ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 825742 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

いろいろ迷って天狗岳にしてみた

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー kudariou(SL), ysubtle(CL)
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋御殿湯の渋の湯に駐車 1日1000円

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間38分
休憩
49分
合計
6時間27分
S渋御殿湯09:4510:39八方台方面・渋の湯方面分岐10:4011:00渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐11:51黒百合ヒュッテ12:1712:23中山峠13:23天狗の鼻13:3113:37東天狗岳13:4813:58天狗の鼻14:33中山峠14:3414:38黒百合ヒュッテ14:4015:11渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐15:29八方台方面・渋の湯方面分岐16:08渋御殿湯16:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は、たくさんの登山者に踏まれてきれいな道になっているので歩き易く、尾根に出るまではこれといった危険箇所はありません。
東天狗岳の手前の分岐から山頂までは道が細くなっている所があるので、踏み外さないように気を付けないといけません。
その他周辺情報玉宮温泉 望岳の湯
www.mtlabs.co.jp/shinshu/onsen/tamamiya.htm
原村に近い田んぼの中にあって、八ヶ岳が展望できます。
入浴料もリーズナブルでいいお湯でした。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

ここまで長かったけど、ようやくスタートだ。
渋の湯の人に遅いから気を付けてと言われました。
2016年03月12日 09:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで長かったけど、ようやくスタートだ。
渋の湯の人に遅いから気を付けてと言われました。
2
我々の車を停めた所からパチリ。
2016年03月12日 09:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我々の車を停めた所からパチリ。
1
登山口へ。
2016年03月12日 09:44撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口へ。
1
近辺のコース図。
2016年03月12日 09:47撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近辺のコース図。
登山届はここで提出します。
2016年03月12日 09:48撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届はここで提出します。
1
歩くスピードが結構速いのだ。
もちろん離れずついて行く。
2016年03月12日 10:02撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩くスピードが結構速いのだ。
もちろん離れずついて行く。
最初に現れるのは表示もクッキリの道標。
2016年03月12日 10:06撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初に現れるのは表示もクッキリの道標。
1
いいペースで歩いたら厚着で少し熱くなってきたので、途中で上着を脱ぎます。
2016年03月12日 10:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいペースで歩いたら厚着で少し熱くなってきたので、途中で上着を脱ぎます。
真っ白な林道を歩くのは気持ちいい。
2016年03月12日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白な林道を歩くのは気持ちいい。
1
この道標は文字も消えかかっている。
迷うことはないと思うが。
2016年03月12日 10:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標は文字も消えかかっている。
迷うことはないと思うが。
1
「俺を撮ってくれ!」
もちろん俺のカメラにはお前の写真だけだよ!
2016年03月12日 10:41撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「俺を撮ってくれ!」
もちろん俺のカメラにはお前の写真だけだよ!
そして佐藤のカメラにも俺だけ(笑)
2016年03月12日 10:42撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして佐藤のカメラにも俺だけ(笑)
1
八ヶ岳ブルーと白銀の森林。
佐藤も感動だ。
2016年03月12日 10:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳ブルーと白銀の森林。
佐藤も感動だ。
1
黒百合ヒュッテへ。
2016年03月12日 10:59撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテへ。
黒百合ヒュッテが見えた。
2016年03月12日 11:49撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテが見えた。
1
休憩していた方に撮っていただきました。
2016年03月12日 11:51撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩していた方に撮っていただきました。
2
お昼ご飯にサンドウィッチとカレーパン。
いろいろと訳がありまして。
2016年03月12日 11:56撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼ご飯にサンドウィッチとカレーパン。
いろいろと訳がありまして。
3
山頂を目指すに当たり、アイゼンを装着します。
2016年03月12日 12:09撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を目指すに当たり、アイゼンを装着します。
森林地帯を抜ける。
2016年03月12日 12:29撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林地帯を抜ける。
この時、まだ青空が少し出ていた。
2016年03月12日 12:31撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時、まだ青空が少し出ていた。
1
期待感はやがて諦めに…。
2016年03月12日 12:33撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
期待感はやがて諦めに…。
1
見事なエビのしっぽ。
2016年03月12日 12:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事なエビのしっぽ。
1
尾根に出ると既にガスが…。
2016年03月12日 13:14撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ると既にガスが…。
道標を頼りに。
2016年03月12日 13:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標を頼りに。
2
誰もいない雪山の中を行くモグ。
2016年03月12日 13:21撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない雪山の中を行くモグ。
1
自然との闘いに喜び打ち震える佐藤。
2016年03月12日 13:25撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然との闘いに喜び打ち震える佐藤。
1
ここが今日のピークだ。
2016年03月12日 13:36撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが今日のピークだ。
1
東天狗岳山頂ゲット。
2016年03月12日 13:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂ゲット。
2
下山しよう。
2016年03月12日 14:19撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しよう。
1
下山まで気を抜くな。
2016年03月12日 14:21撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山まで気を抜くな。
黒百合ヒュッテを通過して。
2016年03月12日 14:47撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテを通過して。
背中のそれで下山を加速しよう。
2016年03月12日 14:58撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背中のそれで下山を加速しよう。
それっ!
2016年03月12日 15:34撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それっ!
1
結構難しいなぁ。
2016年03月12日 15:38撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構難しいなぁ。
新たな技術を習得した。
2016年03月12日 15:45撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新たな技術を習得した。
1
渋御殿湯が見えた。
2016年03月12日 16:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋御殿湯が見えた。
帰って来たなぁ。
2016年03月12日 16:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰って来たなぁ。
お疲れ様。
でも入浴時間には間に合わなかった。
2016年03月12日 16:06撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様。
でも入浴時間には間に合わなかった。
4
玉宮温泉 望岳の湯で汗を流して帰りました。
2016年03月12日 17:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉宮温泉 望岳の湯で汗を流して帰りました。
1

感想/記録

2月は全然山に行けなかったので今週は山登りに行きたかった。
三月になり我々が行ける雪山も限られていく中、どこに行きましょうか?
いくつか候補地を挙げて行きながら早朝にスタートしました。

黒斑山?四阿山?天狗岳?
スマホで天気予報を確認しながら最初に話していた天狗岳に決定。
2年前に入った唐沢鉱泉を目指すも、車が坂を登れず断念。
渋御殿湯からにしました。この時点で9時をだいぶ過ぎていました。

スタートまでいろいろあったものの、歩き始めれば楽しい雪山歩き。
久しぶりの山だし楽しみましょう。
でも天気が微妙で青空も雲の間にチラホラ見えるだけ。
それでも黒百合ヒュッテでは陽も射して、期待感は残っていた。
ここでお昼ご飯にしたが、今日は湯を沸かす暇もないだろうとサンドウィッチとカレーパンにしてみたのでアッサリと終了。急がねば。

中山峠の先で行き交った人に聞いてみると、かなりガスっているとのこと。
西天狗岳は諦めて東天狗岳を今日のゴールにしよう。
真っ白な中を何とか山頂に到着。我々の後にも何組か山頂に来ました。

とりあえず目的を達成出来て、まずまずの山行ではなかったかな?
佐藤ともいろんな話が出来て良かったです。

感想/記録

今年2度目の山行はモグと2回目(笑)。そして自身はじめての八ヶ岳。アクシデントもありましたが楽しかったです。

唐沢鉱泉の1.8Km手前でまさかの登山口変更。ゴムチェーンのなかでタイヤが空回りするなんてあるんですね。歩いて登山口に向かうパーティもいました。けっこう雪が深かったのではないかと思います。

黒百合ヒュッテに向けて上っていく途中、ところどころで青い空が見えたのが気持ちよかったです。しかし、この林間コースがけっこう長い。

進むにつれて面白いほど目の前のガスが晴れていくこともありましたが、残念ながら遠方は見えず。そして、頂上のガスだけはとれませんでした。あと1時間半早ければ…。東天狗から西天狗がまったく見えなかったのと、時間もおしていたので、西天狗はあきらめて下山しました。

下山はいつものとおりガンガンいきます。が、ハナミズがポタポタたれるほど寒いのでバラクラバを装着。するとメガネが曇って足元も前も全然見えない。そして、ついには水分でレンズが凍りつく始末。冬山はすごいですね。しかたなくバラクラバはあきらめました。こんなときでもミレーのビーニーがとても暖かく、性能の高さとありがたみをはじめて感じました。

このコース、唐沢鉱泉からよりもヤマレコの数が多いのですが、思ったより林間コースが長く、やや単調で下山時はちょっと退屈でした。
そこで活躍したのが、例のアレ。最後のほうで、つんのめってコケた時に流れていってしまい、たった1回の山行でサヨナラでしたが、十分に楽しませてくれました。
訪問者数:361人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ