ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889091 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

三ノ瀬〜山ノ神土〜黒えんじゅ〜笠取小屋〜笠取山〜唐松尾山〜山ノ神土〜三ノ瀬

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー BIMOTA
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
民宿・みはらし(日帰り500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間8分
休憩
12分
合計
7時間20分
S民宿みはらし04:1604:17将監登山道入口05:38山ノ神土07:01黒エンジュ分岐07:14シラベ尾根分岐07:42笠取小屋07:4708:12笠取山西峰08:17笠取山08:34水干尾根分岐09:48唐松尾山09:5510:33山ノ神土11:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
平和そのものの道。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

登山口
2016年06月04日 04:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
しばらく林道歩き
2016年06月04日 04:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく林道歩き
途中から牛王院平方面へ
開けた感じのいい道
2016年06月04日 05:29撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から牛王院平方面へ
開けた感じのいい道
1
ココで縦走路と合流
2016年06月04日 05:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココで縦走路と合流
山の神土
2016年06月04日 05:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神土
富士山もキレイに見える
2016年06月04日 05:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もキレイに見える
1
巻き道を笠取小屋へ
2016年06月04日 06:11撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道を笠取小屋へ
いたるところに沢があって水には困らない
2016年06月04日 06:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いたるところに沢があって水には困らない
黒えんじゅ
2016年06月04日 07:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒えんじゅ
シラベ尾根分岐
2016年06月04日 07:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラベ尾根分岐
平和な道
2016年06月04日 07:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平和な道
笠取小屋
誰もいなかった
2016年06月04日 07:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋
誰もいなかった
雁峠分岐へ
2016年06月04日 07:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠分岐へ
1
笠取山
このコース随一の急登
2016年06月04日 08:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山
このコース随一の急登
山頂から富士山
2016年06月04日 08:16撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から富士山
2
ピーク1
2016年06月04日 08:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク1
2
ピーク2
2016年06月04日 08:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク2
富士山
2016年06月04日 08:29撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
2
縦走路に合流
2016年06月04日 08:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路に合流
稜線と言っても平和な道
2016年06月04日 08:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線と言っても平和な道
予報通り雲が出て来た
2016年06月04日 09:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報通り雲が出て来た
1
眺望のない唐松尾山
2016年06月04日 09:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望のない唐松尾山
1
トラバース
2016年06月04日 10:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース
山の神土まで戻った
2016年06月04日 10:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神土まで戻った
またこの分岐を下る
2016年06月04日 10:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またこの分岐を下る
雰囲気の良い道
2016年06月04日 10:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気の良い道
1
林道に出ました
2016年06月04日 11:16撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました
お疲れさん
2016年06月04日 11:36撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れさん
民宿でランチ(冷や麦1000円)
2016年06月04日 11:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民宿でランチ(冷や麦1000円)
2

感想/記録
by BIMOTA

 土曜日、山トレに行ってきました。夏山に向けての月1の山トレですね。

 金曜日がたまたま休みだったので18時半には支度を終えて自宅を出発、21時ごろに雲取山の車中泊でよく利用する鴨沢について車中泊。

 翌朝は3時に起きて身支度をし、三ノ瀬まで車を走らせ、4時17分に出発。ココから昨秋に歩いた将監小屋までの林道を歩き、途中から歩いたことのない牛王院平までの道を山ノ神土まで登ります。
 この道が意外に良かったです。傾斜は相応にあってラクではありませんが、幅も登山道の割にはあってかつ歩きやすく、眺望も林道よりは開けていますので、楽しく歩けます。

 各方面への分岐点である山ノ神土から巻道を笠取小屋方面へ。逆方向の笠取小屋から山ノ神土までは昨秋に歩いているので、その逆コースにして新鮮味を持たせます。
 ほぼ山腹をトラバースするのでアップダウンもなく、快適に笠取小屋まで行けますね。また沢を何度も渡るので水にも困りません。

 笠取小屋から笠取山へ。昨秋は水干方面へ行ったので笠取山には登っていないのです。結構な急登でしたが、ピークが2つありました。しばらく稜線縦走っぽい道になりますが、唐松尾山に近づくとまた稜線道と言いながらも山腹のトラバースっぽい道になります。

 展望のない唐松尾山頂上でパワーチャージし山神ノ土へ下り、元来た道を三ノ瀬まで戻りました。地図上でのコースタイムは約11時間となっていますが、午前中に駐車場へ戻れました。
 民宿で駐車料金を払い、ついでに昼食も食べて帰途につきました。

 でも今回の山行は奥秩父の日帰り山行ということもあって数年前に北鎌用に買ったファイブテンのキャンプフォーというアプローチシューズで行ったのですが、とうとうソールの剥離が始まっているのを発見。購入後もう5年になるので寿命でしょうか・・・
 今までは用途別に5足の登山靴を履いてきましたが、一昨年の北アルプス大縦走で無積雪期用のトレッキングシューズがお払い箱となり、昨年の折立〜太郎平〜五色が原〜室堂の縦走で同じく無積雪期用のハイキングシューズのソールが剥離、更に今年の富士山で残雪期用のライトアルパインシューズもソール剥離と、ここのところ登山靴が一気に寿命を迎えています。どれも5〜6年前に一気に買い揃えた靴なので、寿命も一気に迎えた感じですが、これで積雪期用の靴を除けば昨年たまたま買った重登山靴以外は登山靴がないので、そろそろ何か1つ買ってもいい頃かもしれませんね。

 この次は職場の人から「三峰側から雲取山へ行こう」と誘われているので、天気が悪くなければ三峰側から雲取山へ山トレに行ってこようと思っています。
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ