ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824781 全員に公開 ハイキング奥武蔵

都県境尾根横断プロジェクト下見編(飯能駅〜成木尾根〜棒ノ嶺)

日程 2016年03月08日(火) [日帰り]
メンバー arelu
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間59分
休憩
1時間17分
合計
8時間16分
S飯能駅07:4908:37安楽寺08:5009:14合戦坂峠09:1510:43堂所10:4911:13トヤハケ11:1411:17黄楊峠11:27水口峠11:3011:52大仁田山12:0712:30雲ノ峰12:3212:35久方峠13:00小沢峠13:0513:43長久保山(大クラ尾根ノ頭)14:05馬乗馬場(大門指山・ダイモンザス)14:17黒山14:3414:47権次入峠14:57棒ノ嶺15:1115:16権次入峠15:24岩茸石16:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【成木尾根(安楽寺〜小沢峠)】
特に危険箇所はありませんが、道迷いに注意です。ピークを踏んだらしっかりと方向を確認することをオススメします。道標や案内を頼りすぎるのは良くないです。
採石場迂回ポイントは、沢の合流点目指して、北西の尾根を降りていきます。(詳しくは写真のコメント参照)降りたあとは、p349の斜面に沿って伸びる沢沿いを歩きます。この辺りは倒木が多く、非常に歩きづらいです。落石等に十分注意して通過してください。
【小沢峠〜棒ノ嶺〜さわらびの湯】
一般登山道なので問題ありません。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

飯能駅からトコトコ歩いて約40分、都県境尾根の末端に位置する安楽時に到着です。
写真の右側に見えている道を進めば成木尾根の入口が見つかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯能駅からトコトコ歩いて約40分、都県境尾根の末端に位置する安楽時に到着です。
写真の右側に見えている道を進めば成木尾根の入口が見つかります。
1
都県境尾根(成木尾根)の入口はどこだ〜?(迷ってますw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都県境尾根(成木尾根)の入口はどこだ〜?(迷ってますw
この写真右奥(樹林の中)に成木尾根の入口がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真右奥(樹林の中)に成木尾根の入口がありました。
見つけたゾ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見つけたゾ〜
1
採石場迂回地点までは非常に歩きやすい尾根道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石場迂回地点までは非常に歩きやすい尾根道が続きます。
1
左の道はエスケープルートかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の道はエスケープルートかな?
この道標に従って歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標に従って歩きます。
合戦坂を登ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦坂を登ってます
1
「自然は誰かのために 次のために」
(>Д<)ゝ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「自然は誰かのために 次のために」
(>Д<)ゝ
ゴルフ場の脇を通ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場の脇を通ります。
良い尾根ですね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い尾根ですね〜
2
今回の山行の核心部、採石場迂回ポイントに到着です。(この道標が目印です)
一旦成木尾根を外れて間野集落の方へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の山行の核心部、採石場迂回ポイントに到着です。(この道標が目印です)
一旦成木尾根を外れて間野集落の方へ向かいます。
沢の合流地点に向かって枝尾根を降りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の合流地点に向かって枝尾根を降りていきます。
枝尾根には道標が設置されていますが、文字が読めません・・
よく見ると「バス停へ」と書かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝尾根には道標が設置されていますが、文字が読めません・・
よく見ると「バス停へ」と書かれています。
1
こんな場所を降りていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな場所を降りていきます
降りてきた斜面を振り返る
よ〜く探せば踏み跡が見つかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた斜面を振り返る
よ〜く探せば踏み跡が見つかります。
1
沢まで降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢まで降りてきました。
沢に沿って間野集落の方面へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に沿って間野集落の方面へ向かいます。
ここが沢の合流地点です。(廃車が目印)
写真左奥の沢からここまで降りてきました。
再び成木尾根に乗るべく右奥の沢を登っていくことにします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが沢の合流地点です。(廃車が目印)
写真左奥の沢からここまで降りてきました。
再び成木尾根に乗るべく右奥の沢を登っていくことにします。
沢沿いの道は倒木が多くて歩きにくい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道は倒木が多くて歩きにくい
うえ〜マジかよ・・・

※下から潜れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うえ〜マジかよ・・・

※下から潜れます。
2
ここまで来ればもう安心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ればもう安心です。
尾根に復帰しました〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に復帰しました〜
道間違え中
青梅線50号鉄塔のある尾根を歩いてました・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道間違え中
青梅線50号鉄塔のある尾根を歩いてました・・
1
黒山へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山へ向かいます
成木街道へのエスケープルート発見!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成木街道へのエスケープルート発見!
1
p504手前の鉄塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
p504手前の鉄塔
p504から先で道間違い・・
成木街道に降りる?尾根を下ってしまいました・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
p504から先で道間違い・・
成木街道に降りる?尾根を下ってしまいました・・
※道間違い中 p504南西の尾根を歩行中。
この尾根を真っ直ぐ行けば成木街道に降りられると思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
※道間違い中 p504南西の尾根を歩行中。
この尾根を真っ直ぐ行けば成木街道に降りられると思います。
大仁田山へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仁田山へ向かいます。
大仁田山に到着です!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仁田山に到着です!!
東側の展望が開けてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の展望が開けてます。
赤沢登山口に降りるルートは山と高原地図にも載っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢登山口に降りるルートは山と高原地図にも載っています。
先を急ぎます。
大仁田山〜小沢峠間はピークから派生する枝尾根が多く、迷いやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を急ぎます。
大仁田山〜小沢峠間はピークから派生する枝尾根が多く、迷いやすいです。
アップダウンの連続でなかなか距離を稼げません(ToT)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの連続でなかなか距離を稼げません(ToT)
2
小沢峠に到着〜!
ここからは一般登山道なので一気にペースを上げますよ〜
(^^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢峠に到着〜!
ここからは一般登山道なので一気にペースを上げますよ〜
(^^)/
小沢峠を過ぎると階段地獄の登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢峠を過ぎると階段地獄の登場。
2
怖っ!!(2回目)

コレなんなのん・・??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怖っ!!(2回目)

コレなんなのん・・??
3
小沢峠からコースタイムの半分で黒山登頂。
流石に足が重たくなってきました(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢峠からコースタイムの半分で黒山登頂。
流石に足が重たくなってきました(^_^;)
棒ノ嶺への道
以前(5年前)に棒ノ嶺に登ったときは階段が頂上まで伸びていたハズだが・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺への道
以前(5年前)に棒ノ嶺に登ったときは階段が頂上まで伸びていたハズだが・・?
1
棒ノ嶺登頂です!
飯能駅からここまで約20kmの道程でした〜
いやぁ〜達成感あるね〜(^O^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺登頂です!
飯能駅からここまで約20kmの道程でした〜
いやぁ〜達成感あるね〜(^O^)
4
頂上から歩いてきた道を振り返る。
奥にうっすらと今日のスタート地点である飯能の市街地が見えてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から歩いてきた道を振り返る。
奥にうっすらと今日のスタート地点である飯能の市街地が見えてました。
1
左奥に武甲山が見えます。
ここからさらに足を延ばし、武甲山まで縦走する「奥武蔵最強ルート改」が私の登山プランの中に眠っていますが・・挑戦するのはいつになることやら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥に武甲山が見えます。
ここからさらに足を延ばし、武甲山まで縦走する「奥武蔵最強ルート改」が私の登山プランの中に眠っていますが・・挑戦するのはいつになることやら
1
都県境の縦走路はまだまだ続きます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都県境の縦走路はまだまだ続きます。

棒ノ嶺を下山途中、
歩いてきた尾根が良く見える場所がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺を下山途中、
歩いてきた尾根が良く見える場所がありました。
2
無事さわらびの湯まで降りてきました〜
お疲れ様でした〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事さわらびの湯まで降りてきました〜
お疲れ様でした〜!
2

感想/記録
by arelu

去年3月の奥武蔵全山縦走に続いて、今年もこの時期に超ロングトレイルに挑戦してみようと思い、都県境尾根縦走の計画を立てました。
今回はその下見ということで、飯能駅から成木尾根を経て、棒ノ嶺まで繋げて歩いてきました。で、実際に歩いてみた感想ですが、、、なかなか歩きごたえのある尾根だなと思いました。成木尾根は「山と高原地図」には載っていないマイナールートということもあって、一部藪っぽい場所があったり、地形図とコンパスと睨めっこしながら歩く場面があったりと、ワイルドな尾根歩きが楽しめました。5年ぶりの棒ノ嶺山頂からの展望も見事でした。

次回は、都県境尾根横断に挑戦してみようと思います(^^)

訪問者数:363人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ