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩庭園(標識有り)。
1
前日以前のトレースを追って登る。
2016年02月26日 10:09撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日以前のトレースを追って登る。
鎖場の近く。
2016年02月26日 10:11撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場の近く。
1
鎖場を上がったところに雪庇があった。
2016年02月26日 10:16撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を上がったところに雪庇があった。
1
先行されているのはmk・kokoさんです。mk・kokoさんのご厚意で下山時ご一緒させていただきました。
2016年02月26日 10:34撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行されているのはmk・kokoさんです。mk・kokoさんのご厚意で下山時ご一緒させていただきました。
1
頂上手前の展望地から南西〜西方向を撮る。
2016年02月26日 10:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前の展望地から南西〜西方向を撮る。
頂上に到着。三角点の頭が少し見えていました。頂上から少し下りたところで昼食を取る。
2016年02月26日 10:44撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着。三角点の頭が少し見えていました。頂上から少し下りたところで昼食を取る。
2
頂上にある木の霧氷。
2016年02月26日 10:49撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にある木の霧氷。
2
頂上から南〜東方向の展望。
2016年02月26日 10:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から南〜東方向の展望。
頂上から東〜北東方向の展望。
2016年02月26日 11:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から東〜北東方向の展望。
1
頂上から北東〜北西方向の展望。
2016年02月26日 11:27撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から北東〜北西方向の展望。
くらますの左奥に少し霞んでみえるピークは東山。
2016年02月26日 11:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くらますの左奥に少し霞んでみえるピークは東山。
1
頂上から大通峠までスノーシューを装着してmk・kokoさんの後を追って下山しました。頂上付近の尾根の霧氷その1。
2016年02月26日 11:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から大通峠までスノーシューを装着してmk・kokoさんの後を追って下山しました。頂上付近の尾根の霧氷その1。
1
頂上付近の尾根の霧氷その2。
2016年02月26日 11:33撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近の尾根の霧氷その2。
1
頂上付近の尾根の霧氷その3。
2016年02月26日 11:34撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近の尾根の霧氷その3。
1
スノーシューの後端のベルトをうっかり締め忘れたためスノーシューがはずれてしまった。すぐ装着してmk・kokoさんの後を追いかける。
2016年02月26日 11:43撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシューの後端のベルトをうっかり締め忘れたためスノーシューがはずれてしまった。すぐ装着してmk・kokoさんの後を追いかける。
広い雪原に出た。進行方向(西方向)に天児屋山と沖ノ山が見えた。
2016年02月26日 11:47撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い雪原に出た。進行方向(西方向)に天児屋山と沖ノ山が見えた。
広い雪原にある枯れ木のモニュメントから三室山を振り返る。
2016年02月26日 11:52撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い雪原にある枯れ木のモニュメントから三室山を振り返る。
南西方向に後山も見えた。
2016年02月26日 11:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西方向に後山も見えた。
途中北西からの風が強くなるときがあった。雪煙が見える。
2016年02月26日 12:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中北西からの風が強くなるときがあった。雪煙が見える。
北方向にくらますと高倉が見えた。
2016年02月26日 12:11撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方向にくらますと高倉が見えた。
大通峠に到着。ここからmk・kokoさんの駐車しておられる車のところ(大通峠と三室高原入口までの中間点あたり)まで林道を歩く。雪が融けてしまっているところがあったので大通峠を出発してすぐスノーシューを外して歩いた。
2016年02月26日 12:46撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大通峠に到着。ここからmk・kokoさんの駐車しておられる車のところ(大通峠と三室高原入口までの中間点あたり)まで林道を歩く。雪が融けてしまっているところがあったので大通峠を出発してすぐスノーシューを外して歩いた。
1
林道の途中で三室山が見えた。右端の最も低いピークが竹呂山。
到着後、mk・kokoさんの車で三室高原入口まで送っていただきました。mk・kokoさんのご厚意に感謝、感謝です。
2016年02月26日 13:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の途中で三室山が見えた。右端の最も低いピークが竹呂山。
到着後、mk・kokoさんの車で三室高原入口まで送っていただきました。mk・kokoさんのご厚意に感謝、感謝です。

感想/記録
by ymgoro

1.ネットを見ると、最近の三室山は雪が少なく、夏道を歩いて登頂できそうだったので、夏道をピストンする予定で出発しました。雪が多くなれば途中でスノーシューを装着する予定だったが、つぼ足で最後までなんとか歩けました。

2.下山は予定を変更して、頂上で出会ったmk・kokoさんのご厚意で大通峠までご一緒させていただくことになりました。さらに、林道の途中で駐車しておられる車で三室高原入口まで送っていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

3.mk・kokoさんのおかげで大通峠までのすばらしい尾根歩きができ、途中の霧氷・広い雪原での展望が満喫できました。ありがとうございました。
訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ