ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 840734 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

大山

日程 2016年04月05日(火) [日帰り]
メンバー epikt
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間26分
休憩
1時間20分
合計
6時間46分
S夏山登山口09:0009:41三合目09:5210:16五合目10:22行者谷分かれ10:2310:48六合目避難小屋10:5211:32八合目11:3311:46石室方面との分岐12:02大山頂上碑12:3212:43石室方面との分岐12:54八合目13:19六合目避難小屋13:4113:55行者谷分かれ14:00五合目14:0214:36元谷小屋14:3814:44元谷堰堤右岸分岐14:4515:06元谷・下宝珠越分岐15:11大神山神社15:1615:30大山寺15:3115:38大山火の神岳温泉「豪円湯院」15:44夏山登山口15:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1300mより上は雪渓の登山道でした。4月だというのに、さすが大山という感じで、雪山が経験できて楽しかったなぁと。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 予備電池 iphone6 FieldAccess(GPSアプリ) ガスバーナー クッカー チェーンスパイク ストック
備考 チェーンスパイクではちょっと役不足でした。

写真

大山が見えてきました。
2016年04月05日 08:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山が見えてきました。
3
鍵掛峠の展望所からの絶景です。素晴らしい。
2016年04月05日 08:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍵掛峠の展望所からの絶景です。素晴らしい。
3
下山野営場の駐車場に車を駐めて登山開始です。駐車場には5台ほどしか車がありませんでした。福山から大山を見に来たというおじさんと長話をしていたら出発時間が遅れてしまった。しかしこんないい天気なのに登らないなんてもったいない。
2016年04月05日 08:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山野営場の駐車場に車を駐めて登山開始です。駐車場には5台ほどしか車がありませんでした。福山から大山を見に来たというおじさんと長話をしていたら出発時間が遅れてしまった。しかしこんないい天気なのに登らないなんてもったいない。
1
参道を思わせる登山道ですね。ずっと階段です。登山口からしばらくは二歩階段なので途中途中で登る足を交代させながらのぼりました。
2016年04月05日 09:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道を思わせる登山道ですね。ずっと階段です。登山口からしばらくは二歩階段なので途中途中で登る足を交代させながらのぼりました。
2
下山はここから元谷経由で下りました。
2016年04月05日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はここから元谷経由で下りました。
1
1300mからは登山道だけ雪渓です。チェーンスパイクを装着しました。が6合目避難小屋の先の急坂ではまったくの役不足。靴跡が階段状になっていたから登たけど、やっぱり前爪のあるアイゼンよかったなぁ。
2016年04月05日 11:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300mからは登山道だけ雪渓です。チェーンスパイクを装着しました。が6合目避難小屋の先の急坂ではまったくの役不足。靴跡が階段状になっていたから登たけど、やっぱり前爪のあるアイゼンよかったなぁ。
2
中海と島根半島の砂州がよく見えますねぇ。手前の山は孝霊山かな。朝鮮の神様が日本にはこんなに高い山はないだろうと引いてきて、大山を見てそこに置いて逃げ帰ったという、半島との相克は昔からいろいろあったんだなぁと。
2016年04月05日 11:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中海と島根半島の砂州がよく見えますねぇ。手前の山は孝霊山かな。朝鮮の神様が日本にはこんなに高い山はないだろうと引いてきて、大山を見てそこに置いて逃げ帰ったという、半島との相克は昔からいろいろあったんだなぁと。
3
このあたりまで登ってくると、下山する人たちとすれ違うようになってきましたが、アイゼンを付けていない人も何人かいて、すごいなと。
2016年04月05日 11:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりまで登ってくると、下山する人たちとすれ違うようになってきましたが、アイゼンを付けていない人も何人かいて、すごいなと。
3
木道までると雪は消えただただ木道。稜線は平らだと思っていたらこれが地味に登り坂でまた長い。疲労がたまった足にはけっこうきつかった。
2016年04月05日 11:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道までると雪は消えただただ木道。稜線は平らだと思っていたらこれが地味に登り坂でまた長い。疲労がたまった足にはけっこうきつかった。
3
ということで弥山山頂。
2016年04月05日 12:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで弥山山頂。
5
剣ヶ峰、天狗ヶ峰へ続く尾根。見えるあたりまでなら行けそうな気もするが、もちろん行きませんよ。ヘタレですから。
2016年04月05日 12:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰、天狗ヶ峰へ続く尾根。見えるあたりまでなら行けそうな気もするが、もちろん行きませんよ。ヘタレですから。
5
いや、ほんといい天気だなぁ。登山は晴天に限る。
2016年04月05日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや、ほんといい天気だなぁ。登山は晴天に限る。
4
アンダーシャツとウールのシャツだけで上って来たけど、じっとしているとちょっと肌寒く、やっぱりここはカップ麺。
2016年04月05日 12:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンダーシャツとウールのシャツだけで上って来たけど、じっとしているとちょっと肌寒く、やっぱりここはカップ麺。
2
北側の斜面に張り付いた雪渓とダイセンキャラボクの対比。
2016年04月05日 12:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の斜面に張り付いた雪渓とダイセンキャラボクの対比。
5
木道にはアイゼンに痛めつけられた跡が。修理をしている人がいて、思わず「ご苦労様です」と。ほんとにありがたいことです。
2016年04月05日 12:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道にはアイゼンに痛めつけられた跡が。修理をしている人がいて、思わず「ご苦労様です」と。ほんとにありがたいことです。
3
北川に張り付いた雪渓の下には好き間が出来ていて、いまにもずり落ちそう。
2016年04月05日 12:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北川に張り付いた雪渓の下には好き間が出来ていて、いまにもずり落ちそう。
1
写真では分かりにくいですが、登山道に出来た雪の細尾根。高さは1mもないんだけどスリル満点。
2016年04月05日 13:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいですが、登山道に出来た雪の細尾根。高さは1mもないんだけどスリル満点。
1
ここが一番の難所だったかも。5歩ぐらいの距離でしたけど。
2016年04月05日 13:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番の難所だったかも。5歩ぐらいの距離でしたけど。
木の名前は分からないけど、大山にも春のつぼみが。
2016年04月05日 13:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の名前は分からないけど、大山にも春のつぼみが。
2
元谷へ下る階段と木道。ここの階段は急峻で、一気に膝に来ました。
2016年04月05日 14:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元谷へ下る階段と木道。ここの階段は急峻で、一気に膝に来ました。
1
雲がある方が晴れっぽい。
2016年04月05日 14:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がある方が晴れっぽい。
2
急坂を下りきると元谷非難小屋が見えてきました。
2016年04月05日 14:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を下りきると元谷非難小屋が見えてきました。
2
砂防ダムの河原から大山北壁。アルプスみたいだ。いろんな表情がある山だなぁ。
2016年04月05日 14:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムの河原から大山北壁。アルプスみたいだ。いろんな表情がある山だなぁ。
8
行者登山口に下りて来ました。
2016年04月05日 15:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者登山口に下りて来ました。
1
大神山神社。でかい!
2016年04月05日 15:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社。でかい!
3
大神山神社。荘厳!
2016年04月05日 15:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社。荘厳!
3
大神山神社参道。長い!
2016年04月05日 15:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社参道。長い!
3
もう一つのカテドラル。
スタバがなくったってモンベルがあったじゃないか、鳥取県。
2016年04月05日 15:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つのカテドラル。
スタバがなくったってモンベルがあったじゃないか、鳥取県。
4
撮影機材:

感想/記録
by epikt

初大山でした。雪も残っていて九州くんだりから来た甲斐があったというもんです。それに願ってもないような青天。山の神様に愛されてるとしか思えません。登りはきつかったけど、下りは雪のクッションもあるし、とはしゃいで下りていたらゆるんだ雪渓をズボズボと踏み抜き、深いところではほぼ股の付け根まではまり込み、抜け出すのに一苦労。元谷に下りる階段あたりで膝が悲鳴を上げ、河原に下りた頃には産まれたばかりの子馬のような有様で、河原の雪渓で転げまくり、誰にも見られてなくてよかった。
それでも大山は素晴らしい山でした。
また来ます。ありがとう!
訪問者数:433人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ