ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 834519 全員に公開 沢登り丹沢

笹子沢支流 小塚沢右俣

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー kamog(CL)
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丹沢湖畔/中川橋渡った駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■中川川水系 笹子沢支流 小塚沢右俣
  上ノ原集落に流れ込む笹子沢は標高580m二俣で両門の滝状となっている
  準メジャー級な沢で比較的登られているが、その手前495mで左から合わさる
  支流の小塚沢は出合も涸れ沢でほとんど見向きもされていない不遇な沢だ。
  しかし地形図をよく見ると、540m二俣から右俣は、550〜570mと、
  600〜620mで等高線が密になっていて「こりゃ悪場がありそうだな」と
  食指を動かされる。
  実際遡行してみると、予想通り上記2ヶ所と650mには滝、棚があって
  結構難儀してしまった。
  遡行グレード:2級(本流の笹子沢左俣、右俣よりも登られていない分、悪い)

.丱考用ならば新松田駅から西丹沢行きで「細川橋」下車。
 車なら県道沿いに駐車スペースはほとんどないし、路肩だと地元の方の迷惑にも
 なりかねないので、丹沢湖畔北側の中川橋を渡った右手の広い駐車場かな。
 トイレや登山届ポストはないが20台は停められる。
 ここから県道76号を北に進み、上ノ原集落の細川橋を渡って更に行き、民宿
 八戒荘北脇の笹子沢右岸林道(笹子沢には小塚橋が架かっている)を使う。
 途中堰堤方向に分かれる岳山橋を右に見送り更に林道を進むと、以前の大雨の
 影響で林道が15mに渡って崩落しているが、ここは問題なく通過可能。
 林道が北北西から左に大きくカーブし南西に向きを変えて少しで、大きな
 スリット状の堰堤「岳山堰堤」で道も終わる。
 岳山堰堤の左隅にも手摺りが付いているが、平水時は堰堤中央の隙間を簡単に
 通過できる。
 そのまま笹子沢の左岸に割と明瞭な径路がついているので、次の堰堤も階段と
 単管径路で越えられるし、小塚沢との二俣手前の堰堤も左岸(右のこと)から
 容易に越えられる。
 堰堤を越えれば標高495mで左(西北西)から割と広い涸れたゴーロで
 小塚沢が合流する。
 今日は二俣上で植林作業が行われていた。

⊂塚沢に入るとしばらくは涸れたゴーロ状だが、すぐに水は復流してくる。
 右岸(左のこと)から水量はしょぼいが、20m級の棚が3本ほど合わさると
 標高540mで右から2連瀑を架けた右俣が水量比2:3程度で出現。
 やはり水量は少ないが、ゴーロが続く左俣に比べ惹きつけられるなぁ。
 2連瀑は5m+8mといったところ。
 立っているので直登は不可。
 左俣に一旦少し進み、環境保全センターの白い小看板辺りから急な植林斜面を
 僅かに付いた巡視径路使ってジグザグと8m滝落ち口の20mほど上まで上がり
 右俣側斜面をトラバースして「ここぐらいしか下りられそうな所はないかな」と
 思われた急なザレ場を何とか木の根をつないでクライムダウンした。

B瑤鮨覆爐叛茲諒がいよいよゴルジュになっているのがわかる。
 両岸が切り立ってきた標高600mで本流は右に屈曲し
 「さぁ何が出てくるかなぁ〜」と期待しながら覗き込むと2m涸棚だ。
 それも教蕁椶らいなので個人的にはちょっと拍子抜け。
 続く3段涸棚。
 下段2mも教蕁棔C翆2mは卦蕁歡度。上段は4mほどありスメアリングの
 卦蕁櫃らいで少しは楽しめる。
 と・・・すぐ現れた2m+5m涸棚。
 2mは教蕁椶らいだが、5mは見た目以上に厳しかった。
 全体的にカチとスラブ状砂岩。
 逆層断層だと思う。
 右壁はガバスタンスがあるのだが、いかにも「崩壊しましたよ」と言わんばかりの
 風体をしているし、実際取付いてみたら中間部の一番大きなスタンスは浮き気味
 で思い切り荷重したら多分崩れちまうだろう。
 その上も触ってみたが、右壁上はいまいちガバじゃないし、右足も崩れ凹角は
 信じられないし、左足は近場はスラブだし、左側のカチに足を飛ばすと
 不安定なステミングになってしまい、かなりナーバスになる。
 では左壁は、というと、ガバに見えるホールドもオープンカチなので
 正対クライミングの定石「手に足」も滑りそうで怖い。
 出直し・・・。

 沢はスポーツクライミングと違うから極力リスクを冒してはならない。
 特にソロなら当然だ。
 ボルダリングマットがあるわけじゃないし。
 今の時代は昔のようにボルトなどのいわゆるFixedプロテクションは
 極力残置してはならない。
 (生命に関わる緊急時で脱出用なら致し方ないが)
 ナチュラルなままで、そこを切り抜ける力の有無を見極めるのだ。
 カムやハーケンならフォロー等が回収できる。
 突破力がないなら高巻きなどでかわす。
 沢は直登に拘ってはいつかは命を落とす。
 高巻きなどオブザベーション能力つまり山を見る力を付け楽しむことが肝要。

 さて、これも不安定な体制のクライムダウンを決行する。
 近場で唯一巻けそうなのは、右を逆くの字状に右壁の上部に行けそうに見えたが
 ここも見た目より更に悪い。
 取付くとわかるが、落ち葉に隠れた苔岩のほとんどがオープンなのだ。
 あとでわかったが、仮にこの苔岩を逆くの字状に上がったとしても
 棚の右壁上部は傾いたスラブ状なので、やっぱりここを巻かなくてよかった。
 砂岩質だからハーケンもカムも決めにくいしね。

 さらに先ほどの3段棚も何とかかんとかクライムダウンしていくと
 中段を下りたところで
 「お、左岸側、急なザレではあるけれど、ホールドになる根と木がつながって
 いるじゃん」
 「お、右岸側も一部苔岩をうまくやり過ごして急なザレ場を3mトラバース
 していけば木頼りに、左俣との界尾根から巻けそうじゃん」
 さてどちらにするか・・・。
 右岸側の苔岩越しトラバースは失敗すれば十mほど滑落するリスク量大。
 左岸側は大高巻きになりそうだけれどホールドになる木はずっと続いている。
 後者に決定。
 幸いにも騙しながらなら木や根がほぼ安定していた。
 しかし棚の上流に極力リスクを減らしてトラバースできそうなポイントは
 なかなか出てこない。
 結局標高差にして50m登ったところで僅かな鹿道がうまくトラバースしている
 のを発見。
 キックステップしながらトラバースすると、620mで合わさる急な支沢の側岸だ。
 右手に支沢を見ながら斜度50度近いザレを木をつないでクライムダウンしたが
 やはり最後は諦め、とうとうロープを出して伝家の宝刀「懸垂下降」を
 25mして、ラスト10mはキックステップクライムダウンで沢床に戻った。

 直登、近場の巻きと最後の大高巻き含めて悩みながらの試行錯誤で
 何だかんだと2時間以上費やしてしまった(笑)。
 それでいて取付いた所と下りた所は距離にして50mもないんだから・・・。

 620m二俣状手前にある幅広3m棚は右隅から容易に上がれたので
 ここで大休止する。

620m二俣状を左に進むと右岸側は壁になっていた。
 もう先ほど2つの悪場を越えたから、あとは大きなものは出てこないであろうと
 いう安堵感を吹き飛ばす景色が出てきた。

 再びゴルジュっぽくなったので「まさか・・・」と思ったら
 650mで落差としては今までの中では最もある10m棚登場。
 たしかに地形図をよぉ〜く見れば、等高線の食い込みが浅くなっている。
 「そうなんだよなぁー、20m以上の大滝なら明確に地図からわかるけど
 このくらいの食い込みなら10mクラスは出てくることもあるんだよ」

 オブザベーションすると、たしかに立ってはいるが右壁はガバ系のホールドが
 続いている。
 それは先ほどの5m棚と明らかに違う。
 ただ所々岩に亀裂めいたものが見て取れる。
 それらをうまくチェックしながら登れば、たぶんクライミンググレードは
 卦蕁椶曚匹任△蹐Α
 しかし、先ほどのクライミングですっかり今日は懲りてしまい
 モチベーションもインスピレーションもさっぱり萎えてしまっていたので
 左側の苔岩混じりの土ザレから慎重にキックステップで巻く。

 巻きながら沢の上流部を眺めても、何だかあとはゴーロが植林に消えていき
 「もう特になさそうだし、いいかなぁ〜」
 と、そのまま右岸尾根を目指した。

ケλ鷄Υ瀏根(左俣との界尾根)を西北西に詰めていく。
 「最後まで登るのもかったるいし、植林なんだから、途中に巡視横断径路が
  ないかな?」
 と意識しながら登っていくと、
 800mくらいで南西にトラバースしている薄い植林作業径路らしきものが
 見えたのでしめしめ。
 若干のアップダウンはあるものの、ほぼ790〜800mあたりをトラバースして
 南東向きの二本杉峠に下りる登山道尾根に出た。

 あとは勝手知ったる二本杉峠から上ノ原への登山道を下降。
 ミツマタほぼ満開!
 自分の中で一番好きな花たちに癒されながら下山。

■丹沢限定沢登り記録集、沢登り、クライミング、読図講習等
 http://mt-farm.info/
 (All by kamog)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

中川橋を渡ったところにある駐車場
2016年03月26日 10:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中川橋を渡ったところにある駐車場
八戒荘の先を入る
2016年03月26日 10:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八戒荘の先を入る
ミツマタ全開
2016年03月26日 10:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタ全開
1
林道は15mほど崩落しているが問題ない
2016年03月26日 10:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は15mほど崩落しているが問題ない
岳山堰堤
真ん中通れる
2016年03月26日 10:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳山堰堤
真ん中通れる
ここもミツマタくんたちの競演
2016年03月26日 10:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもミツマタくんたちの競演
左岸に明瞭な径路がある
2016年03月26日 10:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸に明瞭な径路がある
小塚沢との二俣で今日は植林作業をやっていらっしゃった
2016年03月26日 11:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小塚沢との二俣で今日は植林作業をやっていらっしゃった
小塚沢
最初は冴えない
2016年03月26日 11:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小塚沢
最初は冴えない
水が出てきた
2016年03月26日 11:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が出てきた
540m二俣の右俣には2連瀑が架かる
2016年03月26日 11:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
540m二俣の右俣には2連瀑が架かる
5+8mかな
2016年03月26日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5+8mかな
1
8mの上
2016年03月26日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8mの上
ここのミツマタくんきれいだ
香りも素敵
2016年03月26日 11:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのミツマタくんきれいだ
香りも素敵
4
ミツマタと連瀑
2016年03月26日 11:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタと連瀑
巻きは?
2016年03月26日 11:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻きは?
左俣に少し入ったこの看板のあたりから急な植林上がる
2016年03月26日 11:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣に少し入ったこの看板のあたりから急な植林上がる
沢に下りるのも結構急だな
2016年03月26日 11:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に下りるのも結構急だな
下りてきた斜面
2016年03月26日 11:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきた斜面
苔壁に覆われたゴルジュに入る
2016年03月26日 11:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔壁に覆われたゴルジュに入る
沢は右に曲がっている
2016年03月26日 11:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢は右に曲がっている
3段棚
2016年03月26日 11:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3段棚
1
2+5m棚
2016年03月26日 11:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2+5m棚
1
登り応えありそう・・・
2016年03月26日 12:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り応えありそう・・・
1
ここ見た目より悪い!
2016年03月26日 12:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ見た目より悪い!
1
右の苔岩ザレから巻こうとするも直登並みに悪い
2016年03月26日 13:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の苔岩ザレから巻こうとするも直登並みに悪い
3段棚下段と中段の間から左岸を巻きだす
2016年03月26日 13:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3段棚下段と中段の間から左岸を巻きだす
なかなか急だ
2016年03月26日 13:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか急だ
ようやくトラバースできそうな鹿道発見
2016年03月26日 13:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくトラバースできそうな鹿道発見
結局最後はラペリング
2016年03月26日 13:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局最後はラペリング
1
中央奥が巻きに使った尾根
と、手前が下りてきた箇所
苦労したのに距離にしてこんなもん
2016年03月26日 14:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥が巻きに使った尾根
と、手前が下りてきた箇所
苦労したのに距離にしてこんなもん
1
最後クライムダウンした急ザレ
2016年03月26日 14:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後クライムダウンした急ザレ
620二俣手前の幅広3m棚
2016年03月26日 14:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
620二俣手前の幅広3m棚
左沢へこがま
2016年03月26日 14:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左沢へこがま
流木で堰堤状になった2段小棚
2016年03月26日 14:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流木で堰堤状になった2段小棚
1
650mで出たぁ
10m棚
2016年03月26日 14:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
650mで出たぁ
10m棚
3
右壁は登れそうだね
2016年03月26日 14:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右壁は登れそうだね
1
でも今日は左のザレから巻く
2016年03月26日 14:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも今日は左のザレから巻く
上から下を見る
2016年03月26日 14:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から下を見る
10m棚のリップ(落ち口)
2016年03月26日 14:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10m棚のリップ(落ち口)
1
それより上流はもう平凡そう
2016年03月26日 14:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それより上流はもう平凡そう
いいや。もう尾根上がっちゃおう
2016年03月26日 14:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいや。もう尾根上がっちゃおう
お、こりゃ植林作業路だね
2016年03月26日 15:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、こりゃ植林作業路だね
炭焼き跡もある
2016年03月26日 15:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼き跡もある
二本杉峠方向に向かいトラバース
2016年03月26日 15:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本杉峠方向に向かいトラバース
登山道出た
2016年03月26日 15:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道出た
二本杉峠
2016年03月26日 15:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本杉峠
上ノ原へ
2016年03月26日 15:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上ノ原へ
今年も癒しを
2016年03月26日 16:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年も癒しを
1
ありがとう
2016年03月26日 16:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう
3
細川沢の大規模な堰堤工事はまだまだ佳境
2016年03月26日 16:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細川沢の大規模な堰堤工事はまだまだ佳境
上ノ原集落に
2016年03月26日 16:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上ノ原集落に
この子もよい香り
2016年03月26日 16:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この子もよい香り
階段下って県道へ
2016年03月26日 16:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段下って県道へ
中川橋からの丹沢湖
2016年03月26日 16:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中川橋からの丹沢湖
撮影機材:
訪問者数:237人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ