ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 859405 全員に公開 ハイキング奥秩父

和名倉山

日程 2016年04月30日(土) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー kagemarukun, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間17分
休憩
45分
合計
3時間2分
S民宿みはらし11:4312:20牛王院下12:2113:41牛王院平(牛王院北)13:4313:53将監峠14:01将監小屋14:4314:45将監峠
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

写真

民宿みはらしはほぼ満車。どうにか停められました。
2016年04月30日 12:01撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民宿みはらしはほぼ満車。どうにか停められました。
登山口
2016年04月30日 11:44撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
牛王院下の分岐。登りは七ツ石尾根を行くので左。
2016年04月30日 13:05撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛王院下の分岐。登りは七ツ石尾根を行くので左。
また同じような分岐。なにもないですが牛王院平、山ノ神土方面は左。
2016年04月30日 14:04撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また同じような分岐。なにもないですが牛王院平、山ノ神土方面は左。
牛王院平の分岐。
2016年04月30日 14:25撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛王院平の分岐。
将監峠
2016年04月30日 14:38撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監峠
将監小屋
2016年04月30日 14:42撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋
2
テント場からはどうにか富士山が。手前は大菩薩。
2016年04月30日 17:37撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場からはどうにか富士山が。手前は大菩薩。
1
テント場は満杯。
2016年04月30日 15:08撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場は満杯。
2
翌朝、和名倉山向け出発。
2016年05月01日 05:34撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、和名倉山向け出発。
1
山ノ神土。和名倉山方面へは登山道がいきなり細くなります。
2016年05月01日 06:03撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ノ神土。和名倉山方面へは登山道がいきなり細くなります。
気持ちいい歩き。
2016年05月01日 06:24撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい歩き。
原生林といった趣。
2016年05月01日 06:51撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原生林といった趣。
西仙波手前のシャクナゲのトンネル。
2016年05月01日 07:07撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西仙波手前のシャクナゲのトンネル。
西仙波
2016年05月01日 07:10撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西仙波
目指す和名倉山
2016年05月01日 07:30撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す和名倉山
雲取山方面
2016年05月01日 07:26撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山方面
東仙波
2016年05月01日 07:36撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波
歩いてきた尾根道を振り返る。
2016年05月01日 07:36撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根道を振り返る。
東仙波からいったん下り、また登る。
2016年05月01日 07:46撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波からいったん下り、また登る。
このあたりは素晴らしい展望。
2016年05月01日 07:54撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは素晴らしい展望。
1
八百平
2016年05月01日 08:39撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八百平
川又分岐
2016年05月01日 08:51撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川又分岐
水場分岐
2016年05月01日 09:01撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場分岐
二瀬分岐
2016年05月01日 09:06撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二瀬分岐
和名倉山山頂。先客は2組。
2016年05月01日 09:24撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和名倉山山頂。先客は2組。
3
将監小屋に戻ってテントを回収。
2016年05月01日 13:05撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋に戻ってテントを回収。
下りは林道で。
2016年05月01日 13:47撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは林道で。
ムジナノ巣の水場。
2016年05月01日 14:27撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムジナノ巣の水場。
民宿みはらしに到着しゴール。
2016年05月01日 15:13撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民宿みはらしに到着しゴール。
撮影機材:

感想/記録

今回は埼玉の秘峰、二百名山にも名を連ねる和名倉山です。地図で存在を知り、いつか行きたいと思っていた山ですが、やっとそれが叶いました。

登山は山梨県側の三ノ瀬にある民宿みはらし付近から。民宿みはらしでは有料で駐車場が利用可能です。
1日目は将監小屋までの2時間ちょっとのコースタイム。家を7時半頃に出発して、ゴールデンウィークで高速道路は渋滞になるだろうとの予測で下道で食事休憩含め3時間半ほどかけて民宿みはらしに到着。
駐車場は10台とのことだったので、登山としては遅い時間に到着した今回、ここに停められるかどうかが心配でした。
民宿の前の駐車場はすでに満車だったため、おかみさんにどこに駐車したらいいか尋ねたところ、100mほど離れたところにある駐車スペースを教えてもらい、どうにかそこに停めることが出来ました。
とりあえず良かったです。

牛王院下の分岐は左を選んで七ツ尾根方面に進むと、とくに道標もない分岐に到着します。左は本格的な登山道の様子。右は今までどおり広く整備された平坦な登山道。
牛王院平、山ノ神土方面に行きたいなら左が正解です。右はどこに行くのかわかりません。

将監小屋のテント場は余裕で確保できるだろうと思っていたのですが、少し狭いスペースに張ることはできたものの意外と多いテントの数。
ゴールデンウィークなだけに少しは混み合うだろうと思っていましたが、まさかここまでとは思ってもいませんでした。
次々と到着する登山者。最終的にはテントはびっしり。テント場ではないところにもテントが張られる始末でした。
これは全くの予想外。春のテント泊にはいい場所だなと思っていたのですが、やはり皆さんも思うことは一緒なんですね。

和名倉山は登山者も少なく登山道も不明瞭と言われますが、少なくとも三ノ瀬からの登山道はそんなことはなく、しっかりとコースを見極めて進めばそれほど心配はありませんしゴールデンウィークのため登山者も多いです。また西仙波や東仙波といった登山を区切るポイントが要所にあるので以外に安心な登山が出来る印象です。
訪問者数:255人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ