ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854803 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

那須茶臼岳 春の嵐で縦走断念

日程 2016年04月28日(木) 〜 2016年04月29日(金)
メンバー luneaciel, その他メンバー26人
天候1日目 雨と風
2日目 高所は暴風、霧雪、雲の流れの早い荒れた天気。
    下山するに従い、やや強めの風に晴れ間
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
東北新幹線 那須塩原駅下車、
マイクロバスで那須高原休暇村→ロープウェイ山麓駅→山頂駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間54分
休憩
28分
合計
3時間22分
S那須ロープウェイ山麓駅12:4012:45那須ロープウェイ山頂駅12:4813:35那須岳13:4514:20那須岳避難小屋14:3516:02三斗小屋温泉
2日目
山行
3時間32分
休憩
15分
合計
3時間47分
三斗小屋温泉09:0010:00休憩地点10:0510:35三斗小屋宿跡11:15休憩地点11:2512:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●当初計画では、2日目は三斗小屋温泉から隠居倉を経て朝日岳、清水平を経て三本槍岳、中の大倉尾根下山の予定でしたが、荒天の暴風で稜線が滑落の危険有との判断でエスケープ。深山ダムに向けハイキングしながら下山となりました。

●ロープウェイは強風時は運行しない。
●茶臼岳は活火山、現在は噴火警戒レベル1。
山頂周辺は岩やガレ等で歩きにくく、足元に気を付けたい。
三斗小屋温泉に向かう途中のガレ場は崩れやすく、落石多発地帯。
稜線は、遮るものがなく強風が吹きやすい。
今年は残雪少なく、アイゼン不用でした。
※後述 4/29以降の低温、降雪で状況が変化したようでアイゼン帯同もご考慮ください。
●4/29は低気圧の影響で、三斗小屋温泉の外気温は朝9時で0℃以下でした。
さらに強風で細雪まじり、春山は防寒具を持ちましょう。
その他周辺情報●宿泊した三斗小屋温泉、煙草屋旅館は老舗の奥ゆかしい宿。
控えめながら筋の通ったもてなしに好感を持ちました。
お風呂は24時間露天風呂(混浴)、女性専用時間帯有。
館内風呂(混浴)、女性専用時間帯有。
内風呂(女性優先)
●那須高原は、高級別荘地のある観光地。ハイキングコースや、殺生石などの名勝、お洒落な店やレストラン、那須御用邸がある。
下山後、休暇村那須の大丸温泉で入浴しました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 雨用手袋 防寒具 ニット帽 着替 新聞紙(濡れ靴の湿気取用)

写真

雨と霧の中、茶臼岳の噴火口に近づく
2016年04月28日 13:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨と霧の中、茶臼岳の噴火口に近づく
1
あと少しで山頂。
お鉢を巻いていきますが、霧で視界が悪い
2016年04月28日 13:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しで山頂。
お鉢を巻いていきますが、霧で視界が悪い
鳥居を潜って那須岳神社、
岩に何やら刻まれている
2016年04月28日 13:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居を潜って那須岳神社、
岩に何やら刻まれている
茶臼岳山頂1915m、
ロープウェイ利用なので、45分程です。
残念ながら眺望得られず、雨と風の中ガレ場を進みます
2016年04月28日 13:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳山頂1915m、
ロープウェイ利用なので、45分程です。
残念ながら眺望得られず、雨と風の中ガレ場を進みます
2
今日の宿、三斗小屋温泉に到着。老舗の煙草屋旅館は風情のある宿でした
2016年04月28日 16:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の宿、三斗小屋温泉に到着。老舗の煙草屋旅館は風情のある宿でした
1
嵐の夜が明けた2日目、
雨は上がったものの、強風!
周辺のダケカンバの森はザワザワと音をたてています。
下手の宿は大黒屋旅館
2016年04月29日 05:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嵐の夜が明けた2日目、
雨は上がったものの、強風!
周辺のダケカンバの森はザワザワと音をたてています。
下手の宿は大黒屋旅館
悪天候の為、縦走中止が決まり、時間つぶしに煙草屋旅館の露天風呂を偵察。源泉かけ流しで24時間入れる
2016年04月29日 05:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天候の為、縦走中止が決まり、時間つぶしに煙草屋旅館の露天風呂を偵察。源泉かけ流しで24時間入れる
強風を避ける為、山間の道を下る。ここは那珂川の源流
2016年04月29日 10:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風を避ける為、山間の道を下る。ここは那珂川の源流
1
山野草は芽吹いたばかり。
これはヤブレガサ
2016年04月29日 10:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山野草は芽吹いたばかり。
これはヤブレガサ
三斗小屋宿の跡。
白湯山信仰、会津藩など歴史のある山域なんですね
2016年04月29日 10:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三斗小屋宿の跡。
白湯山信仰、会津藩など歴史のある山域なんですね
林道沿いは山桜が見頃
2016年04月29日 11:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道沿いは山桜が見頃
花をつけたムシカリも
2016年04月29日 11:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花をつけたムシカリも
深山ダム湖まで降りてきました
2016年04月29日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山ダム湖まで降りてきました
ダム湖の水の色は青くてきれい
2016年04月29日 12:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム湖の水の色は青くてきれい
4
深山ダム終点。
山間から麓が見えます
ここでお迎えマイクロバス
2016年04月29日 12:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山ダム終点。
山間から麓が見えます
ここでお迎えマイクロバス
那須高原の休暇村で入浴。
時折、茶臼岳方面から吹き降りる強風に細かい雪が混じりました。
2016年04月29日 14:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須高原の休暇村で入浴。
時折、茶臼岳方面から吹き降りる強風に細かい雪が混じりました。
撮影機材:

感想/記録

 那須三山縦走計画の天気予報は、台風並みの低気圧の通過で1日目は風を伴う雨、2日目は西高東低の暴風と寒気。
ツアーをキャンセルしようかしら?との考えも頭をよぎる。
 山は晴れた日ばかりではない。サバイバルな天候も山の魅力の内と、雨具と防寒具と着替をザックに詰めます。

 1日目は雨と風の中、1座目の茶臼岳に登頂。
火山特有の荒れたガレ場を歩く。
一旦下りながら、三斗小屋温泉の老舗、煙草屋旅館に宿泊し、温泉で冷えた体を温めます。
宿は山の懐にあるのですが、夜中は雨と風が吹き荒れていました。

 2日目の朝、陵線は暴風で滑落の危険もあるので登山は中止。安全な深山ダムを目指すルートで下山すると告げられました。
雨は止んだものの、強風と時折混じる細かな雪と寒さに、稜線の厳しさは予想できます。
 気持ちを切り替え、深山ダムまでの春浅い林間コースを下山して行きます。
雪が解けて草木は芽吹き始めたばかり。いろいろな植物の葉が見られ、咲き始めた花もありエンレイソウが早い。始めて見たウスバサイシン(カンアオイに似ている)。
麓に近づくと山桜の淡いピンクと木々の萌黄が鮮やで、トウゴクミツバツツジも咲く。
深山湖の水の青さは温泉成分が流れ込んでいるからかしら?
ガイド氏のお国訛りも、この地に来た証。
那須高原街まで下ったら、ゴヨウツツジの白色が明るい。

 下山後も下界は晴れているのに、那須岳周辺は雲の中かと思えば山が現れたりと変動する。那須塩原駅からようやく見えた那須岳山群のシルエット。山頂ドームを指しながらあそこに立ったんだネと山友達と確認し合う。
多分、明日はいい天気。

※後述 帰宅後、報道などで4月29日から30日にかけて各地で雪などの荒天による遭難が相次いだことを知りました。春山は侮れません。
訪問者数:412人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ