ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854033 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

藪岩魂No.20・桧沢岳北西稜

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー k1bb4kirakirakira
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車2台で大森橋近くの路肩に1台デポして南牧村活性化センターに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
35分
合計
5時間39分
Sスタート地点07:1407:46石祠の鞍部07:4908:41911mピーク08:5109:49モアイ岩09:5310:07松葉のピーク10:0811:32西峰11:4711:55桧沢岳11:5712:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
携帯電波:ほぼ入ります(ドコモ)
万歩計:10300歩
出会った人:北西稜0人、一般道8人
コース状況/
危険箇所等
打田0貉瓩涼書・藪岩魂にNo.20上級偏で紹介されてるルートです。

桧沢岳には通常の登山道が2本ありますが、北西稜は登山道の無い完全なバリエーションルート。岩と藪に慣れたマニア以外は危険なのでご遠慮ください。懸垂下降があるので30mロープが必要です。

椚橋を渡ってスグ右から入ります。しばらく進むと露岩があるので過ぎた左から植林帯を急登し尾根に出ます。911mピークまではひたすら森林の中の登りが続く。911mピークを過ぎた後は岩稜を右に左に巻いたりとルートファインディグが必要になってきます。モアイ岩を過ぎ最初の懸垂下降を過ぎたあたりから段々と藪うるさく、危険箇所も増え藪岩魂の本領発揮!微妙なトラバースもいくつか出てきます。懸垂下降は2箇所あるはずなのですが最初の15mだけで2回目はありませんでした。気づかずに巻いてしまったようです。

【藪岩魂シリーズはこちらからどうぞ↓】
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/search_record.php?place=%E9%AE%B4%E4%BA%B2No&isphoto=1&request=1&submit=submit
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘルメット ハーネス ATCガイド カラビナ適量 スリング150cm・120cm お助けロープ
共同装備 8.1mm30m×1

写真

大森橋の路肩に1台デポ。(kira)

2台だと便利です。(k1)
2016年05月01日 06:36撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大森橋の路肩に1台デポ。(kira)

2台だと便利です。(k1)
桧沢岳登山口。(kira)
2016年05月01日 06:36撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧沢岳登山口。(kira)
1台は南牧村活性化センターに駐車。(kira)

登山口まで徒歩5分くらい(k1)
2016年05月01日 07:07撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1台は南牧村活性化センターに駐車。(kira)

登山口まで徒歩5分くらい(k1)
椚橋を渡ってすぐ右の作業道から入ります。(kira)
2016年05月01日 07:14撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椚橋を渡ってすぐ右の作業道から入ります。(kira)
少し歩くと左に露岩が現れる。(kira)
2016年05月01日 07:18撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと左に露岩が現れる。(kira)
露岩を過ぎたら適当に植林帯を急登。踏み跡ジグザグにあり。(kira)

何となくトレース(獣道)ある所もある。(k1)
2016年05月01日 07:22撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露岩を過ぎたら適当に植林帯を急登。踏み跡ジグザグにあり。(kira)

何となくトレース(獣道)ある所もある。(k1)
尾根に出てもひたすら登る。(kira)
2016年05月01日 07:33撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出てもひたすら登る。(kira)
寛延元年の石宮。(kira)
2016年05月01日 07:47撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寛延元年の石宮。(kira)
適当な棒を拾って杖代わりに。(kira)

急登が続いたので、久し振りにストックが欲しくなった。(k1)
2016年05月01日 08:04撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当な棒を拾って杖代わりに。(kira)

急登が続いたので、久し振りにストックが欲しくなった。(k1)
1
ヤマツツジ。(kira)
2016年05月01日 08:17撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ。(kira)
1
鹿岳・四ツ又山と奥に妙義。(kira)
2016年05月01日 08:22撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳・四ツ又山と奥に妙義。(kira)
初の赤テープ。(kira)
2016年05月01日 08:26撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初の赤テープ。(kira)
まだまだ登ります。(kira)

石畳道。(k1)
2016年05月01日 08:34撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登ります。(kira)

石畳道。(k1)
ミツバツツジ(kira)
2016年05月01日 08:35撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ(kira)
1
911mピークを少し過ぎたところで小休止。なんとなく岩の形が人工的。ここまではルートファインディングも特に必要ない。(kira)
2016年05月01日 08:44撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
911mピークを少し過ぎたところで小休止。なんとなく岩の形が人工的。ここまではルートファインディングも特に必要ない。(kira)
先は切れてるようです。(kira)

あそこで行き止まり。(k1)
2016年05月01日 08:54撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先は切れてるようです。(kira)

あそこで行き止まり。(k1)
手前右から斜めに下りますが悪いです。奥に赤テープも見えます。(kira)

落ち葉の滑り台(k1)
2016年05月01日 08:59撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前右から斜めに下りますが悪いです。奥に赤テープも見えます。(kira)

落ち葉の滑り台(k1)
小沢岳。(kira)
2016年05月01日 09:08撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢岳。(kira)
北西稜を振り返る。(kira)
2016年05月01日 09:08撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西稜を振り返る。(kira)
ここは左巻きで稜線に出る。(kira)

人の通った感じはなく、地面ふかふか、折れそうな木でバランス取り、枝をかき分け登る。(k1)
2016年05月01日 09:21撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左巻きで稜線に出る。(kira)

人の通った感じはなく、地面ふかふか、折れそうな木でバランス取り、枝をかき分け登る。(k1)
1
桧沢岳がだいぶ近くなってきた。この先地面が無いので手前右から降りる。(kira)
2016年05月01日 09:29撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧沢岳がだいぶ近くなってきた。この先地面が無いので手前右から降りる。(kira)
微妙なんでお助けロープを発動。(kira)
2016年05月01日 09:35撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微妙なんでお助けロープを発動。(kira)
1
しばらく進み岩稜を右から登ると・・・(kira)
2016年05月01日 09:43撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進み岩稜を右から登ると・・・(kira)
出た〜モアイ岩!お約束のへつりショット。ザックの真下は地面ありません。(kira)

微妙なバランスで立ってますが、実は首の部分が細い。(k1)
2016年05月01日 09:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た〜モアイ岩!お約束のへつりショット。ザックの真下は地面ありません。(kira)

微妙なバランスで立ってますが、実は首の部分が細い。(k1)
標石「一九」(kira)
2016年05月01日 10:12撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標石「一九」(kira)
標石越えるとすぐに地面がなくなり15m懸垂が待ってます。(kira)

誰しも「待ってました。」と思うでしょう。(k1)
2016年05月01日 10:14撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標石越えるとすぐに地面がなくなり15m懸垂が待ってます。(kira)

誰しも「待ってました。」と思うでしょう。(k1)
残置支点あり。(kira)

赤いスリングの結び目はほつれかけて信用なし。(k1)
2016年05月01日 10:14撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残置支点あり。(kira)

赤いスリングの結び目はほつれかけて信用なし。(k1)
1
この岩動きます。懸垂中に落とさないように・・・(kira)

この浮いた岩にロープがかからない様に取り回ししました。(k1)
2016年05月01日 10:15撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩動きます。懸垂中に落とさないように・・・(kira)

この浮いた岩にロープがかからない様に取り回ししました。(k1)
先頭行きま〜す。(kira)
2016年05月01日 10:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先頭行きま〜す。(kira)
ほぼ垂壁ですが壁そのものは10mくらい。(kira)

着地地点が二段になってるので、安定した所でロープ解除。(k1)
2016年05月01日 10:21撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ垂壁ですが壁そのものは10mくらい。(kira)

着地地点が二段になってるので、安定した所でロープ解除。(k1)
1
下りたら急登。。。(kira)
2016年05月01日 10:41撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りたら急登。。。(kira)
登ると正面に壁が〜。(kira)
2016年05月01日 10:41撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ると正面に壁が〜。(kira)
右から巻けないか偵察するもバンドは途中で終了・・・(kira)
2016年05月01日 10:42撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から巻けないか偵察するもバンドは途中で終了・・・(kira)
正面の壁を突破する?・・・(kira)

私は無理です。(k1)
2016年05月01日 10:43撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の壁を突破する?・・・(kira)

私は無理です。(k1)
結局左からトラバース。草付きで微妙なバランス感覚が要求されます。(kira)

最後にジャンプなんて!微妙(k1)
2016年05月01日 10:45撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局左からトラバース。草付きで微妙なバランス感覚が要求されます。(kira)

最後にジャンプなんて!微妙(k1)
後続はお助けロープを使い突破。(kira)

太い枝に背伸びしてロープをかけ、振り子のようにしたら安心感があり突破できた。(k1)
2016年05月01日 10:48撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続はお助けロープを使い突破。(kira)

太い枝に背伸びしてロープをかけ、振り子のようにしたら安心感があり突破できた。(k1)
1
トラバース後も嫌な道が続く。(kira)
2016年05月01日 10:50撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース後も嫌な道が続く。(kira)
ここを登り稜線に復帰。藪岩魂でいうところの8mの岩登り。(kira)

小枝や根っこ、草をも掴む。(k1)
2016年05月01日 10:54撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登り稜線に復帰。藪岩魂でいうところの8mの岩登り。(kira)

小枝や根っこ、草をも掴む。(k1)
イワタケありました。(kira)
2016年05月01日 11:02撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワタケありました。(kira)
1
またも壁が立ちはだかる。(kira)

本当はこの稜線行かなくてはいけなかったのかな?(k1)
2016年05月01日 11:08撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またも壁が立ちはだかる。(kira)

本当はこの稜線行かなくてはいけなかったのかな?(k1)
右から巻きますが藪もうるさく・・・(kira)

以外と一歩一歩が緊張する。(k1)
2016年05月01日 11:09撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から巻きますが藪もうるさく・・・(kira)

以外と一歩一歩が緊張する。(k1)
この下りながらのトラバースは足場悪く緊張した。下はスッパリ。(kira)
2016年05月01日 11:11撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下りながらのトラバースは足場悪く緊張した。下はスッパリ。(kira)
ここから稜線に上がれそう!でも足元悪い激急登。(kira)

掴む場所が無いところは、土に指を突っ込むしかない。(k1)
2016年05月01日 11:18撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから稜線に上がれそう!でも足元悪い激急登。(kira)

掴む場所が無いところは、土に指を突っ込むしかない。(k1)
懸垂8mの場所!?にしてはしょぼいから違うか・・・少し手前右から下りてしまいました。(kira)

もう、西峰の手前のピーク近し、懸垂地点無い〜(k1)
2016年05月01日 11:27撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂8mの場所!?にしてはしょぼいから違うか・・・少し手前右から下りてしまいました。(kira)

もう、西峰の手前のピーク近し、懸垂地点無い〜(k1)
レンズキャップぶら下がってた。(kira)
2016年05月01日 11:30撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンズキャップぶら下がってた。(kira)
西峰が目の前に。もう少しです。(kira)
2016年05月01日 11:30撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰が目の前に。もう少しです。(kira)
トラロープで通せんぼ。一般登山者が北西稜に入らないようにするためのもの。(kira)
2016年05月01日 11:30撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープで通せんぼ。一般登山者が北西稜に入らないようにするためのもの。(kira)
西峰到着。3名パーティーが休憩してました。(kira)
2016年05月01日 11:36撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰到着。3名パーティーが休憩してました。(kira)
南側は絶壁で景色がよい。(kira)
2016年05月01日 11:43撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は絶壁で景色がよい。(kira)
西峰からの下りはトラロープ。(kira)
2016年05月01日 11:47撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰からの下りはトラロープ。(kira)
西のコル。下りないで桧沢岳本峰へ向かいます。(kira)
2016年05月01日 11:49撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西のコル。下りないで桧沢岳本峰へ向かいます。(kira)
トラロープの張り方がいまいち。跨ぐかくぐるかしなきゃなので微妙。(kira)
2016年05月01日 11:49撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープの張り方がいまいち。跨ぐかくぐるかしなきゃなので微妙。(kira)
一般道なのに道悪い。(kira)
2016年05月01日 11:53撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般道なのに道悪い。(kira)
桧沢岳山頂。(kira)
2016年05月01日 11:55撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧沢岳山頂。(kira)
右のルンゼに滑落するとやばそう・・・でもトラロープの位置が高い。(kira)

最近ついたのかな、新しめのロープでした。(k1)
2016年05月01日 12:11撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のルンゼに滑落するとやばそう・・・でもトラロープの位置が高い。(kira)

最近ついたのかな、新しめのロープでした。(k1)
左は名前ですか!?(kira)

こんな落書き、なんか嫌ですねぇ。(k1)
2016年05月01日 12:17撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は名前ですか!?(kira)

こんな落書き、なんか嫌ですねぇ。(k1)
ヒゲスリ岩スルーしちゃったみたい。。結構急で膝に悪い。(kira)
2016年05月01日 12:17撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒゲスリ岩スルーしちゃったみたい。。結構急で膝に悪い。(kira)
途中から植林帯に変わります。(kira)

ここまで結構急な下りが続いてました。(k1)
2016年05月01日 12:25撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から植林帯に変わります。(kira)

ここまで結構急な下りが続いてました。(k1)
空き家とはいえ本当に民家の庭先がルートなんですね。(kira)
2016年05月01日 12:42撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空き家とはいえ本当に民家の庭先がルートなんですね。(kira)
ゴールの大森橋が見えてきた。(kira)
2016年05月01日 12:53撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールの大森橋が見えてきた。(kira)
帰りは道の駅なんもくに立ち寄り。えーちゃんの写真展やってました!藪岩魂も置いてあった。(kira)

藪岩魂は私のバイブルです。(k1)
2016年05月01日 13:36撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは道の駅なんもくに立ち寄り。えーちゃんの写真展やってました!藪岩魂も置いてあった。(kira)

藪岩魂は私のバイブルです。(k1)

感想/記録
by k1bb4

何度か延期され、やっと実現して桧沢岳北西稜に登らせて頂きました。期待が膨らみ過ぎてたのもあり、「あっという間」に終わってしまった感じでした。
後半の西峰手前での稜線を外れる区間で、8m懸垂下降を出来ずに巻いてしまいました。
ここが残念なところですね。
この巻きもバンドが狭く、横が切れ落ち、枝を避けながらのトラバースで、ある意味恐ろしい箇所だったかもしれません。
また、機会が有れば稜線外さずルートを進みたいですね。
今回、枝をくぐったり、避ける所が多かったので、腕もザックも小枝が刺さりまくり、傷だらけです。まさに、藪岩!でした。
最後に、桧沢岳の一般登山道の下りも結構急で疲れましたが、最終的には満足でした。

感想/記録

23日は無念の雨と視界不良にて妙義中間道に変更。リベンジは29日を予定してたのだが色々重なり再々延期して本日に。バリやろうとする日は雨に祟られる傾向が強い。前日は22時に床についたのに全く眠れず。。3時までは記憶にあるのだが、4時半の目覚ましで気づいた。1時間ほど寝れた?不眠の影響か登り初めから頭痛で調子が悪い。。脚も早々にバテてしまった。下山の一般道も思いのほか急で膝周辺も痛くなりペース上がらず。小沢岳とダブルヘッダーの予定でしたが、この状態では無理と判断して取りやめ。道の駅なんもくに寄りまっすぐ帰宅。早く寝ました。。。残りの春シーズンはパートナー不在でソロ活動になりそうだから無理はできないなぁ。誰かに便乗して連れてってもらおうかな〜。
訪問者数:289人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/17
投稿数: 1076
2016/5/7 19:59
 ここもだいぶメジャーに
kira さん、こんにちは。
本に紹介されているので、だいぶメジャーになってきたようですね。
ちょうど同じ時期ですが、今年は随分と薮が多いようです。
我々が行った時は、踏み跡は全く無しでした。あったのは鹿のう○こばっかり
岩峰左の悪いトラバースは、一段下がると容易のようです。メンバーの一人が軽々と通過していました。右壁は、支点が1個とれたら行っても良かったのですが、取れないところにきて、脆そうなので止めました。稜線に戻ってからは、我々は、普通に右に巻いて行きました。特に何の困難もなく簡単に巻けて、急登一発で簡単に稜線にでてしまい、あっけなかったです。稜線伝いに行くと決めていないと、ここは巻いてしまいます。
何とも味のあるルートで良い感じでした。大ナゲシ北稜より好きかな
登録日: 2014/12/15
投稿数: 126
2016/5/7 22:55
 Re: ここもだいぶメジャーに
misuzuさんこんばんは。
そうですね〜最近はレコでもちょいちょい見かけますね。踏み跡は最初の植林急登からジグザグについてました。911mピークまではひたすら尾根登りでルーファイというほどのものはないですが、鹿のウ○コだらけでした 角が欲しかったのに見つからず。しかし後半たっぷり藪攻撃くらい顔にバシバシ当たるわ服は破けそうになるわ 悪いトラバースの一段下わかります 最初こちらに出たんですけど、 本の通り悪い方をわざわざ通過したかったんで トラバース後、自分たちは1回稜線に出て右から巻いて(途中で稜線に出ようとしたがやめた)しまい懸垂無し。どうやらmisuzuさんたちと同じ場所(写真43)から稜線に出たっぽいですね。他の記録見ると悪いトラバースから稜線に出ずそのまま左から巻いたパーティーもいたようです。ここらのルート取りが8m懸垂するかどうかの分かれ目ですね。次行く事があれば稜線通しで通過してみたいです。大ナゲシ北稜は去年11月に計画してたんですが春に延期に。そしてまた延期・・・小沢岳西尾根も行ってみたいですね!南西尾根?とセットで面白いかも。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ