ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877334 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿セブン稜線つなぎで鎌尾根から大迫力の鎌ヶ岳へ♪

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー kettini(CL), maama(記録)
天候気持ちのいい〜快晴♪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮妻峡バンガロー村駐車場から少し登ったカズラ谷登山口近くのスペース
数台停められます。
朝7時に1番のりで下山後6台ほど停まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
1時間52分
合計
7時間37分
Sスタート地点07:0807:33水沢峠登山口07:3707:40奥ノ沢登山口(林道出合570m)08:41イワクラ谷分岐08:4508:56磐座(イワクラ)尾根09:0009:06イワクラ尾根分岐09:0809:26水沢峠09:3209:54水沢岳10:0010:39鎌尾根5峰10:4511:35尾根分岐11:4111:43岳峠11:5011:54鎌ヶ岳12:5813:11岳峠13:1213:16尾根分岐13:1713:28カズラ谷分岐13:2913:58水場14:29カズラ滝14:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト見当たりませんでした。
トイレは宮妻峡バンガロー村にあります。
 (和式ですがトイレットペーパーありの水洗トイレです)

【奥の沢登山口〜イワクラ尾根分岐】
 渡渉を数回繰り返します。このコースを登りで使うのは踏み跡がほとんどなく
 非常にわかり難いです。迷い迷い分岐に辿りつきました。
【イワクラ尾根分岐〜水沢岳】
 やせ尾根・急登・ザレ場がありますが慎重に行けば問題ありません。
 「馬の背渡り」は悪天候時は危険です。
【水沢岳〜鎌ヶ岳】
 アップダウンを繰り返しながらの鎌尾根です。
 途中キノコ岩といわれる、花崗岩のザレ場の急降下がありますが
 左端から降りると問題ないです。
 衝立岩の横のロープの岩場も、カニのヨコバイも慎重に行けば問題ありません。
その他周辺情報★下山後のお薦め温泉
「アクアイグニス」
http://aquaignis.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

鎌ヶ岳・カズラ谷登山口の横の林道からスタートです。
車は立入禁止だけと人間は通れます(^^)
2016年05月21日 07:07撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳・カズラ谷登山口の横の林道からスタートです。
車は立入禁止だけと人間は通れます(^^)
2
名前はわかりませんが、この白い花と
2016年05月21日 07:14撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前はわかりませんが、この白い花と
7
タニウツギや藤の花が咲いていました。
2016年05月21日 07:22撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギや藤の花が咲いていました。
8
本日登る鎌ヶ岳が見えています。
雲一つないお天気です♪
新緑がまぶしいね〜♪

追記・鎌ヶ岳と思っていた山は冠山でした(^^ゞ
2016年05月21日 07:19撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日登る鎌ヶ岳が見えています。
雲一つないお天気です♪
新緑がまぶしいね〜♪

追記・鎌ヶ岳と思っていた山は冠山でした(^^ゞ
10
水沢峠登山口がでてきましたが、今日はここからは登りません。
2016年05月21日 07:41撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢峠登山口がでてきましたが、今日はここからは登りません。
2
稜線をつなげるために奥の沢登山口からイワクラ尾根の分岐へと進みます。
2016年05月21日 07:45撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線をつなげるために奥の沢登山口からイワクラ尾根の分岐へと進みます。
3
最初はこんな感じですが、このルートを登りに使うのは大変でした!
2016年05月21日 07:46撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じですが、このルートを登りに使うのは大変でした!
踏み跡不明瞭で迷い迷いながら通報ポイント2へ。
2016年05月21日 08:03撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡不明瞭で迷い迷いながら通報ポイント2へ。
1
迷い迷いながら通報ポイント3があってほっとする。
2016年05月21日 08:17撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迷い迷いながら通報ポイント3があってほっとする。
1
通報ポイント4の手前で初めて人に会ってほっとする。朝早いのもあるけど、この人だけしか会っていない。
2016年05月21日 08:31撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通報ポイント4の手前で初めて人に会ってほっとする。朝早いのもあるけど、この人だけしか会っていない。
1
さて、どっちに進もうか?
こんな感じじゃあ結構時間がかかるぞ〜と相方。
2016年05月21日 08:32撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、どっちに進もうか?
こんな感じじゃあ結構時間がかかるぞ〜と相方。
4
やっとイワクラ谷の分岐に到着しました!この標識を見つけた時は嬉しかったなあ〜ここまでで結構疲れました(^^ゞ
2016年05月21日 08:47撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとイワクラ谷の分岐に到着しました!この標識を見つけた時は嬉しかったなあ〜ここまでで結構疲れました(^^ゞ
2
登ってきた谷を振り返って。
2016年05月21日 08:47撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた谷を振り返って。
さあ!とりあえず水沢峠目指して頑張ろっ!
2016年05月21日 08:48撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ!とりあえず水沢峠目指して頑張ろっ!
1
あっ。鎌が見えた〜!ここでちょっと元気になる(笑)
2016年05月21日 09:03撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっ。鎌が見えた〜!ここでちょっと元気になる(笑)
6
あれ?もしや、あの手前の白い部分は「馬の背渡り」では?1番最初の難所です。
2016年05月21日 09:04撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?もしや、あの手前の白い部分は「馬の背渡り」では?1番最初の難所です。
3
イワカガミがたくさん咲いていました。
2016年05月21日 09:12撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミがたくさん咲いていました。
5
ここは右側がザレて切れおちてますが左端を歩けば大丈夫です。
2016年05月21日 09:19撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右側がザレて切れおちてますが左端を歩けば大丈夫です。
7
振り返るとこんな感じ。
2016年05月21日 09:22撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ。
4
はるか遠くに「馬の背渡り」が見えています。ドキドキ!かなりビビッています。
2016年05月21日 09:20撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるか遠くに「馬の背渡り」が見えています。ドキドキ!かなりビビッています。
3
水沢峠にきました。ここで水分補給。今日は暑い。
2016年05月21日 09:32撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢峠にきました。ここで水分補給。今日は暑い。
水沢岳に到着しました!
あれ?ってことは〜「馬の背渡り」は通過してたのね〜(笑)
2016年05月21日 10:00撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢岳に到着しました!
あれ?ってことは〜「馬の背渡り」は通過してたのね〜(笑)
8
三角点タッチ
2016年05月21日 10:00撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
8
シロヤシオやヤマツツジが咲いていました。
2016年05月21日 10:03撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオやヤマツツジが咲いていました。
7
振り返ると入道が岳・野登山・仙ヶ岳のパノラマ♪
2016年05月21日 10:02撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると入道が岳・野登山・仙ヶ岳のパノラマ♪
3
少し歩くと鎌ヶ岳の頂が顔を出しました。衝立岩も見えます。
2016年05月21日 10:07撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと鎌ヶ岳の頂が顔を出しました。衝立岩も見えます。
5
鎌をズームにしてみたくなります(^^)
2016年05月21日 10:07撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌をズームにしてみたくなります(^^)
10
イブネ・東雨乞岳・雨乞岳も見えます♪
2016年05月21日 10:08撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ・東雨乞岳・雨乞岳も見えます♪
3
さらに進むと2番目の難所!ザレ場の下降です。
振り返って見上げると・・
2016年05月21日 10:15撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進むと2番目の難所!ザレ場の下降です。
振り返って見上げると・・
9
風化した花崗岩は鈴鹿のカッパドキアや〜♪
左端から木を掴みながら下りることが出来ますよ(^^)v
2016年05月21日 10:15撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風化した花崗岩は鈴鹿のカッパドキアや〜♪
左端から木を掴みながら下りることが出来ますよ(^^)v
7
キノコ岩というそうです。やっぱりカッパドキアや(笑)
2016年05月21日 10:16撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ岩というそうです。やっぱりカッパドキアや(笑)
5
この辺り気持ちのいい稜線♪新緑の奥に鎌ヶ岳
2016年05月21日 10:19撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り気持ちのいい稜線♪新緑の奥に鎌ヶ岳
5
鎌がだんだん近づいてきます。
2016年05月21日 10:29撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌がだんだん近づいてきます。
2
同じような写真ばかり撮っています(笑)
2016年05月21日 10:32撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じような写真ばかり撮っています(笑)
2
新緑とシロヤシオと鎌ヶ岳と衝立岩
2016年05月21日 10:38撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑とシロヤシオと鎌ヶ岳と衝立岩
6
衝立岩が近づいてきました。
2016年05月21日 10:41撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衝立岩が近づいてきました。
3
シロヤシオはほとんど終盤ですが、ここのは元気!
シャクナゲは散りかけで「私を写さないで〜」と言ってました。
2016年05月21日 10:52撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオはほとんど終盤ですが、ここのは元気!
シャクナゲは散りかけで「私を写さないで〜」と言ってました。
7
ベニドウダンも咲いていました。
2016年05月21日 10:53撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベニドウダンも咲いていました。
3
衝立岩にきました。
2016年05月21日 10:51撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衝立岩にきました。
1
左側に巻いて鎖で登ります。
2016年05月21日 10:52撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側に巻いて鎖で登ります。
2
10分ほどで展望のいい岩場です。御池岳の天狗の鼻みたいな。
2016年05月21日 11:04撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで展望のいい岩場です。御池岳の天狗の鼻みたいな。
20
イブネ・東雨乞岳・雨乞岳
2016年05月21日 11:03撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ・東雨乞岳・雨乞岳
4
綿向山も見えているんでしょうね
2016年05月21日 11:03撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿向山も見えているんでしょうね
2
仙ヶ岳・野登山に歩いてきた稜線
2016年05月21日 11:03撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙ヶ岳・野登山に歩いてきた稜線
2
水沢岳に入道ヶ岳
2016年05月21日 11:03撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢岳に入道ヶ岳
2
いよいよ鎌ヶ岳の前の最後の小ピークだけです。
2016年05月21日 11:14撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ鎌ヶ岳の前の最後の小ピークだけです。
4
その後ろには御在所岳
2016年05月21日 11:18撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後ろには御在所岳
3
岩場・ザレ場のあとのこんな稜線は気持ちいいです♪心地よい風がクールダウンしてくれます♪
2016年05月21日 11:21撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場・ザレ場のあとのこんな稜線は気持ちいいです♪心地よい風がクールダウンしてくれます♪
7
この岩は仏岩に似ていますね(笑)
2016年05月21日 11:23撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩は仏岩に似ていますね(笑)
4
うわっ!大迫力!!
鈴鹿のマッターホルンや槍と言われるのも頷けます。
2016年05月21日 11:24撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわっ!大迫力!!
鈴鹿のマッターホルンや槍と言われるのも頷けます。
9
シロヤシオと鎌ヶ岳の競演♪
2016年05月21日 11:23撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオと鎌ヶ岳の競演♪
3
振り返って歩いてきた鎌尾根
2016年05月21日 11:27撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って歩いてきた鎌尾根
4
ミニ・シロヤシオのトンネル
2016年05月21日 11:38撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニ・シロヤシオのトンネル
1
3番目の難所。カニのヨコバイにきました。
2016年05月21日 11:42撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3番目の難所。カニのヨコバイにきました。
4
ん?ちょっと拍子抜け。もっと怖いかと思ったけど(笑)
みなさん私でも行けます。大丈夫です(^^)v
2016年05月21日 11:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん?ちょっと拍子抜け。もっと怖いかと思ったけど(笑)
みなさん私でも行けます。大丈夫です(^^)v
4
岳峠に到着!
あともう一息だ〜!
2016年05月21日 11:48撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳峠に到着!
あともう一息だ〜!
1
長石谷への分岐がありました。来年はここから登ってこなくちゃ〜!
2016年05月21日 11:55撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石谷への分岐がありました。来年はここから登ってこなくちゃ〜!
いよいよ最後の登りです。真ん中の岩場を登って行きます。
2016年05月21日 11:55撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ最後の登りです。真ん中の岩場を登って行きます。
1
岩場を登って振り返る
2016年05月21日 12:01撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登って振り返る
1
山頂に到着しました〜♪
天照大神が祀ってある祠に参拝です。
今日も無事な登頂ありがとうございました♪
2016年05月21日 12:09撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着しました〜♪
天照大神が祀ってある祠に参拝です。
今日も無事な登頂ありがとうございました♪
3
鎌ヶ岳の狭い山頂は人でいっぱいです!人が写りこまないようにしたらこんな感じになってしまいます(笑)
2016年05月21日 12:10撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳の狭い山頂は人でいっぱいです!人が写りこまないようにしたらこんな感じになってしまいます(笑)
6
家族連れのお母さんに撮っていただきました♪ 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 家族連れのお母さんに撮っていただきました♪
14
こんな視界良好の鎌ヶ岳山頂は初めて(^^)v
2016年05月21日 12:12撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな視界良好の鎌ヶ岳山頂は初めて(^^)v
4
御在所からイブネ・東雨乞岳・雨乞岳がきれいに見えています♪
この景色を目の前にして
2016年05月21日 12:51撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所からイブネ・東雨乞岳・雨乞岳がきれいに見えています♪
この景色を目の前にして
3
お昼ご飯はおにぎりと豚汁♪
疲れた時にはこの塩っけがいい〜♪ 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼ご飯はおにぎりと豚汁♪
疲れた時にはこの塩っけがいい〜♪
11
そしてこの甘さもいい〜♪
雨乞岳とイブネにカンパイ!
2016年05月21日 12:45撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこの甘さもいい〜♪
雨乞岳とイブネにカンパイ!
9
では名残惜しいですが下山です。
2016年05月21日 13:02撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では名残惜しいですが下山です。
2
下界まできれいに見えています。
2016年05月21日 13:04撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界まできれいに見えています。
3
下山はカズラ谷へ下ります。ここから一気に下るのみ!
2016年05月21日 13:18撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はカズラ谷へ下ります。ここから一気に下るのみ!
1
途中に雲母峰への分岐がありました。
2016年05月21日 13:32撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に雲母峰への分岐がありました。
1
この青看板に従って進めば大丈夫です!落ち葉が滑りやすいので気をつけて♪
2016年05月21日 13:53撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この青看板に従って進めば大丈夫です!落ち葉が滑りやすいので気をつけて♪
1
カズラ滝まできました。ここから3回渡渉をすると
2016年05月21日 14:36撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カズラ滝まできました。ここから3回渡渉をすると
9
カズラ谷登山口へ戻ってきました。
2016年05月21日 14:49撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カズラ谷登山口へ戻ってきました。
2

感想/記録
by maama

鈴鹿セブンの稜線を繋げるのも、あと少しになってきました。
今回は入道ヶ岳と鎌ヶ岳を繋げるため、宮妻峡から水沢峠→水沢岳(宮越岳)を経て、鎌尾根を縦走して、鎌ヶ岳をめざします。
いよいよ・・・とうとう・・・ついに鎌尾根を歩くことになりました!!
行く前から緊張していました。
天気予報は晴れで、風もなさそうなので、とりあえずほっとしました。

いつもより早めの朝6時に自宅を出発して宮妻峡へ。バンガロー村から少し登り、カズラ谷登山口がある数台停められるスペースに駐車して、まずは林道を歩きます。
奥の沢を渡渉を繰り返しながら、イワクラ尾根分岐まで登ります。
以前下山で歩いた道ですが、登りで使うのは踏み跡がほとんどなく
迷いながら、通報ポイントの標識を見つけてはほっとして次に進むの繰り返しでした。
イワクラ尾根分岐までで、とても疲れました。 

そしてここからは初めて歩く道。水沢峠を経て水沢岳へ。
(ナビもみずさわといいますが本当はすいざわと読みます)
水沢峠から水沢岳への登りは、最初から急登で、木の根や枝につかまりながら、少しずつ登っていきます。
途中に「馬の背渡り」と呼ばれる両側が切れ落ちたザレ場があります。ここは私にとって3箇所ある難所の一つ目!遠くに見えていた時からビビッていました。
・・が、戸隠山の蟻の塔渡りやナイフリッジのように想像していたので
実際にその核心部に着た時、「こんなものじゃないだろ」「まだ先にあるはず」と
そこが「馬の背渡り」と思わずに通過してしまいました(笑)
でも、確かに強風や悪天候の際はギブアップしそうな所でした。
滑り落ちないように両手両足でザレ場をはいつくばって慎重に進みました。これを下りに使うのは私には無理です。

水沢岳山頂は登山道の真ん中に三等三角点があります。
ここから振り返ると、入道ヶ岳、野登山、宮指路岳、仙ヶ岳が見えました。
少し進むと鎌ヶ岳の頂部が見えてきます。
さらに進むと、ガレ場に出てきますが、ここからは、これから歩く鎌尾根と途中にある衝立岩、そして鎌ヶ岳がきれいに見渡すことができます。
眺望を楽しんだら、ザレ場の下りです。
ここが二つ目の難所です。キノコ岩と呼ばれる花崗岩の風化したザレ場ですが
左端を木の枝などにつかまりながら下ることができます。
ザレ場の中央部分の花崗岩の間を下降するツワモノもいるようですが、もちろん左端を通りました。
その後、シロヤシオやシャクナゲが咲いている快適な稜線歩きがありますが、シャクナゲは
ほとんど終わっていました。
今日は土曜日でこんなにいい天気なのに、鎌尾根を歩く人が少なかったのは
花のピークが過ぎたからでしょうか?
前方には鎌ヶ岳までの稜線が見えていて、次第に鎌ヶ岳が迫ってくる様子は何とも言えません。
衝立岩の岩場に突き当たると、ここは左に回り込む道があり、鎖場になっているので、ここを登っていくと衝立岩左側の頂部の岩場に到着しました。
ここからの眺望もまた抜群でした。綿向山、雨乞岳、イブネ、御在所岳と並んでいます。

鎌尾根の終点に近づくにつれて、鎌ヶ岳の姿が徐々に迫力を増してくるのが圧巻でした。
そそり立つ姿は鈴鹿のマッターホルンや槍ヶ岳ともいわれるほどの存在感!
天気がいい日にこの景色を見れたのが嬉しいです。 

鎌尾根の最後に小さなキレットがあり、左手の岩壁に鎖が取り付けてあります。
ミニ・カニのヨコバイとも呼ばれている箇所です。
ここが三つ目の難所ですが、ちょっと拍子抜けするぐらい怖くありませんでした。 

鎌ヶ岳の狭い山頂は、愛知県からのパーティーを含む30人から40人の人出でした。
天照大神を祀った祠に今日の無事な登頂のお礼と下山のお願いをして、お昼休憩にします。
今日のような視界良好の鎌ヶ岳山頂は初めてなので、雨乞岳やイブネを見ながら食後のコーヒーブレイクもして下山しました。
訪問者数:486人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/23
投稿数: 1955
2016/5/22 15:55
 鎌尾根ですか
maamaさん
こんにちは
kettiniさん
はじめまして
鈴鹿セブンの中で好きではない鎌。
はっきりいって2回目はないかななんて思っておりますが(笑)
あのヘッピリ腰では
鎌尾根なんて・・・
シロヤシオも終盤戦のようで間もなく見納めでしょうか?
白い花はウツギっぼい感じですが難しいですね❗
登録日: 2013/5/28
投稿数: 247
2016/5/22 18:17
 Re: 鎌尾根ですか
kazuさん こんにちはnote
私も 鎌<御在所 鎌<竜ヶ岳 と思っていたんですが・・・
初めて南側から見る鎌の雄姿に言葉が出ないほどの
感動がありましたshineshine
私のへっぴり腰でも行けたのですから、kazuさんなら大丈夫!
一度鎌尾根経験してください。本当にお薦めします
秋の紅葉シーズンにまた行きたいな〜と思っています。
ただ・・今更いうのも変ですが
「馬の背渡り」は第三の何者かが私の背中を押してくれたような(笑)

白い花はウツギのようなオオカメノキのようなヤマアジサイのような
難しいですね・・・
登録日: 2011/1/23
投稿数: 1820
2016/5/22 20:36
 鎌尾根 楽しかったでしょう
maamaさん こんばんは
「奥の沢」は登りで使うと分かりにくいですか?いつも鎌尾根へは林道の手前の道で水沢峠へ行っちゃうので使ったことがありませんが・・・
鎌尾根もお天気がいいとホントにいい尾根道でしょう。宮越山(水沢岳)までは確かに急登や馬の背もありますが釈迦と同じで怖くないでしょ。
それと、鎌尾根がいいのはキノコ岩から衝立岩までの稜線歩きですよね。
そして、鎌尾根1峰を越えて岳峠まで来ると鎌ヶ岳の頂上からこっちを見てる人の視線が気になって・・・・手を振りませんでしたか?
何はともあれ、暑い中、お疲れ様でした。
どうでもいいけど、僕的には鎌尾根よりイワクラ尾根の方が道も痩せてるし急なので苦手だなぁ〜
最近、鎌尾根には行ってないけどまた挑戦しようかな。
登録日: 2012/4/28
投稿数: 766
2016/5/22 21:00
 鎌尾根…。
前々から山行計画をしてますが、まだ実現してないっす…。
自分のなかではすっかり長野モード💦
週末は長野にいる名古屋市在住の島崎三歩でした♪
登録日: 2013/5/28
投稿数: 247
2016/5/23 13:50
 Re: 鎌尾根 楽しかったでしょう
sugi-chanさん こんにちは〜 note
鎌尾根楽しかったです
sugi-chanさんがお気に入りなのが良くわかりました〜
キノコ岩からの鎌がだんだん近づいてくる稜線歩きは最高でした happy01
ちなみに手は振っていません(笑)

「馬の背」は怖くないですか?
あそこだけは緊張しました!でもレコとかで見た写真と
実際の感じが違ってたんですよね〜
だから、また秋に行って確かめたいような、行きたくないような(笑)

奥の沢は「どうしても」の必要性がない場合は
登りに使うのはお薦め出来ないと思いました。
沢沿いに登るのですから、とんでもない所に行くことはありませんが
沢の右と左に分かれて道を探すところが、数回ありました。
水沢峠へ行くのが無難でしょう。次回はそうします
登録日: 2013/5/28
投稿数: 247
2016/5/23 13:59
 Re: 鎌尾根…。
すっかり週末長野県民になっているedusさん、こんにちは〜 note
このまま秋まで100名山ぶっちぎりですね〜
11月ぐらいに鈴鹿に戻ってくる予定ですか?
上高地の「カツラの木通りedus店」の開店に間に合わせるように
鎌尾根良かったですよ〜 お先に行ってきました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ