ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873339 全員に公開 ハイキング奥秩父

【秀麗冨岳十二景1番山頂】雁ヶ腹摺山&姥子山。ミツバツツジが咲き始めていました。

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー machida-kuma
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■大峠まで自宅から車で往復しました。駐車スペースは、十数台ありましたが路肩に停めている方もいました(9時30分時点)。
■林道は走りやすい道です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
26分
合計
4時間45分
S大峠(大ドウミ)09:2510:25雁ヶ腹摺山10:3511:33姥子山東峰11:3913:20雁ヶ腹摺山13:3014:10大峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■距離:6.12km
■累積標高差:+723m/-717m
■コースタイム:3時間56分<係数:1.2>
■行動時間:9時25分-14時10分<4時間45分=4時間19分+26分>
コース状況/
危険箇所等
■特に危険な所はありませんが、姥子山からの雁ヶ腹摺山への登りは、急斜面をほぼ直登気味に登って行きます。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

今日は、ここがスタート地点。車の駐車スペースが十数台分あります。また、簡易トイレもありました。
2016年05月15日 09:17撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、ここがスタート地点。車の駐車スペースが十数台分あります。また、簡易トイレもありました。
3
富士山がぼんやりと見えていましたが、今日一日で、一番良く見えていたほうです。
2016年05月15日 09:18撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がぼんやりと見えていましたが、今日一日で、一番良く見えていたほうです。
2
こちらは黒岳方面への登山口。
2016年05月15日 09:25撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは黒岳方面への登山口。
ここから山道に入ります。
2016年05月15日 09:25撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山道に入ります。
直ぐに水場が出てきました。
2016年05月15日 09:29撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに水場が出てきました。
苔むした岩も出てきます。
2016年05月15日 09:33撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした岩も出てきます。
ツツジが咲き始めていました。ミツバツツジかな?
2016年05月15日 09:34撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが咲き始めていました。ミツバツツジかな?
桟橋が壊れている所がありましたが、沢の上を巻くようになっています。
2016年05月15日 09:35撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟橋が壊れている所がありましたが、沢の上を巻くようになっています。
長い桟橋もありましたが、左手の沢は、多いな岩が重なり合っています。
2016年05月15日 09:45撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い桟橋もありましたが、左手の沢は、多いな岩が重なり合っています。
樹林から黒岳が見えてきました。いつか、行かなければ。
2016年05月15日 09:48撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林から黒岳が見えてきました。いつか、行かなければ。
標識も所々にありますので、迷いようがありません。
2016年05月15日 09:52撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識も所々にありますので、迷いようがありません。
新緑が気持ち良いです。
2016年05月15日 10:02撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が気持ち良いです。
1
富士山のビューポイントですが、霞んで良く見えません。
2016年05月15日 10:12撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山のビューポイントですが、霞んで良く見えません。
右が湯ノ沢峠で、左が滝子山です。この稜線は、来月歩く予定です。
2016年05月15日 10:17撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が湯ノ沢峠で、左が滝子山です。この稜線は、来月歩く予定です。
カヤトの原に出ました。姥子山へは右に行く様です。
2016年05月15日 10:22撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤトの原に出ました。姥子山へは右に行く様です。
微かに富士山が見えています。
2016年05月15日 10:24撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微かに富士山が見えています。
1
秀麗冨岳十二景、残すは大蔵高丸とハマイバ丸です。
2016年05月15日 10:25撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗冨岳十二景、残すは大蔵高丸とハマイバ丸です。
1
姥子山に向けて下りますが、結構な斜度です。
2016年05月15日 10:37撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥子山に向けて下りますが、結構な斜度です。
気持ちが癒されます。
2016年05月15日 10:55撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちが癒されます。
地形からして白樺平かな?林道までは、もうすぐです。
2016年05月15日 11:06撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形からして白樺平かな?林道までは、もうすぐです。
林道が見えてきました。これを横切って姥子山に向かいます。
2016年05月15日 11:12撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が見えてきました。これを横切って姥子山に向かいます。
尾根道が細くなってきます。
2016年05月15日 11:21撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道が細くなってきます。
山頂直下にイワカガミが咲いていました。
2016年05月15日 11:28撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下にイワカガミが咲いていました。
3
姥子山山頂に着きましたが、富士山は雲の中に隠れてしまっています。
2016年05月15日 11:33撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥子山山頂に着きましたが、富士山は雲の中に隠れてしまっています。
1
下って来た雁ヶ腹摺山ですが、これを登り返さないと思うと気が滅入って来ます。
2016年05月15日 11:33撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って来た雁ヶ腹摺山ですが、これを登り返さないと思うと気が滅入って来ます。
1
肉眼では富士山の頂上がうっすらと見えていました。しばし展望を楽しみましたが、なかなか山座同定は出来ません。
2016年05月15日 11:39撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼では富士山の頂上がうっすらと見えていました。しばし展望を楽しみましたが、なかなか山座同定は出来ません。
3
午前中よりツツジが開花しているように感じます。
2016年05月15日 11:58撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前中よりツツジが開花しているように感じます。
3
金山峠の分岐まで戻って来ました。いつかは、ここを下って見たいものです。
2016年05月15日 12:17撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山峠の分岐まで戻って来ました。いつかは、ここを下って見たいものです。
ところどころにツツジが纏まって咲いている箇所があります。
2016年05月15日 12:20撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころにツツジが纏まって咲いている箇所があります。
1
結構急な斜面が続きます。
2016年05月15日 12:55撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構急な斜面が続きます。
ようやく山頂直下のカヤトに戻って来ました。ここからは下るだけと思うと、気持ちが軽くなります。
2016年05月15日 13:17撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂直下のカヤトに戻って来ました。ここからは下るだけと思うと、気持ちが軽くなります。
途中で見かけた巨木。複雑に絡み合っています。
2016年05月15日 13:36撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で見かけた巨木。複雑に絡み合っています。
苔むした岩と新緑の組み合わせが、なかなかいい感じです。
2016年05月15日 13:40撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした岩と新緑の組み合わせが、なかなかいい感じです。
水場まで戻って来ました。登山口までもう少しです。
2016年05月15日 14:05撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場まで戻って来ました。登山口までもう少しです。
無事下山!駐車している車は、数台になっていました。この辺の土地勘も出来て、今後の山行計画に反映できそうです。
2016年05月15日 14:08撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山!駐車している車は、数台になっていました。この辺の土地勘も出来て、今後の山行計画に反映できそうです。
1

感想/記録

<腰の手術後2ケ月+6日>
まだコルセットは取れていませんが、今回は、「秀麗冨岳十二景」で残っている「一番山頂」の雁ヶ腹摺山と姥子山を歩いて来ました。この領域はバスの便が悪く、今回は大峠からの姥子山までのピストンとなりました。

大峠から雁ヶ腹摺山までは、自然林の中を気持ちよく歩けます。所々には、ツツジの芽も出ていて、一部は咲き始めていました。山頂からの富士山は、霞でぼんやりとしか見えませんでした。

雁ヶ腹摺山から姥子山までは、標高差400m弱を一気に下ります。かなりの急斜面をストレートに下って行く感じです。これは、登り返しが大変だなと思いながら下って行きましたが、案の定、帰りの登り返しでは、ばて気味になりました。

一旦林道を渡って姥子山に向かいますが、尾根が細くなり岩場も出てきます。山頂は狭く絶壁になっています。生憎富士山は全く見えずに、金山峠に下るパーティと分かれて、登り返しに突入しますが、なかなか足が前に進みません。今回は、コース取りを間違えたかな?と思いながら雁ヶ腹摺山の山頂を目指します。

山頂からの下りは、新緑の中をほんとうに気持ちよく歩けました。今回歩いたルートには、植林がないので自然林の中を気持ちよく歩けるルートです。これで、秀麗冨岳十二景は、残すところ大蔵高丸とハバイマ丸です。

ちなみに秀麗冨岳十二景の山行記は、以下の日記に整理しています。
http://www.yamareco.com/modules/diary/69690-detail-109658

また、腰の病気は、脊柱管狭窄症と言う病気で、詳細は以下を参照願います。歩行困難になります。皆さんもご注意ください。
http://kanja.ds-pharma.jp/health/koshimage/qanda_01.html

訪問者数:281人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/4/23
投稿数: 55
2016/5/26 10:33
 こんにちは
同じくらいの時間い山頂に居合わせたようですね
雁ヶ腹摺山への登り返しはイヤになりませんでしたか?
登録日: 2013/10/23
投稿数: 31
2016/5/26 19:59
 Re: こんにちは
ananan さん

コメントありがとうございます。
御指摘の通りです。
うんざりしました。
考えてみれば、一日で雁ケ腹摺山を二度登ったことになります。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ