ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837288 全員に公開 ハイキング丹沢

寄ー寄コシバ沢(変ルート)ー鍋割山ー雨山峠ーユーシンー檜岳ー檜岳南東尾根

日程 2016年03月30日(水) [日帰り]
メンバー yoshi0000
アクセス
利用交通機関
車・バイク
バイク:寄大橋の駐車場に駐輪 246から寄大橋までの道路はよく整備されている。寄大橋の直前の道はややでこぼこしている。
駐車場は橋の手前と奥の2箇所あり。到着6時15分。手前1台、奥3台駐車車両あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
まず森の周遊歩道を少し歩いて雨山峠への登山道へいった。周遊歩道は木の名前あてなどもあり、小学生程度の子供をつれてくるのに良いと感じた。
雨山峠までは途中まで沢沿いだが、登山道自体がややわかりづらい。道標は多い。
途中、コシバ沢方面への分岐あり。地図を見ると鍋割峠のあたりにいけるのか?と予定変更してこちらへ。
最初のうちは踏み跡があるが、直登するには石がすごい上、地図上には崖のマークもあるため、鍋割峠には詰められないと判断し、東側の尾根を目指した。その後鍋割山へ。
鍋割山から雨山峠への登山道は後半に鎖場あり。ざれた小石(砂?)が厄介。
雨山峠からは玄倉ダムとユーシンロッジを見るため雨山橋方面へ行ってみることにした。沢を降りるルートで、最初は涸れているが途中から水があり、高い登山道から眺めながら楽しく歩くことができた。
その後ユーシンロッジと玄倉ダムを見て、雨山峠経由で雨山、檜岳へ。
檜岳からは南東尾根を下る。道標の後ろに向かって薄いふみ跡があるが、少し進むと踏み跡は明瞭になってくる。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

大橋のゲートを越え、林道に入ってすぐに周遊歩道への入り口あり
2016年03月30日 06:24撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大橋のゲートを越え、林道に入ってすぐに周遊歩道への入り口あり
クイズ。周遊歩道にはこんなのがいくつもある
2016年03月30日 06:28撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クイズ。周遊歩道にはこんなのがいくつもある
滝郷沢。周遊歩道内にあり。
2016年03月30日 06:44撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝郷沢。周遊歩道内にあり。
1
雨山峠への登山道。何度も沢を渡る。
2016年03月30日 07:14撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠への登山道。何度も沢を渡る。
要所には道標あり
2016年03月30日 07:20撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要所には道標あり
1
しばらくすると沢を離れるところも
2016年03月30日 07:47撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると沢を離れるところも
むしろ冒険心をくすぐる看板
2016年03月30日 08:10撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むしろ冒険心をくすぐる看板
1
コシバ沢分岐のすぐ後。涸れ沢の右手を進む。踏み跡あり。
2016年03月30日 08:15撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシバ沢分岐のすぐ後。涸れ沢の右手を進む。踏み跡あり。
どうなることやら・・このあと、右手の尾根を目指していった。
2016年03月30日 08:24撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうなることやら・・このあと、右手の尾根を目指していった。
この写真みてもよくわかりませんが・・かなりの斜面を登ってきました
2016年03月30日 08:50撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真みてもよくわかりませんが・・かなりの斜面を登ってきました
2
尾根にのる。結構傾斜あります。こんなところに、ところどころ踏み跡あり。
2016年03月30日 08:52撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にのる。結構傾斜あります。こんなところに、ところどころ踏み跡あり。
もう一息で登山道へ
2016年03月30日 09:12撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一息で登山道へ
鍋割山より
2016年03月30日 09:23撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山より
7
鍋割から雨山峠への鎖場。その1
2016年03月30日 09:44撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割から雨山峠への鎖場。その1
2
鍋割から雨山峠への鎖場。その2
2016年03月30日 09:48撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割から雨山峠への鎖場。その2
1
棚沢の頭周辺。登ってきた跡あり。
2016年03月30日 09:52撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚沢の頭周辺。登ってきた跡あり。
1
雨沢橋へ。最初は涸れているが、徐々に水がちょろちょろ
2016年03月30日 10:26撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨沢橋へ。最初は涸れているが、徐々に水がちょろちょろ
雨山沢
2016年03月30日 10:36撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山沢
雨山沢
2016年03月30日 10:39撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山沢
1
ユーシンロッジへ
2016年03月30日 10:59撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジへ
1
玄倉ダム
2016年03月30日 11:34撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉ダム
5
玄倉ダム
2016年03月30日 11:39撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉ダム
雨山沢。少し水が溜まっているが、こんな色している。
2016年03月30日 12:25撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山沢。少し水が溜まっているが、こんな色している。
1
雨山峠〜雨山橋の登山道。ざれた狭い道の上に落ち葉があり、
疲れた脚にはきついです。
2016年03月30日 12:27撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠〜雨山橋の登山道。ざれた狭い道の上に落ち葉があり、
疲れた脚にはきついです。
檜岳周辺。ぶな
2016年03月30日 12:55撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳周辺。ぶな
2
ここから南東尾根に入る。正面方向に薄い踏み跡あり。
2016年03月30日 13:46撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから南東尾根に入る。正面方向に薄い踏み跡あり。
1
少し歩くと踏み跡が明瞭になる。
2016年03月30日 13:49撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと踏み跡が明瞭になる。
どんどん尾根を降りていく。
2016年03月30日 13:57撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん尾根を降りていく。
1
丸太の階段などあり、整備されている。さっき通った一般登山道よりよっぽど登山道らしい。
2016年03月30日 14:07撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太の階段などあり、整備されている。さっき通った一般登山道よりよっぽど登山道らしい。
地図で傾斜がゆるくなっているところ。道は左右に分かれているが、左の踏み跡が強い。
2016年03月30日 14:18撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図で傾斜がゆるくなっているところ。道は左右に分かれているが、左の踏み跡が強い。
一瞬熊か?と思ったがカモシカだった。
2016年03月30日 14:28撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬熊か?と思ったがカモシカだった。
4
周遊道に復帰。
2016年03月30日 14:31撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周遊道に復帰。
この正面側にでてきた。
2016年03月30日 14:36撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この正面側にでてきた。
撮影機材:

感想/記録

コシバ沢は、家に帰ってから調べたら左側を通っていくのが定石のよう。
下調べもなしに気分にまかせて行ってしまったのが良くなかったです。

GPSログ:GARMIN OREGON600
荷重:6kg
訪問者数:313人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

カモシカ 鎖場 林道 GPS 直登 道標 ロッヂ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ