ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877925 全員に公開 ハイキング関東

小金沢山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山(富嶽十二景、二番)富士山見えず

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー i-esprit
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR甲斐大和駅からバスで小屋平BS
すずらん昆虫館前BSからバスでJR甲斐大和駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間24分
休憩
41分
合計
5時間5分
S小屋平バス停(石丸峠入口)08:2609:35石丸峠09:3909:49天狗棚山10:0210:20狼平11:10小金沢山11:1812:02牛奥ノ雁ヶ腹摺山12:1713:28すずらん昆虫館前13:2913:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今日は、富嶽十二景の二番、小金沢山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山を登りました。
<小屋平BSから小金沢山>
JR甲斐大和駅8時前の上日川峠行きの臨時バスで小屋平まで。小屋平バス停から石丸峠を目指します。歩き始めは8時30分前でした。
いきなりの急登なので、ゆっくり登るのが吉でしょう。
途中林道を横切るのですが、昨年の9月同様、林道の法面は崩れたままでした。
石丸峠手前で小金沢山が見えてきました。でも富士山は見えません。
石丸峠で小休止。笹原の中を熊沢山へ続くコースの感じが好きです。
石丸峠から天狗棚山に向かいます。天狗棚山は小ピークですが、相模川と多摩川との分水嶺の起点なので、侮れない存在です。
前回(昨年9月)同様、山頂では無線をやっている方がいました。電波が良く飛ぶのでしょうね。
天狗棚山からの眺めも良いのですが、今日は見通しが良くなくて残念。
ここから笹原が広がる狼平に降りて小金沢山に向かいます。
小金沢山手前の樹林帯は、高低差はそれほどでもないのですが、意外と歩き甲斐がある箇所でした。途中、コースアウトして、アスレチックのようなコースに間違って入ってしまいました。
小金沢山からも富士山は見えませんでした。
<小金沢山からすずらん昆虫館前BS>
ここから牛奥ノ雁ヶ腹摺山に向かいます。この区間は比較的フラットで笹原と明るい樹林帯が続きます。吹く風も気持ちよいです。鹿害なのか木の低い部分の樹皮がはがれているのが目立ちました。
牛奥ノ雁ヶ腹摺山からも富士山は見えませんでした。
ここから、すすらん昆虫館前BSに向かい降りていきました。道標は日川林道、県道バス停などの表示でした。下り始めは立ち枯れの林の山腹を下ります。景色の良い露岩が所々にあり登りに使うのも良さそうです。
日川林道を横切る手前で伐採された斜面を下ります。眺めは良いのですが、日差しが強く暑かったですね。日川林道を横切った後も、伐採された斜面の端を下ります。
程なく林道に出て再びハイキングコースに入り、すずらん昆虫館につきました。
急な下りはあまりなく、ひざへの負担も少ないはすなのですが、結構ひざが痛くなりました。
これで、富嶽十二景の全19座中、13座完です。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ
ズボン
靴下
グローブ 軍手
防寒着
雨具
AKU GTX
ザック 30L
昼ご飯
飲料 0.7L
レジャーシート
個人装備品
数量
備考
地図(地形図)
ヘッドランプ
GPS GARMIN eTrex30x
筆記用具
保険証
携帯
時計
タオル
ストック
カメラ D700 D-M10

写真

甲斐大和駅のベンチ:座布団がいいですね。
2016年05月21日 07:14撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐大和駅のベンチ:座布団がいいですね。
小屋平BSからの登り口。「単独登山はやめましょう」の看板があります。前回も気にしながら登りはじめました。
2016年05月21日 08:26撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋平BSからの登り口。「単独登山はやめましょう」の看板があります。前回も気にしながら登りはじめました。
1
石丸峠手前から見た小金沢山。小金沢山の右側をいくら見ても富士山は見えませんでした。
2016年05月21日 09:25撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠手前から見た小金沢山。小金沢山の右側をいくら見ても富士山は見えませんでした。
3
行く手には、小ピークの天狗棚山。相模川と多摩川の分水嶺の起点なので侮れない存在です。
2016年05月21日 09:32撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手には、小ピークの天狗棚山。相模川と多摩川の分水嶺の起点なので侮れない存在です。
3
石丸峠から熊沢山に続くルート。笹原なのでルートがはっきり見えます。
2016年05月21日 09:41撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠から熊沢山に続くルート。笹原なのでルートがはっきり見えます。
2
天狗棚山の岩
2016年05月21日 10:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗棚山の岩
1
天狗棚山の花。ヘビイチゴ?
2016年05月21日 10:02撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗棚山の花。ヘビイチゴ?
1
すみれ?
2016年05月21日 10:02撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すみれ?
1
狼平から小金沢山を見たところ
2016年05月21日 10:15撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平から小金沢山を見たところ
2
狼平の道標。かなり剥げていました。道標の後ろにはガラスが散乱していました。残念。
2016年05月21日 10:17撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平の道標。かなり剥げていました。道標の後ろにはガラスが散乱していました。残念。
狼平から見た天狗棚山(右)、熊沢山(左)
2016年05月21日 10:20撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平から見た天狗棚山(右)、熊沢山(左)
小金沢山手前の樹林帯。高低差はあまりない割には疲れます。
2016年05月21日 10:52撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山手前の樹林帯。高低差はあまりない割には疲れます。
小金沢山山頂。
2016年05月21日 11:18撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山山頂。
2
奥に見えるのが牛奥ノ雁ヶ腹摺山?
2016年05月21日 11:32撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に見えるのが牛奥ノ雁ヶ腹摺山?
1
シロバナヘビイチゴ
2016年05月21日 11:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナヘビイチゴ
歩き易い尾根道。牛奥ノ雁ヶ腹摺山が見えます。
2016年05月21日 11:57撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き易い尾根道。牛奥ノ雁ヶ腹摺山が見えます。
牛奥ノ雁ヶ腹摺山山頂から見た富士山方向。やはり富士山は見えず残念でした。
2016年05月21日 12:03撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ヶ腹摺山山頂から見た富士山方向。やはり富士山は見えず残念でした。
1
牛奥ノ雁ヶ腹摺山西側斜面。立ち枯れ?
2016年05月21日 12:19撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ヶ腹摺山西側斜面。立ち枯れ?
若々しい葉っぱ
2016年05月21日 12:36撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若々しい葉っぱ
1
木の階段。見た目はそれほど経たっていないように見えますが、ガタついているものもあるので要注意です。
2016年05月21日 12:39撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の階段。見た目はそれほど経たっていないように見えますが、ガタついているものもあるので要注意です。
雰囲気のある道標が数多く設置されていました。
2016年05月21日 12:45撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気のある道標が数多く設置されていました。
日川林道手前からの景色。伐採されているので暑い。
2016年05月21日 12:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日川林道手前からの景色。伐採されているので暑い。
日川林道に設置されている道標。
2016年05月21日 13:00撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日川林道に設置されている道標。
林道に出ました。
2016年05月21日 13:06撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
林道沿いの花。エニシダ?
2016年05月21日 13:10撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道沿いの花。エニシダ?
エニシダ?
2016年05月21日 13:10撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エニシダ?
1
すずらん昆虫館手前にあった電波中継所?
トラ?のイラストがナイス
2016年05月21日 13:28撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん昆虫館手前にあった電波中継所?
トラ?のイラストがナイス

感想/記録

・富嶽十二景の中では標高が最も標高が高い小金沢山、2番目に高い牛奥ノ雁ヶ腹摺山ですが、バスで標高を稼げ、かつ急坂や岩場が無いので、難易度としては、低いコースでした。
・栄和交通バスは、現金のみ。電子マネーが使えないのは、不便ですね。
訪問者数:207人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ