ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 840372 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走祖母・傾

西日本9座[3日目](4座目大分県祖母山)

日程 2016年04月03日(日) [日帰り]
メンバー ayim
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北谷登山口までマイカーで行ける。
googlemapで北谷登山口を検索できるが、現地まで案内できなかった。
ナビでの最終点直前に側道があり、看板があるのでそれに従って進んでいく。
道幅狭し対向車がいるとかなり厳しい。かなりの距離があり、かつ半分くらいは未舗装。パンクの心配もしなければならない。
登山口には車は5台くらいしか置けない。(無料)
東屋のみがあり登山カード、ポスト有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間17分
休憩
2分
合計
4時間19分
S北谷登山口11:0913:15祖母山13:1713:59国観峠15:27北谷登山口15:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
風穴コースは、岩場が多いコース。沢を渡る場所もあり。
その他周辺情報高千穂温泉など周囲に温泉施設はある様子。
次の移動のため阿蘇まで行ったが、湯の宿入船500円(秀逸!)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

北谷登山口前の案内板
2016年04月03日 11:06撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北谷登山口前の案内板
天候も悪かったので距離の短い風穴コースで登山。
周回するかピストンするかは山頂で考えることにしました。
2016年04月03日 11:09撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候も悪かったので距離の短い風穴コースで登山。
周回するかピストンするかは山頂で考えることにしました。
1
沢を渡ります
2016年04月03日 11:12撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡ります
目印は多くありませんが、迷う感じはありません
2016年04月03日 11:26撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印は多くありませんが、迷う感じはありません
少し鎖場もあります
2016年04月03日 11:35撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し鎖場もあります
ちょっとした滝のように見えます。大きくはありません
2016年04月03日 11:36撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした滝のように見えます。大きくはありません
登山中、開けたところが少ないですが、あれが山頂かな?
2016年04月03日 11:47撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山中、開けたところが少ないですが、あれが山頂かな?
風穴があります。洞窟のような感じ。
ヘッドライト、鎖場20m、凍結時はアイゼン必要とのこと。
2016年04月03日 11:50撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴があります。洞窟のような感じ。
ヘッドライト、鎖場20m、凍結時はアイゼン必要とのこと。
風穴の中ですが、外からのフラッシュ撮影のみ。天候も悪いし。
ヘッドライトを持っていましたが、時間がもったいないので写真のみで。。
2016年04月03日 11:53撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴の中ですが、外からのフラッシュ撮影のみ。天候も悪いし。
ヘッドライトを持っていましたが、時間がもったいないので写真のみで。。
笹も背が高いので、風が強くてもそれほど気になりません
2016年04月03日 12:11撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹も背が高いので、風が強くてもそれほど気になりません
はしごの奥には登山道が無く、横に這ってる木が橋のようになっていて左に登山道がある。
登ってみないと分からない感じ。
2016年04月03日 12:36撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はしごの奥には登山道が無く、横に這ってる木が橋のようになっていて左に登山道がある。
登ってみないと分からない感じ。
本日二度目のレインコート着用
2016年04月03日 12:49撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日二度目のレインコート着用
あれが山頂か?
2016年04月03日 13:02撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが山頂か?
山頂です。またもや眺望全くなし。0勝4敗です。
2016年04月03日 13:12撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。またもや眺望全くなし。0勝4敗です。
3
山頂です。
2016年04月03日 13:13撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。
2
周回コースを選択しまたが、泥濘がすごいです
2016年04月03日 13:38撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周回コースを選択しまたが、泥濘がすごいです
ちょっと開けたところもあります
2016年04月03日 13:58撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと開けたところもあります
案内はちょっと見にくくなってます。
2016年04月03日 14:21撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内はちょっと見にくくなってます。
3県にまたがった県境です
2016年04月03日 14:21撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3県にまたがった県境です
道の駅高千穂で食べた「ちゃんどん」ちゃんぽんうどんです。
2016年04月03日 17:30撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅高千穂で食べた「ちゃんどん」ちゃんぽんうどんです。
1
周辺ではありませんが、阿蘇にある湯の宿入船で温泉につかりました。かなり良い温泉です。
2016年04月03日 19:07撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周辺ではありませんが、阿蘇にある湯の宿入船で温泉につかりました。かなり良い温泉です。
撮影機材:

感想/記録
by ayim

午前中に久住山を登った後のダブルヘッダー登山です。
北谷登山口までがかなり大変で、登山自体は平均的。あまり整備されていない(木道や階段などが少ない)ので、登山を楽しめる良い山だと思います。
剣山、石鎚山、久住山に続いて眺望が無かったのが残念です
訪問者数:268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 鎖場 ピストン 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ