ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900490 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

常念岳と蝶ヶ岳を周回

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー jundaigo
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間46分
休憩
1時間54分
合計
13時間40分
Sスタート地点04:4005:00三股登山口08:50前常念岳09:1010:20常念岳11:2014:10蝶槍14:2014:30蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)15:00蝶ヶ岳15:2017:00まめうち平17:0317:59三股登山口18:0018:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝4時で三俣駐車場は8割方
その他周辺情報ほりでーゆ
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

快晴ですね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴ですね!
2
森林限界を抜けました。
このあたりから体調が悪くなる(高山病?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を抜けました。
このあたりから体調が悪くなる(高山病?)
蝶槍は目立つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍は目立つ
1
蝶ケ岳と大滝山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ケ岳と大滝山?
1
天気最高!
しかし、体調は悪くなるばかり。
撤退という言葉が頭を霞める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気最高!
しかし、体調は悪くなるばかり。
撤退という言葉が頭を霞める
1
ぬお〜〜!
穂高を見たら少し体調が持ち直せた(かな?)
山のチカラは凄い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぬお〜〜!
穂高を見たら少し体調が持ち直せた(かな?)
山のチカラは凄い
6
蝶ヶ岳〜常念岳の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳〜常念岳の稜線
1
高度を上げ穂高連峰の山々が識別できるようになる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げ穂高連峰の山々が識別できるようになる
4
写真にも虫が映り込む。
予想はしていましたが、2300m位から虫が大量発生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真にも虫が映り込む。
予想はしていましたが、2300m位から虫が大量発生
2
この体調であの稜線を歩けるのか?
心配が過る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この体調であの稜線を歩けるのか?
心配が過る
1
左が常念岳。
ピークに立つ人も確認できる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が常念岳。
ピークに立つ人も確認できる
5
横通岳〜大天井岳〜燕岳へ繋がる稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通岳〜大天井岳〜燕岳へ繋がる稜線
3
この日も沢山の人を受け入れているであろう燕岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日も沢山の人を受け入れているであろう燕岳
7
常念ピークから人々の声が聞こえる
この時点で蝶ヶ岳への縦走を諦める。
この時はね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念ピークから人々の声が聞こえる
この時点で蝶ヶ岳への縦走を諦める。
この時はね。
1
常念小屋方面からのルートと合流地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋方面からのルートと合流地点
1
真っ先に貴方へ目を奪われる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ先に貴方へ目を奪われる
6
右を見ると裏銀座。
今年は縦走します!
(宣言)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右を見ると裏銀座。
今年は縦走します!
(宣言)
1
撮影して頂きました。
BEPALの付録(マムート携帯ポーチ)が目立つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮影して頂きました。
BEPALの付録(マムート携帯ポーチ)が目立つ。
12
我慢して登ってきて本当に良かった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我慢して登ってきて本当に良かった!
2
歩きたいと思い早6年、今だに未踏の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きたいと思い早6年、今だに未踏の稜線
2
暫し体調の悪い事を忘れさせてくれる槍穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫し体調の悪い事を忘れさせてくれる槍穂
1
大キレット
尖がっているのは長谷川ピーク?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレット
尖がっているのは長谷川ピーク?
1
立山方面
劔が霞む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山方面
劔が霞む
南岳〜槍の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳〜槍の稜線
年内にチャレンジしたい北鎌尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年内にチャレンジしたい北鎌尾根。
6
蝶ヶ岳への稜線を眺めながら地図を見る
悩んだあげくに、縦走することを
決めた。
(その後、苦しむことになるが後の祭り)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳への稜線を眺めながら地図を見る
悩んだあげくに、縦走することを
決めた。
(その後、苦しむことになるが後の祭り)
1
前常念岳から常念岳への稜線

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念岳から常念岳への稜線

降りてきた常念岳を振り返る

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた常念岳を振り返る

1
歩いていても常に右側(槍穂)が気になる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いていても常に右側(槍穂)が気になる
1
惚れ惚れする常念への稜線を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惚れ惚れする常念への稜線を振り返る
5
常念岳を惚れ直してしまったようだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳を惚れ直してしまったようだ
2
どこのTOPなのでしょう?
(思い出せない)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこのTOPなのでしょう?
(思い出せない)
4
ほのぼのする緩い稜線
蝶ヶ岳へ向けてラストスパート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほのぼのする緩い稜線
蝶ヶ岳へ向けてラストスパート
蝶ヶ岳フュッテへ泊まる方達(?)が
蝶槍へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳フュッテへ泊まる方達(?)が
蝶槍へ向かう
1
蝶ヶ岳ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ピーク
1
蝶ヶ岳フュッテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳フュッテ
背面に槍があると何でも引き立って見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背面に槍があると何でも引き立って見える
3
到着15時。
明るいうちに三股へ下山できる事を確信し胸を撫でおろす。
下山に向けてオニギリ2個と水を補給
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着15時。
明るいうちに三股へ下山できる事を確信し胸を撫でおろす。
下山に向けてオニギリ2個と水を補給
1
元気をもらい続けた槍も見納め・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元気をもらい続けた槍も見納め・・
4
下山中に常念を見る
常念は北(燕岳)西(槍穂)東(安曇野市街)より
南から見た方が格好良いと思う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中に常念を見る
常念は北(燕岳)西(槍穂)東(安曇野市街)より
南から見た方が格好良いと思う
3

感想/記録

前日に天気予報を見て当日の晴れ100%を確信。
しかも、今回は6年ぶりにカミさんから車の使用認可が下りた(^^
※翌日、カミさんが車を使うため日帰りが条件
※普段、スクーターで山へ行っています

条件が揃ったので年内初となる北アルプスを決行。
予定コースは三俣から常念岳→蝶ヶ岳への周回日帰り。

朝5時に三俣を出発し、順調に高度を上げて行く。
しかし、2200mを越えた辺から体調が悪化。

気持ち悪い時間帯が長く続き、3〜5分歩いては小休止を繰り返す。
後続の方にはドンドン抜かれる。
あまりの辛さに「撤退」という文字が頭を霞める。

想定外に時間を要したが、どうにかこうにか前常念に到着。
平らな石に座り込み、何としてでも常念ピークまでは行くと決める。
そして、この地点で蝶ヶ岳への周回は完全に断念モード。

休み休み歩き常念岳に登頂!
常念岳は2回目(6年ぶり)、やはり景色は圧巻。
暫し、北アルプスオールスターズに見惚れる。

昼食を頬張り、地図を広げて下り(ピストン)のコースタイムを確認すると5時間50分。
予想以上に掛かると思いながら、
常念から蝶ヶ岳へのコースタイムを改めて確認すると4時間10分。
そして、蝶ヶ岳から三俣への下山コースタイムは3時間20分。
つまり常念から蝶ヶ岳を周回すると三俣まで7時間30分。
時計を見ると11時15分。

体調具合を踏まえつつ、今後の行動について考える。
ピストンで下るか・・
蝶ケ岳へ向かうか・・

それから数分後、蝶ヶ岳へ向けて歩いていた。
(相変わらず私は阿保である)

ペースは上がらず特に登り返しには難儀したが、蝶ヶ岳に15時到着。
明るい時間帯に三俣まで戻れる事を確信し、
一安心。
見納めとなる槍穂を脳裏に焼き付けようと凝視しながらオニギリと水を補給。

高度を下げるに連れ体調も少しづつ良くなっていく。
(やはり高山病だったのか??)

下山後、念願だった「ほりでーゆ四季の郷」で入浴。
※スクーターでは湯冷めするため入浴した事なし

訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/13
投稿数: 119
2016/6/20 21:40
 コメントありがとうございます!
忘れ物したうっかり者です

車の鍵には家の鍵もついていたので本当に良かったです。
お陰で大分ハードなトレーニングをしてしまいました

今度はjundaigoさんの様に日帰り周回にチャレンジしたいと思います
登録日: 2015/3/17
投稿数: 95
2016/6/21 8:40
 Re: コメントありがとうございます!
本当に鍵が残っていて良かったです。
我が事のように安堵しました。
お疲れ様でした!
登録日: 2014/6/25
投稿数: 1
2016/6/21 21:35
 はじめまして
同じ日に同じコースを歩いた者です。
コースタイム見ると常念岳への登りで会ってそうなのでコメント入れさせていただきます。
オレンジの上着来てました。
キツイコースですが景色は最高でしたね!
お疲れ様でした!
登録日: 2015/3/17
投稿数: 95
2016/6/21 21:57
 Re: はじめまして
masamasa66さん、
本当に最高の天候でしたね。
今でも余韻にしたっています。
オレンジ色の上着を着用していたとの事ですが、残念ながら覚えていません。

体調が悪くて周囲を気にする余裕が全くありませんでした。
しかし、山は良いですね〜
ご苦労様でした!
登録日: 2011/10/8
投稿数: 119
2016/6/22 22:12
 槍・穂高を見るには絶景の場所ですね
jundaigoさん、はじめまして。

常念、蝶ヶ岳からの景色がとてもきれいでお気に入りに登録させていただきました。
特に蝶ヶ岳から見る穂高連峰の景色が一番きれいですよねー
学生時代に山頂横の広場で何時間も穂高を眺めていたことを思い出しました〜
先日赴いた穂高・涸沢 movie & talk session2016でも穂高を一番きれいにみられる
のは蝶ヶ岳!っておっしゃられ、そうでしょって。

会社帰りに私もBE-PAL買いましたよ
おかげでスマホケースが新調できました!
登録日: 2015/3/17
投稿数: 95
2016/6/23 8:31
 Re: 槍・穂高を見るには絶景の場所ですね
Yuki1020さん、コメントありがとうございます。

私も穂高連峰を望む最高の場所は蝶ケ岳だと思います。
何しろ目の前にドーンと構えていますものね。

私が蝶ケ岳を訪れたのは15時で、完全に逆光でした。
(もちろん逆光でも美しい景観)
次回は朝の早い時間帯に訪れたいと考えております。

あっ、スマホケース使用感は良かったですよ〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ