ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 835422 全員に公開 雪山ハイキング北陸

僧ヶ岳〜越中駒ヶ岳(宇奈月スキー場より)

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー MIKELOFT
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間36分
休憩
26分
合計
12時間2分
Sスタート地点04:0404:46宇奈月温泉スキー場登山口04:4809:01僧ヶ岳09:0911:30越中駒ヶ岳11:4413:04僧ヶ岳13:0515:37宇奈月温泉スキー場登山口15:3816:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
宇奈月〜僧ヶ岳 しっかりしたトレースがあります。
僧ヶ岳〜駒ケ岳 トレースなし。クレバス多数。新雪をかぶって見えなくなっており、3回程腰まで落ちました。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

宇奈月スキー場より出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇奈月スキー場より出発。
2
第一登山口から尾根に取り付きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一登山口から尾根に取り付きます。
月が明るい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月が明るい。
3
色づく後立山の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づく後立山の山々。
3
1431ピーク。残雪期になるとピーク上部は雪が破断し、巨大な雪の壁となる。今回はルートの左側がぎりぎりで雪がつながっており、問題なくクリアできた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1431ピーク。残雪期になるとピーク上部は雪が破断し、巨大な雪の壁となる。今回はルートの左側がぎりぎりで雪がつながっており、問題なくクリアできた。
2
鳥帽子尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥帽子尾根。
2
天狗〜不帰〜唐松〜五竜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗〜不帰〜唐松〜五竜。
2
目指す駒ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す駒ヶ岳。
3
中央に僧ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に僧ヶ岳。
3
僧ヶ岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僧ヶ岳山頂。
3
富山湾と富山平野。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山湾と富山平野。
2
遠くに白山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに白山。
2
駒ヶ岳への稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳への稜線。
2
なかなかしびれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかしびれます。
3
今回の核心部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の核心部。
4
中央の岩峰がなかなか突破できず苦戦しました。
結局岩峰左側の藪につかまってよじ登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の岩峰がなかなか突破できず苦戦しました。
結局岩峰左側の藪につかまってよじ登りました。
4
駒ヶ岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂。
4
後立山の峰々が眼前に広がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山の峰々が眼前に広がる。
3
五竜〜鹿島槍。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜〜鹿島槍。
3
毛勝へ続く稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝へ続く稜線。
2
毛勝のうしろに剱岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝のうしろに剱岳。
4
パノラマで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマで。
1
下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山します。
2
僧ヶ岳への登り返しがつらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僧ヶ岳への登り返しがつらい。
1
駒ヶ岳を振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳を振り返って。
2
ガスってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきました。
宇奈月の町が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇奈月の町が見えてきました。
1
第一登山口到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一登山口到着。
訪問者数:734人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/17
投稿数: 668
2016/3/28 19:38
 しびれますね〜
こんばんは、初めまして。
時々レコは拝見しています。
越中駒は無雪期に行った事はありますが、積雪期は行っていません(あの痩せ尾根を積雪期に歩く気になりません)
怖いですが、歩いてみたい
登録日: 2013/8/14
投稿数: 6
2016/3/30 6:35
 Re: しびれますね〜
hakusan319さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

僧ヶ岳〜駒ヶ岳の稜線は雪庇の重さでできた割れ目が新雪で隠れている個所が多くあり、注意が必要です。怪しいところはポールで確認しながら進みましたが、それでも数回落ちました。
1M前後の深さで助かりましたが、さらに慎重を期すべきだったと思います。

とはいえ、写真で見ていただければ分かる通り、僧ヶ岳から駒ケ岳に至る稜線は大変魅力的なルートであります。
駒山頂より見たところ、毛勝方面へ向かう稜線はさらにびりびりした感じで気持ちを掻き立てられます....。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス クリ クレバス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ