ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821701 全員に公開 山滑走甲信越

守門青雲岳スキー

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー asama1964, その他メンバー1人
天候小雨後曇後晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二分除雪終了点へ数台、その他は路駐
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
59分
合計
6時間40分
S二分除雪終了点07:3508:11猿倉橋08:1608:43猿倉山稜線08:50護人清水コル09:15夏道平場09:2110:00ヤセオネ終了10:0511:20青雲岳付近11:36袴岳山頂11:4212:00青雲岳直下12:0612:14昼食休憩12:3613:03オカバミ沢13:1213:20護人清水コル13:40猿倉橋14:15二分除雪終了点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
二口コースはヤセ尾根歩きがあるため、スキー歩行は条件次第
稜線はシュカブラとガリガリ斜面があるため、クトーは必携、
ウイペットがあると安心。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

車を路肩に止めて、二分除雪終了点を出発
前日は新雪20cmほどだったが、融けて
固まったガリガリ雪となった
2016年02月28日 07:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車を路肩に止めて、二分除雪終了点を出発
前日は新雪20cmほどだったが、融けて
固まったガリガリ雪となった
1
山頂にはガスがまだかかって、風が強そうだ
2016年02月28日 07:47撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはガスがまだかかって、風が強そうだ
1
西川は渡らず、車道を猿倉橋へ向かう。
先行者はスキーが1人のようだ。
2016年02月28日 08:04撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西川は渡らず、車道を猿倉橋へ向かう。
先行者はスキーが1人のようだ。
2
猿倉橋を渡って林道へ入る。すぐ先で二口コースの登山口
前日は林道の奥から入った跡もあるが、ここは夏道付近か
ら斜面へ取り付く。
2016年02月28日 08:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉橋を渡って林道へ入る。すぐ先で二口コースの登山口
前日は林道の奥から入った跡もあるが、ここは夏道付近か
ら斜面へ取り付く。
2
二口コースの尾根へ登り上げれば、尾根なりに進み護人清水
付近からコルへ出る。
2016年02月28日 08:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二口コースの尾根へ登り上げれば、尾根なりに進み護人清水
付近からコルへ出る。
オカバミ沢へは下らず、そのまま夏道付近を登っていく。
ここからは先行者のトレースのみ。ありがたく使わせて
もらう。
2016年02月28日 09:03撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オカバミ沢へは下らず、そのまま夏道付近を登っていく。
ここからは先行者のトレースのみ。ありがたく使わせて
もらう。
2
急な斜面を登ったらピークの北を巻き平場で休憩
少し進むとヤセ尾根歩きとなる。雪がいいので
スキーで行けるが、条件次第ではアイゼン歩きも
必要だろう。
2016年02月28日 09:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な斜面を登ったらピークの北を巻き平場で休憩
少し進むとヤセ尾根歩きとなる。雪がいいので
スキーで行けるが、条件次第ではアイゼン歩きも
必要だろう。
6
途中で先行のテレさんに追いつきラッセルのお礼をいい
交代。アップダウンのある尾根を進む。
2016年02月28日 09:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で先行のテレさんに追いつきラッセルのお礼をいい
交代。アップダウンのある尾根を進む。
3
ヤセ尾根が終わった所で同行者と交代、ここからやや広い
急な尾根を登っていく。
2016年02月28日 10:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根が終わった所で同行者と交代、ここからやや広い
急な尾根を登っていく。
3
急な箇所が終われば尾根も広くなり、傾斜が緩くなる。
2016年02月28日 10:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な箇所が終われば尾根も広くなり、傾斜が緩くなる。
大岳分岐近くまで登るとガスが一時濃くなり界不良、ガリガリ斜面も出てきて、風もあって寒いので、アウターを着てクトーをつけていく。ガスが取れれば稜線はすぐ先だった。
2016年02月28日 11:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳分岐近くまで登るとガスが一時濃くなり界不良、ガリガリ斜面も出てきて、風もあって寒いので、アウターを着てクトーをつけていく。ガスが取れれば稜線はすぐ先だった。
1
前日登った大岳も姿を見せてきた。
2016年02月28日 11:16撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日登った大岳も姿を見せてきた。
3
ガスが取れ、青雲岳へ向かう。
2016年02月28日 11:18撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが取れ、青雲岳へ向かう。
1
青雲岳から大岳の眺め、西から見るとこんもりした山
だが、東面はガケになっているので、雪庇への近寄り過ぎ
には気を付けよう。
2016年02月28日 11:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青雲岳から大岳の眺め、西から見るとこんもりした山
だが、東面はガケになっているので、雪庇への近寄り過ぎ
には気を付けよう。
2
眼下に魚沼の景色
2016年02月28日 11:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に魚沼の景色
せっかくなので、最高点の袴岳へ向かう。袴岳直下は
クトーがなければ、滑落するガリガリになっていた。
同じコースを歩いてきたテレさんは、青雲から滑走した
ようだ。
2016年02月28日 11:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので、最高点の袴岳へ向かう。袴岳直下は
クトーがなければ、滑落するガリガリになっていた。
同じコースを歩いてきたテレさんは、青雲から滑走した
ようだ。
1
袴岳から大岳を見る
2016年02月28日 11:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袴岳から大岳を見る
3
袴岳からの滑走はちょっと危ないため青雲岳までクトーを
きかせて戻る。稜線は風があって寒いので、まずは風の弱い
とこまで滑ることにする。
2016年02月28日 11:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袴岳からの滑走はちょっと危ないため青雲岳までクトーを
きかせて戻る。稜線は風があって寒いので、まずは風の弱い
とこまで滑ることにする。
2
二口コースの1本南の尾根を滑走、パック雪だが
滑りやすい。
2016年02月28日 12:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二口コースの1本南の尾根を滑走、パック雪だが
滑りやすい。
広い斜面を滑るのは気持ちのいいものだ。
隣の藤平コースの稜線から北面を楽しんだグループも
見えていた。 適当な所で昼食休憩。
2016年02月28日 12:21撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い斜面を滑るのは気持ちのいいものだ。
隣の藤平コースの稜線から北面を楽しんだグループも
見えていた。 適当な所で昼食休憩。
4
休憩後はさらに尾根を滑っていく。
2016年02月28日 12:47撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩後はさらに尾根を滑っていく。
1
広い尾根が狭い尾根に変わる。
2016年02月28日 12:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根が狭い尾根に変わる。
3
雪が良ければ滑りやすいが、徐々に重くなってきて
足も疲れてくる。
2016年02月28日 12:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が良ければ滑りやすいが、徐々に重くなってきて
足も疲れてくる。
1
オカバミ沢への下りは重雪滑る。
後ろからの雪玉攻撃に注意だ。
2016年02月28日 13:04撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オカバミ沢への下りは重雪滑る。
後ろからの雪玉攻撃に注意だ。
4
オカバミ沢からシールで護人清水のコルまで登り返し
夏道を少し戻り、最後はシールのまま斜面を斜めに
登山口まで戻った。猿倉橋を渡ればだらだら車道を歩いて戻るだけ。
2016年02月28日 13:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オカバミ沢からシールで護人清水のコルまで登り返し
夏道を少し戻り、最後はシールのまま斜面を斜めに
登山口まで戻った。猿倉橋を渡ればだらだら車道を歩いて戻るだけ。
除雪終了点へ無事戻る。
前日は10台くらいしかいなかったが、この日は
30台近くきていただろうか。
2016年02月28日 14:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
除雪終了点へ無事戻る。
前日は10台くらいしかいなかったが、この日は
30台近くきていただろうか。
3
訪問者数:538人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ