ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821033 全員に公開 山滑走八ヶ岳・蓼科

蓼科山 BC 30cmのパウダーながら雪はまだ少ない

日程 2016年03月01日(火) [日帰り]
メンバー Fujimori-W
天候ガス時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白樺高原国際スキー場の駐車場に車を駐めましたが、道路は前日の雪で圧雪状態でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
26分
合計
5時間53分
Sゴンドラリフト頂上駅09:1209:33蓼科山七合目登山口11:07将軍平11:1712:17蓼科山頂ヒュッテ12:20蓼科山12:2112:25蓼科山頂ヒュッテ12:4014:27馬返し14:32蓼科山7合目登山口14:45ゴンドラリフト頂上駅15:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

白樺高原国際スキー場の駐車場に車を駐めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺高原国際スキー場の駐車場に車を駐めます。
このときは蓼科山はきれいに見えていたのですが(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このときは蓼科山はきれいに見えていたのですが(^^;。
7
ゴンドラの片道券で上に登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラの片道券で上に登ります。
北面オープンバーンをズーム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンをズーム。
1
シールで歩き始めます。私が最初ということで、山頂までノートレースのフルラッセルでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シールで歩き始めます。私が最初ということで、山頂までノートレースのフルラッセルでした。
3
道路に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路に出ました。
3
七合目の鳥居をくぐります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目の鳥居をくぐります。
3
登山道は雪でほぼ埋もれていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は雪でほぼ埋もれていました。
2
ふわふわの雪が一面に積もっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふわふわの雪が一面に積もっています。
5
帰りはここを滑り降りましたが、気持ちよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはここを滑り降りましたが、気持ちよかったです。
5
天狗の露地の少し手前より。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の露地の少し手前より。
5
山頂と斜面上部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂と斜面上部。
4
北面オープンバーン。岩が埋まりきっていませんが、ルートを選べば何とかなるかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北面オープンバーン。岩が埋まりきっていませんが、ルートを選べば何とかなるかな。
2
天狗の露地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の露地。
この辺りから登山道脇の斜面も普通に滑れそうな感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから登山道脇の斜面も普通に滑れそうな感じでした。
将軍平に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将軍平に到着。
2
山頂まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
4
山頂をズーム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂をズーム。
1
同じく山頂北面側をズーム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく山頂北面側をズーム。
大きな岩も雪ですっかり埋もれています。この手前でスキーアイゼンを装着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩も雪ですっかり埋もれています。この手前でスキーアイゼンを装着しました。
稜線直下のオープンバーンに出ましたが、この先青空がなくなってしまいました(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線直下のオープンバーンに出ましたが、この先青空がなくなってしまいました(^^;。
2
斜度はこれくらい。柔らかめのパックスノーなので、スキーで登りやすかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度はこれくらい。柔らかめのパックスノーなので、スキーで登りやすかったです。
2
稜線に出ました。とりあえず山頂まで行ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。とりあえず山頂まで行ってみます。
真っ白ですが、山頂(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白ですが、山頂(^^;。
7
滑る準備をして、まずは登ってきた東面を滑り降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑る準備をして、まずは登ってきた東面を滑り降ります。
2
続いて北面側に大きくトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて北面側に大きくトラバース。
北面オープンバーンに下っていく疎林帯の入口を探しますが、雪が少なくて低木が目立ち、どこか分からずに少し焦りました。オレンジ色の標識が見えましたので、そちらに向かいます。この斜面のほぼ中央あたりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンに下っていく疎林帯の入口を探しますが、雪が少なくて低木が目立ち、どこか分からずに少し焦りました。オレンジ色の標識が見えましたので、そちらに向かいます。この斜面のほぼ中央あたりです。
1
今日一番のディープパウダーでした。北面も稜線トップから滑れたかな?。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日一番のディープパウダーでした。北面も稜線トップから滑れたかな?。
8
これが疎林帯入口の標識。ここ以外を下るとかなり苦労しますので、蓼科山北面を滑る場合はぜひこの標識を見つけて下さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが疎林帯入口の標識。ここ以外を下るとかなり苦労しますので、蓼科山北面を滑る場合はぜひこの標識を見つけて下さい。
4
疎林帯もディープパウダーが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疎林帯もディープパウダーが続きます。
2
少し藪気味ですが、まあなんとか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し藪気味ですが、まあなんとか。
3
北面オープンバーンに出ました。斜面上部は滑るには問題無さそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンに出ました。斜面上部は滑るには問題無さそう。
2
上部は軽くパック気味。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は軽くパック気味。
2
この辺り、ディープパウダーが気持ちよかったです(^^)。これで青空と日差しがあれば完璧なんですが(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り、ディープパウダーが気持ちよかったです(^^)。これで青空と日差しがあれば完璧なんですが(^^;。
3
まだまだ下ります。目指すは隣に見えている小さいオープンバーンです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ下ります。目指すは隣に見えている小さいオープンバーンです。
1
滑っている隣の斜面の様子。斜度はこれくらいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑っている隣の斜面の様子。斜度はこれくらいです。
2
後半は岩が目立つようになりますので、岩を避けて滑ります。ただ埋もれた岩に何度かヒット(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半は岩が目立つようになりますので、岩を避けて滑ります。ただ埋もれた岩に何度かヒット(^^;。
2
滑り終えてシュプールを振り返ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り終えてシュプールを振り返ります。
9
まだまだ斜面は続きますが、ここで隣の樹林帯をトラバースします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ斜面は続きますが、ここで隣の樹林帯をトラバースします。
1
樹林帯の中は問題無いのですが、入口と出口が密で苦労しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の中は問題無いのですが、入口と出口が密で苦労しました。
最後のひと滑り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のひと滑り。
6
では登山道に合流します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では登山道に合流します。
私以外の登山者が登ってきたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私以外の登山者が登ってきたようです。
1
登山道脇の斜面も気持ち良かったです。ただし登山道上の岩が気になりだした辺りから、シールを付けて速度を抑えて下っていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇の斜面も気持ち良かったです。ただし登山道上の岩が気になりだした辺りから、シールを付けて速度を抑えて下っていきました。
5
ゲレンデまで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデまで戻ってきました。
2
ゲレンデにもまだまだノートラックパウダーバーンが残っていました(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデにもまだまだノートラックパウダーバーンが残っていました(^^)。
5

感想/記録

前日の降雪を期待して地元蓼科山に今シーズン初となるバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきました。
白樺高原国際スキー場から七合目登山口、将軍平を経由して山頂まで登り、北面を滑り降りましたが、全体的にまだ雪が少ないながらも前日の新雪が30cmほど積もっていて、そのディープパウダーを気持ちよく滑ることが出来ました。
なおログの保存がうまくいかず、登りは稜線手前より前の分はありません。

詳細は以下をご覧下さい。
http://www.fujimoriworld.com/shumi/2016/2016-03telemark/2016-03telemark.html

なお白樺高原国際スキー場はスキーヤーオンリーのゲレンデです。ボードでBCに出かける場合は帰りもゴンドラで下る必要がありますのでご注意を。
訪問者数:639人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/13
投稿数: 430
2016/3/3 7:24
 蓼科山にも行かれたのですね
昨年、Fujimori-Wさんの投稿を見て行きましたが、疎林帯入口か分からず樹林帯で苦労したのと北面のオープンバーンで岩が気になったことを思い出します。将軍平からの登りでシールで登り切れずツボ足で一時登ったことも。
苦労の割には余り楽しくなかったかな。一回経験しただけでよしとしようか、良い印象を得るためにもう一度トライすべきか悩むところです。
登録日: 2013/4/10
投稿数: 354
2016/3/3 20:42
 Re: 蓼科山にも行かれたのですね
bumpkinさん
こんにちは。
蓼科山ですが、オープンバーンの岩がほぼ埋まらないと楽しくないですね。
今回も滑るルートがだいぶ制限されましたが、でも今年のような少雪の年は、なんとか滑れただけで達成感はありました。(今シーズンは無理かなと諦めかけていましたので)
ぜひ大雪の年の3月くらいに訪れてみて下さい。また印象が変わると思います(^^)。
例えばこんな感じです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-414778.html

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 高原 白樺
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ