ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 831801 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

まさかの雪で新雪が積もった道志の裏山と大室山

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー Futaro
天候曇りと小雨か上では雪が半々くらい。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
釜立沢登山口駐車スペースを使用。3、4台位は止まれそう。神ノ川ヒュッテよりかなり近くて便利。但しトイレ無。国道413号から青根に入って50m位の所に公衆トイレ有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間58分
休憩
50分
合計
9時間48分
S釜立沢登山口駐車スペース04:5706:15大川原山06:1706:31天神峠06:3307:04大川原山07:0507:20平野峠(臼久保峠)07:2307:25平野山(ナライ山・ゴガンノ丸)07:52ムギチロ(麦尻・モガサ)07:5308:09巌道峠(雁道峠・強盗峠・ガンドウ)08:1208:28久保バス停08:3108:40大吊り橋前野菜直売所08:5209:42久保分岐11:21大室山11:2211:41神ノ川ヒュッテ分岐12:10鐘撞山12:2413:10神ノ川キャンプ場13:1714:37袖平山登山口14:3814:43釜立沢登山口駐車スペース14:45釜立沢登山口駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<釜立沢登山口〜大川原山〜天神峠〜平野峠〜巌道峠>
青根からこのまさわキャンプ場の隣の橋を渡り、大川原山に至る道は登りなら明瞭。下りだと写真にコメントした様に大川原山から下り始めが少し分かり難い。
大川原山から天神峠に下る道は、調べた全ての地図に載っていなかったが、道は明瞭だった。ただ2,3ヶ所の分岐で道標が無いので迷いそう。
平野峠から月夜野に下る道は現在はテープが張られて通行止め。
経験者なら大川原山最短ルートで下るのがベストだが、未踏の人で夜間通行するなら、巌道峠から車道で道志に下る方が良い。

<巌道峠〜久保のつり橋〜大室山〜鐘撞山〜神ノ川キャンプ場>
巌道峠から直ぐに二股に道路は別れるので右に。月夜野方面に行くなら左。
国道413号に出た所が久保のバス停。左に213号を進むと直ぐにつり橋があり、そこを渡る。道しるべがある明瞭な道が大室山まで続く。大室山〜鐘撞山の区間は、登山地図にも迷いマークが書かれているとおり、途中で尾根が分岐する所が有る。そのまま真っ直ぐの尾根に行くと間違い。特に急いで駆け下っていると間違いやすい。

<神ノ川キャンプ場〜釜立沢登山口>
どの登山地図にも載っていないルートで分かり難い。今回のルートで最難関。GPSナビは必須か。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ダブルストック ヘッドランプ 地図 GPS ペットボトル 雨具 熊鈴 タオル 着替え ザックカバー

写真

ここが大川原山への登山口。これだけ明確な道標が有るので大丈夫なはずですが。。。
2016年03月21日 05:43撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが大川原山への登山口。これだけ明確な道標が有るので大丈夫なはずですが。。。
ここからは時間順では無く、下って来た場合を想定して説明します。左が平野峠、右は天神峠の道しるべがあります。ここを次の写真の様に右に行きます。
2016年03月21日 06:15撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは時間順では無く、下って来た場合を想定して説明します。左が平野峠、右は天神峠の道しるべがあります。ここを次の写真の様に右に行きます。
平野峠から下って来た場合は、ここから右の道に入ります。真っ直ぐ進むと天神峠です。
2016年03月21日 06:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平野峠から下って来た場合は、ここから右の道に入ります。真っ直ぐ進むと天神峠です。
50メートルほど尾根に沿って下ると道は尾根の右に行きます。そちらに青いテープも有ります。しかし真っ直ぐ尾根沿いに行くと電波塔の様な物が見えています。ここは踏み跡は細いですが真っ直ぐ進みます。
2016年03月21日 06:13撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50メートルほど尾根に沿って下ると道は尾根の右に行きます。そちらに青いテープも有ります。しかし真っ直ぐ尾根沿いに行くと電波塔の様な物が見えています。ここは踏み跡は細いですが真っ直ぐ進みます。
直ぐに右に電波塔の様な物が有り、その柵の左側を進みます。左側の道の踏み跡は細いです。
2016年03月21日 06:13撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに右に電波塔の様な物が有り、その柵の左側を進みます。左側の道の踏み跡は細いです。
直ぐに道は明瞭になります。右の道では無く、左の踏み跡に進みます。直ぐに道は明瞭になり、その後は登り口まで実線並みの登山道が続きます。
2016年03月21日 06:12撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに道は明瞭になります。右の道では無く、左の踏み跡に進みます。直ぐに道は明瞭になり、その後は登り口まで実線並みの登山道が続きます。
電波塔の様な物を振り返ると、この様に暫くの区間だけ踏み跡が細いです。
2016年03月21日 06:12撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔の様な物を振り返ると、この様に暫くの区間だけ踏み跡が細いです。
これからは時間順に戻ります。天神峠に向かう道です。集落がかなり近くに見えています。
2016年03月21日 06:23撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからは時間順に戻ります。天神峠に向かう道です。集落がかなり近くに見えています。
こちらが来し方です。
2016年03月21日 06:23撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが来し方です。
ここは分岐なのですが分かり辛いです。
2016年03月21日 06:25撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは分岐なのですが分かり辛いです。
天神峠に着きました。奇跡的にぴったしの所に下りてきました。どの地図にもこのルートは載っていなかったので、どう歩いたら良いか全くわかりませんでした。
2016年03月21日 06:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神峠に着きました。奇跡的にぴったしの所に下りてきました。どの地図にもこのルートは載っていなかったので、どう歩いたら良いか全くわかりませんでした。
最後はここを強引に下りました。その直後まで道は明瞭でしたが、2,3か所分岐が有り、道に迷いそうでした。夜間に通るのは危険かもです。
2016年03月21日 06:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はここを強引に下りました。その直後まで道は明瞭でしたが、2,3か所分岐が有り、道に迷いそうでした。夜間に通るのは危険かもです。
天神峠から下って行くと林道がぶつかってくるので、この林道に進みます。
2016年03月21日 06:37撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神峠から下って行くと林道がぶつかってくるので、この林道に進みます。
林道から見ると歩いて来て道路はこんなふうに見えます。右が天神峠です。
2016年03月21日 06:37撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から見ると歩いて来て道路はこんなふうに見えます。右が天神峠です。
林道の終点は対岸です。ここを渡ってきました。上流に堰が見え、倒木群が道を塞いでいました。
2016年03月21日 06:48撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点は対岸です。ここを渡ってきました。上流に堰が見え、倒木群が道を塞いでいました。
その倒木群がこれです。
2016年03月21日 06:50撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その倒木群がこれです。
ジグザグの明瞭な道が有り、これで少し登ってからトラバースして堰を越えるのだと思いました。
2016年03月21日 06:50撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザグの明瞭な道が有り、これで少し登ってからトラバースして堰を越えるのだと思いました。
しかしどんどん道はジグザグに登って行くので、間違いだと分かりましたが、そのまま進みました。
2016年03月21日 06:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしどんどん道はジグザグに登って行くので、間違いだと分かりましたが、そのまま進みました。
道はこの様にずっと立派でした。
2016年03月21日 06:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこの様にずっと立派でした。
ここで6時15分頃に到着した大川原山の直ぐ近くの稜線に出ました。
2016年03月21日 07:10撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで6時15分頃に到着した大川原山の直ぐ近くの稜線に出ました。
平野峠に着きました。大川原山はこちらの稜線を少し登ります。その後はほぼ大川原山まで下りです。
2016年03月21日 07:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平野峠に着きました。大川原山はこちらの稜線を少し登ります。その後はほぼ大川原山まで下りです。
林道の終点からずっと沢沿いに登れば、こちらの道から来たと思います。
2016年03月21日 07:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点からずっと沢沿いに登れば、こちらの道から来たと思います。
月夜野に下る道は、登山地図では実線ですが、テープが張られて通行止めになっています。少し先に行って見ましたが、トラバースの個所で崩れている所が有りました。夜間に歩くルートでは無いですね。
2016年03月21日 07:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月夜野に下る道は、登山地図では実線ですが、テープが張られて通行止めになっています。少し先に行って見ましたが、トラバースの個所で崩れている所が有りました。夜間に歩くルートでは無いですね。
天気予報は曇りでしたが、小雨が降り始め、それが上では小雪になって積もり始めました。
2016年03月21日 07:54撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報は曇りでしたが、小雨が降り始め、それが上では小雪になって積もり始めました。
1
予定外の巌道峠からの下山となりました。地図を持っていなかったのですが、GPSナビで何とかなると思っていました。2回目の山行でぶつけて、画面の半分位が見えなくなったのですが、電源を入れても全く表示しなくなりました。エプソンの腕時計ナビは、地図が無くって線での表示だけなので、こうなると全く役にたちません。
2016年03月21日 08:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定外の巌道峠からの下山となりました。地図を持っていなかったのですが、GPSナビで何とかなると思っていました。2回目の山行でぶつけて、画面の半分位が見えなくなったのですが、電源を入れても全く表示しなくなりました。エプソンの腕時計ナビは、地図が無くって線での表示だけなので、こうなると全く役にたちません。
何とか道志道に下山し、このつり橋を渡って大室山を目指します。
2016年03月21日 08:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか道志道に下山し、このつり橋を渡って大室山を目指します。
小雨だったので橋のたもとの左側に見える売店で、雨宿りさせてもらって今回の初めての食事休憩を取りました。
2016年03月21日 08:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨だったので橋のたもとの左側に見える売店で、雨宿りさせてもらって今回の初めての食事休憩を取りました。
2
エプソンの時計のナビ表示は、先ほどのルート全体表示か、150m、50mの3段階しかないので、150mにすると全く表示されません。
2016年03月21日 08:57撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エプソンの時計のナビ表示は、先ほどのルート全体表示か、150m、50mの3段階しかないので、150mにすると全く表示されません。
登って行くにつれ、小雨は標高700m位から雪となり、800m過ぎくらいからは積もってきました。
2016年03月21日 10:14撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って行くにつれ、小雨は標高700m位から雪となり、800m過ぎくらいからは積もってきました。
大室山の頂上ですが、先週と同じ位積もっています。
2016年03月21日 11:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大室山の頂上ですが、先週と同じ位積もっています。
8
こちらから登って来たような。。。
2016年03月21日 11:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから登って来たような。。。
1
木々にも薄っすらと雪が積もっています。
2016年03月21日 11:36撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々にも薄っすらと雪が積もっています。
1
地面が濡れて滑るのに、さらにその上に薄っすらと雪が積もり、急な下りの部分では何度か滑って転びました。
2016年03月21日 11:36撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地面が濡れて滑るのに、さらにその上に薄っすらと雪が積もり、急な下りの部分では何度か滑って転びました。
前回はここから登ってきました。
2016年03月21日 11:41撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回はここから登ってきました。
1
今回はこのまま稜線沿いを下ります。
2016年03月21日 11:41撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はこのまま稜線沿いを下ります。
丹沢の山々もまた新雪に被われています。
2016年03月21日 11:54撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢の山々もまた新雪に被われています。
鐘撞山に着きました。本当に鐘があるのですね。早速つかせてもらいました。
2016年03月21日 12:10撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘撞山に着きました。本当に鐘があるのですね。早速つかせてもらいました。
7
先ほどまでいた大室山です。途中で稜線を曲がるポイントでそのまま行ってしまい、時間をロスしたので48分もかかりました。
2016年03月21日 12:10撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどまでいた大室山です。途中で稜線を曲がるポイントでそのまま行ってしまい、時間をロスしたので48分もかかりました。
やっと神ノ川キャンプ場に着きました。大室山から休まず、迷わずに下れば1時間半位でしょうか。神ノ川ヒュッテ経由より早いですね。
2016年03月21日 13:07撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと神ノ川キャンプ場に着きました。大室山から休まず、迷わずに下れば1時間半位でしょうか。神ノ川ヒュッテ経由より早いですね。
1
そこから釜立沢登山口駐車スペースまでが今回で一番大変でした。やっぱりここは迷います。
2016年03月21日 13:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから釜立沢登山口駐車スペースまでが今回で一番大変でした。やっぱりここは迷います。
地図が有る、GPSナビが無いと難しいですね。。。
2016年03月21日 13:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図が有る、GPSナビが無いと難しいですね。。。

感想/記録
by Futaro

4月の丹沢24Hは山中湖から道志の裏山をずっと縦走して、丹沢主脈に入る予定だが、このまさわキャンプ近くの橋に下るルートが登山地図に無いので、その道の確認に行ってきました。
http://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-191075.html#comment1280210

以下の様に一週間ほど前にも同じ目的で歩いたのですが、道志の裏山からの下山ルートが不明確だった為、再度チェックの為に歩いてみました。ただ同じ領域を歩いていますが、6、7割くらいは前回のルートとは異なる未踏だったので楽しめました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-827222.html

前回も今回も天気予報は曇りでした。前回はその前までの雪で積もっているのは分かっていましたが、今回は雪が無くなっていると思い、軽アイゼンを持って来なかったのは失敗でした。雪が降って新雪が積もる事を想定していませんでした。

--------------------------------------------------------------------------------------
前回と今回、道志の裏山は地図無で歩いたのですが、今日、このエリアの地図を持っている事が分かりました。。。てっきり持っていないと思っていたのですが。。。
もっとも普通の登山地図なので、前回と今回の迷った所には役立たなかった事も分かりました。。。カシミールの25000の地形図をプリントしていくのがベストでした。
まあ前回も今回もたっぷり時間が有ったし、狭いエリアなのでどうとでもなると思っていたのですが。。。丹沢24Hの時にはちゃんと地図は持って行きます。。。
訪問者数:394人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/3/1
投稿数: 3664
2016/3/23 21:11
 前日は雪なし
Futaro さま

まいどです。
前日に小中学生連れて久保の吊り橋渡って大室山上がりピストンしましたが、若干雪は残っているものの急登楽しでした、、、、
そう、つるつる滑って尻もち多発。。。
芋は一回も転ばず


で、山頂であられが降ったのが予想外でした。
終日見晴らし全くなしで、、、子供等にとって山頂でのお握り&カップラーメン&チョコレートが今回のお楽しみとなりました。

5名ほど山頂でお会いしたのは予想外でしたが、みなさま満足げでした。
このアリアはマイナーすぎて敬遠されがちのようですが、ゆっくりまったりするには静かなので大好きです

24H、、、
成功お祈りざんす
登録日: 2007/9/15
投稿数: 3222
2016/3/24 15:20
 Re: 前日は雪なし
芋様、ありがとうございます。

やっぱり前日までにほぼ雪は融けていたのですね。そう思って軽アイゼンを持って行かなかったのは失敗でした。僕は結構滑って転び、何と山専ボトルがひっしゃげてしまいました 高かったんですが

子供たち、尻もちですんで良かったですね
見晴が無い点、翌日の僕が歩いた時の様に雪が降って積もった方が子供たちは喜んだかもしれませんが、山で食べるカップラーメンは格別に美味しいので、きっと楽しめたのでしょう。

丹沢24H、秋ので10回になるので、一旦休止しようかと思っています。芋さんもこの機会に、春か秋、トライしてみませんか?ルートは自分の好きな様に設定すれば良いので

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ