ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837914 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

硫黄岳

日程 2016年03月31日(木) [日帰り]
メンバー yamartin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
1時間51分
合計
8時間16分
S赤岳山荘06:3506:46美濃戸山荘06:4707:42堰堤広場08:38赤岳鉱泉08:4608:52大同心沢(大同心ルンゼ)分岐08:55ジョウゴ沢08:5610:15赤岩の頭10:2410:50硫黄岳11:5012:19赤岩の頭12:2012:59ジョウゴ沢13:06大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:09赤岳鉱泉13:3914:13堰堤広場14:44美濃戸山荘14:4514:51赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
凍結箇所が多く転倒注意
堰堤から上は一般的な雪道ですが、アイゼンの雪だんごと踏抜き注意
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

週末は天気がいまひとつみたいで、しばらく晴れマークもないので思い切って雪の硫黄岳に行ってきました。
一番心配していた赤岳山荘までの林道ですが、タイヤチェーンを用意して装着の練習をしたり、パンクした時のタイヤ装備も確認しておき気合を入れて林道を進みましたが、意外にも全く雪なし凍結なし、単純に悪路で肩透かしを食らいました。
天気は晴れで終始日差しが照りつけて爽快でした。ただ、薄い雲がかかっていて八ヶ岳ブルーではありませんでした。
今回の山行きは、体調が良くなかったのか、バテバテでした。前回の七面山の疲れが残っていたのか?ダブルストックをピッケルに変えてため、登る時に腕の力を使えなかったのか?ほんとに参りました。赤岩の頭の手前の急登は辛かった!
驚いたことに頂上に着いたら、3人のパーティが一組いるだけ。どうもどうもで、写真を撮ってもらったりしたらすぐ下山してしまいあの広い頂上が貸切状態でした。
いつもたくさんの人で賑わっているのにたったひとり。月末の平日だと言ってもどうしたんだろう?風もそれほど強くなく昼食もゆっくりできました。
そろそろ下山しようとした時にやっと1人登ってきました。
登山口から頂上で気温は、0度から2、3度、下山時赤岳鉱泉くらいから登山口まで10度前後でした。
赤岳鉱泉まではチェーンアイゼン、後は12本アイゼンで両方使い分けました。
赤岳と横岳の雪をまとった険しい圧倒的な山容が素晴らしく、いずれ赤岳横岳も行きたいと思いました。まだ、未熟なのでもっと経験を積まなくては。
訪問者数:374人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ