ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830266 全員に公開 ハイキング丹沢

天気予報にすっかり騙されたヤマノススメ第七十七合目巡礼の鍋割山

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー teoimperial
天候雨のち曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
渋沢着7:42の急行
しかしながら雨が盛んに降っていた為、駅構内で様子見。
8:30を過ぎてから止んできたので8:40の臨時バスに乗車。
8:55頃に大倉到着

帰り
大倉発15:38のバス
渋沢発16:00の快速急行新宿行き

バスは行きも帰りも満員で座れませんが上りの急行・快速急行は渋沢なら座って帰れます。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間37分
休憩
49分
合計
6時間26分
S大倉バス停09:0010:08二俣10:32林道終点10:59後沢乗越12:05鍋割山12:5413:41後沢乗越14:02林道終点14:20二俣15:26大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回の目的は何と言ってもヤマノススメ第七十七合目の巡礼です。

今日を選んだのはつい先日「丹沢はヤマビルが怖い」と言うのを知ったからです。それまでは全くヤマビル問題を知らず、暖かくなってからで良いかなと思っていたのですが暖かくなるとヤマビルが出現しだすと聞いて恐ろしくて鍋割山行きを急ぎました。

初級者の私としては久しぶりの標高差1,000m級の登山になり、体力が試され、さらには左膝痛が出ないかが課題になります。
コース状況/
危険箇所等
特に危険なな箇所はありません。コースも踏まれていて明瞭です。迷う方向もありません。

大倉BS→丹沢大山国定公園の看板
最初は農家の間の舗装道路ですが、すぐに緩やかな登山道になります。

丹沢大山国定公園の看板→二俣
林道をひたすら歩きます。傾斜は大した事はありませんが、長いですね。
行きよりも帰りに「まだか、まだか」と、その長さに飽きました。

二俣→後沢乗越
本格的な登り道になります。しかしつづら折りで傾斜を稼いで行きますのでそれ程ではありません。
また、この区間はそれほどは長くはありません。

後沢乗越→鍋割山
山の背の登山道となりますが、排水が悪くて今回の様な雨の後、雨の時、には泥濘になります。泥濘覚悟の服装が良いと思います。傾斜も一部で険しくなります。
私の様な初級者には長い道のりに感じられます。
その他周辺情報大倉BSには店もトイレも、そして汚れた登山靴を洗う場所もあります。
とても良い基点です。
登山コースに入ると鍋割山山頂まで途中にトイレはありません。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

9:00 大倉BSをスタートです。
青いコースを鍋割山へ向かう事になります。
最初の方向が分かりやすく示されていて親切です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:00 大倉BSをスタートです。
青いコースを鍋割山へ向かう事になります。
最初の方向が分かりやすく示されていて親切です。
9:18 国定公園看板です。
ヤマノススメ第七十七合目の扉絵の場所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:18 国定公園看板です。
ヤマノススメ第七十七合目の扉絵の場所です。
2
9:53 ヤマプラで表示される474m地点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:53 ヤマプラで表示される474m地点です。
10:04 尾関廣銅像前。
尾関廣氏は昭和30年に日本山岳連盟を創設した方だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:04 尾関廣銅像前。
尾関廣氏は昭和30年に日本山岳連盟を創設した方だそうです。
10:08 二俣です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:08 二俣です。
10:32 林道終点。
噂の鍋割山へボランティアで持って行くペットボトル入りの水が置いてある地点です。
あおいはひなたにのせられて4L入りを持ってしまったのでした。
私は自分の限界を知ってますのでなるべく少なそうなのを選びましたw
水が置いてあると聞いて、長く置いても大丈夫なのか?とこの話を聞いた時に疑問だったのですが、ここには「滅菌水」と書いてありました。本当に滅菌水ならそこそこの期間放置しても大丈夫だとは思います。入れてあるのがペットボトルなのですが。
それにしてもどう言う方法で滅菌したんでしょうね。オートクレーブなのか、はたまたミリポアフィルターみたいなのを通したのか。
私、気になります(久々の千反田える)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:32 林道終点。
噂の鍋割山へボランティアで持って行くペットボトル入りの水が置いてある地点です。
あおいはひなたにのせられて4L入りを持ってしまったのでした。
私は自分の限界を知ってますのでなるべく少なそうなのを選びましたw
水が置いてあると聞いて、長く置いても大丈夫なのか?とこの話を聞いた時に疑問だったのですが、ここには「滅菌水」と書いてありました。本当に滅菌水ならそこそこの期間放置しても大丈夫だとは思います。入れてあるのがペットボトルなのですが。
それにしてもどう言う方法で滅菌したんでしょうね。オートクレーブなのか、はたまたミリポアフィルターみたいなのを通したのか。
私、気になります(久々の千反田える)
1
10:59 後沢乗越(鍋割山稜5)です。
休憩する場所ないんですね。
狭いし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:59 後沢乗越(鍋割山稜5)です。
休憩する場所ないんですね。
狭いし。
途中の泥濘
ここは立ち止まって写真に撮る気になるだけマシな場所です。
酷い場所はもっと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の泥濘
ここは立ち止まって写真に撮る気になるだけマシな場所です。
酷い場所はもっと。
12:05 鍋割山山頂着いたー!
荷物を外に置いて(狭いので担いだまま入ってはいけないそうです。ヤマレコの山行記録を読んで知りました。事前に読むのはこう言う点でも参考になりますね)さっそく鍋焼きうどんの注文リストに名前を記入しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:05 鍋割山山頂着いたー!
荷物を外に置いて(狭いので担いだまま入ってはいけないそうです。ヤマレコの山行記録を読んで知りました。事前に読むのはこう言う点でも参考になりますね)さっそく鍋焼きうどんの注文リストに名前を記入しました。
3
混んでいると1時間待ちとか言う噂を聞きましたが、今日はこんな天候ですし30分程度で順番となりました。
mixiのつぶやきが電波状態が悪くてなかなかうまく行かないのを何度かやってるうちにあっという間に順番が来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混んでいると1時間待ちとか言う噂を聞きましたが、今日はこんな天候ですし30分程度で順番となりました。
mixiのつぶやきが電波状態が悪くてなかなかうまく行かないのを何度かやってるうちにあっという間に順番が来ました。
4
12:54 今日は展望も悪いので(展望ナシ)うどんを頂いたら一息だけ入れてさっそく下山開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:54 今日は展望も悪いので(展望ナシ)うどんを頂いたら一息だけ入れてさっそく下山開始です。
13:41 後沢乗越。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:41 後沢乗越。
14:20 二俣。
ここでストックと登山靴をちょっと洗います。
登山靴はまた汚れちゃうんですけどね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:20 二俣。
ここでストックと登山靴をちょっと洗います。
登山靴はまた汚れちゃうんですけどね。
2
15:26 大倉BSに帰って来ました。
バス待ち行列長いです・・・

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:26 大倉BSに帰って来ました。
バス待ち行列長いです・・・

2

感想/記録

天気予報はですね、金曜日も土曜日も今日は「晴れ」って言ってたんですよ!
そのとおりに新宿を出る頃は朝日が眩しかったのです。
ところが小田急線内で一眠りして相模大野で目を覚ましたら雨が降っているではありませんか。目を疑いました。日本気象協会の1時間ごとの秦野市の予報を慌てて見たら8:00からは晴れになっています。だったら渋沢に到着するまでには雨は上がるかなと期待しました。
しかし渋沢に到着しても雨は降り続いています。
天気予報を信用して雨中登山の準備はしていませんでした(一応簡単な雨具なら持って来てはいた)。8:55のバスまでに雨が止まなければ引き返す事にして駅構内で待ちました。
8:30過ぎには傘が要らない程になったので8:46のバスを目指してバス停へ。
この時点では9:00から晴れになっていたのですが、これが大倉に到着する頃には10:00から晴れの予報になり、結局今日一日中曇り時々雨でした。

晴れ予報に裏切られて雨中登山と言うのは色々な意味でテンションが下がってしまいますね。それが今回一番残念な点でした。

テンション低いし泥濘だしで、登りの最後は「そろそろ筋肉限界かも」と弱音が出そうになりました。
下りの左膝痛は、ストックで体重を分散したりしたのも良かったのか、違和感はあったものの痛みは出ませんでした。
訪問者数:367人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック 乗越 林道 テン 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ