ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854827 全員に公開 ハイキング富士・御坂

鶴ヶ鳥屋山 − イワカガミの穴場ともう一つの秀麗富嶽 −

日程 2016年04月29日(金) [日帰り]
メンバー piazzolla
天候○ 天気 : 晴れ。
○ 風速 : かなり強め(15m程度)。
○ 気温 : 普通(12℃くらい)。
○ 視程 : 長め。
アクセス
利用交通機関
電車
○ 往路
 ・JR中央線/06:01 {最寄駅} - 06:26 八王子
 ・JR中央本線/06:35 八王子 - 07:33 笹子

○ 復路
 ・JR中央本線/13:07 初狩 - 13:49 高尾
 ・JR中央線/14:00 高尾 - 14:33 {最寄駅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間14分
休憩
41分
合計
4時間55分
S笹子駅07:4508:33庭洞丸09:25角研山09:3509:58ヤグラ10:33鶴ヶ鳥屋山11:0411:39恩六二九石標12:40初狩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 6時間15分
○ CT(実績) : 4時間00分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 登山道に入ったとたんに急登です。角研山までは幾度か急登があります。
○ 稜線に出てからも細かいアップダウンが続きます。
○ 鶴ヶ鳥屋山からの下りは一部急です。
○ 季節柄、そこまで危険な箇所はありませんでした。
○ 道標はよく整備されているので、まず道に迷うことはないでしょう。
その他周辺情報(1) トイレ
 以下の場所にありました。
   笹子駅
  ※山道に入ってからはトイレが無いので、,悩僂泙擦討くと良いでしょう。

(2) 登山ポスト
 笹子駅ににありました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 カメラ
備考 風が強かったのでとても冷えた。長袖のシャツを持っていけば良かったです。

写真

お馴染みの笹子駅からスタートします!良い天気ですが風はかなり強めです。
2016年04月29日 07:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みの笹子駅からスタートします!良い天気ですが風はかなり強めです。
船橋沢沿いの登山道は以前利用したことがあるので、今回はまだ歩いたことのない庭洞山(にわぼらやま:1001m)経由で、まずは角研山(つのとぎやま:1377m)を目指します。
2016年04月29日 07:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船橋沢沿いの登山道は以前利用したことがあるので、今回はまだ歩いたことのない庭洞山(にわぼらやま:1001m)経由で、まずは角研山(つのとぎやま:1377m)を目指します。
登山道に入ってすぐ、尾根道の急登への取り付きのところにイカリソウが咲いてました。
2016年04月29日 07:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に入ってすぐ、尾根道の急登への取り付きのところにイカリソウが咲いてました。
5
そして、そのすぐとなりにはチゴユリも。下向いちゃってますが。
2016年04月29日 07:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、そのすぐとなりにはチゴユリも。下向いちゃってますが。
2
いきなり急登の始まりです💦気合が入ります(笑)。
2016年04月29日 07:58撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり急登の始まりです💦気合が入ります(笑)。
1
眩しすぎる新緑!花の季節から新緑の季節へ。
2016年04月29日 07:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眩しすぎる新緑!花の季節から新緑の季節へ。
3
鉄塔#1に到達。手前に西側へ展望の開けた場所がありました。
2016年04月29日 08:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔#1に到達。手前に西側へ展望の開けた場所がありました。
林道を跨いですぐのところに、ヒトリシズカが咲いてました。
2016年04月29日 08:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を跨いですぐのところに、ヒトリシズカが咲いてました。
2
なんとなく気分だったBABYMETALをBGM(イヤホン)に、熊除けを兼ねて一緒に歌いながらノリノリで歩いてます(笑)。はたから見たら、かなり危ない人に見えたと思います。ちなみに、メタルは趣味ではないです。
2016年04月29日 08:51撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとなく気分だったBABYMETALをBGM(イヤホン)に、熊除けを兼ねて一緒に歌いながらノリノリで歩いてます(笑)。はたから見たら、かなり危ない人に見えたと思います。ちなみに、メタルは趣味ではないです。
2
メタルと言えば鉄。鉄塔#2越しに臨む本社ヶ丸(ほんじゃがまる:1361m)。
2016年04月29日 08:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メタルと言えば鉄。鉄塔#2越しに臨む本社ヶ丸(ほんじゃがまる:1361m)。
2
もっと暗い道を想像しておりましたが、終始明るくてとても気に入りました。ただ、この日は風がとても強かったので、登りにも関わらず肌寒いくらいでした。
2016年04月29日 08:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっと暗い道を想像しておりましたが、終始明るくてとても気に入りました。ただ、この日は風がとても強かったので、登りにも関わらず肌寒いくらいでした。
2
角研山に着いたー!展望はありません。ちょっと小腹が空いたので、、、
2016年04月29日 09:26撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角研山に着いたー!展望はありません。ちょっと小腹が空いたので、、、
1
Give me chocolate!ここからの稜線歩きはハイカーと遭遇するリスクが高まるので(笑)、ベビメタのBGMとはここでお別れです。
2016年04月29日 09:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Give me chocolate!ここからの稜線歩きはハイカーと遭遇するリスクが高まるので(笑)、ベビメタのBGMとはここでお別れです。
2
あまりに天気が良かったので、予定を変更してこのまま三ツ峠まで縦走しようか迷いましたが、風が強すぎなのと二週間前の風邪(←カゼつながりね)が喉のあたりをまだくすぶっているので、やはり予定通り鶴ヶ鳥屋山(つるがとややま:1374m)へ向かうことにしました。
2016年04月29日 09:34撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりに天気が良かったので、予定を変更してこのまま三ツ峠まで縦走しようか迷いましたが、風が強すぎなのと二週間前の風邪(←カゼつながりね)が喉のあたりをまだくすぶっているので、やはり予定通り鶴ヶ鳥屋山(つるがとややま:1374m)へ向かうことにしました。
1
角研山を経由した理由はここ!すぐ隣にある名もなきピーク。ここ四周が見渡せてお気に入りの場所なんです♪
2016年04月29日 09:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角研山を経由した理由はここ!すぐ隣にある名もなきピーク。ここ四周が見渡せてお気に入りの場所なんです♪
1
まずは進行方向の正面にある鶴ヶ鳥屋山をロックオン!今日の主役は君だぁ(笑)!
2016年04月29日 09:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは進行方向の正面にある鶴ヶ鳥屋山をロックオン!今日の主役は君だぁ(笑)!
1
振り向くと、三ツ峠山(みつとうげやま:1775m)が。ここからは三ツ峠山に隠されて富士山は見えません。それもまた一興。楽しみは取っておかなきゃね♪
2016年04月29日 09:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと、三ツ峠山(みつとうげやま:1775m)が。ここからは三ツ峠山に隠されて富士山は見えません。それもまた一興。楽しみは取っておかなきゃね♪
2
こちらは大菩薩方面。あとは(写真に収めるには小さすぎましたが)肉眼では南アルプスも見えました。でもね、この場所はこれだけじゃないんです。
2016年04月29日 09:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは大菩薩方面。あとは(写真に収めるには小さすぎましたが)肉眼では南アルプスも見えました。でもね、この場所はこれだけじゃないんです。
ジャーン!ヤター、やっぱ咲いてたぁ、イワカガミ♪一か月前にここを通ったときに葉っぱを見つけたので、そろそろだろうなぁって期待してたんです。わざわざ遠回りした甲斐がありました。
2016年04月29日 09:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャーン!ヤター、やっぱ咲いてたぁ、イワカガミ♪一か月前にここを通ったときに葉っぱを見つけたので、そろそろだろうなぁって期待してたんです。わざわざ遠回りした甲斐がありました。
6
僕が知る限りでは、清八峠までの稜線沿いで群生しているのはここだけ。まだ咲き始めなので、しばらく楽しめそうです。
2016年04月29日 09:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僕が知る限りでは、清八峠までの稜線沿いで群生しているのはここだけ。まだ咲き始めなので、しばらく楽しめそうです。
4
荷揚げ用のケーブルの残骸があるヤグラの跡地まで下ってきました。なんとなく車輪を回してみました。
2016年04月29日 09:58撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷揚げ用のケーブルの残骸があるヤグラの跡地まで下ってきました。なんとなく車輪を回してみました。
1
ほどなく船橋沢(笹子駅方面)への分岐点に到着。ここから先の稜線を歩くのは今回が初めてです。
2016年04月29日 09:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく船橋沢(笹子駅方面)への分岐点に到着。ここから先の稜線を歩くのは今回が初めてです。
細かいアップダウンが連続しますが、基本は明るくて気持ちの良い尾根です。
2016年04月29日 10:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細かいアップダウンが連続しますが、基本は明るくて気持ちの良い尾根です。
稜線沿いにはまだところどころミツバツツジが咲いてました。
2016年04月29日 10:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線沿いにはまだところどころミツバツツジが咲いてました。
4
このあたりのミツバツツジは結構な数があるようです。あと二週間くらい早く来ていたら満開のミツバツツジが楽しめたかも知れません。
2016年04月29日 10:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりのミツバツツジは結構な数があるようです。あと二週間くらい早く来ていたら満開のミツバツツジが楽しめたかも知れません。
3
ちょっと広くなってる場所もありました。
2016年04月29日 10:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと広くなってる場所もありました。
ヤター、鶴ヶ鳥屋山到着!
2016年04月29日 10:33撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤター、鶴ヶ鳥屋山到着!
4
とりあえず、味のある手作り標識で記念撮影。
2016年04月29日 10:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、味のある手作り標識で記念撮影。
2
そして富士山!雲に隠されているのではないかと心配しましたが、見られて良かったです。
2016年04月29日 10:35撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして富士山!雲に隠されているのではないかと心配しましたが、見られて良かったです。
4
三ツ峠の肩の上に、少し控えめに顔を出す富士山。良い眺めじゃないですか!
2016年04月29日 10:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ峠の肩の上に、少し控えめに顔を出す富士山。良い眺めじゃないですか!
3
なぜ秀麗富嶽十二景に選ばれなかったのでしょう。個人的に、笹子雁ヶ腹摺山(ささごがんがはらすりやま:1358m)からの眺めよりもこちらのほうが好きです。
2016年04月29日 10:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜ秀麗富嶽十二景に選ばれなかったのでしょう。個人的に、笹子雁ヶ腹摺山(ささごがんがはらすりやま:1358m)からの眺めよりもこちらのほうが好きです。
5
さて、花より団子ではないですが、さすがにお腹が空きました。「鳥」つながりで、ランチパックのとりそぼろ&マヨネーズにしてみたのですが、「20円引き」のシールは取るべきでした💦
2016年04月29日 10:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、花より団子ではないですが、さすがにお腹が空きました。「鳥」つながりで、ランチパックのとりそぼろ&マヨネーズにしてみたのですが、「20円引き」のシールは取るべきでした💦
2
狭すぎず広すぎない山頂を独り占めし、贅沢なひとときを過ごしました。
2016年04月29日 11:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭すぎず広すぎない山頂を独り占めし、贅沢なひとときを過ごしました。
3
下山もしばらくは明るくて気持ちの良い尾根歩きです。
2016年04月29日 11:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山もしばらくは明るくて気持ちの良い尾根歩きです。
登りと同様、下りでもまた一旦林道を跨ぎます。
2016年04月29日 11:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りと同様、下りでもまた一旦林道を跨ぎます。
分岐にぶつかりました。なんとなく左が気になったのですが、レコでは大抵の方が右を行かれているので、初心者は右を選択しました。
2016年04月29日 11:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐にぶつかりました。なんとなく左が気になったのですが、レコでは大抵の方が右を行かれているので、初心者は右を選択しました。
1
無事下山。なんか林道の分かりづらいところに出てしまいました(写真の右端の道標もなにも無いところから出てきました)。
2016年04月29日 11:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。なんか林道の分かりづらいところに出てしまいました(写真の右端の道標もなにも無いところから出てきました)。
林道沿いにリンドウが咲いてました。一週間前に登った別の山ではまだ蕾だったので、恐らく咲き始めでしょう。中でもこれはとても綺麗な個体でした。
2016年04月29日 12:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道沿いにリンドウが咲いてました。一週間前に登った別の山ではまだ蕾だったので、恐らく咲き始めでしょう。中でもこれはとても綺麗な個体でした。
3
たわわの八重桜が青空に映えます。ただ、僕が気になったのはその奥の山です。ところどころ岩肌が剥き出しになっていてそそられます。
2016年04月29日 12:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たわわの八重桜が青空に映えます。ただ、僕が気になったのはその奥の山です。ところどころ岩肌が剥き出しになっていてそそられます。
2
最後は退屈な舗道歩きでしたが、途中振り返りざまに三ツ峠と鶴ヶ鳥屋山が見えました。GW初日は幸先の良いスタートとなりました。
2016年04月29日 12:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は退屈な舗道歩きでしたが、途中振り返りざまに三ツ峠と鶴ヶ鳥屋山が見えました。GW初日は幸先の良いスタートとなりました。
1

感想/記録

冬の間に登る予定だった鶴ヶ鳥屋山にやっと登ることができた。

春の花を探しながら、新緑の眩しい光に包まれた山歩きの明るいひとときを思うと、
結果的に、冬に登るよりも寧ろ季節的には正解だったのかもしれない。
(無論、冬には冬の良さがあるに違いないが)

一月前に見つけたイワカガミ(もちろん当時は葉っぱだけ)が
咲いていたのは本当に嬉しかった。
近所の山の開花状況から察するに、つい数日前に咲きだしたばかりだろう。
あと一週早く訪れていたら、或いは花を見られなかったかもしれない。

極めつけは、やはり鶴ヶ鳥屋山から望む富士山だ。

「控えめなのがいい」と称されたある方の言葉にグッときて、ずっと
楽しみにしていたが、まさにその言葉の通りの品の良い富嶽がそこにあった。
真っ白でも真っ黒でもない、この季節ならではの美しい姿だ。
しかもそれを独り占めできたのだから、これ以上の贅沢はない。

ゴールデンウィーク初日の祝日にも関わらず、
全行程ですれ違ったのは角研山直下でたったの1名だけだった。
(この方は本社ヶ丸方面に向かわれたので、恐らく鶴ヶ鳥屋山には
登っていないものと推察する)

個人的にもっと評価されていい山だと思うが、再評価されることによって
静寂が保たれないのだとすると、今のままでも良いような気もする。

いつかまた季節を変えて再訪したいところだが、同時に他にも
登らなければならない山がどんどん溜まっていくのが相変わらずの悩みだ。
訪問者数:316人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ