ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827151 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走北陸

雪を求めて福井の秀峰・荒島岳へ

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー RIVERROCK
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
元勝原スキー場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

勝原スキー場(9:01) →登山口(9:43) → 770m地点(10:01~10:05) →白山ベンチ(10:25)→絆と友愛の森看板(10:53~11:00) →しゃくなげ平(11:27)→ 中荒島岳(12:20) →荒島岳山頂(12:33~12:47) →中荒島岳(12:58~13:00) →しゃくなげ平(13:31~13:39) →絆と友愛の森看板(13:57~14:00) →登山口(14:41)→勝原スキー場(15:06) 
コース状況/
危険箇所等
雪山らしくなるのは標高800mあたりから。入山時には、まだ雪は固すぎず柔らかすぎずで比較的歩きやすかったですが、午後の下山時には、かなり腐りかけていて、踏み抜きや急斜面でのステップ崩れなどで歩きにくくなっていました。また、雪解けが進んだ標高600m〜800mあたりは泥で非常に滑りやすくなっていました。
 登山者の装備は、冬山フル装備の人からトレッキングシューズ+チェーンスパイク+ストックの人までいろいろ。中にはゴム長靴にノーアイゼンという強者まで(この山をよく知る方と思われます)いらっしゃいました。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

到着が遅かったこともあって、駐車場は満杯状態でした。
2016年03月12日 08:59撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着が遅かったこともあって、駐車場は満杯状態でした。
スタートはコンクリートの坂。個人的には、ここがこのルートの核心部だと断言します。
2016年03月12日 09:02撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートはコンクリートの坂。個人的には、ここがこのルートの核心部だと断言します。
1
こんなに石がゴロゴロしていて、元はスキー場のコース。最初の高低差約300mほどはゲレンデなんですね。
2016年03月12日 09:35撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに石がゴロゴロしていて、元はスキー場のコース。最初の高低差約300mほどはゲレンデなんですね。
リフトの残骸が見えるとゲレンデは終了。
2016年03月12日 09:43撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトの残骸が見えるとゲレンデは終了。
ここからが登山道。
2016年03月12日 09:43撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが登山道。
次第に雪が増えてきますが、まだ地面はぬかるんでいないので歩きにくいことはありません。
2016年03月12日 09:46撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に雪が増えてきますが、まだ地面はぬかるんでいないので歩きにくいことはありません。
トトロの木の由来は何でしょうか?
2016年03月12日 10:10撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トトロの木の由来は何でしょうか?
これがトトロの木。
2016年03月12日 10:10撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがトトロの木。
ここが白山ベンチという場所のようです。このあたりから雪山らしくなっていきます。
2016年03月12日 10:25撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが白山ベンチという場所のようです。このあたりから雪山らしくなっていきます。
1
木々の間に見えるピーク。これが主峰ではないんですよね。
2016年03月12日 10:45撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間に見えるピーク。これが主峰ではないんですよね。
ここで2回目の休憩。標高1000mを超えてなだらかで広い尾根がしばらく続きます。
2016年03月12日 10:53撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで2回目の休憩。標高1000mを超えてなだらかで広い尾根がしばらく続きます。
この斜面を登るとシャクナゲ平という小ピーク。ここでアイゼンを装着。
2016年03月12日 11:19撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面を登るとシャクナゲ平という小ピーク。ここでアイゼンを装着。
頭だけ出ていたシャクナゲ平の標識。この先、いったん鞍部へ下ります。
2016年03月12日 11:27撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭だけ出ていたシャクナゲ平の標識。この先、いったん鞍部へ下ります。
1
シャクナゲ平を下って・・
2016年03月12日 11:32撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平を下って・・
・・登り返し、来た方向を振り返る。意外と傾斜のある斜面だったことに気づく。まだ急斜面(というほどでもないか?)は続きます。
2016年03月12日 11:41撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・登り返し、来た方向を振り返る。意外と傾斜のある斜面だったことに気づく。まだ急斜面(というほどでもないか?)は続きます。
初めて登る山だと距離も時間もスケール感がないので、ペースがつかめないんですよね。こういう標識見てもも遠いんだか近いんだか見当がつきません。
2016年03月12日 11:43撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて登る山だと距離も時間もスケール感がないので、ペースがつかめないんですよね。こういう標識見てもも遠いんだか近いんだか見当がつきません。
傾斜のあるところをしばらく登っていくと、この眺め。思わず「白山だー!」
2016年03月12日 11:48撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜のあるところをしばらく登っていくと、この眺め。思わず「白山だー!」
3
大野市、勝山市方面もばっちり見えてます。
2016年03月12日 11:56撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大野市、勝山市方面もばっちり見えてます。
ようやく山頂方面が見えてきました。階段状のステップになっているので登りやすくはなってますが、まあ、しんどい区間ですわ。
2016年03月12日 12:13撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂方面が見えてきました。階段状のステップになっているので登りやすくはなってますが、まあ、しんどい区間ですわ。
2
中荒島岳まで来ました。ここから先、厳冬期なら雪庇が張り出すところなんでしょう。
2016年03月12日 12:20撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中荒島岳まで来ました。ここから先、厳冬期なら雪庇が張り出すところなんでしょう。
1
山頂到着。コースタイム3時間30分(休憩含む)。あんまり山に行ってなかったからこんなもんでしょう。
2016年03月12日 12:35撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。コースタイム3時間30分(休憩含む)。あんまり山に行ってなかったからこんなもんでしょう。
4
雲がかかった白山。山頂からは360度のパノラマが見られて、良かった良かった。
2016年03月12日 12:36撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がかかった白山。山頂からは360度のパノラマが見られて、良かった良かった。
5
こちらは北アルプスの方向。遠くに雲がかかっているのは穂高連峰?右は乗鞍かな。正面は・・・?(調べときます)
2016年03月12日 12:37撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは北アルプスの方向。遠くに雲がかかっているのは穂高連峰?右は乗鞍かな。正面は・・・?(調べときます)
御嶽山方面。
2016年03月12日 12:37撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山方面。
これは南東方向ですが、山の名前は分かりません。(これも調べときます)
2016年03月12日 12:37撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは南東方向ですが、山の名前は分かりません。(これも調べときます)
南方向、能郷白山方面かな?
2016年03月12日 12:37撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方向、能郷白山方面かな?
南西方面。
2016年03月12日 12:37撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西方面。
1
山頂の祠。
2016年03月12日 12:37撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠。
樹氷がまだ残っていました。露出を切りつめているので、バックが暗くなっていますが、大野市街が見えてます。
2016年03月12日 12:49撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷がまだ残っていました。露出を切りつめているので、バックが暗くなっていますが、大野市街が見えてます。
2
下山途中の中荒島岳まではストック使用。ここからの下りピッケルに切り替え。
2016年03月12日 12:58撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中の中荒島岳まではストック使用。ここからの下りピッケルに切り替え。
山頂方面を振り返る。
2016年03月12日 13:00撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面を振り返る。
シャクナゲ平まで帰って来ましたが、雪がグズグズになってきて何度か踏み抜きしています。
2016年03月12日 13:31撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平まで帰って来ましたが、雪がグズグズになってきて何度か踏み抜きしています。
ここでアイゼンを外しました。
2016年03月12日 13:57撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンを外しました。
緩やかな樹林帯の尾根が続きますが、雪が腐ってきて踏み抜きが増えてきています。
2016年03月12日 14:07撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな樹林帯の尾根が続きますが、雪が腐ってきて踏み抜きが増えてきています。
標高800mあたりから雪が消え、代わりに泥沼地獄が。
2016年03月12日 14:40撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高800mあたりから雪が消え、代わりに泥沼地獄が。
登山口まで来ると泥沼地獄から解放されます。
2016年03月12日 14:41撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで来ると泥沼地獄から解放されます。
最後のコンクリートの下りは、疲れた足腰に堪えますヮ。やっぱりここが核心部だと思う所以です。
2016年03月12日 15:01撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のコンクリートの下りは、疲れた足腰に堪えますヮ。やっぱりここが核心部だと思う所以です。
ブーツもスパッツも泥だらけ。これでもすごーく注意して歩いたんだけど。
2016年03月12日 15:09撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブーツもスパッツも泥だらけ。これでもすごーく注意して歩いたんだけど。
撮影機材:

感想/記録

今シーズンはとにかく雪が少ない。例年なら、この時期はまだ鈴鹿山系や伊吹山で雪山のトレーニングができるのに、もうほとんど雪がない。そもそも、このところあまり山に行っていないので、雪山にほとんど行かないまま春になってしまう。そんな状況で、ゴールデンウイークに3000mの春山へ行くことを考えると、このままだとちょっとまずいなと思ってました。そこで、日帰りで行けて、雪が十分にあって、距離も高低差も登りごたえのある所はないかとさがしてみたら、丁度ぴったりだったのが荒島岳だったというわけ。以前から興味があった山でしたしね。
 初めて登る山は、何が待っているのか分からない楽しさがあります(不安もあるけど)。実際、行ってみたらなかなかいい所でした。標高1500mというので、中級というより低山の雰囲気に近い感じの山かと思ってましたが、雪の多い地域ということもあるのか、標高以上の風格のある山だと感じました。山頂からの360度のパノラマもすばらしかったですし。厳冬期には雪庇が張り出すこともあるようなので、ぜひその時期にも来てみたいですね。
 ところで、雪が溶けた登山道ですが、午後はトトロの木あたりから下は、泥沼地獄といいたくなるような状態です。伊吹山も雪解けの時期は2合目から下は泥だらけになるところですが、多分こっちのほうが酷いんじゃないかと思います。この時期は泥落とし用のブラシを持って行ったほうがいいです。
 
 
訪問者数:321人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ