ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857269 全員に公開 ハイキング富士・御坂

ドジ・無謀?・失敗だらけの清八山周回り

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー fujinohide
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
笹子隧道前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間17分
休憩
1時間3分
合計
9時間20分
Sスタート地点05:4205:57矢立の杉06:0006:34新中橋バス停06:3508:01清八山、本社ヶ丸登山口08:0409:07清八山09:2909:39大幡八丁峠09:4110:00大幡山10:0510:19大幡八丁峠10:2211:25女坂峠11:3111:53大沢山(女坂山)11:5712:31ボッコノ頭12:3413:06摺針峠13:1013:34大洞山13:3513:46カヤノキビラノ頭13:4714:11中尾根ノ頭14:1615:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・旧笹子トンネル横に10台以上の駐車スペースがある。
・旧笹子トンネルからは矢立の杉を経由してほとんど県道212号線を歩かないで下の新田部落まで行ける。
・清八峠への道は発電所上まで車で行け、舗装終点部に2〜3台駐車可。
・八丁山手前から笹子峠までの道は私が持っていた昭文社「大菩薩嶺」の2008年度版までは普通の実線だがその後、破線なっている。しかし整備されており適時、新しい道標もあるので大丈夫と思う。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

旧笹子トンネル前に新しいガイド図が設置されていた
2016年05月01日 05:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧笹子トンネル前に新しいガイド図が設置されていた
トンネル前の笹子雁ケ腹摺山登山口
2016年05月01日 05:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル前の笹子雁ケ腹摺山登山口
笹子隧道の有形文化財の説明
2016年05月01日 05:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子隧道の有形文化財の説明
有形文化財の笹子隧道
2016年05月01日 05:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有形文化財の笹子隧道
3
ここから県道を離れ登山道で矢立の杉へ
2016年05月01日 05:50撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから県道を離れ登山道で矢立の杉へ
矢立の杉説明文
2016年05月01日 05:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢立の杉説明文
矢立の杉
2016年05月01日 05:59撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢立の杉
2
八重のヤマブキ
2016年05月01日 06:34撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八重のヤマブキ
2
ムラサキキケマン
2016年05月01日 06:37撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキキケマン
2
キケマン
2016年05月01日 06:38撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キケマン
2
林道の標識
2016年05月01日 06:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の標識
タチツボスミレ
2016年05月01日 06:59撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ
2
ノジスミレ?
2016年05月01日 07:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノジスミレ?
2
ヒトリシズカ
2016年05月01日 07:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカ
2
ここを間違えて右に入ってしまった。
道標の位置に問題??
2016年05月01日 07:54撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを間違えて右に入ってしまった。
道標の位置に問題??
ここから登山道
2016年05月01日 08:06撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道
ヤマザクラ
2016年05月01日 08:49撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマザクラ
2
清八峠
2016年05月01日 09:10撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清八峠
御巣鷹山
2016年05月01日 09:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御巣鷹山
2
清八山山頂
2016年05月01日 09:16撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清八山山頂
3
山頂から富士
2016年05月01日 09:16撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から富士
2
笹子雁ヶ腹摺山、お坊山方面
2016年05月01日 09:17撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子雁ヶ腹摺山、お坊山方面
2
本社ヶ丸
2016年05月01日 09:29撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸
1
ツルキンバイ
2016年05月01日 09:33撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルキンバイ
1
エイザンスミレ
2016年05月01日 09:34撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エイザンスミレ
3
間違えて大幡八丁峠、大幡山まで行ってしまった
2016年05月01日 09:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違えて大幡八丁峠、大幡山まで行ってしまった
ここから女坂峠方面に入ります。
清八山から下りて防鹿柵?のすぐ下です。
道標はありません。
2016年05月01日 10:33撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから女坂峠方面に入ります。
清八山から下りて防鹿柵?のすぐ下です。
道標はありません。
この道標が三ツ峠への途中にあると勘違いして捜しながら大幡山まで行ってしまった。
2016年05月01日 10:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標が三ツ峠への途中にあると勘違いして捜しながら大幡山まで行ってしまった。
フデリンドウ
2016年05月01日 10:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フデリンドウ
2
フデリンドウ
2016年05月01日 10:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フデリンドウ
1
少し古い道標
2016年05月01日 11:05撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し古い道標
道は整備されています
2016年05月01日 11:12撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は整備されています
ミツバツツジ
2016年05月01日 11:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
3
新しい道標
2016年05月01日 11:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい道標
女坂峠
2016年05月01日 11:29撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女坂峠
大沢山山頂
2016年05月01日 11:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢山山頂
2
イワカガミはもう終わりでした
2016年05月01日 12:08撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミはもう終わりでした
3
ボッコノ頭
新しい道標が適時、設置されています
2016年05月01日 12:31撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボッコノ頭
新しい道標が適時、設置されています
クサボケ
2016年05月01日 12:50撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサボケ
2
摺針峠
ベンチもあり整備されています
2016年05月01日 13:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摺針峠
ベンチもあり整備されています
摺針峠標識
2016年05月01日 13:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摺針峠標識
大洞山山頂
2016年05月01日 13:34撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞山山頂
2
カヤノキビラノ頭。
次は京戸山との間を歩こうかな
2016年05月01日 13:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤノキビラノ頭。
次は京戸山との間を歩こうかな
2
ここにも新しい案内図が設置されていた。
2016年05月01日 13:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも新しい案内図が設置されていた。
1
撮影機材:

感想/記録

 年金生活になってもゴールデンウィークになると山に行きたくなる。しかし人の多い山は敬遠したい。そこであまり人が入らない山域から候補を捜す。そんな中から、以前より三ツ峠・御坂山域と小金沢山域を結んでみたいと考えていた清八山から笹子峠周回りコースに決定。
 旧笹子トンネルに車を置き、時計回りか左回りかと悩んだが左回りだと帰りの旧笹子トンネルまでの長いダラダラの道を歩くのは疲れた身体では堪えるので時計回りで、最初に駐車位置から下り清八峠登山林道に行くことにする。この決定が後述するように裏目に出てしまった。
 トンネルから矢立の杉経由の道は以前も歩いているので予定より早く追分の清八峠登山林道入口に着く。発電所を過ぎてダートの林道をしばらく行くと写真N0.13の所に差し掛かる。ここで右側の荒れた林道の方から読めるように道標が立っていたので少しおかしいなと思いつつも右側に入り20分程度進むがだんだんと踏み跡が薄くなり、地図を出そうとするが無い。ズボンの後ろポケットに昭文社の地図とヤマレコから地図プリでプリントアウトした地図を入れていたのに無いのだ。途中で花の写真を撮るために何回もしゃがんでいるうちにポケットから落ちてしまったようだ。取り敢えず引き返し、左側の正規の林道を少し行くと登山カードポストがあった。先ほどの道標の建てる位置に疑問を感じてしまった。(間違えた道は持っている40年前の5万分の1の地図を見ると女坂峠へ直接登る道のようである。)
 地図も無く初めてのルートで少し無謀かなと思ったが行けるところまで行き、判らないようならば引き返すことにして先に進む。順調に清八峠・清八山に到着。女坂峠から笹子峠方面に向かい出発すると清八山からすぐ下りた所に1ツの分岐がある。ここかなと感じつつ、計画時に見たヤマレコの記録でりっぱな道標があったはずなのでもう少し先へと三ツ峠方面に進む。結局、大幡山まで行っても道標は無いので、またまた先ほどの場所まで引き返す。分岐を曲がって進むと八丁山手前に道標があった。私の勘違いで三ツ峠への縦走路でなく御坂山への縦走路に道標が設置されていたのだ。1時間もロスしてしまった。それにしても6年前に清八山から八丁山・御坂山へと歩いているがその時は何の躊躇することも無く分岐を正確に歩いているので、地図のありがたさを本当に実感した次第である。
 ここからは分岐部分には新しい道標が設置されていて問題なく京戸山分岐のカヤノキビラノ頭に到着。近いうちの京戸山との間も赤線で繋ぎたいなと考えながら笹子峠に向かう。
 半分くらい来たところに道標の無い分岐がある。メインの道は左折するが、直進方向にも明確な道がある。素直に左折すれば良かったのだが笹子峠の方向は直進方向である。悩んだ挙句、直進する。500m以上は素直な道であったがそのうちに踏み跡が薄くなり無くなってしまう。強引に下って行くと林道が見えたのでかなり強引に沢に下り、がむしゃらに林道に出た。あとは問題なく旧笹子トンネルに到着。逆回りに歩いていればルートミスをする可能性はゼロだったであろうが・・・。トホホ・・・。
 実際、地図なしで歩いてみて、要所、要所で固くなった頭での理屈よりも今まで培ってきた感性・直感を大事にするべきだったと反省、反省、反省。
 ドジで地図を無くしながらも、計画時に頭にインプットしていた情報だけで強引に歩いたことに批判も有ろうかと思いますが甘んじて受けるつもりです。
訪問者数:230人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/3/1
投稿数: 3658
2016/5/2 20:04
 ご無事でなにより
fujinohide さま

まいどです。
地図紛失は遠い過去から記憶しているところ私も何回か経験
そのため、原本(地形図&昭文社地図)はザックの中に格納し、双方のコピーをビニールに入れて直ぐに出せるように折りたたんでパンツのポケットに入れてます
いつも2Wで保険かけてます
何度も歩いているコースはほとんど地図はみませんが、それでも2W持参を励行しています。

で、コピーで悩ましいこと。。。
コンビニでA3サイズでコピーすると80円、B4なら50円
どっちでコピーするか、時々は少しコース脱落することも。。。ケチケチ大作戦ってか
ビニール(テープで口を塞いでおきます)に入れておくと劣化しにくいので何度も使えますYO。
コピーで一番使っているのが雲取山かな?(元とってます
登録日: 2009/4/25
投稿数: 826
2016/5/2 20:23
 地図は必携ですが・・・
芋さん、いつもありがとうございます。
私もどんな山に行くときも昭文社の地図にプラスして地形図をパソコンからプリントアウトして持っていくのですが、初めてのコースはいつでも見られるようにズボンの尻ポケットに入れています。今まで落としたことは無かったのですが・・・。
芋さんのようにザックの中とポケットのダブルで持参することにします。
良いご提案、ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ