ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 893535 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大台ケ原・大杉谷・高見山

台高山脈(修験業山・直登尾根〜若宮八幡宮高宮〜栗ノ木岳)

日程 2016年06月10日(金) [日帰り]
メンバー cics(記録), yamaotoco
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
369号線 ⇒ 『道の駅伊勢本街道 御杖』前の信号を右折/368号線 ⇒ (伊勢奥津駅手前で右折) 695号線 ⇒ 若宮八幡宮

若宮八幡宮駐車場:無料(20台程度駐車可能)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
48分
合計
6時間53分
S若宮八幡駐車場08:3508:40若宮八幡宮08:4411:04修験業山11:0511:53栗ノ木岳分岐11:5512:40栗の木岳13:0413:22若宮峠13:3915:28若宮八幡駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■若宮八幡宮⇒修験業山
駐車場から鳥居をくぐり参道の先にある斉集殿脇から雲出川沿いに進みます。
渡渉して沢の対岸の”直登尾根”に取り付く予定でしたが、暫らく沢沿いに進んだ先の栗ノ木岳分岐へ向う尾根道の直前の渡渉ポイント手前から斜面を直登りして”直登尾根”に乗り、そのまま尾根伝いに修験業山まで登りました。

■修験業山⇒栗ノ木岳
台高尾根を東へ(西へ行けば三峰山方面)向けて進みます。
この区間は稜線歩きになるので多少の上り下りはありますが快適な道程です。

■栗ノ木岳⇒若宮峠
局ケ岳が正面に大きく見えるポイントまで来ると、そこからは標高差約200mの急激な下りになります。(トラロープが暫く続きます)

■若宮峠⇒若宮八幡宮駐車場
暫くは苔岩いっぱいの斜面をトラバースしながら下って行きますが少し下りると眼の前に幅で4〜5m、2〜3mの深さの(鉄砲水の跡?)溝のような急坂のガレ場が数十m続いています。溝に沿って20m程下ると溝に降りるトラロープがあります、溝に下りて向こう側に登りまたトラバースしながら進んだ先で尾根に乗ります。(今回溝にそって少々下りすぎてから尾根方面へトラバースを試みて復帰しています。)
その後、快適な登山道(尾根)に乗ったまま暫く下って行きますが、P588を越えた所から尾根の左(西)側にある若宮八幡宮駐車場へと伸びる支尾根では急坂で間伐林が多く慎重さを要します。雲出川へ降り立ってから、駐車場の真裏を渡渉して出発地に戻りました。
その他周辺情報『道の駅伊勢本街道 御杖』に「姫石の湯」あり
休館日:毎週火曜(祝日の場合は営業)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 熊除けの鈴 筆記具 保険証 飲料 応急セット iフォン 登山用GPS カメラ 食料 ツエルト

写真

川上山若宮八幡宮の鳥居をくぐって登山開始
2016年06月10日 08:35撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川上山若宮八幡宮の鳥居をくぐって登山開始
6
斉集殿正面左脇から雲出川に沿って左岸を進みます
2016年06月10日 08:39撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斉集殿正面左脇から雲出川に沿って左岸を進みます
2
瑞雲の滝が見えたら...
2016年06月10日 08:52撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞雲の滝が見えたら...
10
滝に向かって右斜め下からいったん対岸へ渡渉します
2016年06月10日 08:54撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝に向かって右斜め下からいったん対岸へ渡渉します
4
下流で右岸を選択してもここで左岸に戻れるようです
2016年06月10日 08:57撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下流で右岸を選択してもここで左岸に戻れるようです
4
2つの沢の合流点を本流側から渡渉します
(後で分かりましたがここから直ぐに直登尾根に乗れるようですね)
2016年06月10日 08:59撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つの沢の合流点を本流側から渡渉します
(後で分かりましたがここから直ぐに直登尾根に乗れるようですね)
5
支流に沿って登って行くと眼下にいくつかの滝が見えて清涼感のある空気を感じることができました
2016年06月10日 09:06撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支流に沿って登って行くと眼下にいくつかの滝が見えて清涼感のある空気を感じることができました
4
さらに進んでいくと
妙にここは赤テープが多いなぁ〜とブツブツ言いながら通過。
2016年06月10日 09:10撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進んでいくと
妙にここは赤テープが多いなぁ〜とブツブツ言いながら通過。
3
この渡渉ポイントを渡った先は、栗ノ木岳分岐へ至る尾根に乗ることになります。
(渡渉直後に「尾根が一つ違いますよ」とyamaotocoさんの的確ナビで左岸へ復帰)
2016年06月10日 09:13撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この渡渉ポイントを渡った先は、栗ノ木岳分岐へ至る尾根に乗ることになります。
(渡渉直後に「尾根が一つ違いますよ」とyamaotocoさんの的確ナビで左岸へ復帰)
7
少し戻ったところに赤テープ。見上げるとすげ〜斜面。
先程の渡渉ポイントの手前から斜面を這い上がって”直登尾根”を目指します。
2016年06月10日 09:21撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻ったところに赤テープ。見上げるとすげ〜斜面。
先程の渡渉ポイントの手前から斜面を這い上がって”直登尾根”を目指します。
9
あんな斜面をゼーゼー
2016年06月10日 09:28撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんな斜面をゼーゼー
4
直登尾根に乗りました
2016年06月10日 09:40撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登尾根に乗りました
5
呼び名から想像がつくと思いますが急登が続きます(汗
2016年06月10日 10:05撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呼び名から想像がつくと思いますが急登が続きます(汗
5
この暑さは参りますね(c)
cicsさんに教わった呼吸法(鼻で2秒吸って口から5秒吐く)を試してみると少しは楽になりました (ya)
2016年06月10日 10:05撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この暑さは参りますね(c)
cicsさんに教わった呼吸法(鼻で2秒吸って口から5秒吐く)を試してみると少しは楽になりました (ya)
17
まだ山頂は遠〜ぉ〜い 
小ピークで休憩
2016年06月10日 10:35撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ山頂は遠〜ぉ〜い 
小ピークで休憩
9
修験業山の山頂手前
たぶん 斜度40度はある しばらく続く
さすがにこれはタマラン!
2016年06月10日 10:43撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
修験業山の山頂手前
たぶん 斜度40度はある しばらく続く
さすがにこれはタマラン!
7
修験業山の山頂が見えた!!
2016年06月10日 10:58撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
修験業山の山頂が見えた!!
5
修験業山の山頂に到着
三角点にタッチ
暑さで汗が水のように流れてきます(c)
2016年06月10日 11:01撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
修験業山の山頂に到着
三角点にタッチ
暑さで汗が水のように流れてきます(c)
17
修験業山々頂
ヒコ軍団もタッチ
2016年06月10日 11:03撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
修験業山々頂
ヒコ軍団もタッチ
26
こっち西 三峰山・高見山方面
2016年06月10日 11:01撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっち西 三峰山・高見山方面
6
台高尾根を東へ進みます
2016年06月10日 11:05撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高尾根を東へ進みます
2
ワぉ〜 あれは栗ノ木岳か
2016年06月10日 11:29撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワぉ〜 あれは栗ノ木岳か
10
栗ノ木岳とその奥に局ケ岳が見えます
左は局ヶ岳に続くP942か
2016年06月10日 11:29撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗ノ木岳とその奥に局ケ岳が見えます
左は局ヶ岳に続くP942か
8
鳥居がありました。若宮八幡宮高宮です
2016年06月10日 11:38撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居がありました。若宮八幡宮高宮です
7
中央の山頂部が草原になっている山は学能堂山(岳の洞)です/
学能堂山々頂からの360度の大パノラマがいかに素晴らしいかがわかって頂けるかと思います (ya)
2016年06月10日 11:39撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の山頂部が草原になっている山は学能堂山(岳の洞)です/
学能堂山々頂からの360度の大パノラマがいかに素晴らしいかがわかって頂けるかと思います (ya)
13
学能堂山を中心にした大パノラマ
2016年06月10日 11:42撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
学能堂山を中心にした大パノラマ
11
すばらしい景色です
2016年06月10日 11:42撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すばらしい景色です
7
脚立に乗った 絶景撮影の図 でした(^^ (c)
cicsさんが脚立を見つけて来ましたぁ (ya)
2016年06月10日 11:43撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脚立に乗った 絶景撮影の図 でした(^^ (c)
cicsさんが脚立を見つけて来ましたぁ (ya)
11
奥の中央に見える頂は池木屋山かな? (ya)
2016年06月10日 12:03撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の中央に見える頂は池木屋山かな? (ya)
10
奥深いです
2016年06月10日 12:03撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥深いです
5
今通過してきた稜線を振り返り
2016年06月10日 12:04撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今通過してきた稜線を振り返り
5
中央奥は大台ケ原
2016年06月10日 12:13撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥は大台ケ原
9
栗ノ木岳に到着です (ヒコ軍団)
2016年06月10日 12:41撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗ノ木岳に到着です (ヒコ軍団)
23
コンビニ弁当いただきます
しかし 暑い熱いあつい! 
2016年06月10日 12:43撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンビニ弁当いただきます
しかし 暑い熱いあつい! 
19
北方面(尼ヶ岳・大洞山?)
2016年06月10日 12:58撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方面(尼ヶ岳・大洞山?)
6
三重県側(南方面)の山々
2016年06月10日 13:01撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三重県側(南方面)の山々
6
痩せ尾根、岩稜ちっく
2016年06月10日 13:05撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根、岩稜ちっく
5
稜線を進んだ先で正面に局ケ岳が大きくそびえていました
180度以上の絶景だねこれは(c)
2016年06月10日 13:05撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を進んだ先で正面に局ケ岳が大きくそびえていました
180度以上の絶景だねこれは(c)
10
次は局ケ岳〜若宮峠の区間を繋げたいな (ya)
とりあえず台高縦走の北の端を固めようか(c)
2016年06月10日 13:06撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は局ケ岳〜若宮峠の区間を繋げたいな (ya)
とりあえず台高縦走の北の端を固めようか(c)
15
凛々しい局ケ岳
2016年06月10日 13:06撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凛々しい局ケ岳
7
和歌山街道(166号線)が伸びています
2016年06月10日 13:06撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和歌山街道(166号線)が伸びています
4
東側の眺望/紀伊半島はとっても深いですねぇ (ya)
2016年06月10日 13:07撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の眺望/紀伊半島はとっても深いですねぇ (ya)
7
北西方向の景色
2016年06月10日 13:09撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方向の景色
2
眺望を満喫したので若宮峠へ向けて下ります
(怪しい売人風ではありません)
2016年06月10日 13:12撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望を満喫したので若宮峠へ向けて下ります
(怪しい売人風ではありません)
9
若宮峠へは標高差で200m近い下り
ロープもあり助かります
2016年06月10日 13:19撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若宮峠へは標高差で200m近い下り
ロープもあり助かります
3
若宮峠
直進:局ヶ岳方面
右:飯高集落へ
左:若宮駐車場へ
2016年06月10日 13:24撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若宮峠
直進:局ヶ岳方面
右:飯高集落へ
左:若宮駐車場へ
3
珍しい蝶々が風を避けて羽を休めていました (ya)
2016年06月10日 13:32撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しい蝶々が風を避けて羽を休めていました (ya)
5
若宮駐車場へGO!
ここからは暫くトラバースして行きます
2016年06月10日 13:36撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若宮駐車場へGO!
ここからは暫くトラバースして行きます
7
苔が美しい
2016年06月10日 13:37撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔が美しい
7
さっきの楽勝気分もどこへやら〜
2016年06月10日 13:38撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの楽勝気分もどこへやら〜
3
鉄砲水の跡?
この先下流方面には岩がゴロゴロ
2016年06月10日 13:40撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄砲水の跡?
この先下流方面には岩がゴロゴロ
6
溝に沿って20m程下ると...
溝を横切るテープあり
2016年06月10日 13:40撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溝に沿って20m程下ると...
溝を横切るテープあり
5
溝に下りるトラロープ/向こう側へ渡って少し下りながらトラバースして行きます
2016年06月10日 13:42撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溝に下りるトラロープ/向こう側へ渡って少し下りながらトラバースして行きます
12
溝の左隣をゆっくり慎重に降りて行きます。
(後でわかりましたが、ここは尾根に沿ってトラバース・・・でした。あとで尾根に復帰しましたけど。)
2016年06月10日 13:48撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溝の左隣をゆっくり慎重に降りて行きます。
(後でわかりましたが、ここは尾根に沿ってトラバース・・・でした。あとで尾根に復帰しましたけど。)
6
無事尾根に復帰。沢へ降りるのはやめて
P786を経てP588へと続く尾根を選択しました
まるで廊下みたいに歩き易い登山道です
2016年06月10日 14:04撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事尾根に復帰。沢へ降りるのはやめて
P786を経てP588へと続く尾根を選択しました
まるで廊下みたいに歩き易い登山道です
5
今までの台高ルートとは思えないほど 楽ちん
ここは登山道なんですよね〜(c)
2016年06月10日 14:12撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今までの台高ルートとは思えないほど 楽ちん
ここは登山道なんですよね〜(c)
4
尾根の左側に沢へと向うルートらしきがありましたがこのまま尾根を進むことにしました。
2016年06月10日 14:29撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の左側に沢へと向うルートらしきがありましたがこのまま尾根を進むことにしました。
6
こちらが沢へ向うルートのようです
沢はまだ150mほどかなり下にあります
2016年06月10日 14:29撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが沢へ向うルートのようです
沢はまだ150mほどかなり下にあります
3
P588を越えた所で歩いて来た尾根を離れて雲出川に向って左側の支尾根を下ることにしました (ya)
2016年06月10日 15:14撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P588を越えた所で歩いて来た尾根を離れて雲出川に向って左側の支尾根を下ることにしました (ya)
4
間伐帯は林業の方が入っておられる地帯・・降りるルートはあるはず。
2016年06月10日 15:10撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間伐帯は林業の方が入っておられる地帯・・降りるルートはあるはず。
3
イカシタ亀仙人 (ya)

暑さで誤動作してるオモチャ状態です(c)
2016年06月10日 15:15撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イカシタ亀仙人 (ya)

暑さで誤動作してるオモチャ状態です(c)
11
若宮八幡宮駐車場の真裏のポイントに下りて来ました
2016年06月10日 15:26撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若宮八幡宮駐車場の真裏のポイントに下りて来ました
1
このシーン 北股川を思い出すなぁ〜(c)
2016年06月10日 15:28撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このシーン 北股川を思い出すなぁ〜(c)
2
渡渉します
2016年06月10日 15:29撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉します
1
ドボンはしてません
2016年06月10日 15:29撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドボンはしてません
9
出発地の若宮八幡宮駐車場にゴール
2016年06月10日 15:31撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発地の若宮八幡宮駐車場にゴール
10

感想/記録
by cics

このところ、yamaotocoさんのテン泊デビューいつ?・・と、計画がなくはなかったですが9日の天気が不順で中止?自然消滅?でした、しかししかしそしてそのあとでyamaotocoさんから「sukanpoさんレコのトレース提案」あり。
このルートは行ってみたいルートの一つなので即OK。何故なら台高縦走ルートの区間(修険業山⇔若宮峠)なのでこれはウレシイお誘いということで行ってきました。 直登尾根ってどんなんかな?という興味もあり。
この時期です、まぁ覚悟はしてましたが、暑さには参りました。
そして直登尾根は、どM。そして登りがいはありました。!!(^^
栗ノ木岳から東を見るパノラマは素晴らしいものでした。多少暑くても天気のいい日にみなさん行ってみてください。
yamaotocoさん 
今回もご同行ありがとうございました。 局ヶ岳goodですね 

感想/記録

sukanpoさんが4月23日に歩かれたレコのログを頼りに行って来ました

下界では真夏日になりそうな晴天で山の上でも相当に暑いんじゃないかと思っていましたが、歩き始めて暫くは沢沿いを歩くので透き通った川のみなもや点在する滝が涼感を醸し出してくれていました。

今日は”直登尾根”を登るつもりでしたが尾根の取り付がよく分らないまま雲出川の支流に沿って進んで行って渡渉箇所を渡った所でGPSで現在地確認すると別の尾根に乗ろうとしているところでしたww
もう一度沢を渡って"直登尾根"に乗る為に登れそうな斜面に取り付いて四輪駆動で這い上がって直登尾根に乗りました。

修験業山の山頂直下では40度はありそうな斜度になっていて右側にトラバースできるようでしたが"直登尾根"を登っているのでそのまま直登することにしました。

修験業山々頂からは台高尾根の快適な稜線歩きになり、木々が生い茂っているので直射日光にさらされることもなく、時々爽やかな風が入るところもあって気持ちよく歩くことができました。
また、稜線では何ヶ所か展望が開ける部分があって紀伊山地の奥山の雄大な山並を眺めることができました。向かいに先日登った学能堂山(岳の洞)が見えてその勇姿を眺めていると「不遇の山」などという称号が与えられていることに違和感を感じずにいられませんでした。

更に稜線を進んで栗ノ木岳を越えてしばらくすると目の前が大きく開けて局ケ岳の凛々しい姿が飛び込んで来ました。台高縦走は局ケ岳が基点だと思うので次は局ケ岳〜若宮峠の区間を繋げてみようとcicsさんと誓い合いました。
訪問者数:538人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/11
投稿数: 708
2016/6/11 20:56
 もう拷問!?
cicsさん、yamaotocoさん、こんばんは。

まだ真夏では無いにしても、よくもまあ あんな暑い時に
修験業山直登尾根(北東尾根)を登ろうなんて思いましたね!
       ↓
(間違って北西としてたのを、北東に直しました 6/12)
さらに、尾根の先端からではなくしばらく進んだ斜面から
先端から上がっても手をつかなければ登れなかったのに…
もう壁だったでしょうね!
この拷問で亀仙人も「暑さで誤動作してるオモチャ状態」
局ヶ岳〜栗ノ木岳では、どんな亀仙人になるのか楽しみ〜
登録日: 2015/1/9
投稿数: 822
2016/6/11 21:23
 蒸し暑い日
cicsさん、yamaotocoさん、こんばんは。
金曜日は蒸し暑かったですね〜。あんな日にこんなとこを歩いたらそりゃ汗だくですわ お疲れさまでした。
台高縦走コースは大峰ほどコースが明瞭ではないところが多々あるようですね。でもそれが魅力ですね 私も地図とコンパス片手にこんなところを歩きたいです。
それにしてもcicsさん、ほんとにお若いですね 私がcicsさんの年齢になったとき、こんなところを歩く自信はちょっとありません
登録日: 2013/4/20
投稿数: 942
2016/6/11 21:50
 Re: もう拷問!?
sukanpoさん こんばんわ!
今回改めてsukanpoさんの豪脚さが判りましたよ。
途中からとはいえ、直登尾根は想像以上に長〜くドM 拷問 でした  尾根の先端から登れなかったのは残念ですがおかげで最初だけはいくつかの滝を見ながら涼しく歩けましたよ。 伊勢の槍ヶ岳と呼ばれている局ヶ岳に登る日が楽しみです。
登録日: 2013/4/20
投稿数: 942
2016/6/11 22:01
 Re: 蒸し暑い日
こんばんわHacchyさん
しかし暑かった熱かった! 幸い、直射日光に長時間曝されることはほとんどなく、木漏れ日のなかを歩きましたがそれでも暑かった。時々吹く風が心地よかったです。 地図とコンパス(まだ真似事ですが )で歩く山の魅力・面白さ・怖さ・未熟さは台高歩きしてから知りました。何事も縁とめぐり合わせですよね、20年前にやれ!と言われても当時はできなかった。 これからますますHacchyファミリーの登山レコ楽しみです。
登録日: 2013/9/1
投稿数: 1317
2016/6/11 23:32
 40度?
cicsさん、yamaotocoさん、こんばんは
またまた ドM が好きなお二人おつかれさまでした〜
40度って何? 斜度?温度?アルコール度数?どうなってるの?
すごすぎる! だんだんすごいレコになってきてますね〜
次回はもうターザンしかないですね!     
登録日: 2013/4/20
投稿数: 942
2016/6/12 0:22
 Re: 40度?
chasseご夫妻さま こんばんわ
40度は斜度、いや体温 だったかも  熱中大陸ですわ(^^
左右はシャクナゲが茂り2〜3m幅の狭い尾根をジグザグ?歩きでした。
下りの尾根道が遊歩道のように見えましたよ・・・ホント
このままでは性格もドMになりそう やばいなぁ
登録日: 2014/2/2
投稿数: 1878
2016/6/12 0:33
 ヒッツヒッツフ〜(*´▽`*)
やまおとごんさん、cicsさん、こんばんは〜。っつ
台高山脈縦走登山第何弾でしたかね ??

またまた 凄いところ歩かれたんですね〜
ドM 拷問 イイ感じ〜
私は、愛のムチエールを送りますよ〜 (-_-)/~~~ピシー!ピシー!^_^
「尾根が一つちがいますよ」って、
やまおとごんたら、最近やけに決まったイイ男になってるじゃないですか
(あっ もとからイイ男でしたね!)
前回鼻の下伸びてると思ったら今回はドMコース

cicsさんに教わった呼吸法って、ラマーズ法 ?!
ヒッツヒッツフ〜、うん、楽かもしれない…

やっぱりお二人オモチロイ〜
次回の珍道中&亀仙人も楽しみにしてますね〜

※数々の暴言失言お許しくださいませ…<(_ _)>
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2031
2016/6/12 1:04
 Re: もう拷問!?
sukanpoさん、こんばんは〜

ここは梅雨が明けて夏本番になるとさすがに厳しくなると思って今がギリギリかと思って行って来ました。
亀仙人はイカシテタんじゃなくてイカレテタんですね
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2031
2016/6/12 1:15
 Re: 蒸し暑い日
Hacchyさん、こんばんは〜

台高縦走シリーズは首尾よくとは行かせてくれず、ルートを外してしまってはリカバーしたり、所々でルーファイが必要になったりで毎回ジタバタしています

cicsさん...若いでしょ!!
大汗をかいてるのも新陳代謝がいいからでしょうね。
ビックリするくらいお元気ですよ
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2031
2016/6/12 1:22
 Re: 40度?
chasseさん、奥様、こんばんは〜

cicsさんがこの夏「熱い」です
その分、私はクールに行こうかと思ってます...って絶対ムリですね
登録日: 2015/3/13
投稿数: 499
2016/6/12 1:38
 お疲れ様〜。
こんばんわ〜 cicsさん、yamaotocoさん。

いや〜〜頑張っておられますね〜。
「修験業山」(なんて読むのかも知らないですが)「修験者になりたい!」と
「山伏」に憧れている私には妙味深い山の名前(字面が)です。

ホントにcicsさんの体力、心肺機能すごいと思います。
yamaotocoさんと親子ほど離れてませんでしたっけ?
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2031
2016/6/12 1:40
 Re: ヒッツヒッツフ〜(*´▽`*)
ふるごんさん、こんばんは〜(*´▽`*)

愛のムチエール、ありがとうございます。ピシー!ピシー!
鼻の下...やっぱり伸びてましたかぁ(笑)
でも、不可抗力というものですよ

cicsさんには呼吸法だけじゃなく、ゴール後に駐車場の角っこでツエルト設営法も教えてもらいましたよ!
「ここまで解かってなかったんかぁ〜」と呆れられました

暴言失言なんてどこにも見当たりませんよ。全て愛のムチエールです
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2031
2016/6/12 1:55
 Re: お疲れ様〜。
Yanyan7さん、こんばんは〜

「修験業山」。。私も四文字熟語は苦手です ...って、違〜う
cicsさんの登りのスピードの速いこと速いこと。。。
あの肺活量が羨ましいですよ
登録日: 2013/4/20
投稿数: 942
2016/6/12 14:04
 Re: ヒッツヒッツフ〜(*´▽`*)
フルフルさん こんにちわ
テン泊縦走のほうがアプローチがない分だけ楽かもしれませんね。
愛の鞭エールありがとうございまーす 
先が長〜い珍道中 応援してくださいネ
登録日: 2013/4/20
投稿数: 942
2016/6/12 14:12
 Re: お疲れ様〜。
Yanyan7さん こんにちわ
台高縦走は始まったばかりなんでまだ元気かも
Yanyan7さんの山伏姿見てみたいですね。えっ?いつでも行けるようにもう一式持ってる?まさか持ってないですよねぇ
私の心肺機能は・・・心配(^^です
昨年の検査で肺年齢を調べてもらったら71歳 ウソ!もう一回がんばる 70歳 。 これならyamaotocoさんと親子扱いですね〜
登録日: 2014/4/29
投稿数: 254
2016/6/12 16:24
 高見山地をつなぐ
cicsさん yamaotocoさん こんにちは。

暑さと、えらい急斜面の四駆コースでお疲れさまでした。

写真No44で局ヶ岳へ延びる高見山地の稜線、いいですね!
逆に局ヶ岳から栗の木岳、三峯山へ延びる高見山地の稜線もすばらしいですよ。
レコ楽しみに待ってます。
登録日: 2013/4/20
投稿数: 942
2016/6/12 20:42
 Re: 高見山地をつなぐ
wingletさん こんばんわ
どうせ登るなら直登尾根でと思ってましたが歯ごたえ十二分でした。
そうあの景色に惚れ込みました、いつか局ヶ岳から逆の稜線を見れるのかと思うとワクワクです。 wingletさんの台高つなぎ完結 motorsportsおめでとうございます。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2031
2016/6/13 0:29
 Re: 高見山地をつなぐ
wingletさん、台高つなぎ完結おめでとうございます

我々も途中リタイアにならないように頑張って歩き繋げて行きたいと思います
局ケ岳は精悍な山容ですね
自然林に覆われた稜線も美しいです! はやく行ってみたいです

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ