ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 865644 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

守門岳 大原から大白川コース往復(尾根上は残雪タップリ)

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー abek3
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大原スキー場の上部、大白川登山口に駐車場有り。
20台は駐車可。この日は3台でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
1時間23分
合計
6時間0分
S大原登山口06:4807:37布引の滝分岐08:59小烏帽子 尾根合流点09:47守門岳10:4211:07小烏帽子 尾根合流点11:3212:22布引の滝分岐12:2512:48大原登山口12:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・コース選定
 当初はヤマレコに記載の有る、二口登山口からを予定していた。しかし、前日に車中泊した道の駅いりひろせで、同宿の3人組から大白川からの情報入手。こちらの方が展望良く、コースタイムも短いので、大白川に決定。
当日の登山者は大白川から6名、二口から十数名となっていた。

・コース状況
 登山口(630m)から標高900mくらいまでは夏道。その後、雪が出て来て夏道と交錯する。この日は雪が柔らかかったので、キックステップで通過可。後続の4人組はアイゼンを使用していた。

 エデシ尾根上部から藤平山コースとの合流点までは、雪がベッタリ。合流後も雪の広い尾根なので、帰路は藤平山方面へ引き込まれないよう注意。自分も下山時は景色に気を取られて藤平方面へ進んでしまった。登りで付けた赤テープが見当たらないので、直ぐに引返して問題無かったが。

 山頂直下まで積雪あるが、この日は雪が柔らかく滑落の心配は無かった。アイゼン、ピッケルは持参したが使用せず。ただ、気温が下がって雪が締まると滑落の危険はある。雪原の尾根が広いのでガスると方向がつけ難い。
その他周辺情報道の駅いりひろせの近くにある、寿和温泉に入浴。露天風呂の600円を選択。本館は700円。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

大原スキー場から守門岳。駐車場は、さらに数キロ先。
2016年05月02日 06:13撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大原スキー場から守門岳。駐車場は、さらに数キロ先。
1
駐車場の前が登山口。4人組が先に出発して行きました。
2016年05月02日 06:33撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の前が登山口。4人組が先に出発して行きました。
守門岳へ3時間30分の標識。
2016年05月02日 06:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
守門岳へ3時間30分の標識。
急登にはロープも付いている。
2016年05月02日 07:28撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登にはロープも付いている。
1
ずいぶん登って来た。左下に駐車場の車が見える。
2016年05月02日 07:31撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずいぶん登って来た。左下に駐車場の車が見える。
布引の滝コースへ分岐点。
2016年05月02日 07:37撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引の滝コースへ分岐点。
所どころに細い道あり。
2016年05月02日 07:50撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所どころに細い道あり。
この急坂で、先行者に追いつく。
2016年05月02日 08:07撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急坂で、先行者に追いつく。
夏道と雪道が交錯。ロープのある急坂を振り返ったところ。下りでは注意が必要な場所。
2016年05月02日 08:15撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道と雪道が交錯。ロープのある急坂を振り返ったところ。下りでは注意が必要な場所。
灌木と残雪が混じる。
2016年05月02日 08:29撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木と残雪が混じる。
尾根の合流点までは、薄い灌木帯を抜けて行く。
2016年05月02日 08:35撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の合流点までは、薄い灌木帯を抜けて行く。
藤平山からの尾根と合流。守門岳が見える。
2016年05月02日 08:59撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤平山からの尾根と合流。守門岳が見える。
広い尾根を進むと、近づいて来た守門岳。
2016年05月02日 09:04撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根を進むと、近づいて来た守門岳。
1
アップで。山頂は雪が無い。
2016年05月02日 09:04撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。山頂は雪が無い。
尾根が狭まってくる。
2016年05月02日 09:06撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が狭まってくる。
右は大きな亀裂。灌木側に寄って通過。
2016年05月02日 09:14撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は大きな亀裂。灌木側に寄って通過。
向いの尾根は二口コース。登っている登山者も見える。
2016年05月02日 09:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向いの尾根は二口コース。登っている登山者も見える。
山頂着。標識、方位盤、三角点あり。
2016年05月02日 09:47撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着。標識、方位盤、三角点あり。
1
まずは、三角点にタッチ。
2016年05月02日 09:47撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、三角点にタッチ。
1
山頂に居た登山者に、撮っていただきました。多い時は10名程が滞在。本日の登山者は20名くらい。
2016年05月02日 10:07撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に居た登山者に、撮っていただきました。多い時は10名程が滞在。本日の登山者は20名くらい。
3
二口コースの青雲岳と大岳方面。
2016年05月02日 09:48撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二口コースの青雲岳と大岳方面。
2
昨年のGWに登った、粟ヶ岳。今年は雪が少ない。
2016年05月02日 09:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年のGWに登った、粟ヶ岳。今年は雪が少ない。
1
山頂から、明日登る予定の浅草岳。高曇りで霞気味。遠くの会津駒ケ岳、越後三山、燧ヶ岳は見えたが、デジカメでははっきり写らず。
2016年05月02日 09:50撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から、明日登る予定の浅草岳。高曇りで霞気味。遠くの会津駒ケ岳、越後三山、燧ヶ岳は見えたが、デジカメでははっきり写らず。
1
山頂には次々登山者が現れ、また下って行く。当方も1時間近く滞在して、下山開始。
2016年05月02日 10:42撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には次々登山者が現れ、また下って行く。当方も1時間近く滞在して、下山開始。
1
下りで景色に見とれて、尾根を外す。藤平山コースに入ってしまう。守門岳と藪の位置が違うのと、登りで付けた藪の入口の赤テープが見当たらずに気が付く。
2016年05月02日 11:09撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りで景色に見とれて、尾根を外す。藤平山コースに入ってしまう。守門岳と藪の位置が違うのと、登りで付けた藪の入口の赤テープが見当たらずに気が付く。
もう一度戻って、やり直し。右が藤平山コース。左が大白川コース。僅かの違いが、違う尾根へ導く。20分のロス。
2016年05月02日 11:33撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度戻って、やり直し。右が藤平山コース。左が大白川コース。僅かの違いが、違う尾根へ導く。20分のロス。
布引の滝分岐点。下りで寄ってみようと、少し進むが急坂の上、残雪も残っていた。安全第一で元の道に戻る。
2016年05月02日 12:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引の滝分岐点。下りで寄ってみようと、少し進むが急坂の上、残雪も残っていた。安全第一で元の道に戻る。
ショウジョウバカマ。
2016年05月02日 11:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
岩に付いた、イワカガミ。
2016年05月02日 12:28撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に付いた、イワカガミ。
1
つぼみ。
2016年05月02日 12:25撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぼみ。
2
開花。
2016年05月02日 12:26撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開花。
コブシ?。
2016年05月02日 12:28撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブシ?。
無事下山。遠くに見えるのは毛猛山(1517m)。
2016年05月02日 12:47撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。遠くに見えるのは毛猛山(1517m)。
下山後の大原スキー場から守門岳。午後になって、明るくなってきた。
2016年05月02日 13:07撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後の大原スキー場から守門岳。午後になって、明るくなってきた。
寿和温泉の露天風呂に入浴。別に本館内湯もあり。
2016年05月02日 14:44撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寿和温泉の露天風呂に入浴。別に本館内湯もあり。
道の駅いりひろせ(入広瀬)で車中泊。都合3日間ここに居ました。後方の山は守門岳。
2016年05月02日 17:01撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅いりひろせ(入広瀬)で車中泊。都合3日間ここに居ました。後方の山は守門岳。
道の駅に隣接の鏡ヶ池。ロケーション抜群。
2016年05月02日 16:06撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅に隣接の鏡ヶ池。ロケーション抜群。
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 4/29〜5/1まで4人で関西から妙高の別荘暮らし。その間に妙高山(途中敗退)、唐松岳(ゴンドラ休止で登れず)を目指したが、消化不良。
仕事で帰阪する仲間と別れた後は、5/2〜5/6の帰宅まで、一人で新潟の山を渡り歩いた。

 この日は200名山の守門岳。前日の情報で大原スキー場上部の登山口まで行けると判り、大白川コースをとった。結果は尾根上に雪は多かったものの、途中の展望も良く満足できた。山頂は登山者も多く、人気の程がうかがえた。昨年登った粟ヶ岳、翌日登る予定の浅草岳が身近に見え、越後駒、会津駒の山々も霞んではいたが、見る事ができた。尾瀬の燧ヶ岳も識別出来るほどには見えていた。まずまずの成果。
 昨年、同じ時期に粟ヶ岳から見た守門岳は真っ白だったが、今年はさすがに雪は少ないとの事。それでも広い尾根は残雪タップリだった。
 下りで尾根を間違えて少し戸惑ったが、登りに付けておいた赤テープが役にたった。用心用心。

 明日は浅草岳を目指す。

追記:下山時、気温が上がってブヨ(ブト)にまとわりつかれた。両耳から出血。下山後にサンダルに履き替えていると、足まで刺された。これからの季節、注意して下さい。
訪問者数:691人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ