ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 896723 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

< 鎌ヶ岳〜入道ヶ岳 >

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー yama21919(SL), その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮妻渓谷
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
47分
合計
6時間14分
S宮妻峡駐車場07:1107:23カズラ滝07:57水場08:25カズラ谷分岐08:2608:41尾根分岐08:4508:46岳峠08:4708:51鎌ヶ岳09:0409:07岳峠09:10尾根分岐09:47鎌尾根5峰10:16水沢岳10:26水沢峠10:3710:51イワクラ尾根分岐10:5210:56磐座(イワクラ)尾根10:5711:04イワクラ谷分岐11:1011:19仏岩11:21重ね岩11:55奥宮12:05入道ヶ岳12:1112:18奥宮12:21北の頭12:2412:30宮妻新道 林道・宮妻峡キャンプ場分岐13:25宮妻峡駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に無し
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

入道ヶ岳の頂上、霧で視界不良。下山道を見失うと大変なので方角に、注意、注意。
2016年06月12日 12:05撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳の頂上、霧で視界不良。下山道を見失うと大変なので方角に、注意、注意。
1
北側の祠?
2016年06月12日 12:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の祠?
1
撮影機材:

感想/記録

自宅出発時雨が降っている。どうしょうか迷うところだが、現地判断で出発する。登山口にはもうすでに雨と霧なのだが、1台車が駐車、すでに登山者か。登山するか、中止にするか、迷うところだが、鈴鹿の山、これ位なら登山可能、雨がひどくなれば、途中引き返すつもりで、いけるところまで、登山する。木が生い茂り、雨はそこそこだ。登山道は雨で、少し滑る、木の葉も水分を含みすべる。途中大変若い女性の入ったグループに出会う。若々しい。若さが溢れている。楽しそうに登山している。進路を譲ってもらう。ありがとう。このまま雨と霧の中、どんどん登る、また若々しい女性の入ったグループに、また進路を譲ってもらう。ありがとう。どんどん登る、雨が時々たたきつける。あっという間に鎌ヶ岳、いつもなら直登出来そうな岩場、雨なので、通常の巻いたルートから頂上へ、また、若い女性の入った登山グループに頂上で出会う。頂上で写真を撮ろうと思ったが、風が強く、雨が横からたたきつける。写真を撮るのは少し無理な様だ。このまま入道に向かうことに、雨が時々横からたたきつけるので慎重に、特に道迷いの無いように、神経を使いながら、途中大きな木下で行動食を取る。コース自体大変わかりやすい。尾根を進み、入道ヶ岳につく。途中アップダウンが少しある。また登山者のグループにであう。三十人から四十人くらいのグループ、ベテラン登山者のグループか、入道ヶ岳につくころには雨は強く霧も多い。早急に入道ヶ岳から下山する。頂上は霧が濃い、フォグアウト?になるといけないので、慎重にルートを選ぶ、登山口の戻るには尾根を一度外すが、鈴鹿の山は分かりやすい、道票がある。このまま下山する、鎌ヶ岳とは違い登山道がすべりそうだ、ぬかるんでいる。滑らないようにゆっくりと慎重に下山。まるで泥の畑をあるいているようだ。猪のヌタバが、沢にでた。ここで大変なことに。本当に大変なことに、大量のヒルが。靴から、スパッツを伝いどんどん上にハイ上げってくる。ヒルを払いながら歩く。雨の中の従走は普通に出来るが、ヒルは全く考えてなかった。大変なことになった。車に戻るまでに、何匹か取り除いた。10匹くらい、車で着替えた。一箇所肌にくっついていた。ムヒのスプレーで取り除いた。しかし血が止まらないので、サビオをはった。
雨の登山も面白い。写真を撮れなかったのが残だが、楽しい従走であった。

訪問者数:287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

スパッツ 道迷い 行動食 直登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ