ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828620 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

プチ雪山気分ー赤鞍ヶ岳・朝日山

日程 2016年03月16日(水) [日帰り]
メンバー ayanao, その他メンバー1人
天候曇時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道志水源の森の駐車場に駐車させてもらった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
41分
合計
6時間53分
Sスタート地点07:4909:47池ノ窪(二のタル)09:5510:23赤鞍ヶ岳(ワラビタタキ)10:3010:42ウバガ岩11:58秋山峠12:0512:14朝日山(赤鞍ヶ岳・ブナダツマ)12:3112:35秋山峠12:3613:33入道山13:3414:29道志村役場14:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標やリボンがあり、危険な個所はない。2日前に降った雪で、尾根筋は15-30cmの積雪があった。アイゼン、ワカンは使用しなかった。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

道志水源の森の駐車場からの丹沢は曇っている。天気は下り坂だ。
2016年03月16日 07:47撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道志水源の森の駐車場からの丹沢は曇っている。天気は下り坂だ。
標識に従って、国道413号から登山口へ歩く。
2016年03月16日 07:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識に従って、国道413号から登山口へ歩く。
登山口には2日前に降った雪が薄っすら積もっている。
2016年03月16日 08:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口には2日前に降った雪が薄っすら積もっている。
美しいアカマツの林の中を登る。
2016年03月16日 08:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいアカマツの林の中を登る。
送電線の鉄塔に出ると赤鞍ヶ岳(中央)が見えてきた。
2016年03月16日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔に出ると赤鞍ヶ岳(中央)が見えてきた。
大室山(左)や加入道山は雲の中。
2016年03月16日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大室山(左)や加入道山は雲の中。
ゴトウ石。ゴトウとはヒキガエルの方言のようだが、カエルに見えないこともない。
2016年03月16日 09:04撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴトウ石。ゴトウとはヒキガエルの方言のようだが、カエルに見えないこともない。
ヒノキ林に入ると雪は深く、急登となる。
2016年03月16日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒノキ林に入ると雪は深く、急登となる。
池ノ窪で巌道峠からの道と合流する。
2016年03月16日 10:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池ノ窪で巌道峠からの道と合流する。
赤鞍ヶ岳が見えてきた。
2016年03月16日 10:08撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤鞍ヶ岳が見えてきた。
菜畑山(中央)と今倉山の双耳峰が見える。菜畑山の奥には、御正体山が霞んで見える。その奥には富士山が見える筈なのだが・・・。
2016年03月16日 10:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菜畑山(中央)と今倉山の双耳峰が見える。菜畑山の奥には、御正体山が霞んで見える。その奥には富士山が見える筈なのだが・・・。
畦ヶ丸(左)から大界木山(右)へ続く甲相国境尾根の山々も曇っている。
2016年03月16日 10:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸(左)から大界木山(右)へ続く甲相国境尾根の山々も曇っている。
赤鞍ヶ岳の三角点は雪に埋まっていた。
2016年03月16日 10:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤鞍ヶ岳の三角点は雪に埋まっていた。
ブナの木が多い尾根を歩き、朝日山へ向かう。
2016年03月16日 10:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの木が多い尾根を歩き、朝日山へ向かう。
絶好の展望台の筈のウバガ岩だったが、天気には勝てない。
2016年03月16日 10:50撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶好の展望台の筈のウバガ岩だったが、天気には勝てない。
ウバガ岩から見た畦ヶ丸(左)から大界木山(右)へ続く甲相国境尾根の山々。
2016年03月16日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウバガ岩から見た畦ヶ丸(左)から大界木山(右)へ続く甲相国境尾根の山々。
朝日山とそれに続く菜畑山(左)、今倉山。
2016年03月16日 10:46撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日山とそれに続く菜畑山(左)、今倉山。
朝日山(右)が間近に見えてきた。
2016年03月16日 11:17撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日山(右)が間近に見えてきた。
枝分かれが美しいブナの大木があった。
2016年03月16日 12:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝分かれが美しいブナの大木があった。
秋山峠の標識はあくまで赤鞍ヶ岳。ここから山頂までは、竹之本から直登してきた足跡があった。
2016年03月16日 12:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山峠の標識はあくまで赤鞍ヶ岳。ここから山頂までは、竹之本から直登してきた足跡があった。
秋山峠から見た甲相国境尾根の山々と鳥ノ胸山。
2016年03月16日 12:04撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山峠から見た甲相国境尾根の山々と鳥ノ胸山。
鳥ノ胸山(左)と菰釣山。
2016年03月16日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥ノ胸山(左)と菰釣山。
朝日山の山頂には、赤鞍ヶ岳のオフィシャル(?)な標識があった。
2016年03月16日 12:20撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日山の山頂には、赤鞍ヶ岳のオフィシャル(?)な標識があった。
こちらは、手作り感あふれる標識。
2016年03月16日 12:15撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、手作り感あふれる標識。
山頂は開けているが、周りに木々があり展望はない。
2016年03月16日 12:31撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は開けているが、周りに木々があり展望はない。
秋山峠まで戻り、竹之本へ下山。
2016年03月16日 12:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山峠まで戻り、竹之本へ下山。
急で滑りやすい道を慎重に降りる。
2016年03月16日 12:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急で滑りやすい道を慎重に降りる。
急な下りが終わり、美しい杉林を歩く。
2016年03月16日 13:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下りが終わり、美しい杉林を歩く。
林道に出て、あとは林道を歩く。
2016年03月16日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出て、あとは林道を歩く。
本日初めての富士山は、曇り空に溶け込むような姿で登場!
2016年03月16日 14:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日初めての富士山は、曇り空に溶け込むような姿で登場!
撮影機材:

感想/記録
by ayanao

この1月に、赤鞍ヶ岳(ワラビタキ)から朝日山(赤鞍ヶ岳)への縦走を試みたが、積雪が深く、赤鞍ヶ岳で引き返した。
今回はその雪辱で菜畑山までの縦走を狙ったが、2日前に降った雪と生憎の天気で気力が失せ、朝日山から下山した。菜畑山までの縦走はいつか挑戦したいと思う。
天気が優れず、周りの高い山は雲に覆われ展望はほとんどなかったが、トレースのない新雪の雪山を楽しむことができた。下山の最後で、墨絵のような富士山を見ることができ、フィナーレを飾ることができた。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ