ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852288 全員に公開 ハイキング奥秩父

雲取山*雲を越え、青空へ

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー gunah(CL), その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丹波山村営駐車場は7時ちょい過ぎの時点で8割ほど埋まってました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
55分
合計
7時間40分
S丹波山村村営駐車場07:1011:20雲取山12:1514:50丹波山村村営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
お昼休憩含め山頂、避難小屋におよそ1h滞在
コース状況/
危険箇所等
危険箇所無し。
その他周辺情報帰りに寄った「もえぎの湯」さん。
16時頃寄ったら大混雑で男性側は入場規制され、整理券が配布されてました。芋洗い状態だよな〜と思い、狭い駐車場を後にする事に。隣に停めたオジサマも諦めて帰って行かれました。しかも、駐車場狭くて、縦長の車を出し入れするのは困難でしたf^_^;
レガシー等の長い車乗ってる方は、休日の混雑時などはチョットおすすめ出来ません。周りや向かい側に車停められると、どうやっても出れなくなるし、擦られる事もあるかも…(泣)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

行ってきまーす!
7時ちょい過ぎ時点での駐車場の様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ってきまーす!
7時ちょい過ぎ時点での駐車場の様子。
1
ここから登山道へ。
濃霧でテンション上がらず、ここから暫く写真はありませんf^_^;
2016年04月23日 07:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道へ。
濃霧でテンション上がらず、ここから暫く写真はありませんf^_^;
1
避難小屋が見え隠れ〜
2016年04月23日 11:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋が見え隠れ〜
1
到着〜♪
ご飯食べよ〜、埼玉側にする〜?
東京にする〜?(東京側にしました)
2016年04月23日 11:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着〜♪
ご飯食べよ〜、埼玉側にする〜?
東京にする〜?(東京側にしました)
1
クイズ!富士山ど〜こだ⁈
2016年04月23日 12:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クイズ!富士山ど〜こだ⁈
1
撮影機材:

感想/記録
by gunah

この度の熊本地震では甚大な被害が発生しており、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りします。

いまだに揺れが続く中、被災された方々やご家族は不安な気持ちでいっぱいでしょう。
どうか、多くの方々の生活環境がより早く改善され、復興が順調に進みます様に。

度重なる災害を目の当たりにする度、普段何気なく過ごす生活や、大好きな山に行ける事が当たり前の事ではなく、とても幸せな事なのだと改めて思い知らされます。

私達にもいつ何が起こるか分かりません。
今置かれた状況に感謝するとともに、災害への備えと心構えをしておく事が大事ですね。

さて、ここからは山行報告となります

4/23(土)、友人と雲取山へ。
出だしから濃い霧の中、
黙々と歩きます。

それでも、歩き続ければ、青空に。
七ツ石山の少し手前辺りが雲海の境界線の様でした。

たまにガスが上がってきますが、
綺麗な青空が広がっていました。

七ツ石山分岐より下では木々が芽吹き始めたばかりで、ミツバツツジ等が咲いていました。
それより標高を上げると、まだ木々の芽吹きも始まっておらず、ツツドリの恋の歌がこだまする、深山の早春といった感じでした。

下界の季節は春から夏へと変わる中、山深い標高の高い所ではまだまだこれから春が始まるところなんですよね。

また下山時は、登山口近くまで戻ると
一気に気温が上がり、夏日の様に。
コガラが水浴びをしている姿がなんとも涼しげでした。

1日に幾つもの季節を渡り歩く事が出来るのも、我々登山者の特権かもしれませんね。

見通しの無い雲の中でも必死に歩き続ければ、いつかきっと青空が広がる場所にたどり着けます。そして、冬もやがて終わり、芽吹きの春が必ず訪れるのです。
訪問者数:189人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ